リオ五輪サッカー:負け犬ギャンブラー手倉森ジャパン安定の敗退!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、日本予選敗退。これである。
日本vsスウェーデン 1-0 目標 ハイライト 『サッカー 男子オリンピック』 2016/08/10
それにしてもどうして2点3点を取ろうという気迫がないのか?このスマホ時代にベンチがコロンビアの2得点を知らなかったんですかネエ?遠藤アホすぎ。)

手倉森ジャパン、日本敗退のための工作員オーバーエージを使った瞬間にこの時が決まっていたのである。

まあ、あまりサッカーに詳しくない、にわかサッカーファンたちはご存知ないだろうが、
今回のコロンビアと引き分けた瞬間に日本の予選敗退が決まった
のである。

まあ、こう言ってもにわかにはまだ良く理解できないだろうナア。

ナイジェリアがまさかの予選トップ。そして優勝候補のコロンビアが日本との負け試合を引き分けた。

ということは、コロンビアは最終戦に勝つ、それも日本との得失点差で上回れば良い。逆に日本も同じ状況。

だから、サッカーのトウシロウは日本にも可能性があるとたかをくくる。そうしないと、サッカー応援ツアーやらホテル業界やらが儲からない。テレビも見ない。商売上がったりだ。→これがサッカーにおける「偏向報道」というやつだ。

しかしながら、日本人が知らないのは、コロンビアは黒人国だということである。つまりアフリカ系が非常に多い南米国である。アルゼンチンやベネズエラやウルグアイやパラグアイは逆に白人国である。ブラジルやコロンビアやチリは意外にも黒人国なのである。

というわけで、南米のコロンビアとナイジェリアには黒人同士の馴染みというものがある。だから、アフリカの黒人は、南米の黒人にとっては奴隷船で連れて行かれた同胞であり、子孫なのである。

このため、自分たちが負けても予選突破できる状況にある場合は、わざと負けてやるのである。また、この一戦を負けることで、強豪国である日本やスウェーデンを敗退に追い込める。

これは八百長ではない。サッカーの予選リーグというのはそういう駆け引きを行うのが常道なのである。

こういう戦略を我が国のにわかサッカーファンやトウシロウはまったくご存じない。

ましてや、東京都知事選の時に、我が国のメディアがあたかも立候補しているのが、小池百合子、鳥越俊太郎、増田だれやの3候補だけを取り上げて、もっとも正義感のある桜井誠他18候補を泡沫候補扱いして沈没させたが、こういうのを「偏向報道」というが、それと同じように、サッカーでも韓国が常に日本の上の順位になるように、偏向報道や工作を行うのである。

それが、今回のオーバーエイジ枠の使用である。

これは在日韓国、韓流のキリンやアディダスなどのサッカー協会のスポンサーが金を脅しに、日本が負けるように強行してきたわけである。

これまたトウシロウやにわかにはわからないだろうが、キリンやアディダスは我が国サッカーを強化するためにスポンサーになっているのではなく、むしろ逆なのである。

キリンチャレンジカップは電通CMやキリンビールの売上のためのツールにすぎない。アディダスがサッカースポンサーになっているのは、それによって靴の売り上げが定期的に確保できるからである。

キリンもアディダスも創価学会系の企業である。つまり、在日北朝鮮人韓国人に支配されているわけである。簡単にいえば、反日企業である。

だから、創価学会員の浅野が選ばれ、アーセナルに行けば、それでキリンもアディダスも儲かる。浅野1人にCM契約で大金支払っても、そのうち15%は創価学会に入るし、アディダスとスポンサー契約する大学サッカー部が増えればそれでサッカー靴の売り上げが確保される。

ただそれだけである。

キリンやアディダスが本当に我が国のサッカーを強くしたいと思ってスポンサーになっているとすれば、もっと別のやり方をするだろうし、別の才能ある選手をプッシュするだろう。

まさか興梠、藤春、塩谷を送り込むことはない。

今日のスウェーデン戦でもさすがに戦犯藤春は出なかったが、出てしまった興梠と塩谷はことごとくチャンスを潰した。シュートを外しまわり、ミスパスし続けた。

また、浅野はことごとく大事なところでオフサイドを取られまくりチャンスを潰した。鈴木武蔵も簡単にゴールできる所ではずしまくった。

その一方でアジア予選では日本に負けた韓国が予選1位でリーグ突破した。

つまり、浅野、鈴木武蔵なども創価学会の工作員にすぎないとすら見られるわけだ。

韓国が予選突破し、日本が頑張ったが残念。予選敗退。

これで、万事めでたしめでたし。

韓国マンセー、ざまあみろ日本。


ということになったわけである。

実はこれがキリンシーグラムとアディダスジャパンの本当のスポンサー契約の理由なのである。


まあ、あまり陰謀論に慣れていないトウシロウには、陰謀論とはUFOやイルミナティーとかそういうオカルト的な話だけのことだと見えているだろうが、そういうことはない。

これは俺の長年の分析で分かったことで、我が国のサッカーの公式スポンサーがキリンとアディダスになった瞬間から我が国のサッカーが下降線をたどり始めたのである。同時に、日本人選手が欧州行きを増加し、キリンビールの宣伝やらアディダスのコマーシャルに出るようになったわけだ。

キリンアディダスの宣伝効果、創価学会系選手の海外流出、日本サッカー弱体

これはすべて一体のものであってリンクしているのである。


もうそろそろ、こういうことを本気で怒らないといけませんナア。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
サッカーしか興味ないというおバカ層B層のみなさんのために俺からのプレゼント
桜井誠・都知事選
今や伝説となった桜井誠の神演説:「7月30日は日本人の”魂”の独立記念日だ!」
「日の丸が一番似合う男」桜井誠街頭演説13:桜井誠の「グランドフィナーレ」来た〜〜!

伝説の桜井誠の神演説

桜井誠【魂のラスト演説!高画質完全版!】 東京都知事選挙最終日 秋葉原駅


28.7.30【桜井誠 候補・ノーカット】 東京都知事選 グランドフィナーレ 秋葉原駅 電気街口


日本のマハトマ・ガンジー、桜井誠






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-08-11 10:53 | サッカー・リオ五輪

<< タイムラインを変える「君が代の... リオ五輪体操:体操ニッポン復活... >>