アイラブジャパン:The Fact 「【重要証言】日本は世界の幸福実現国」 by Happy Science!?   

みなさん、こんにちは。

さて、徐々に単なる「親日派」から、「真実派」へと認識をより深くしてゆく外人さんも増えてきたようである。

まあ、とっつきは、日本の寿司、ラーメン、カレー、うどん、コンビニあるいは、桜や祭りやお寺や神社から始まってもよいが、そこで止まらず、日本の文化、日本の歴史や伝統と進み、そこから近現代の明治維新、大正デモクラシー、そして、大東亜戦争、太平洋戦争と進み、それから我が国の戦後へと進む。

こうなれば、しめたものである。

(あ)【海外が感動する日本の力】【日本に生まれて良かった】

まずは、日本人男性と結婚し、そういうことを実体験した外人さんと、逆に海外に留学し、そこで知った諸外人の日本への愛着を思い知らされたという日本人のものをメモしておこう。以下のものである。

【感動】「これは中国の番組?」日本のテレビを見たハンガリー人がどうしても伝えたい・・【海外が感動する日本の力】【日本に生まれて良かった】


【衝撃】ロシア人「なぜ日本は、あの国を好きになれるんだ?あんな事があったのに・・」【海外が感動する日本の力】【日本に生まれて良かった】



(い)The Fact by Happy Science

次は、その中で出てくるような話を実際に当事者にインタビューしたもの。

どうやら、これはHappy Scienceこと「幸福の科学」の番組らしい。

もちろん、私は「幸福の科学」の信者でも広報マンでもなんでもない

が、たまたまこのThe Factという番組を見つけて、実にすばらしいインタビューが多いので驚いたのである。

何事も「百聞は一見にしかず」。

実際にそこにいた当事者がいるのであれば、その人達の「肉声」を聞き、それを「録音」しておくのが一番である。


台湾統治の実際
【重要証言】「日本の台湾統治はこんなに素晴らしかった」


【重要証言】「台湾の基礎は日本人が作った」【ザ・ファクト】


【重要証言】「日本の兵隊さんは本当に素晴らしかった」【ザ・ファクト】


【重要証言】「日本は強くあってください」~台湾から日本へのメッセージ~


朝鮮統治の実際
【重要証言】 「日本に感謝しています」~韓国人大学教授が語る日本統治時代の真実【ザ・ファクト】


【重要証言】私が見た慰安所~「強制連行などなかった」
a0348309_1030319.png



【重要証言】「慰安婦(위안부)の強制連行はなかった」~朝鮮総督府元内務課長の証言【ザ・ファクト】
a0348309_10331542.png



慰安婦と日韓併合の嘘を暴く!【ザ・ファクト#14】
a0348309_1033227.png



【重要証言】 私が見た慰安婦~「私の戦友は慰安婦と婚約しました」
a0348309_10351646.png



レイテ沖海戦の実際
【重要証言】レイテ沖海戦の生き証人が語る大東亜戦争


サイパン戦の実際
【重要証言】優しさは国籍を越えた―日本兵もアメリカ兵も守ってくれた!戦争孤児が語るサイパン戦の真実


南方戦線の実際
【重要証言】 日本軍はアジアから歓迎された~南方戦線兵士の体験談


沖縄戦の実際
【重要証言】元特攻隊員が見た沖縄戦 「『沖縄が捨て石』というのは戦後の論調だ」


【重要証言】元従軍看護婦が見た沖縄戦 「『本土に見捨てられた』なんて思ったこともない」
a0348309_10401669.png



【重要証言】元ひめゆり学徒隊員が見た沖縄戦 「女学校仲間と『靖国で会おう』と約束しました」
a0348309_10382399.png




要するに、いまの我が国は、

アメリカの「自虐史観プロジェクト」と旧ソ連の「共産プロパガンダ」

との2つの津波をもろに被って、東日本大震災のようになってしまったわけですナ。

社会には、戦時中のアジアの「共産パルチザン」(いまのアラブISISのような組織)が日本社会に侵入し、「労働組合」を大義名分にして我が国の社会を「赤化」しようとした。

その一方、まだ「白人至上主義」の人差別意識の残るアメリカ合衆国は、欧州から米軍の行った「非道行為」を咎められることを恐れて捏造芝居の偽旗作戦の一環として「東京裁判」をでっち上げ、そのための戦術として「ウォーギルドインフォーメーション(自虐史観)」計画を施した。

とまあ、そういうと、表向きやたらにかっこよく聞こえるが、要するに、マッカーサーたちは、本土決戦で日本兵に殺されるんじゃないかと年がら年中ビビっていただけなんですナ。

