北朝鮮総連を護衛する警視庁:やはり警視庁は朝鮮進駐軍だった!?→警視庁も解体すべきだナ!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、これは痛い。

終戦直後の闇市時代、半島からの不法ハンベーダーが、突然手の平返しして朝鮮進駐軍
国民が知らない「日本のイターーイ歴史」の数々:「朝鮮進駐軍」とは何か?
a0348309_9352139.png

なる不法組織をつくり、米軍から盗んだ兵器をつかって我が物顔に振る舞い、盗難、レイプ、リンチ、虐殺、放火、多くの日本人死傷者を出し、その土地不動産を盗み、駅前の目抜き通りを占拠した。

その結果、我が国には「耳たぶ無し族」が跋扈することになった

ということは、ダマスゴミの「報道しない自由」により戦後72年一度もテレビで報道されたことがない。

その時の朝鮮進駐軍の残党が、日本人に帰化し、パチンコ、神奈川県警、警視庁、神戸県警などに巣食ってしまったということもあまり知られていない。

いまでは、たまに生じる事件から、間接的に情況証拠を見る程度しかない。

が、その態度から、当時の様子を窺い知ることはできる。

そんな事件がまた生じたらしいので、それをメモしておこう。以下のものである。

アジア調査機構代表「朝鮮総連からの不正送金が核・ミサイルに…こんなバカなことはない」 『破産申し立て』に大反響

a0348309_9362389.jpg
上の写真と比較せよ。日本国民に歯向って仁王立ちする様はまさに朝鮮人ですナ。

 日本独自の対北朝鮮制裁として、提唱されている「朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)の破産申し立て」が大きな反響を呼んでいる。国際社会の反対を無視し、弾道ミサイルを発射し続け、「6回目の核実験」まで強行した北朝鮮に対し、言葉だけの抗議は何の意味も持たないからだ。今こそ“目に見える形での圧力”が必要ではないか。

 「日本が強く出ないと、北朝鮮を増長させるだけだ。日本の反発が『大したことがない』と思わせると、どこまでもやってくる恐れがある」

 整理回収機構(RCC)が朝鮮総連の破産申し立てを行うよう、政府に要望書を提出する準備を進めている「アジア調査機構」の加藤健代表はこう語る。

 朝鮮総連の破産申し立てを取り上げた11日の本紙記事を紹介した加藤氏のツイッターには、「まったく同感」「解体しない方がおかしい」「ときには、自分の力での制裁もあっていい」など、賛同のコメントが殺到した。リツイート数も通常の数十倍に上った。

 朝鮮総連は、破壊活動防止法に基づく調査対象団体で、数々の対日工作や事件にかかわってきたとされる。北朝鮮本国に多額の不正送金も行ってきた。東京地裁は8月2日、債務約627億円の大半をRCCに返済しない朝鮮総連に対し、利息も含めて約910億円の支払いを命じた。

 一方で、日本と国交のない北朝鮮にとっては「事実上の大使館」的な存在だ。中央本部ビルの売却問題について、北朝鮮は日朝協議で「強い懸念」を表明するほど、重要視している。

 前出の加藤氏は「朝鮮総連から送られた金の一部が、日本や世界を脅迫する『核・ミサイル開発』に使われている。こんなバカなことはない。正義の実現が必要だ。破産申し立ては北朝鮮と交渉する上で大きなカードになる」と話す。

 北朝鮮にやられっぱなしでいいはずがない。政府は国民の声をどう受け止めるのか。


これが、警視庁が朝鮮進駐軍の残党によって支配されたという証拠である。


どこの国に、敵国をガードする警察があるのかいな?

向きが逆!!!


