ジョーク一発:「キリンジャパンはカモ」→点取合戦の餌食と化す最悪の状況だ!?   

長友大変身
a0348309_11514667.jpg



みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif


世の中には「ジョークのような現実」もあれば、「真実のようなジョーク」もある。

もちろん、その中間のグレーなやつもある。

いまや我が国のサッカー日本代表「忖度ジャパン」=「キリンジャパン」は、かなり崖っぷちの状況である。

もう後ろがない。後は真っ逆さまに落ちるだけ。

自分で落ちるか、切られて落ちるか、自殺他殺のどっちであろうが、落ちるだけ。


(あ)キリンジャパン
a0348309_11363521.jpg



このブログではずっと昔から、日本サッカーがだめになった張本人は、

電通とキリンとアディダス

だと明言してきた。

特に、酒造メーカーがスポーツでビールをCMにするというご法度ビジネスで金儲けするという、キリンと電通は最悪のコンビである。

その点、アディダスは創価系というだけでまだまし。

サッカー選手にアルコールは厳禁。

筋力を低下させ、神経系を鈍くするからである。

むしろ、カルピスとか、ポカリスウェットとか、オロナミンCとか、三ツ矢サイダーとか、オレンジジュースとか、子供が飲めるものを作るメーカーこそが、子供の夢であるプロサッカー選手のCMには適しているものだと考えられるからである。

そろそろキリンビールは、
公式スポンサーを辞退してほしい!


(い)使い捨てサッカーシューズの「アディダス・ジャパン」

一方、アディダスは、安っぽい「使い捨て」のサッカーシューズを作らず、一足「10万円〜20万円」もするようなタフで最高級のカンガルー皮のサッカーシューズを作り、「本番試合用シューズ」という名目で売り出してほしい。

いまサッカー部の部室の中を覗いてみてほしい。

おそらく、先輩たちが履きつぶした古いサッカーシューズや、まだ履けるような中古サッカーシューズが、壁一面に山積みになっているはずである。

弱小チームほど、こういうクズシューズがそのまま蓄積して部室が汚くなっているものである。

私がかつて高専サッカー部のコーチになった時、この膨大な履きつぶしシューズが目に止まり、衛生上非常に悪いので、最初に部室の掃除から始めたのである。

それ以来どうしてこうなるのか?

といろいろ考えた結果、やはりサッカーシューズが安物だからだという結論に達したわけだ。

私が45年前に履いたプーマの「キングペレ」は、当時で2万4千円だった。(西ドイツ製)
伝説の名シューズ「キング・ペレ」やいずこ?:復活を願う。
a0348309_12242116.jpg
本物は足の形がくっきり浮かび上がるような靴だった!


みんなが3000円のオニツカタイガー(つま先のところだけ革でほかは布のサッカーシューズ。いまのアシックスの前進)を履いていた時、俺は小遣い貯めて買った8倍の値段のシューズを履いていたわけだ。

この三足分で、8cmの五島製の天体望遠鏡1セットが変えたのである。この望遠鏡は今では50万円ほどする。

だから、だいたい10万円〜20万円の価値のシューズを履いていたわけだ。

こうなると、常に手入れをする。ぜったいに自分の近くから離さない。

こういう感じなる。

そして、試合前は別の練習シューズで練習をする。そして、アップが終わり、試合が始まる前に試合用シューズに履き替える。

そして試合が終われば、真っ先に試合用シューズを脱いで練習用に履き替える。

そして家に帰って靴のメンテを行う。

まあ、こういう感じになるわけだ。

アディダスやプーマ、そしてミズノの使い捨ての安物シューズが日本選手のボールタッチをだめにしている。

それが俺の結論だ。

履いた感じが裸足のような感じのカンガルー皮でないとだめなんですナ。

ましてやプラスティックでは論外。

ボールはソールタッチではなく、足裏の皮膚タッチでコントロールできなきゃいけなんだヨ。


いい靴を履け!→安物を履くから怪我をする!


