FIFA U17 W杯最終戦第三ラウンド突入:イラン、独、ブラジル、スペイン圧巻の勝利劇!   

みなさん、こんにちは。

インドで開催中のFIFAU17W杯もいよいよ予選リーグ最終節の第三戦目に突入し、架橋に入ってきた。

Match 29: Costa Rica v Iran – FIFA U-17 World Cup India 2017→0-3でイラン
a0348309_955479.png

このイランも非常に強い。最近の日本の選手と違い、ドリブルの基本をちゃんと理解している。

つまり、ボールを持ったら、その瞬間に自分とゴールキーパーとを結ぶ直線状に沿ってドリブル開始するというものである。だから、サイドでボールを奪えば、そこからすぐにキーパーに向かってドリブルしなければならない。そうすることで、ディフェンダーは守備の基本道理その直線状にブロックに入るから、サイドラインに平行な方向、すなわち前に進路が開く。そこへ突破し、打開する。

イランの選手はこれができているのだ。

また、ペネルティーエリアに近づいたら、そこは攻撃ゾーンなのだから、ドリブル突破を第一に考える。それが攻撃の仕掛けということだ。イランの選手はこれがちゃんとできている。

しかしながら、我が国の若手はそういう時にもボールを失うことを恐れ、いつもバックパスすることばかり考えている。こうして、パスはすこしも前や相手の裏に出せず、
「一歩進んで二歩下がる」戦法
を繰り返し、無駄パスの連続になる。


Match 30: Guinea v Germany – FIFA U-17 World Cup India 2017→1-3でドイツ
a0348309_107689.png

いまでいうサイド攻撃、昔で言うウィング攻撃の伝統をもつドイツがしぶとく勝利。絶対勝利を諦めないゲルマン魂炸裂!

グループC
a0348309_1010639.png

イラン強し。3連勝で1位抜け。2位ドイツが決勝Tへ。


Match 31: Niger v Brazil – FIFA U-17 World Cup India 2017→0−2でブラジル
a0348309_10133218.png

王国ブラジル、アフリカのニジェールを一蹴。このブラジルは非常に知的なプレーをするチーム。フリーキックで日本の高校サッカーのようなサインプレーをするブラジルをはじめてみたよ。


Match 32: Spain v Korea DPR – FIFA U-17 World Cup India 2017→2−0でスペイン
a0348309_1018782.png

Korea DPRとあったから韓国だと持っていたら、北朝鮮だった。失礼。南朝鮮は本戦出場できなかったんだ。

スペインの圧勝。サッカーの質が全く違う。大人と子供の差があった。北朝鮮はかなり衝撃を受けたのではないだろうか?

これだけ強いスペインでもブラジルには勝てなかった。いかにブラジルが強いか。


グループD
a0348309_10221171.png

このブラジルは極めて強い。


さて、今日は我が国の日本代表の第3戦がある。

もう勝利への執念。死ぬ気で頑張るしかない。


頑張れ、日本!



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2017-10-14 10:24 | サッカーU17W杯2017

<< 立件ミンス党の山花郁夫候補、早... 今日は俺の生誕60年:還暦祝い... >>