朝鮮総連の中を見張るべきなのだ。


というのも、ベンジャミン古歩道が前から言っているように、この朝鮮総連の地下には、ロシアから盗んで来た

小型核爆弾がある

という話があったからである。


まあ、暴発すれば、この警視庁の警官たちはみな消滅するだろうナア。御愁傷様である。


ちなみに、東京の警視庁は、支那大使館前にもいつもいて、敵国支那人のガードを行っている。たとえばこんな感じ。
中国大使館前でシナチクの犬となる警視庁の朝鮮進駐軍残党たち
a0348309_9414375.jpg



いったいだれの税金で飯食わせてもらっていると思っているのですかナ?


都民は、都に税金を支払うべきではないナ。


もっとも警視庁の上にいる政治権力は、東京都知事らしいから、こういうことをさせるのは、こいつだ
セガサミーの女といわれる小池百合子
a0348309_9442337.jpg
ということもできる。


まあ、斎藤1人という謎の大金持ちの言説では、
北朝鮮が狙っているのは日本

北朝鮮の核ミサイルはアメリカまで届かない。
したがって、アメリカへの見せしめのために、我が国の東京に核ミサイルを撃つ。


【斎藤一人】14年前から北朝鮮の動きを予測していた


【辺真一】日本人は北朝鮮の核攻撃に備えよ 核は日本に使われる
ということらしい。

御意。さもありなん。

というより、誰が考えてもそうなるだろうヨ。


東京崩壊。


というのも、そもそもどうしてサリン事件が、長野と東京で起こったのか?

なぜ地下鉄サリン事件だったのか?

なぜ一番解り易い標的になるスカイツリーを作ったのか?

なぜ築地市場が移転しようとしているのか?

なぜいま築地本願寺が、地下(=地下シェルター)を建設中なのか?


いくら頭の悪い人でもちょっと考えればわかるはずである。


サリンを作らせて、東京終焉をオウム真理教に画策させたのも朝鮮総連および北朝鮮。

オウム真理教を作り出したのは、創価学会と統一教会の幹部や顧問弁護士だったという。
オウムの菊池直子、高橋克也逮捕は「やぶへび」だったか!?
a0348309_9544439.jpg



さて、まあここ20年の俺の分析では、

この地上にニダヤとユダヤの二兄弟がいるかぎり地球は滅ぶ。

これに支那のアルヤが加わった、アルヤとニダヤとユダヤの悪の三兄弟がいる限り、人類は滅ぶ。


だから、人類は一度また単細胞生物まで戻ってもう一度やり直すべきだろうナ、というのが、俺の得た結論だ。


というわけで、いま必死で単細胞の生命体の研究をしているわけですナ。

また、進化し直してもまたまた同じような人間になるのであれば、地球の未来は暗いからヨ。



ところで、話は変わるが、最近我が国のかつてのノーベル賞受賞者の科学者たちが、

このままでは日本のノーベル賞はない

というかなり痛烈な意見を反日NHKで言っているらしいネ。


まあ、いくらノーベル賞学者といえども、気がつくのが遅すぎた。

俺は、もう25年近く前に
日本社会の構造的問題とその解決の方向―三セクター分立の概念
という本を書いてそういう主張をしているヨ。

いわゆる「大学セクター」というのは、この本およびその元である論文
「日本社会の構造的問題とその解決の方向:3セクター分立の概念」、 「物理学者の社会的責任」サーキュラー、科学.社会.人間、第37号、10(1991)
から我が国に誕生した概念である。

また、以下の論文でも似たようなことは論じたんだがナ。
「日本の物理学--明日への展望」に異議あり!:戦後の日本におけるアカデミズムの問題点



まあ、我が国は正直実質上は終わっている。詰んでいるんですナ。

これほど朝鮮半島からのハンベーダーが巣食い、帰化し、日本人面して国政に出てしまった以上、

我が国が立ち直るのは、核戦争による浄化以外にない。


とまあ、そういう情況なのである。


まあ、この地球自体も似たようなものである。


まあ、また単細胞からやり直したら良いんちゃうか?


いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-09-25 10:09 | 反日・在日の陰謀

<< アイラブジャパン:メキシコ人「... ジョーク一発:「終了、終了、終... >>