これもまたサッカーの鉄則である。


その点、アディダスよりは、ナイキのほうが利用者の立場を考えて、安くても質の高いものを提供している感じがする。


というわけで、
アディダスジャパンも公式スポンサーを辞退してほしい。


要するに、俺が言いたいことは、

もしも日本代表がロシアW杯で敗退したら、協会の理事長や会長などのスタッフだけではなく、公式スポンサーもろとも日本サッカー界から追放されるべきだ!

ということである。


さて、大分前置きが長くなってしまったが、いまや「日本サッカーは世界のジョーク」である。そういう含み笑いや大笑いや失笑を買うネタの一つになっているらしい。

日本代表が入っている組は、コロンビア、セネガル、ポーランドがいるが、これらは最初から勝ち点何点で決勝トーナメントに進むかを計算中である。

(あ)トップが3勝であれば、勝ち点9。二位は、2勝1敗同士。つまり勝ち点6。日本は3敗の勝ち点0。

(い)トップから3位が2勝1分。つまり勝ち点7で並ぶ。日本は3敗で勝ち点0。

(う)トップが3勝で勝ち点9。2位が2勝1分勝ち点7。3位が2勝1敗勝ち点6。日本が1分2敗の勝ち点1。

(え)トップから3位が1勝2分。つまり勝ち点5で並ぶ。日本は3敗で勝ち点0。

。。。。

いずれにせよ、いかに日本から点を取るか?点取合戦の様相を呈しているわけだ。

要するに、日本より上位のチームは日本とは最低でも引き分け。負けたらまず敗退。勝つのは当然だが、いかに勝つか。これだけが勝負となっている。


どうも西野ジャパンの監督メンバーを見る限り、こういう外敵の状況に対する把握がまったく行われていない感じがしますナ。


(う)忖度ジャパンの「腐ったリンゴ」たち

朱に交われば赤くなる。

朱とは、本来は今でいう「レッド」という意味ではなかったという。

茶色もエンジもダイダイ色も「朱色」と呼ばれたらしい。

この意味では、「茶髪」「金髪」もこの「朱」に入れても良さそうだ。


そういう意味で、長友がまさに「ホンダ」という「朱」に交わって「赤く」なってしまったらしい。これである。

a0348309_11412477.jpg



そもそも日本人Jリーガーで最初にこの金髪をやり始めたのが、あの中田英寿だった。

いまや世界中で黒髪の選手で金髪に染まったものが続出。

まさに「朱」に交わった結果だろうナア。

「朱髪」ではなく、それが「金髪」だったというところは、やはり「金」「ゴールド」に意識が向かっている証拠だろう。


もし長友選手が、スイス戦の不甲斐なさを反省して何かをしたかったのであれば、髪を「金髪」にするのではなく、我が国の伝統的な懺悔の手法である「坊主」にすることだっただろう。

長友選手、今からでも遅くない、金髪止めて「坊主」にしろ。


さて、こんな混迷深める日本代表に対する、Jリーガーの現役愛がやまない。

それがこれだ。

【ロシアW杯】<高原直泰>フジテレビ「ジャンクSPORTS・W杯直前サッカーSP」に出演!ロシアW杯日本代表は3戦全敗と予想!

日本最強ストライカー高原直泰
a0348309_11465397.jpg


サッカー元日本代表で沖縄SVの代表兼監督兼選手・高原直泰(39)が、ロシアW杯の日本代表について辛口予想した。

 10日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜・後7時)で「ワールドカップ直前サッカーSP」に、元日本代表のメンバーとともにゲスト出演した高原は、日本代表の1次リーグの成績を3戦全敗と予想した。

 高原は「厳しめですね。本当にいい意味でこの予想を裏切って欲しい。気持ちは予選突破して欲しいです。当然そうですけど、現実問題、これはあり得る」と説明した。最後も「気持ちはメチャクチャ応援していますから」とした。

 他には
札幌・小野伸二(38)と熊本・巻誠一郎(37)が2勝1分、→勝ち点7→決勝T確定
札幌・稲本潤一(38)、鳥取GM・岡野雅行(45)は1勝2分、→勝ち点5
京都・田中マルクス闘莉王(36)は1勝1分1敗→勝ち点4
と予想した。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000224-sph-socc


やはり高原選手が一番現実的ですナ。

ほかはよいしょしないとファンから逃げられる。そういう意味で、ご祝儀、かなり「盛っている」ようである。


ところで、長友選手は俺の予想では将来的には「金の切れ目が縁の切れ目」人生なんですナ。

ジョーク一発:財務省のショック・ドクトリンと長友&愛梨ショック・ドクトリン!?

