お笑い芸人の崩壊!?:前田健さんはロンドンハーツに殺されたんだろ!?   

みなさん、こんにちは。

いやはや、ものまね芸人の前田健さん突然死。享年44歳。おそらくいまは空中浮遊してロンブーの周りを飛んでいますナ。

食生活が偏っていて、心臓が悪い。そして不整脈がある。

にも関わらず、テレビ朝日のロンドンブーツの番組で激しい運動すれば、

そりゃあ〜〜死ぬでしょ!

というやつですナ。

「ロンドンハーツ」収録したその日に… テレ朝社長「非常に残念」

 テレビ朝日の吉田慎一社長は26日の定例会見で、お笑いタレントの前田健さん(44)が東京都内の路上で倒れ、急逝したことについて、「非常に残念に感じている。番組にたびたび出演していただいた。心よりご冥福をお祈りいたします」と述べた。前田さんは倒れた24日、同局のバラエティー番組「金曜 ロンドンハーツ」の収録に参加したばかりだった。

 同局によると、前田さんは24日の朝から夕方にかけて、栃木県内の競技場で行われた番組の収録に参加。他のタレントと50メートル走や走り高跳び、腕相撲、リレーなどを行った。前田さんが同様の企画収録に参加したのは2度目という。

 前田さんは昼休憩の際、体調不良を訴え、医務室で医師と相談した上で収録に復帰した。前田さんは不整脈の持病を抱えており、本人と事務所の間でその都度、ロケ内容などを考慮して出演を決めていたという。

 平城隆司常務は「収録後、マネジャーが自宅へ送り、(前田さんが路上で倒れたのは)その後、プライベートで外出したときのことだと聞いている」と説明。収録した企画の放送予定については「現段階では未定」としている。
前田健さん、周囲に「心臓悪い」 食事前には“オネエ運動バトル”収録

a0348309_22233193.jpg


心肺停止状態で病院に搬送されていたお笑いタレントの前田健(まえだ・けん)さんが26日午前1時36分、死去した。44歳の若さだった。

 不整脈の持病があり、周囲には「心臓が悪い」と説明していた前田さん。24日午後7時15分ごろ、新宿区新宿3丁目の繁華街の路上で突然おう吐した後、倒れた。通りかかった医大生を名乗る男性が心臓マッサージをし、10分後に救急車が到着して心肺停止状態で病院へ搬送。所属事務所は25日に「現在も治療中」と説明していたが、26日未明に息を引き取った。

 倒れる直前には、路上から100メートルほど離れた飲食店で食事をし、自身のツイッターに海の幸のトマトソースパスタとパンの画像をアップしていた。仕事関係者によると、食事の前には、朝から夕方までテレビ朝日のバラエティー番組「ロンドンハーツ」の収録で、“オネエタレント”の仲間たちと50メートル走やリレーに挑んでいた。



いや〜〜、
ロンドンハーツ
a0348309_22265748.png
に殺されたようなものですナ。

これは殺人罪で立件できるんちゃうか?

いやはや、在日朝鮮人の馬鹿につける薬は絞首刑だけだナ。


前田健さんのご冥福をお祈りします。合掌。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-26 22:30 | マスゴミ・ダマスゴミ

<< 大学図書館の「除籍処分の嵐」:... ジョーク一発「俺のエンブレムは... >>