英物理学会のスーパースター、ホーキング博士死去!:なんと「世界の嘘つき5人衆」の1人だった!?   

平家物語 祇園精舎/岩佐鶴丈



みなさん、こんにちは。


今回は私の視点のメモである。だから、たぶん普通のありきたりの科学の
世界が居心地のいい人はスルーでよろしく。

こっち見るな!
である。



まあ、この人のことは俺にはどうでも良いのだが、
まあ、理論物理学者という意味ではやはり無視できない人物である。

スティーヴン・ホーキング
a0348309_94816.jpg

がお亡くなりになられた。享年76歳。

ご冥福をお祈りいたします。



さて、なぜ、無視できないかというと、

100%偽物だからである。

マイケルソン・モーレーの実験から100数十年経って、
いまだにアインシュタイン理論(特殊一般に限らず)が正しいという前提で仕事する。

ありえない。

アインシュタイン理論が難しいということはない。
リーマン幾何学を物理に拝借しただけ。
それによって、物理理論を幾何学化しただけである。

偉大な数学者、岡潔博士は、何十年も前に

物理は間違っている!
自然科学は間違っている!

とおっしゃっていたのである。

横山賢二さんの記事
岡潔 「自然科学は間違っている」(1)の解説
岡潔 「自然科学は間違っている」(2)の解説 「人間の建設」より
岡潔 「自然科学は間違っている」(3)の解説 講演「日本民族」より

拙ブログ1&2
「時間物理学」:時間は未来から過去へも流れているか!?
「2015年アインシュタイン理論が終焉する」→井口和基博士の予言!?
岡潔「嬰児に学ぶ」:人には第二の心がある。そのふるさとは頭頂葉である。



要するに、岡潔によれば、
アインシュタインは理論物理学を形而上学に変えてしまった
が、アインシュタイン自身はそれの問題に気づかなかった→つまりバカだった!

言い方を変えると、

アインシュタイン以降、
アインシュタインの一般相対性理論の数学形式だけに目を奪われるようになり、
一つ一つの個々の概念の正当性に対するチェックが甘くなった。

この概念の正当性の厳しさを誇ったニールスボーアは、
ほとんどアインシュタインの理論に関与していなかったことからもわかる。

アインシュタインは、ユダヤ人科学の黎明期のスターとして
必要だったのであって、科学理論のためだけではなかった。

つまり、ユダヤ人の象徴としてのブランド名になったのである。
今で言えば、レジェンド化した。

ただそれだけ。

アインシュタインの最大の問題は、相対性理論だけで、
ブラウン運動や光電効果やボースアインシュタイン統計論は非常に優れた業績である。
これらだけでも十分であった。

しかし、相対性理論はたくさんの無定義概念の使用の混乱があり、
大半が思い込みにすぎないものである。

エーテルが存在しない

というのは、エーテル流が存在しないから、拡大解釈したにすぎない。
流れが存在しないなら、流れの素が存在しないということになれば、
静止した空気は存在しないことになる。

マイケルソン・モーレーの実験はあくまで地表面に平行に装置を置いた場合、
エーテル流が誤差範囲に隠れたというだけで、
その後のミラー博士の30年間の実験で、マイケルソンとミラーは共同研究し
エーテルが存在することの120%の確信を得たのである。

が、二人が死んで大分経った頃、
自称ミラーの弟子を名乗ったユダヤ人のシャンクランドにより
それまでの実験が全部間違いだったと捏造否定されたのである。

仮にマイケルソン・モーレーの実験を地表面に垂直にやれば、
今の技術ならだれでもすぐにエーテル流の存在が確認できる。

エーテルは存在するんですヨ。
Extended Michelson-Morley Interferometer experiment. English version


が地表面に平行に設置して有効なデータをとろうすれば、これほど巨大化する。
LIGO=巨大なマイケルソン・モーリー実験:相対論信者の最後の砦!?

a0348309_12234837.jpg



だいたい我が国の科学者で、
ローレンツには二人いたと知っている人がどれほどいるのだろうか?

