保江邦夫先生のNHKの政見放送は7月7日七夕の日:777やっぱり持っていますナ。   

みなさん、こんにちは。

以前ここでも
「やすえくにお先生のごあいさつ」:国会で次元転移、愛魂道、ハトホルの秘儀を行う日が来るか?
「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」:矢作&保江両博士、ついに国政に出馬!
保江邦夫博士、鎌倉でUFO撮影成功!?:シリウス系エイリアンも参院選出馬を祝福!?
[日本のこころを大切にする党]大盛況:「日本のこころを大切にする党」大躍進来るか!?

www.yasuekunio.jp
a0348309_0295654.png
などで保江邦夫先生の参院選比例区からの出馬についてメモしたが、今日ジョギングをして戻ると、その保江先生からメールが来ていた。保江先生ご本人から、ここにも掲載してよろしいということなので、メモさせてもらおう。以下のものである。
井口和基様

拝啓、
 やすえくにお(保江邦夫)です。
a0348309_0302155.jpg


 この度公示されました参議院選挙比例区(旧全国区)に、『日本のこころを大切にする党』から立候補いたしました。そろそろ人生の最終章に突入するという今頃になって、いったい何を馬鹿なことをしでかすのかといった印象をお持ちになった方もいらっしゃるかもしれません。

NHKの政見放送
【NHKテレビ】
① 7月7日(木)22時25分~(17分)
【NHKラジオ】
① 7月7日(木)13時5分~(17分)


や選挙情報サイト『選挙ドットコム』の政治活動インタビュー記事
http://go2senkyo.com/articles/2016/06/20/19682.html
では、とても本音の部分は表明することができませんでした。そのため、参院選出馬の背景にある僕自身の考えや計画といった大事な部分を、皆様に正しく理解していただくには至っていないのが実状です。

 そこでこれまで私、やすえくにお(保江邦夫)に興味を持って見守ってきて下さった少数の方々だけには、私の本音をお伝えしておきたいと思います。

 まず、今回の出馬の経緯ですが、二年前から親しくさせていただいております明治陛下の御孫様から、本年の二月十四日に京都で依頼されました。その頃ニュースで報道されていた事件に、若い母親が赤ん坊を抱いたまま電車に飛び込んで亡くなったというものがあります。母性のなせる業か、抱きかかえられた赤ん坊は奇跡的にかすり傷だけで助かりました。覚えていらっしゃる方も多いかもしれません。

 明治陛下の御孫様は、困窮した若い母親が誰にも助けを求めることができず、赤ん坊を道連れに自ら死を選ぶしかないような冷たい世の中になってしまっているという事実に大きな衝撃を受けられ、「私の責任だ!」と涙を流されたのです。もう二度とこのような悲しい事件がおきないよう、今の日本を変えていくために政治の力が必要になる。そのために、是非とも参議院議員になって日本を変えて下さい、やさしい気持ちで誰もが困った人達に手を差し伸べることができる国を作って下さい、と私に頭を下げられたのです。

 深く尊敬申し上げる御孫様からの御依頼に対する私の返答は「はい」か「イエス」しかないと日頃から決めていたこともありますが、この身には過分の御指命を受けたことを光栄の至りとし、前後のことを何も考えることなく即答でお引き受けすることにいたしました。

 これが、この度の参院選比例区への立候補に至る本当の経緯です。この御依頼がなかったなら、私が政治、特に国政の場に飛び込むなどという道を歩むことは決してなかったはずです。ですから、参議院議員となったときの私の行動、言動、政治活動は、まずこの御孫様の御考えに密に沿うものとしていく所存です。

 そしてこの御依頼は私に、こんなことがなければとうてい思い至ることのなかった名案をもたらしてくれました。それはかつてエジプトのピラミッド王の間で授かった次元転移、これを用いて、国会開催中には国会及び国会議員の魂の浄化に務めていくということです。幸いにも、古神道の神事とピラミッドの秘儀による魂の浄化については、私はそれをいつでもすきな場所で行うことができます。私が国会議事場の中や各種委員会室の中で浄化のための幾つかの秘儀を人知れず執り行ったならば、その場に同席する全員の魂が活性化し、清浄なものとなります。

 このことが何を意味するかというと、我が国の現職国会議員のほとんどが浄化された魂を持つ人格の高い人物に変わっていくということです。せっかく御孫様の素晴らしい政策があっても、それを議論する者が程度の低い次元でしか物事を考えられなければ、世の中がよい方向へ進むよう舵を切ることは難しくなります。「日本を変える」前にまず「国会を変える」、それも魂のレベルで。これが私の役目だと考えるに至りました。

 現行の国会議員選抜の方法が有権者による投票で行われる限り、選ばれる中に必ずしも清廉潔白とはいえない人達が入ってくるのを阻止することはできません。いくら素晴らしい公約を掲げていても、いくら高潔な人格を有していても、政治の世界の魔に取り込まれ、本来の目的を見失ってしまう人もいることでしょう。私がそのようになってしまうことを危惧してくださる声も、少なからず頂戴しました。それでも私が出馬を取り止めるとは考えなかったのは、このような理由です。魂の浄化ができる者が直接国会内部に入り込み、間違って選ばれてしまった国会議員達の魂を清めていくことだけが、我が国の国会運営を日本の名に恥じない高尚なレベルに維持する唯一の方法なのです。

 以上ご説明させていただきました点をご理解いただきました上は、どうぞ親しいお知り合いで日本の現状と将来に憂いをお持ちの方々がいらしたならば、是非ともこの参院選比例代表において「日本のこころを大切にする党」から立候補している「やすえくにお」に投票して下さるようお伝え下さい。

 なお、参議院の比例代表は個人名を書く選挙です。二枚目の投票用紙で、比例代表は『やすえくにお』とお書きください(ひらがな名で立候補しておりますので)
 何とぞよろしくお願いいたします。
 末筆ながら、皆様のご健勝とご多幸をお祈りしております。
敬具

やすえ くにお(保江邦夫)


以上が保江先生からのメールだが、赤色と改行と写真は私が勝手にブログ上の読みやすさのために入れたものである。オリジナルはまったく改行も色づけもない。


いや〜〜、保江先生、国会内でハトホルの秘儀、次元転移をおやりなる気満々であるようだ。嬉しい限りである。

保江邦夫先生にはぜひ国政に入ってもらいたいものですナ。

やすえくにお先生に幸あれ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-07-01 21:32 | 保江邦夫

<< リオ五輪サッカー日本代表決定:... ブーメラン:やはり子宮頸がんワ... >>