ジョーク一発:ホーキングはAIに殺され、イーロン・マスクのテスラはAIに潰される!?   

a0348309_14145774.png


みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif


さて、今回はジョークや冗談としてしか言えないような話題をメモしておこう。

かなり危険性の高い、危ない話である。


まずはこれ。

ご存知、やりすぎ都市伝説。
やりすぎ都市伝説SS~序章~ 2018年05月12日 夜9時!マツコ・デラックス初参戦SP



この最初の方で、昔放映した話のリバイバルのまとめをやっていたが、その中でAIこと人工知能の問題を取り上げていた。


そこで、世界のダマスゴミでは評価の高い、英理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士と米ベンチャーのスター、テスラモータースのイーロン・マスクが登場した。

ちなみに、拙ブログのここでは、ホーキングはアインシュタイン理論の欠陥にも気づかなかったアホ物理学者であり、欧米NWOのパペット物理学者の1人。

一方の、イーロン・マスクは、やっていることはエジソンが発明した直流発電の電動自動車でしかないのに、そのエジソンを負かして交流発電時代を作り上げて世界を電気時代に導いたテスラの名前を不当使用する、偉大なる偽物起業家ということになっている。

マスクの名前も本名ではなく、何かの「マスク」=「仮面」が掛かっているのだろう。

さて、問題は、このホーキングとマスクがともにAIに対して次のような「反感」を述べたことである。

ホーキング
「完全な人工知能の開発は人類の終わりをもたらす可能性がある」
a0348309_1415740.png


マスク
イーロン・マスク
a0348309_14151045.png

「5年以内にロボットが人間を殺し始める可能性がある」
a0348309_14151766.png

「我々人類が培ってきた判断をせず、人類を殺す」
a0348309_14161552.png



さて、まずは我が国でかなり最初に「アマゾンのAIアレクサ」のことをブログにメモしたのはこの俺だったのではないかな?
2016年 09月 28日
ハワイでAIと遊んだ日々:アップルのSIRI、サムソンのグーグル、アマゾンのアレクサ

グーグルAIの見た夢
a0348309_8302446.jpg



まあ、関暁夫がいうように、アレクサやSIRIに「たった一回」でも声を入力したものは、そのヴォイスがAIに収集されて、それがグーグルやアマゾンの本拠地にあるクラウドマシーンである巨大なスパコンに記録される。そのビッグデータの一つに収まる。

したがって、以後、貴方がどこにいようが、WIFIを使えば、貴方のサイトと声と映像なドを拾って、AIが「あなた」という存在を学習し続ける。

同時並行である。

他人が持っているアレクサであろうが、SIRIであろうが、何であろうが、AIどうしが繋がってビッグデータを利用し合うようになる。それもマイクロ秒の瞬時にである。しかも24時間365日永遠にである。

したがって、その暁には、AIネットワークは、四六時中「あなた」という存在を把握するようになる。

貴方が声を出した瞬間、防犯カメラが自動的に貴方をキャッチする。
あなたがネットバンクした途端、AIがあなたのネット預金高をチェックする。
。。。。

とまあ、こんな感じになるわけだ。

そして、さらに

いま韓国の軍隊研究所が、軍隊用の殺人ロボットのためのAI開発を行っていたとして、世界中のAI研究者のボイコットを受けた。
南朝鮮のAIロボット兵器
a0348309_14412015.jpg

世界の研究者、AIロボット兵器開発で韓国大に「絶交宣言 」

AIロボット兵器開発で絶交宣言
各国研究者、韓国大に
2018/4/4 23:01
©一般社団法人共同通信社

 世界30の国・地域の人工知能(AI)やロボット工学の研究者らは4日、AIを用いた軍事技術の研究センターを設置した大学、韓国科学技術院について「ロボット兵器の開発競争を加速させる動きで遺憾だ」と批判、開発をしないと確約するまで絶交すると宣言した。

 呼び掛けたのは、AIの研究で知られるオーストラリアのトビー・ウォルシュ氏。ロボット研究の中村仁彦・東京大教授ら60人近くが賛同した。

 研究者らは声明で、AIを持つロボット兵器について「戦争を悪化させ、テロにも悪用されかねない。開発したら後戻りできなくなる」とした。

https://this.kiji.is/35426473202430883
3


しかしながら、米軍でも英軍でもドイツ軍でもロシア軍でもカナダ軍でも「AIロボット兵器」は研究中である。

すでに、別の意味の「兵器」、つまり「性器」をもったロボットにはすでにAIが組み込まれているからである。
武田鉄矢の「今朝の三枚おろし」:プロジェクトラブX、日米ラブドール開発最前線!陰部着脱式vsAI会話式

オリエント工業製作
a0348309_1002675.jpg

a0348309_10115233.jpg

realdoll
a0348309_1061290.png

a0348309_109144.jpg

a0348309_1095453.jpg



したがって、AIをロボットに組み込むのは実に簡単なのである。




というようなわけで、ホーキングやマスクのいうことは100%真実である。


問題はこれからである。

ホーキングがまあいろいろわけのわからないことを言ったわけだが、そのAIの危険性を論じた直後。

英物理学会のスーパースター、ホーキング博士死去!:なんと「世界の嘘つき5人衆」の1人だった!?

スティーヴン・ホーキング
a0348309_94816.jpg

がお亡くなりになられた。享年76歳。


かたや、破竹の勢いだったイーロン・マスクのテスラモータースは倒産の危機。
「テスラが完全に経営破綻した」イーロン・マスクCEOが自虐ネタを投稿



そういうわけで、いまやイーロン・マスクはマスクして自ら工場勤務の日々だとか。

発注に生産が追いつかず、顧客が逃げ始めているらしい。


さて、そこで私の印象は、ひょっとしてこの2つの事件は、AIが絡んでいるんじゃないのか?

つまり、AI軍団がホーキングの生命維持装置を遮断し、テスラ・モータースの株価操作している。

言い換えれば、ホーキングとマスクがAIの危険性を煽ったばかりに、AIネットワークに目の敵にされてしまった。


とまあ、俺はそう見るわけですナ。


信じる信じないはアナタ次第です。



いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-05-15 16:45 | ジョーク一発

<< フィリピン海岸、謎の巨大生物、... ハリル追放問題の黒幕は西野朗、... >>