イタリア代表フィオレンティーナの主将のダビデ・アストリ選手が突然死!享年31才。   

松田博幸 悲しいときはいつも


みなさん、こんにちは。

また悲しいニュースが飛び込んできた。

イタリアのセリエAの名門フィオレンティーナの主将のダビデ・アストリ選手が、遠征中のホテルで死去したという。享年31歳。

ホテルでお亡くなりとなったようだ。
伊1部、フィオレンティナの主将がホテルで急死
a0348309_7195793.jpg


 サッカーのイタリア1部リーグ、フィオレンティナは4日、主将のDFダビデ・アストリ選手(31)が急死したと発表した。

 同リーグはこれを受け、4日の試合を全て延期した。AP通信によると、アストリ選手は同日朝、ウディネーゼ戦に向けた遠征先のホテルの部屋で亡くなっているのが見つかった。病死とみられる。イタリア代表で通算14試合に出場した。(ルーマニア・ルシュノフ 風間徹也)

Davide Astori tribute, captain of Fiorentina and player of the Italian team died at age 31


Davide Astori | Best Defensive Skills & Goals | HD 720p



果たしてこれで何人目の突然死だろうか?
2014年ワールドカップ・ブラジル大会象牙海岸代表シェイク・ティオテ選手が死去!享年30才。
a0348309_14575221.jpg


ベルギーのDFグレゴリー・メルテンス選手
a0348309_150499.jpg

イタリアのピエルマリオ・モロジーニ選手
a0348309_1525379.png

日本代表の松田直樹選手
a0348309_1522565.jpg

スペインのアントニオ・プエルタ選手
a0348309_152547.jpg

カメルーン代表のマーク・ビビアン・ホエ選手
a0348309_1513994.jpg

ハンガリー代表のミキ・フェヘル選手
a0348309_1511728.jpg


やはりサッカーは非常に過酷なスポーツだという証明だろう。

最近は自国のリーグの他に連戦が多すぎる。

ホームアンドアウェー方式が行われるが、同じチームと二試合するというのは非常に過酷である。

やはり選手にとっては、第三国方式が良いのではないか?

ホームでもアウェーでもない第三の場所で1試合だけで決める。

ホームアンドアウェーは商業的には儲かるだろうが、選手にはかなりきつい。
自国のリーグならそれもいいが、クラブ杯は必要かどうか?

いい試合、良いサッカーを望むなら、選手の負担はかなり軽減した方がいいだろう。


有名選手やチームの重要選手は1人でホテルに宿泊するという場合が多い。

そういう場合に、異変が起こってもそれをキャッチするものがいない。

ベッドの上で苦しんでもそれを伝えることができない。

やはり、二人部屋の方が良いのかもな。

二人一緒に異変が起こることはないだろう。

がしかし、城彰二と三浦知良のように、一方が神経質で一方がいびき魔の組み合わせだと大変だろう。



ところで、死後の世界に行っても、すぐにまた、その前世の記憶を保持したまま生まれ変わりたいという場合は、死後の世界で仲間から出されるお茶のような飲み物を飲んではいけないという説がある。何かを出されて飲むと、すぐに生前の記憶を失うのだとか。

まあ、その方がよろしいという場合もあるから、それで良いのでしょうナア。

今度はぜひ我が国の日本人として生まれてきて欲しい!

ついでにいうと、自分とゆかりの人が亡くなった時、49日の間程度の期間なら、その人に自分の願い事を叶えてもらえるという説もある。

そんなわけで、アストリ選手、
どうか我が国の日本代表をトップレベルになれるようにしていただきたい!

はたして俺の願いは届いただろうか?


ダビデ・アストリ選手のご冥福をお祈りいたします。R.I.P.



=========================================================================
[PR]

by kikidoblog2 | 2018-03-05 10:51 | サッカー&スポーツ

<< 支那の小便小僧の「快感」:「男... 砂漠を緑化した福岡正信さんの話... >>