「最後にすべてを失う男」ギャンブル中毒手倉森:やっぱりリオ五輪でも大会前に全部すった!?   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜これは痛い。
手倉森監督ショック 初戦49時間前に久保出場消滅

a0348309_8451970.png


 【マナウス(ブラジル)2日(日本時間3日)=木下淳】FW久保裕也(22)のリオデジャネイロ五輪出場が消滅した。所属するスイス1部ヤングボーイズから派遣を拒否されていた問題で、日本協会が招集を断念した。2日正午(同3日午前1時)までに霜田正浩技術委員(49)が交渉をまとめられず、午後8時(同3日午前9時)に発表。48年ぶりのメダル獲得の鍵を握るはずだったエースを失った。代わってバックアップメンバーのFW鈴木武蔵(新潟)を登録し、バックアップにオナイウ阿道(千葉)を追加した。

 託された18人のリストから久保の名が消えた。しかも初戦の49時間前だ。前代未聞の事態に霜田氏が練習前に取材対応。「苦渋の決断ですが、断念することになりました。現場に申し訳ない」と招集できなかったことを謝った。先月27日にヤングボーイズが公式サイトで「派遣拒否」を一方的に表明。一時は軟化もしたものの、騒動は最悪の結末に行き着いた。

 日本側は4日の1次リーグ初戦ナイジェリア戦の合流を諦め、7日の第2戦コロンビア戦から、と譲歩した。それでも無理だった。3日の欧州CL予選3回戦第2戦まで出場した後、翌4日に久保をブラジルに向かわせる確約を求めていたが、ピッケル・スポーツディレクターから霜田氏に「手放す確約はできない」と電話で返答があった。3日の試合後まで待てば「初戦の24時間前までに完了」と定められる選手変更手続きが間に合わない。17人で大会に入るリスクを回避するため交渉から手を引いた。

 今回の五輪は23歳以下にも招集の拘束力がなく、犠牲になった。チームの痛手も計り知れない。久保は、まだ高校3年だった12年に当時ザッケローニ監督のA代表に抜てき。リオ世代の海外組1号として19歳で海を渡った。アジア最終予選も唯一、全6試合に出場してチーム最多3得点。代えの利かないエースだった。

 手倉森監督は久保とオーバーエージ枠の興梠のコンビを五輪仕様の攻撃の軸と考え、久保も「楽しみですね」と連係を熱望。オールラウンダーの2人が前線で速攻を滑らかにして一瞬のスキを突くプランだったが、再考を余儀なくされる。

 悲運の久保は「オフ期間も万全な状態を目指して練習に取り組んでいたので当然、残念な気持ち、今は少し整理のつかない部分もあります」と公式サイトでコメント。右膝手術を回避したのも五輪のため。あこがれのセリエA移籍を五輪で活躍して勝ち取る夢も散った。最高の状態なのに「仲間の活躍と金メダルの獲得を強く強く願いたい」と託す側に回された。

 手倉森監督も「エースと思いすぎ(招集に)こだわりすぎたから縁がなくなったのか」と悔しがった。初戦ナイジェリア戦へ、まさかの喪失感にチームは包まれている。


最後にすべてを失う男


これが私が見る手倉森である。

鹿島時代は、パチンコ中毒、練習の時間すらサボってパチンコにのめり込む。

そして、ジーコが選手の時代、手倉森が練習をサボってパチンコしているそのパチンコ店にジーコが探しに行って激怒し連れ帰る。

ジーコが監督になると、手倉森や大野が選挙外通告。解雇。

すると、それまで実業団時代にためた全財産を競馬に打ち込み、たった一晩で全財産の2000万円を失う。

すべてを失った。

どうして首を吊らなかったのか?

これは、ゼロになっただけで、マイナスの借金をしていなかったからである。

おそらく借金したらそこで首括っていただろうな。

運良く指導者として再出発なんとかここまでやってきた。


さて、そんなわけで、長年の指導者としての実績が認められて、リオ五輪代表監督を手中に収め、前評判の低かった谷間の世代、世界に行けない世代を指揮して、見事U23出場も決めた。

そしてこれからが本番。

そういう時に、DF陣は8割が壊滅。だから、しょうがなくオーバーエイジで藤春、塩谷を入れるはめになった。

唯一の希望は、FWの久保裕也選手だけ。浅野や鈴木武蔵が世界で通用するかどうかはまったく未知数。

その希望の星が出場できない。

結局、最後の土壇場で、すべてを失った。


いつか来た道、どこかで見た風景、なんか馴染みあるシーンですナ。


最後に全財産を失ってゼロになる。


こんな持っていない御仁が、東京五輪の代表監督のままで行く???

やっぱり日本サッカー協会の田嶋幸三もまた持っていないナア。

もっとも田嶋幸三と俺の世代はほぼ同時代。

おそらく、俺のほうが田嶋よりずっとうまかったと思うがナ。

俺の記憶では、田嶋は元祖ゴン中山のように、ヘッドだけの選手。足元がうまくなかった。

やはり、足元の下手な選手はツメが甘いんちゃうか?

筑波出身の田嶋、早稲田出身の西野、岡田の日本サッカー協会首脳陣の時代、つまり我々アマチュアの時代をもう早急に終わらせて、鹿島の秋田、読売の三浦知良、ラモスのプロ世代、さらには中田英寿、宮本恒靖の世代に任せたほうが良くはないだろうか?

協会もどんどん若返りを図るべきだろう。


いやはや、もうかなり結果はわかってる。ベストフォーどころか、予選リーグ突破もむずかしい。

というのも、サッカーほどランキング通りの結果で番狂わせの難しいスポーツはないからである。

同じ組にいるU23コロンビアはこの間対戦したネイマールのブラジルよりはるかに強いという噂である。

まず0−3で予選敗退だろうナア。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
スポーツしか見ないおバカ層B層の皆さんのために俺からのプレゼント
桜井誠・都知事選
今や伝説となった桜井誠の神演説:「7月30日は日本人の”魂”の独立記念日だ!」
「日の丸が一番似合う男」桜井誠街頭演説13:桜井誠の「グランドフィナーレ」来た〜〜!

伝説の桜井誠の神演説

桜井誠【魂のラスト演説!高画質完全版!】 東京都知事選挙最終日 秋葉原駅


28.7.30【桜井誠 候補・ノーカット】 東京都知事選 グランドフィナーレ 秋葉原駅 電気街口


日本のマハトマ・ガンジー、桜井誠






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-08-04 08:46 | サッカー・リオ五輪

<< 「三店方式」:違法賭博パチンコ... 【祝】2020年東京五輪正式種... >>