ローレンツは2人いた!:DanishのLorenzとDutchのLorentz

答えから先に言うと、ローレンツ・ゲージのローレンツとローレンツ変換のローレンツはまったくの別人なのである。


デンマーク人のローレンツとオランダ人のローレンツである。

ローレンツゲージのローレンツはデンマーク人のローレンツ(Lorenz)。
ローレンツ変換のローレンツはオランダ人のローレンツ(Lorentz)。

tがあるかないかはつづりの間違いではない/なかった。

日本ではオランダ人のローレンツがローレンツ変換も
ローレンツゲージも全部やったことになっている。

こんな程度の低い学会で、
相対性理論がどうたらこうたら言ってみたところで、
論文の書かれた表象的なことしか理解できない。

それが我が国の科学の限界でもある。

かなり特殊で一部の、世界である程度認知された後、
つまり、かなり西洋人世界で、
ユダヤ人有利に整備された情報に直された知識
しか学んでこなかったのである。

実はこの傾向は明治の時代からそうで、長岡半太郎の時代からすでにそうだった。

そして、残念ながら今も続いている。


一方の欧米では、さすがに科学の生みの国々であり、
科学のいい意味の伝統が生きている。

だから、大向うが正しいといったとしても、
自分がやった実験でそれが否定されているなら、
相手を信じるのではなく自分の結果を信じる。
そういう強い傾向がある。

だから、アインシュタインがなんと言うが、
ニコラ・テスラはがんとしてそれを受け付けなかった。

なぜなら、ニコラ・テスラはこの宇宙空間を交流電圧が
伝達することを実験証明していたからだ。

弱い交流電圧の場、これが光や電磁波である。

だから、遠い宇宙の光が地球にまで到達する。

ということは、何もない宇宙空間は存在し得ない。

何かが空間内に存在する。

普通はそれをフックとニュートンの時代からエーテル(Aether)と呼んできた。

ケルビン卿(ウィリアム・トムソン)も
クルックス管(テレビのブラウン管の先祖)のクルックス。
みなこういう人たちはエーテルの存在を確証していた。

むろん、マックスウェルもそのマックスウェルの理論の簡略化を実現した
変人オリバー・ヘビサイドもエーテルを信じていた。

19世紀のヘビサイドに至っては、
戦後我が国の朝永振一郎、ファインマン、シュウィンガー
のノーベル賞の受賞の証拠となった、電子質量のラムシフト。
実質的にはこれと同じことを1800年代後半に計算していたのである。

エーテル中を運動する一電子の質量は、
エーテルにより質量は増すという計算である。


量子電磁力学は、エーテルはなく、光子場の量子である、
光子の仮想的交換で電子の質量が増す
という計算である。

かつてのエーテルを光子場と言い換えただけなんだが、
宇宙は真空であり、そこには何も物質がないが、
場フィールドは存在する
という実に奇妙な論理に至る結果になった。

これがそもそもの奇妙の起点であり、
そのルーツがアインシュタインの相対性理論だった。

この相対性理論が解としてさらにブラックホールが存在すると
インド人のチャンドラセカールが見つけ、それ以後、
アインシュタイン方程式の特異点探しが始まった。

そして、宇宙の真空にはエーテルがつまり、それが振動することで
重力が変動するというニコラ・テスラの観点が、
いつしか書き換えられて、
真空そのもの、すなわち空間そのものが変動するという
重力場の観点に変わったのである。

