「パナマ文書」全公開の快挙!?:世のお金持ちの皆様ご愁傷様でした!?   

みなさん、こんにちは。

いよいよパナマ文書
「パナマ文書」データベース、ついに日本人の住所公開!:いや〜阿南にも2人いたヨ。
「パナマ文書」データベースの使い方:これはすごいツールだった!?
「パナマ文書」データベース、ついに日本人の住所公開!2:キャッシュがあったヨ!
「パナマ文書」:【真相深入り!虎ノ門ニュース】有本香×竹田恒泰
の本体が公開されたらしい。
「パナマ文書」データベース
offshoreleaks.icij.org

ダウンロードは以下のページのhereをクリック
How to download this database(結構重いので要注意)

もしいま
杉田元宜博士
a0348309_11575039.jpg
が生きておられたらこのパナマ文書のタックスヘイブンのことをどう言っただろうか?

私の想像ではおそらくこういったのではなかろうか?

お金は天下の回りもの。
お金はエネルギー代謝のツールであるからして、回転させないといけない。
どこかに金を貯めこむことは、エネルギー代謝を阻害する。
そればかりか、エントロピー代謝をも阻害する。
その結果として、内部にエントロピーを貯めこむことになる。
すなわち社会が荒廃する。

杉田博士がいわゆるシュレーディンガーのネゲントロピーについてつけた注釈とは、次のようなものである。

この世界に数値的に負のエントロピーは実在しない。ネゲントロピーを食うということは、正のエントロピーを廃棄するという意味にすぎない。そうやって内部のエントロピーを放出して体温が上がるのを避けるのだ。

情報論的に定義される負のエントロピーは、鍵と鍵穴の関係にある情報と物質の関係を持って初めて現実化する。つまり、鍵としての情報が負であるとすれば、その鍵穴は正のエントロピーを持つ物質によって初めて物質化できる。

とまあ、そう考えた。

本来お金は社会の血液であり、社会の中で循環してこそ意味を持つために生まれた信用創造であるはずのもの。それが、その社会から流出して用もない別の国の中で秘密裏に貯まる。この場合は、逆に負のエントロピーの放出になるわけだから、社会には正のエントロピーが貯まる。したがって、社会は構造を作れずに崩壊する。

杉田理論によればおおよそそんな説明がつくだろう。

しかしながら、我々の陰謀論、陰謀暴露論からすれば、それこそが目的で行われたものである。

タックスヘイブンとは、ユダヤ人(我々が言う偽ユダヤ人)のためには課税逃げ場になるが、一般の国民や会社の場合には、売国奴になるだけのこと。最終的には、偽ユダヤ人のディーラーにネコソギされる運命にあるからである。

それが結末だ。

パナマ文書を公開するものが良い者であれ悪者であれそんなことはどうでも良い。

公開によって、タックスヘイブンの金が凍結できれば、それでOKなわけだ。

各国の金持ちセレブの稼いだ金が全部偽ユダヤ人のものになるからだ。

そうやって各国の金持ちを騙して金持ちから根こそぎする。

その一方、各国政府に入る税金が減って各国政府が弱体化する。だから増税により各国の国民が苦境に陥る。

まあ、
ゴイムは死ね!
というのが彼らタルムートユダヤ人連中のアジェンダだった。(偽日本人である在日とそっくりなんだなこれが。)

これがいわゆる「シオン長老議定書」や「300人委員会」の「世界人類牧場化計画」というものであった。(旧ブログ1内検索)

まったくその通りの最終局面に来ただけの話で、特に驚くことはない。

偽ユダヤ人にとっては、一国の政府が潰れようが、一国を代表する企業や企業家が脱落しようが、一国の国民が死に絶えようが、なんでも良いのである。どっちに転ぼうが得をするのは偽ユダヤ人なのである。(むしろ、何もしないのが一番困るわけだ。)

なぜなら彼らは国を持たないから、どこにいようがお構いなし。まったく問題外なのである。(これまた、通名を使いまくり、戸籍持たずに、犯罪しまくる在日とそっくりなんだな、これが。)

イスラエルは別に国連の言うこと聞かないからアメリカの言うことを聞く必要もない。むしろ財力でアメリカを家来にしてしまった。(これまた、パチンコ在日とそっくりなんだな、これが。)

というわけで、タックスヘイブンは一つの釣りサイトのようなもので、その結末は悲劇の根こそぎが待つ。いっしゅのセレブやリッチに対するおれおれ詐欺のようなものである。

まあ、財布に2千円くらいしかない俺にはどうでもいい話だがナ。

ご愁傷さまです。としか言いようが無い。

いずれにせよ、ユダヤ金融マフィアに狙われたら最後だ。

なぜなら彼らは「自分たちは人間ではない」と言っているんだからヨ。

彼らはユダヤ教徒でない我々を「ゴイム(豚)」と呼ぶ。豚は食わないのがユダヤの律法である。すなわち、その主張の対偶をとれば、「彼らは人間ではない」ということになるわけだ。(これまた、遺伝的に人間ではない朝鮮人や韓国人とそっくりなんだな、これが。)

いかにして各国を弱体化させるか?(これまた、反日で我が国を滅ぼそうとする在日とそっくりなんだな、これが。)

その一つの戦略がタックスヘイブンにすぎない。一挙三得四得の手である。

というようなことから、日ユ同祖論やら、日韓同祖論なんてウリナラファンタジー以外の何者でもない。ありえないのである。前者は人種も宗教も違うし、後者は人種も感性も違う。むしろ、ユ韓同祖論の方がリアリティーがある。タルムートの教えと反日在日犯罪者の教えには共通性があるからである。

ユダヤ人は「目的は手段を正当化する」というし、韓国人朝鮮人は「目的の前には手段を選ばない」という。同じ意味である。しかし、どちらも我が国の考え方からすれば「外道」の行いである。我が国では「目的に応じて手段を選ぶ」のである。これほどまでに考え方や感性が違いすぎるのである。


くわばら、くわばら。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
ところで、高橋良典さんの本にあったが、アジアの古代遺跡を研究して分かったことに、アジアでは、かつて我が国の遠い祖であるいまでいう古代イスラエルの失われた10支族の時代よりはるか昔の縄文系の時代。竹内文書でいう高天原の時代、金(キン、キム)、朴(パク、ボク)、李(リー、イ)
という部族の非常に悪辣非道な民族がいたとある。

これって、いまの特アのことだよな、きっと。

李=支那、金=北朝鮮、朴=南朝鮮

要するに、金パクリの民族=金朴李の特ア三兄弟=悪の枢軸国だったわけである。

この民族が古代に「ガンダーラ族」と言われた極悪非道のアジアの人食い人種だったらしい。今もアジアのガンだーら。

いずれこれも遺伝子解析で解明されるに違いない。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-05-10 12:57 | パナマ文書

<< カメルーン代表エケング選手とブ... 「杉田元宜博士のご家族は何処に... >>