HAARPモニター観察:6月はじめの400nTの地震電磁波到来!   

みなさん、こんにちは。

このところ、太陽活動も比較的穏やかで平穏無事だったが、今日突然に400nT程度の地震電磁波が出てきた。
 
というわけで、一応メモしておこう。

宇宙天気ニュース
2018/ 6/ 1 19:25 更新
600km/秒に達する高速太陽風が到来し、磁気圏の活動も強まっています。

担当 篠原

太陽風速度の高まりが到来して、
既に600km/秒の高速風に変わっています。
27日周期の図を見ると、
高まりは前周期よりも1日ほど早く始まっています。

DSCOVR衛星の観測によると、
太陽風の高まりは、
5月31日23時(世界時31日14時)頃に始まっています。
最初は磁場強度が10nT程度に強まり、その後15nTに達しました。
続く様に速度もゆっくりと上昇を始め、
昨日は300km/秒後半の低速風でしたが、
今朝の段階で500km/秒に達し、
更に上昇が続いて、現在は600km/秒に達しています。

高速風の発生源のコロナホールは、
SDO衛星AIA193の太陽写真で、
太陽の中央部から西側にかけて広がっています。
影響は更に強まるかもしれません。

太陽風磁場の南北成分は、
南北に10nT近くに大きく振れています。
磁気圏の活動も高まっていて、
AE指数は、1000nTに達する大きな変化が続いています。
しかし、残念なことに昭和基地は曇り空で、
全天カメラでオーロラの様子を見ることはできませんでした。

今後の活動に注目してください。

太陽は、2712黒点群の活動が少し高まっていて、
X線グラフでは、Bクラスの小さい変化が頻繁に起きています。
可視光写真でも、黒点が増えている様です。
Cクラスに達する活動は発生するでしょうか。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1934503.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_19351296.gif


X線揺らぎ
a0348309_1935745.gif

a0348309_1935936.gif


電子濃度
a0348309_1935493.gif


AE指数(速報値)
a0348309_19365739.png


問題は方向性だが、地震電磁波には我が国の方向のもののと他国の方向のものが混在しているようだ。

UT21時の地震電磁波が我が国の方角のもの。M4〜M5程度だろう。
UT6時のものが他国の方向のものに見える。たぶん、太平洋の方角。ハワイか?


いずれにせよ、環太平洋はリンクしているので、要注意である。

備えあれば憂いなし。



今後を注目していきたい。





いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-06-01 19:41 | 地震・地震予知・噴火

<< タイの国境で旧日本軍の「M資金... キリン・ノーサプライズジャパン... >>