だから、日本人は、すでに米軍との戦争どころじゃない、こんなになってしまった我が国を復興させることの方に目が移っていた、ということに気が付かなかった。

この時代、すでに戦争の生き残りの日本兵の士官たちは、

白人とのこの戦争は100年戦争だ。次は経済戦争だ

と慧眼を持って主張していたわけだ。

そして、あれから73年。まだ100年経っていないが、いまや徐々にどうやらそれが真実だったことが分かり始めてきたわけだ。

だから、イギリスのロンドン、アメリカのワシントンが「慌てふためきつつある」のだと俺は見ている。

戦前の世界トップは欧州だった。だから、日本は欧州から多くを学んだ。

戦後は欧州は戦争の後遺症があり、世界トップはアメリカ一国だったから、我々はアメリカから学んだ。

どうもそういうことにすぎない。


一方、そのイギリスの王室とロスチャイルド率いる金融偽ユダヤマフィアと人種差別意識の根強い欧州王族貴族のアングロサクソン人だけが、こういう日本の「対等主義」「博愛主義」「自由主義」に反発を感じているというわけだ。

そこで、大東亜戦争に負けた腹いせに、共産パルチザンの生き残りが中国を共産化し、朝鮮を二分し、そして、この支那朝鮮をイギリスのロスチャイルド王朝の家来として、我が国に挑戦させようと、アメリカの偽ユダヤ人を利用した。

これが、どうやら本質でしょうナア。

諸悪の根源はやっぱりイギリス王朝なんですナ。

七つの海を支配したかったが、全部日本に追い払われて、極西の島国一国に閉じ込められた。植民地は全部独立。せいぜい同じ血筋、同じ人種、同じ血統が住んでいるというだけのことで、もはや昔のような栄華はない。

エリザベス、キィ〜〜悔しい〜〜!


というような流れで、結局のところ、裏から偽ユダヤマネーが支那朝鮮に降り注ぎ、反日プロパガンダの雨嵐になったわけですナ。


いまだに自分が偽のユダヤ人だとは認識できないイスラエル人。

こういうネタムヤツのような男までイギリスロスチャは利用する。


とまあ、これがいわゆる「アングロサクソン・ミッション」というものである。(「アングロサクソン・ミッション」でブログ1で検索)

その証拠が、いま我が国で「反日プロパガンダ」している野党の面々。この連中が、民主党で政権をとった時、一番最初にどこへ行ったか?

というと、ロンドンだった。メーソンの老舗。そこでメーソンの階級を上げてもらいに行ったわけだ。

中国の習近平もそう。北朝鮮の金与正もそう。いずれもメーソン握手を行う。

要するに、いまやソ連の共産主義はプーチンによって壊滅したが、ソ連より共産主義的なのがEUとなったわけだ。

イギリス国民はEU離脱したいが、王室貴族はEUの上層部でいたい。

いずれにせよ、偽ユダヤ人は紙か金かダイヤか牛か、そういうものしか扱えない。

紙幣のペーパーマネー、ダイヤ流通、ゴールド商売、あとは牛肉。

それ以外はせいぜい紙の上でもできる理論や楽器や音楽程度。

寿司も握れないし、神業もないし、足も早くないし、着物も織れないし、農業もできない。

何の知恵もない。あるのは人を騙す悪知恵だけ。

真の古代イスラエルの失われた10氏族の末裔である日本人にはかなわない。


だから、イギリス王室は、チャーチルを使ってアメリカを恫喝し、第二次世界大戦で日本を悪者にした大嘘の大義名分で世間知らずの鎖国アメリカをだまくらかして参戦させた訳だが、世界はチャーチルの言ったことの真逆だったわけだ。

日本はアジアへの共産主義の波及と戦い、日本は人種差別した植民地主義と戦っていたわけだ。

まあ、チャーチルはイギリス人に時々出てくる精神異常者だったらしいから、平気で嘘をついたわけだ。そしてそのキチガイチャーチルが米アカデミー賞をとる。

ついに偽ユダヤ人つながりで、英米がまたまた悪さを結託する時代がきたわけですナ。

とまあ、オレ個人はこんなふうに感じているわけである。


いつからこの地球上に「白人種」=コーカソイドが誕生したのか今の所わからないが、かなり最近であることだけは確かである。おそらく、せいぜい3000年か4000年程度前ではなかろうか?

オレ個人的にはかつて支那人が「匈奴」として恐れた無文字の連中の祖。それがコーカソイドの源流ではないか?と予想しているわけですナ。いまのところ、この説の確たる証拠はない。


いずれにせよ、「嘘も100遍言えば真実になる」世の中では困る。

が、どうやら今のところはそっちの方が優勢である。


いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-05-08 11:23 | アイラブとてつもない日本

<< ジョーク一発:「ついに朝日新聞... 西野ステルス・ジャパン:「いっ... >>