「パナマ文書」に喝!:武田教授、ケント・ギルバート、青山繁晴吠える!   

みなさん、こんにちは。

「パナマ文書」はこの5月に恐るべき「完全バージョン」が出されるらしいが、すでにこのほんの数日間でも大量のメリットや成果が出てきたようである。

世界の政府の中で対応を全くせず、
a0348309_913783.jpg
梨の礫なのは我が国の政府自公政権のみ。やはり、自民党はともかくとして創価学会母体の公明党には「パナマ文書」で出てくると困る事情があるからに違いない。

公明党は本来なら「ミンス党」=「ミンスン党」こと民進党といっしょになるべきものである。また自民党は本来なら「日本のこころ」党(まあ、名前を「日本保守党」とか、わかりやすいものに変えたほうが良いだろうが、元「次世代の党」とか何付け方が悪い)といっしょになるべきである。

さて、そんな「パナマ文書」の成果。そんな一例がこれ。
ナチ略奪モディリアーニ押収、パナマ文書で発覚

【ジュネーブ=笹沢教一】ジュネーブの司法当局は11日、第2次世界大戦中にナチス・ドイツが略奪したとみられるモディリアーニの絵画を押収したことを明らかにした。

 AFP通信が伝えた。「パナマ文書」から所有先が判明したという。

 絵画は、「つえをついて座る男」という1918年の作品。96年、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」がタックスヘイブン(租税回避地)を利用して設立したとされる法人が競売で落札、ジュネーブの税制優遇特区に秘密裏に保管していた。この法人の所有者は明かされていなかったが、文書によって判明。保管場所も分かった。

 絵画は、39年にユダヤ美術商からナチスが奪ったとされ、2500万ドル(約27億円)相当の価値があるという。

第二次世界大戦中にナチス・ドイツが略奪したイタリア人画家モディリアーニの絵画が、スイス・ジュネーブで司法当局に 押収された。各国首脳らのタックスヘイブン利用疑惑を暴露した「パナマ文書」が契機となり、これまで明らかにされていなかった絵画の所有者が判明したという。AFP通信などが4月11日に報じた。
27億円の名画、パナマ文書きっかけで見つかる モディリアーニ「つえを突いて座る男」
パナマ文書でナチスが略奪し行方不明だったモディリアーニの絵画(27億円)の現所有者が判明→押収

押収された絵画は「つえを突いて座る男」
モディリアーニ「つえを突いて座る男」1918年
a0348309_7314178.jpg
(これにも「ジャポニズム」の影響が見て取れる。)
という1918年の作品で推定価値は2500万ドル(約27億円)。

時事通信ニュースによると、ナチス・ドイツが第二次世界大戦中に、パリでユダヤ人収集家から没収。 その後、行方不明になったとの見方が強いという。

ブルームバーグによると、絵を奪われたユダヤ人収集家の孫は、その行方をカナダの団体「モンデックス」に依頼。 この団体は略奪された美術品を本来の所有者に返還するための活動をしている。

1996年に絵画はロンドンで競売にかけられ、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」 が設立を手掛けたとされる法人「IAC」が落札した。この法人の所有者は公にはされていなかった。

AFP通信によると、モンデックスは2011年以降、ユダヤ人収集家の孫が絵画を取り戻せるよう 、アメリカ当局に協力を要請していたが、アメリカ当局も現在の所有者を特定できなかったという。

ところが、「モサック・フォンセカ」から流出した「パナマ文書」によって、絵画を落札したIAC唯一の株主が、 ユダヤ系の富豪で著名美術品収集家のデービッド・ナーマド氏だと判明。 絵画がスイス・ジュネーヴの倉庫に保管されていることも分かり、ジュネーヴ司法当局が先週末に絵画を押収した。

BBCによると、ナーマド氏は「私が略奪品を所有していることを知ったなら、夜も眠れないだろう」とカナダのラジオ局に語った。また、ナーマド氏の顧問弁護士リチャード・ゴラブ氏は「ナーマド氏と今回の件は無関係だ」と述べた。

■ナチス略奪物の返還に向けた「ワシントン原則」とは?
第二次世界大戦期、ナチス・ドイツは支配下に置いたヨーロッパ各地で美術品を略奪した。 その中には戦災で焼失したり、戦中・戦後の混乱で行方不明になったものも多い。 1998年12月、スイスを含む世界44カ国の代表者とNGOは「ワシントン原則」を採択し、 ナチスによって奪われた財産を本来の所有者や遺族ににできる限り返還すべきだと定めた。 これを受けてイギリスやドイツなどは、自国の美術館や博物館は、
ホロコースト時代に略奪された被害者から美術品の返還請求を受けた際、 裁判手続きを経ることなく返還すべきかどうか議論し決定する審査会制度を設けた。 2013年には、ナチス・ドイツが略奪したピカソ、マティス、シャガールなどの絵画約1500点がドイツ・ミュンヘンの アパートで発見され、話題となった。