しかし、重力場の変動=重力波の存在を証明したという装置は
やっぱり巨大なマイケルソンーモーレーの実験だった。

いやはや、皮肉である。


が、そのブラックホールに物質が吸い込まれる時、
物質のエントロピー、つまり、熱はどうなるっていう問題を
ホーキングが考えることになった。

そしてその回答を得て公表し、世界的に有名になったころ、
ホーキング自身がブラックホールに吸い込まれていった。

俺の観点で言えば、この体調に異変が生じ始めた頃、
自分の何かがおかしいと気づくべきだった。

つまり、ホーキングの理論そのものが偽物で、間違っていると気付き、
正しい方向へシフトすべきだったのだ。

そうすれば、健康に戻れた可能性が高い。

世界を誤った方向に持っていくきっかけを
神様がホーキングに警告したのである。

そっちへいっちゃいかんよと。

ところが斜陽になった英物理学会はホーキングをスターにしたかった。

戦後大半がアメリカ物理学会に持っていかれた。

というわけで、ホーキングとペンローズの二人は落ちぶれた英物理学会の
二大スーパースターに祭り上げられたのである。

可愛そうなのはホーキングである。

ペンローズは物理学者じゃないが、富豪だから、何やっても良い。
失っても存分に優雅な生活ができる。

平民のホーキングは身障者である。
金稼ぐ以外にない。


ところで、アメリカのエリック・ドラード博士の著作では、

アルベルト・アインシュタイン、
スティーブン・ホーキング、
ミチオ・カク
カール・セーガン
ともう1人名前が分からない人

この5人が現代物理学の「嘘つき五人衆」だと名言している。
以下のものである。最初の章にある。

"True" Electromagnetism of Nikola Tesla", by Dr. Eric Dollard
a0348309_1035299.png
一番右が誰かわからない


そして、ラッパ吹き役として、こういうフォークス、
いまでいうファルスニュースを奏でる
トップスターを生み出す黒幕衆は、やはりあの方々だった。

フランクフルトのゲットー出身の
モーガン、ロスチャイルド、ロックフェラー。
a0348309_107163.png


山高帽の紳士たち。

朝鮮で言えば、両班ですナ。

いつも自分だけ特権階級でいたい人達。


今の日本で言えば、
「いまでしょ」の林先生や池沼の池上先生が、
ホーキングやカクのような男。
逆にそれを裏で支援する創価学会とかの重役が山高帽や両班にあたる。


カール・セーガンは若い頃はエイリアンの真面目な研究者だったが、
ある時期からロックフェラーの犬になり、真逆に変わった。

福岡正信さんのような、同じ180度真逆に変わった場合でも、

ロックフェラーの犬から自然農法の神様の手足に変わったというのとは、
これまた180度違うのである。

ミチオ・カクもある時期から突然イルミナティーネオコンの犬に変わった。

ハニーにお仕置きされたか?
マネープールで溺れたか?
薬づけにされたか?
MKウルトラか?
拷問されたか?

そういえば、金玉蔵氏の盟友に山田〜〜という人がいるようだが、
この人はシオンの議定書を否定しておるネ。
つまり、イルミナティーはいないと。真っ赤な嘘だと。

あの〜〜、昔も今も数千年前からちゃんといますから。
日本人が少なくとも数万年前から日本列島にいるように。

アムシェル・ロスチャイルドのメンターは、あのメンデルスゾーンなんですヨ。


というようなわけで、ついに英物理学会のスーパースター、
まあ、嘘つきの天才、スティーブン・ホーキングが死んだ。

ある意味で、非常にめでたい話であるが、
物理学の話を置いておけば、筋ジストロフィーという難病と戦った立派な人生。

しかし、それを逆に最大限に利用した感もある。


ご冥福を心からお祈りいたしますです。RIP.

たぶん天国には行けないと思うが、アインシュタインと仲良くやってくださいネ。

テスラとは喧嘩になると思いますが、よろしくネ。


嘘つき5人衆のあと一人は、ミチオ・カクだけとなったようですナ。


祇園精舎の鐘の声  
諸行無常の響きあり  
沙羅双樹の花の色。
盛者必衰の理を表す  
おごれる人も久しからず  
ただ春の夜の夢のごとし





いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-03-16 10:34 | コンスピラシー

<< やっぱりきたか!財務省に「韓の... 韓の法則:「韓国のイチゴはびっ... >>