在日本の「成りすまし」「背乗り」から「張りすまし」「張り乗り」へ   

みなさん、こんにちは。

世の中にはジョークのような真実もあれば、真実のようなジョークもある。

そんなものがいま選挙前になってそこら中で見られるようになったとか。これである。

デレビじゃ流さないニュース

悪質!地下鉄車両広告を政治プロパガンダにすり替え! 資生堂「警察や東京メトロと対応を検討」

資生堂・川柳広告を政治プロパガンダにすり替え 「産経、読売は政党機関紙」 東京メトロで複数発見

a0348309_22323122.jpg

地下鉄のドアなどに貼付された広告を加工しそっくりに似せた上で、「産経新聞は権力べったり」などと政治的な主張を載せた「偽広告」ともいえる印刷物が東京メトロで複数枚見つかっていたことが、分かった。東京メトロは「4月になって1枚見つかった」としており、悪質ないたずらとして対応を検討している。(三枝玄太郎)

不審な「偽広告」は、4月25日午後1時過ぎ、記者が地下鉄半蔵門線大手町~神保町間を走行中の地下鉄車両に乗っていた時に見つけた。

東京メトロによると、広告は大手化粧品会社「資生堂」(東京都中央区)が平成24年ごろから始めたという。地下鉄の出入口ドアの左右にピンクを基調としたステッカー広告で、左に資生堂が発売している化粧品「エリクシール」を、右側に「大人女子のあるある川柳」が掲載されている。


探してみれば、他にもたくさん出てきている。こんなやつである。
a0348309_2233187.jpg

a0348309_22332788.jpg

a0348309_22334649.jpg


普通の人はこういうことやって何の得もないし金も手間もかかるから、普通の人がするはずがない。

ということは、それなりの組織力と資金力を持った組織メンバーの犯行ということになる。

おそらくだれかが張っているところを目撃しているのではなかろうか?

さもなくば、鉄道関係者内部の左翼工作員が行ったということになるだろう。

ところで、韓国や北朝鮮や支那でこういうことを行えば、問答無用で逮捕収監である。政治活動とはそれほどの重罪なのである。

アメリカで行えば、テロ行為とみなされてすぐにFBIによって銃撃対象になる。欧州でも同様である。

やっている人間はそういうことを知っていてやっているわけだから、特有の「甘えの構造」がある。

この「何をやっても許される」という感覚が朝鮮人特有の甘えの構造のメンタルである。

遺伝子が950万箇所も異常変異してしまった人種だからそれも頷ける。真にこの地球上から除鮮すべき対象である。
衝撃の朗報発見!「朝鮮人はヒト科ではなかった!」:ヒトモドキ科に属した!?


これが冗長して事大していくとこういうことになる。
a0348309_22405742.jpg


入学試験のレベルを下げて!
司法試験のレベルを下げて!
就職試験のレベルを下げて!
在日朝鮮人枠を作って!

こうやって社会が崩壊するという歴史を何度も何度も繰り返してきたミンジョクなんですナ。

百獣の王ライオンは子供を谷底へ突き落とし、そこから這い上がって来たものだけに王の資格を与える。

とまあ、こういった発想はない。

また、願望や欲望や妄想の前に手段を選ばない。願望や欲望や妄想は手段を正当化する。

嘘も百回つけば真実になる→結果、息を吐くように嘘をつく

こんなハンベーダーに取り憑かれてしまった日本。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
ところで、分子生物学研究の常識では、ミトコンドリア遺伝子の1個の塩基が突然変異を起こすのに10万年かかると言われている。ミトコンドリア遺伝子は遺伝子変異が起こりやすい遺伝子の代表格である。それでも10万年かかる。ところが、韓国人の場合は950万箇所も突然変異が起こっているというわけだ。950万箇所が別々に1個ずつ突然変異したとしたら、950万✕10万年もかかることになり、ほぼ不可能だ。だから、かなり重複して突然変異したはずである。こうなると突然変異という概念が吹っ飛ぶ。つまり、ダーウィンの進化論やリーキー一家の「人類アフリカ起源説」は当てはまらないことになる。つまり、朝鮮人の遺伝子から、「人類平行進化説」があり得ることを示していると考えられる。人類は最初からいくつかの基本種が同時存在し、平行して進化した説を韓国人の異常遺伝子突然変異が説明していると考えられる。実に興味深い。この意味で私は以前から韓国人の異常遺伝子を研究すれば、ノーベル賞が取れるぞと言ってきたわけだヨ。
ジョーク一発:行動遺伝子研究最前線「朝鮮人のDNA研究してノーベル賞取ろう」





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-05-03 22:55 | 反日・在日の陰謀

<< 「パナマ文書」の次は「ドンキー... 除籍本の中に埋もれた「萩原雄祐... >>