ハリルジャパンからキリンジャパン大復活!:日本サッカー協会はキリンの子会社だった!?   

飛べないキリンはただのキリン
a0348309_15563366.jpg

ブラジルW杯出場チームを動物に例えると?:ブラジルはライオン、日本はキリンさん!?

日本:キリン

a0348309_16331396.jpg


…猛獣を追い返す力を持つが、一度倒れると起き上がれない



みなさん、こんにちは。


いやはや、鼻糞ほじってろのハリルホジッチ追放のあとの受けた、オシリホジッチ西野のロシアW杯代表が決まったという。

予想外、じゃまったくなく、まったく予想通りの番狂わせに終わった。

ところで、なぜ俺が西野のことをオシリホジッチと命名したか?

と言えば、かつての早稲田大サッカー部時代、女の子に年がら年中後ろから付け回されていたからである。いつも尻見せて逃げ回っていたらしいですナ。かっこよすぎてモテすぎたため。

さて、そのロシア行きの候補メンバーがこれ。

本田招集、香川・岡崎が代表復帰…27選手発表

日本代表メンバー発表の記者会見に臨む西野朗監督(18日午後、東京都港区で)
a0348309_15542326.jpg


日本代表メンバーを発表する西野監督。右は田嶋日本サッカー協会会長、左は関塚技術委員長(18日午後、東京都港区で
a0348309_15535721.jpg



 日本サッカー協会は18日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表の国内合宿メンバー27人を発表した。

 3大会連続出場を目指すMF本田圭佑(31)らが招集され、左足首を負傷していたMF香川真司(29)や昨年9月以来の代表となるFW岡崎慎司(32)が復帰した。すでに国際サッカー連盟(FIFA)へ提出された予備登録35人(非公表)からの選出で、30日に日産スタジアム(横浜市)で行われる壮行試合ガーナ戦を経て、31日に大会登録23人が発表される予定。

 前任者の解任により4月に就任した西野朗監督(63)は「(W杯初戦の)6月19日に最高の状態になるであろう選手を招集し、どういうチームになるか想像力を働かせながらの選考だった」と、都内で開かれた記者会見で語った。

 6大会連続6度目の出場となる日本は、5月21日から国内合宿をスタートさせる。6月上旬からオーストリアのインスブルックで直前合宿を組み、スイス、パラグアイとの強化試合を行い、ロシアへ入る。

 W杯のグループリーグH組では、コロンビア(日本時間6月19日)、セネガル(同25日)、ポーランド(同28日)と対戦する。

 ◇サッカー日本代表

     年齢  所属

 GK
川島 永嗣 35 メス(仏)
東口 順昭 32 G大阪
中村 航輔 23  柏

 DF
長友 佑都 31 ガラタサライ(トルコ)
槙野 智章 31 浦 和
吉田 麻也 29 サウサンプトン(英)
酒井 宏樹 28 マルセイユ(仏)
酒井 高徳 27 ハンブルガーSV(独)
昌子  源 25 鹿 島
遠藤  航 25 浦 和
植田 直通 23 鹿 島

 MF
長谷部 誠 34 フランクフルト(独)
青山 敏弘 32 広 島
本田 圭佑 31 パチューカ(メキシコ)
乾  貴士 29 エイバル(スペイン)
香川 真司 29 ドルトムント(独)
山口  蛍 27 C大阪
原口 元気 27 デュッセルドルフ(独)
宇佐美貴史 26 デュッセルドルフ(独)
柴崎  岳 25 ヘタフェ(スペイン)
大島 僚太 25 川 崎
三竿 健斗 22 鹿 島
井手口陽介 21 クルトゥラル・レオネサ(スペイン)

 FW
岡崎 慎司 32 レスター(英)
大迫 勇也 28 ブレーメン(独)
武藤 嘉紀 25 マインツ(独)
浅野 拓磨 23 シュツットガルト(独)


まあ、予想通りの「キリンジャパン」となりましたナア。

別名「創価ジャパン」。「電通ジャパン」でもよい。

たぶん、相手のコロンビア、セネガル、ポーランドは安堵しているだろうナア。安牌!乾杯ってヨ!


いまやスポンサーの資金力の前にスポーツ選手は奴隷みたいなものである。
80年代以降のアメリカのようになってきた。

高校生がサッカー部で練習していれば、スポンサーがやってきて、部費を援助するから、この靴を履け、このストッキングを使ってみろ、この中敷きを使え!しかし、他社のものは絶対に使うな!

まるで、陸王のような感じらしい。

もちろん、名もない高校や弱小チームには見向きもしないからこういうふうにはならず、いつも資金不足になる。

まあ、自分の靴やユニフォームくらい、小遣い貯めて自分で買え!