このニュースの面白いのは、まさに「ユダヤ人を迫害したのがユダヤ人のヒトラーだった」というように、「ユダヤ人富豪の高価な絵を奪ったのがユダヤ人富豪だった」というところである。

双方、「ナチスが略奪した」という噂を流してナチスの悪行にしていたわけだ。しかし、その間ちゃんと「脱税地」(「租税回避地」というのは、武田教授に言わせると、「捏造日本語」らしいナア)に回していたわけだ。

要するに、足がつかないように、パナマの脱税会社を経由して、実際は自分の地元のスイスに保管していた。名義だけを脱税会社に書き換えていたわけである。

おそらく、他のほとんどの会社も同じことをしているはずである。

別にパナマやケイマン諸島などの場所に金品や現物が輸送されるわけではなく、現物は実際には自宅にあるが、その所有者の名義だけをタックスヘイブンのダミー会社のものという形にしているわけである。

だから、「パナマ文書」で記載された我が国の個人および法人の持つ資産は実際には我が国内に存在する。

ゆえに、脱税犯から資産を差し押さえするのは実に簡単なのである。別にケイマン諸島まで行く必要もない。

とまあ、こういうことが分かる。

こういうことから、戦後70年我が国の在日韓国人朝鮮人の「在日特権」やら「受験優遇制度」やら、「やったほうが被害者面した」やらせ行為が行われてきたことがわかってきたように、またその裏で我が国の在日韓国人朝鮮人が徹底的な「反日プロパガンダ」で我が国民に「自虐史観」を植え付けてきたように、西洋では、偽ユダヤ人がユダヤ人を名乗ってその「ユダヤ特権」やら「受験優遇制度」やら、「やったほうが被害者面してきた」ことが徐々に明白になるのではなかろうか?

まさに「日本は世界の雛形」なのである。

ナチス・ヒトラーによる「ユダヤ人600万人の虐殺」、
日本軍による南京大虐殺、
日本軍による従軍慰安婦、

こういったものはあまりに根拠薄弱なウリナラファンタジーにすぎないのである。今後ますます、偽ユダヤ人、朝鮮人、支那人のブーメランが飛ぶのではなかろうか?

実際、いま「パナマ文書」のし掛け人と言われているジョージ・ソロシュは「偽ユダヤ人」(=人種的にはユダヤ人ではないがユダヤ教徒を名乗るもの、および、ユダヤ人だが悪魔教を信じるもの)である。ソロシュは第二次世界大戦中、ドイツ人になりすまし、逃げ惑うユダヤ人から金銀や宝石貴金属を買い付けることで財をなしたと言われる人物である。

これまた偽ユダヤ人である、いまの英ロスチャイルドはフランス革命時代にイギリス人に嘘の噂を流して株価暴落させてそれを買い占め、次に嘘だと分かって値が上がった時に売り返して財を成した「裏切り」「だまし」の家系である。

こうした手口も我が国の在日韓国人朝鮮人とよく似ているわけである。

「ユダヤとニダヤの同祖論」これは100%確実なのだ。


さて、いよいよ武田教授も「パナマ文書」に食いついた。これである。
4/11(月)〜武田邦彦・半井小絵・居島一平〜【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Toranomon NEWS】
a0348309_7493642.png


さらにモルモンの侍ケント・ギルバートさんと青山さんの「パナマ文書」対談もあった。これである。
【ケント・ギルバート×青山繁晴】パナマ文書が生む血の粛清!?


それにしても我が国のマスゴミはもはや100%自分で自分が「ダマスゴミ」だと証明しているようですナ。

テレビ会社がやっていたなら謝って「すみませんでした。税金返却致します」と言って脱税分と追徴課税分を支払えばいいわけである。

上のモジリアーニの絵画に見るように、確実に犯罪に使われていたわけだから、今後ますます税金逃れの犯罪性が分かるに違いない。

そして、もし政府自民党の内部、自民党や公明党の国会議員から「パナマ文書」に名の挙がる「脱税者」が出てくれば、衆院解散を余儀なくされるのではなかろうか?

こうなると、夏は衆参同時選挙せざるを得なくなるだろう。


早く出てこい、公明党の「パナマ議員」。

民進党にチャンス到来か?

とはいっても、民進党の方がはるかにタックスヘイブンのご利益を受けたはずである。なぜなら、朝鮮人政党なんだからヨ。朝鮮人がまともなことやるはずがね〜〜。

山尾しおりを見れば分かる通りだ。東大卒だ、元検事だ(とはいっても、卒業者名簿にその名がなく、ひょっとしたら経歴詐称という噂も経っているらしいが)ですらあのざまである。

ほんと偽ユダヤ(ユダヤ)と偽日本人(=ニダヤ)と偽支那人(アルか)

アルかニーダの連中はメンタルが似ている。これは今後研究していく興味ある点ですナ。

今後の研究を待とう。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-13 08:16 | パナマ文書

<< ジョーク一発「タックスヘイブン... アイ・ラブ・ジャパン:Japo... >>