ハリルの遠吠え!:「日本よ、さようなら!」日本サッカーは永遠に100年計画のまま!?   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、ハリルホジッチが日本に来て日本代表を引っ掻き回すのかと思っていたら、比較的穏便に時間が過ぎ去って良かったと思う。

通訳抜擢された、ヤングなでしこの指導者だった樋渡群さんだけが不憫であった。
ハリルホジッチ氏が来日 無念さにじます
a0348309_1233733.png


その後の記者クラブの会見ではこんなことを言っていた。
ハリル氏「田嶋会長に不満を言った代表選手は2人」



 サッカーワールドカップロシア大会に出場する日本代表監督を9日に解任された、バヒド・ハリルホジッチ前監督(65)が27日午後4時から都内で会見を開いた。同氏は
「残念ながら、真実を探しに来たと言ったものの、まだ見つかっていない」
と解任の理由を見つけ切れていないと吐露した。その上で
「何人かの選手が不満を言ったとは聞いている。選手は2名、いるのでしょうか? 不満を漏らしている選手は2名か?」
と、自身の解任を日本サッカー協会(JFA)に強く求めた選手が2人いるのでは? との疑念を強調した。

 ハリルホジッチ氏は、自らに強い不満を持つ選手が、JFA田嶋幸三会長と、自身が監督だった当時、技術委員長だった西野朗監督らスタッフと“内通”していたと強調。
「(2名の選手は)会長とやりとりしていて、テクニカルスタッフの何人かとも(やりとりしていた)。西野さんが、どのような役割を果たしたか知らないが(ベルギーのリエージュで)『注意した方が良い選手がいる、不満を漏らしている選手がいる』と言っていた」
と、西野監督からも、選手が不満を漏らしていることをにおわす話があったことを明かした。

 その上で
「問題があるのが本当なら、会長が事前に『こういう問題がある。ハリルどうする?』
と言ってほしい。西野さんも警笛を鳴らしてくれれば…。(2人の選手は)あるスタッフとは話をしたのに、なぜ私のスタッフと話をしなかったのか?」
と不満を口にした。

 またDF槙野智章(30=浦和)ら代表選手から、励ましのメールが来ていたことも強調した。広島DF丹羽大輝は、会いに来たという。ハリルホジッチ氏は「広島の丹羽大輝は、Bチームでたった1回、起用しただけなのに飛行機に乗って会いに来てくれた。解任が残念だという励ましのメッセージは15人くらい来ている」と繰り返し主張した。【村上幸将】


まあ、選手の中でもハリルホジッチの前から日本代表だった選手、いわゆるロートル組U34とその後にハリルホジッチになってから日本代表に呼ばれた選手、U27の選手とは当然「温度差」があったに違いない。

槙野のようにハリルになってレギュラー入りした選手は、その後テレビCMでウハウハ状態になったわけだから、それは「感謝感謝感謝」の嵐になるのは間違いない。

一方、それまでテレビCMでウハウハ状態だったがハリルになって落選し音沙汰なしになった香川真司や岡崎慎司のような選手は、当然ハリルホジッチの「クソ野郎」と思っているに違いない。

本田圭佑や長友佑都のように、永久にCMモンスターになっている創価学会系の選手は別に監督が誰であろうがどうでも良いだろう。

「僕たちのCM」が約束され、自分のサッカービジネスの資金源になっていればそれよろしいわけだ。


要するに、いまいる選手も日本サッカー協会もJリーグも代表監督の外人も、

誰一人日本サッカー強くすることを考えていない。

日本の男子サッカーを世界最高レベルにするための方策を真面目に考察しない。

みな自分のサッカービジネスとしてしか見ていない。



いやはや、これでは強くなることは不可能である。


まあ、20年前なら、日本人選手が海外のチームに入れば、それ=自己研鑽になった。

しかし、最近ではそれだけでは十分ではなくなってきた。


それは、各チームが、ディジタルテクノロジーを取り入れ、AIやサッカー分析ツールを用いるようになったために、これまでのようなサッカー戦術では通用しなくなってきたのである。

要するに一言で言えば、

サッカーがビッグデータを利用するようになった

のである。

大迫勇也選手が出てきたら、これまでのデータサッカーから、こういうふうに対処すれば良いというような個別の指示が監督から出される時代になっている。

つまり、言い変えれば、

オフト、トルシエ、オシム、ジーコ、ザッケローニ。。。

の時代と違い、時代が進みいまのハリルホジッチ監督の時代になるにつれて、世の中では

コミュニケーションの重要な時代

になってきたわけである。


リアルタイムでコミュニケーションができなければいけない時代になった。

監督が、iPadやiPhoneを見ながらデータ結果から戦術や選手を選ぶ時代になったのである。


いまでは、バレーボールではこういうやり方は日常的である。それがすでに欧米ではサッカーなどにも波及したというのだ。


おそらく、いまのところ、この問題をはっきりと意識しているのは、中西選手だけかもしれない。
THE OPINION #1-(1) | ハリルはなぜ解任されたのか?







これに対して、比較的私個人の考え方に似ているのが、なんと百獣の王こと、武井壮だった。

【武井壮】サッカー日本代表 外国人監督は絶対ありえないワケ ※ハリルホジッチ電撃解任※


武井壮の主張は、

ハリルの母国語はセルビア語→第二外国語のフランス語→第三外国語の日本語

ハリル→セルビア語↔フランス語↔日本語←選手

ではコミュニケーションは不可能だということである。



いや〜〜、武井壮は良いネ。


武井壮を日本代表チームに入れたらどうでしょうか?

最後の5分だけ武井壮を投入。


というようなわけで、

オレ個人はだいぶ前から、日本男子代表監督は、元なでしこジャパンで世界一になった経験を持つ佐々木則夫監督が最良だと主張してきたわけですナ。
男子も私にお任せください!
a0348309_1874411.jpg


しかし、現実は、西野朗監督になってしまった。

まあ、おそらく西野朗監督はロシアW杯は惨敗は覚悟の上で、今回で最後だと背水の陣で受け持ったのだろうと思うから、西野監督が責任とったその後に佐々木則夫監督になっていただければそれで良いと思う。


いずれにせよ、ハリルホジッチはまったく自分と選手との間の問題は何もなかったと思っていたわけだから、これこそまったくコミュニケーションが取れなかった証明だろう。ハリルは日本人選手の顔色や婉曲的なアピールや言いたいことがあっても言えなかったとか、こういう日本人的なコミュニケーションがまったく理解できなかったわけである。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-04-30 14:34 | サッカー日本代表

<< 静かなメーデー?:労働者「海外... ジョーク:北朝鮮の無慈悲なチャ... >>