それが精神の独立性、プレーの創造性を生む。


さて、上のメンバーをみると、いまや欧州でそれなりの大活躍や非常に印象的なプレーをしてる若手

中島翔哉、奥川雅也、南野拓実、堂安律、久保裕也、伊藤達哉、豊川雄太、。。。

や真の天才、

伊東純也、久保健英、

は落選。

このことから見ても、西野は公式スポンサーに支配されたエージェントである可能性が高い。

つまり、

ロシアW杯3連敗で予選敗退!

のタイムラインが決まった!


ご愁傷様ですナ!


まったくのサプライズがなかった。


ここから4人が最終的に落選するが、それは西野の早稲田時代の盟友、おかっち、岡ちゃんこと岡田監督の「外れるのはカズ、。。。」のような後味悪い運命の死刑宣告をされるわけである。

まあ、怪我しているGKの東口はしかたないだろうが、長谷部誠、酒井宏樹、大島僚太も怪我や怪我癖を持っているだろう。香川真司も怪我明けだし、武藤嘉紀も怪我したんじゃなかったか?

なんでロートルと怪我持ちばかりを選ぶんでしょうナア。

若くてもっとピチピチした選手がいるでしょ。

鹿島の金崎、鈴木優磨、遠藤、土居。この4人の方が、上の気ままでバラバラの4人よりはるかに驚異である。


いまの日本政府と同じで、いまの日本サッカー協会は、何を言ってもまったく通じない組織になってしまったようですナ。


ところで、いつも思うことだが、どうして選ぶ監督は、わざわざ落選させた選手の「落選理由」をマスゴミに聞かれて、それを発表するのだろうか?

岡田が、「カズはチームには不適格と判断した」といったが、今回は西野が中島翔哉選手の落選理由を聞かれてわざわざ「中島に関しても1年、ポルトガルで結果を出した。ただ、ポリバレント…同じポジション、多少、違うポジションも追跡して見ましたけど…」と話したようだ。これである。
西野監督、中島翔哉落選はポリバレント性のなさ

 日本サッカー協会が18日、都内で会見を開き、ワールドカップ・ロシア大会壮行試合ガーナ戦(30日・日産ス)の日本代表メンバー27人を発表した。

 西野朗監督(63)は、代表デビュー戦となった3月23日のマリ戦で途中出場ながらゴールを決めて評価を上げた、中島翔哉(23=ポルティモネンセ)の落選理由について「ここ(選考リスト)に載っている選手たちが成果を出している、出しやすいポジションで、膨らむ中でのバランスの中で選出はしませんでした」と説明した。

 中島は移籍1年目の今季、ポルトガルリーグでリーグ戦10得点を記録した。ただ西野監督は「中島に関しても1年、ポルトガルで結果を出した。ただ、ポリバレント…同じポジション、多少、違うポジションも追跡して見ましたけど…」と、多数のポジションが出来る能力の部分で劣る面があったと指摘した。

 西野監督は会見の中で、FWを4人しか選出しなかったことについて聞かれた際「スタートのポジションにメンバーを置いていない。GK以外はポジションは外して欲しい」と強調。その上で「前線をやれる選手は、FWだけじゃなくシャドーMF的、サイドに入る可能性もある。MFでも1、2、3トップで起用の可能性もある。ポリバレントにこなす選手がたくさんいる。柔軟に対応していく力、戦術、戦略的なものも持って欲しい。オプションも考え、選手に伝えたい」と説明。厳しいワールドカップの戦いをしていく中で、柔軟な戦いをしていく上でも、多数のポジションが出来る、ポリバレントな選手の重要性を重ねて口にした。【村上幸将】


いつも思うが、これは死刑宣告でしょ。

公式に、岡田はカズを代表不適確者の烙印を押したわけだ!

同様に、今回西野は中島翔哉選手に「ポリバレントのない選手」という烙印を押したわけだ!

実に非情な男どもですナ。

男気がない。


他にもっと言い方があったはずである。

「まだ若いからもっと経験を積んでからでも間に合う」
とか、
「このチームのレベルよりはずっと上すぎる」
とかヨ。


この早稲田のサッカー部の世代というのは、みんなこんな非人情的なチームだったのだろうか?

いまの日大アメフト部のようなものか?


まさにショーケンの青春の蹉跌の世界ですナ。



いったいいつになれば、スポンサーのご都合やら顔色やらを見ないで、純粋にサッカーの追求から日本代表を作れるのだろうか?

まあ、日本サッカーの公式スポンサーは日本代表が韓国代表より上のランクにならないように目を光らせるのが本来の仕事なのである。

これを見抜いているのは今のところ俺だけですナ。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
どうして日本サッカー協会が公式スポンサーのご都合通りのことをするのか?
この謎の答えはまだ出ていないが、おそらく、サッカー協会の会長を辞めた後の自分の再就職先を確保してもらえるからではないか?いわゆる「天下り先」。これをスポンサーが用意している。この可能性が非常に高い。つまり、出来レースである。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-05-18 16:29 | サッカー日本代表

<< 保江邦夫先生「星辰館」を立ち上... 「木星のエウロパには着陸を試み... >>