ボギーてどこん氏大いに語る!『沖縄の危機は日本の危機』:沖縄は支那韓国の島だった!?   

みなさん、こんにちは。

沖縄の真実

みなうすうす気づいているはずだが、沖縄の子どもたちやまるで北朝鮮のように外の情報に触れることが出来ないのだとか。

報道規制、新聞規制、学校規制。

こういうもののせいだという。

沖縄のテレビは偏向報道、沖縄タイムズは完全反日、独立派。学校の先生は左翼の日教組。勉強を教えることよりも左翼活動の方が儲かると。

沖縄の米軍基地でデモすれば、なんと

日当5000円。

警察に捕まれば5000円ボーナス。
基地の塀をよじ登って向こう側に着地すれば、5000円アップ。
警察に捕まってテレビ報道されたらさらに5000円増し。

これって何かの街頭インタビューのような感じだが、これが沖縄の真実だってヨ。

道行くアメリカ人には、

ヤンキー、ゴーホーム!ファックユー!

と連日のヘイトスピーチ。

すべてアメリカのようにそんなことをやっても言っても自分に火の粉が降りかからないという安全を知っているからとか。

まあ、実は我が国の戦後世界、古くは明治維新の時代の日朝併合時代からこういうことが行われてきたわけである。

多少はアメリカ人もマッカーサーの「自虐史観計画」のおかげで、我々日本人がいかに下手に出なければならなかったかを思い知ったわけではなかろうか?


私の研究では、その原因は

天皇家

にある。天皇家が韓国の李垠と梨の宮を結婚させたことにある。

しかしながら、もうそういう血筋は名目上は絶えた。だから、そろそろそういう朝鮮人に対する温情は忘れるべきである。ちゃらにすべし。

遺伝的には朝鮮人は人類には属さない。別の系統の生物体である。

これは、現代生物科学のかなり興味深い例外的生命体なのである。

そういう意味では、オリの中に入れて、全部観察し、然るべき時にはとっ捕まえて、実験動物として研究すべき材料とすら言えるのである。それほどDNAが普通のクロマニオン人類とは違っているのである。

さて、ちょっと話がそれてしまったが、今回「日本のこころを大切にする党」から比例区に立候補した、沖縄の人のYouTube番組が非常に面白いから、それをメモしておこう。以下のものである。
ボギーてどこん氏『沖縄の危機は日本の危機』【その1】沖縄教育界の呆れた実態(反日、利権、反オスプレイの歌)、他2016.6.11「日本のこころを大切にする党」を応援する#1


ボギーてどこん氏『沖縄の危機は日本の危機』【その2&質疑】沖縄サヨク・ヘイワ活動家達の恥ずべき実態(構成比、給与、手当、ホームレス利用)他2016.6.11「日本のこころを大切にする党」を応援する#2

第1部講演会/中山恭子代表、中山成彬氏、矢作直樹氏2016.6.5【日本のこころを大切にする党】iFCON in 東京#1


それにしても、このボギーてどこん氏の話を聞いていると、沖縄は悲劇ですナ。

これでどうして沖縄の偏差値が最下位なのかよく解ったヨ。

10年以上前、沖縄で日本物理学会があった時、私も沖縄に行ったのだが、たしかムーンビーチあたりのホテルのプールにバスで行ってそこで泳いだ記憶がある。

ついでに、琉球大学のプールで泳いだ記憶もある。まあ、管理がアバウトそうだったから、そこの水泳部員にいっしょに泳いでいいかと許可をとって泳がせてもらったのだった。

バスを待っている時に麦わらのカーボーイハットにアメリカ国旗のついているTシャツに半パンで立っていたら、道行くオープンカーの中の米白人が敬礼して挨拶してくれたものだが。

その当時は、まだまだ沖縄には余裕があった感じだが、今はもうそういう感じではないようですナ。

いずれにしてもボギーてどこん氏に幸運あれ!



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-07-09 22:05 | 反日・在日の陰謀

<< 参院選選挙「日本のこころ」つい... 「息を吐くようにウソを報道する... >>