HAARPモニター観察:久しぶりの300nTの地震電磁波到来!   

みなさん、こんにちは。

羽生五輪連覇66年ぶりで湧いていた昨日だが、今年になって久しぶりに地震電磁波が出てきたので、一応これをメモしておこう。大きさはそれほど強烈ではなく、300nT程度のものである。

どういうわけか、ここ数日以上ずっと成層圏の電子濃度だけが減り続けていた。

そんなわけで、ずっと観察は続けていたのである。
カナダモニター群
a0348309_14113513.png

NOAAのモニター群

地磁気揺らぎ
a0348309_14112772.gif

X線揺らぎ
a0348309_14121175.gif

a0348309_14121578.gif

電子濃度
a0348309_1413013.gif


問題は方向性だが、我が国の方ではなさそうだ。

印象としては、この間台湾に来た地震の時とも似た感じがするが、火山の噴火という可能性もある。


今後を注目していきたい。


ちなみに、関東一帯にもHAARPの電磁波が照射され続けている感じも否めない。


いやはや、世も末ですナ。



おまけ:
このメモの翌日の昨日、スマトラの火山が大噴火したようだ。どうやら今回の地震電磁波はここからのものだった可能性が高い。一応、1日前の予測となった。

スマトラ島シナブン山 過去最大の爆発!噴煙5km(動画)
a0348309_8594659.jpg






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-02-18 14:16 | 地震・地震予知・噴火

<< ヒラマサ五輪:カーリングで「ち... 平昌五輪が日本史に!?:「羽生... >>