フィリピン海岸、謎の巨大生物、!伝説のUMAトランコか?   

みなさん、こんにちは。

久しぶりに未確認生物UMAの話。

最近は朝鮮半島問題やらいろいろのことが起こりすぎてETの手も借りたいほどである。だから、UMAの話を追いかける暇もなかったんだが、今日ちょっと調べるとこんなものが昨年みつかっていたんですナ。以下のものである。

フィリピン海岸、謎の巨大生物、!伝説のUMAトランコか?
a0348309_8115081.png

a0348309_8103775.jpg

a0348309_8104999.jpg

a0348309_8105154.jpg

a0348309_810547.jpg

a0348309_8105527.jpg



いや〜、まだ海にはこんなものがいるんですナ。

この他に、南極にいるといわれる「ニンゲン」なんていうのもある。

我が国では昔から「海ぼうず」と呼ばれたものにそっくりの海底原人もいるし、未知なる海である。

3年ほど前にここ阿南の中林海岸にクジラが打ち上げられたが、そのクジラの死骸はどんどん腐敗し、とてつもない匂いが漂った。

だから、このトランコ状生物もこのままでは非常に臭くなるのだろう。

即座に、毛髪や体細胞を採取し、DNAを残して置くべきだろう。


遺伝子解析すれば、これが何かわかる時代に入っているわけだ。

みすみすこのサンプルを捨ててしまうとは、フィリピンはまだまだですナ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-05-16 08:18 | UMA:人魚・海底原人

<< 「木星のエウロパには着陸を試み... ジョーク一発:ホーキングはAI... >>