そこで、長友佑都選手と平愛梨さんの生年月日を使って占ってみたのである。

長友佑都選手→1986年9月12日→21のルナ
平愛梨→1984年12月12日→8のルナ

8と21→あなたを壊す人→遠距離

加害者8のルナ被害者21のルナの関係。
8のルナは攻撃的に振る舞うため衝突しやすいが、21のルナの強さに8のルナは屈する。

恋人→強烈な愛憎劇を展開した果ての傷の深さは。。。
夫婦→最悪の場合は、互いの勇気を破る破壊作用が。。。
友達→近距離とほぼ同じながら、破壊作用は最も強く働く
家族→兄弟姉妹の関係においては破壊作用は弱まる
同僚、上司部下、取引先→近距離とほぼ同じながら、破壊作用は最も強く働く


いやはや、最悪の相性ですナ。

破壊作用マックス。

俺からの忠告!

長友、やめとけやめとけ!他にもっといい女がいるさ!

身長155cmしかない小娘だ。男の子が生まれても大きくはならないヨ。

ちなみに、男児の身長は母体の母親の卵子の大きさで決まっていて、卵子の大きさは母親の遺伝で決まっている。母親が大きければ卵子も大きく、したがって胎児は大きくなり、出産時の身長体重も大きくなる。

また、男児の大人になった時の大きさは出産時の身長体重でほぼ決まっている。だいたい出産時に5kgあれば、身長190cm以上、4kgなら身長180cm台、3kgなら170cm台、3kg以下なら160cm台とだいたい決まっている。

分子生物学的には男児の大きさは母親からくるX性染色体で決まっていることが分かっている。

まあ、我が国ではあまり知られていないがネ。

一方、女子の場合は、父親と母親からくる2つの性染色体Xによって決まるから、双方の身長の大体平均を越える程度にまで成長する。だから、母親が小さくても父親が高身長であれば、娘もまたかなり大きくなる。

というわけで、長友選手が身長155cmの平愛梨さんと結婚して男児を産めば、この場合には、せいぜい160cm台のサッカー選手しか誕生しないのだ。

小柄な長友の場合は、女子バレーとか、180cmくらいある綺麗な女性と結婚すべきである。いわゆる蚤の夫婦というやつだが、こうなれば、長友の低身長にかかわらず、息子は母親のXの遺伝によって非常に大きなガタイの良いサッカー選手になる。

野村監督、長嶋監督、イチロー選手などの大半のプロ野球選手や、大半のサッカー選手が、この厳格なる遺伝の法則を知らないために、運動音痴で小柄で顔だけが美人の女子アナやキャスターと結婚するから、子供がまったく父を越えるほどのスポーツ選手には育たないのである。

一言で言えば、全部女選びで失敗したんですナ。

自分の子をスポーツ選手にしたければ、健康で活発で大柄な女性と結婚しなければならない。

ただそれだけなんだヨ。

知性は種の方からやってくるってサ。

まあ、知る人ぞ知る遺伝の鉄則なんだがナ。


いや〜〜、平愛梨の破壊作用、これはものすごいらしいゾ。きっとこれでボスニアにやられたんですナ。

家族以外の場合でなければ、すべてだめのルナ。

最後に、もしそのままヒートアップして結婚した場合を予見しておこう。
結婚した途端に何かにつけ衝突し合い、それでも長友の強さに愛梨が惹かれて、それなりに収まる。ところが、長友が引退し、強烈なものが失われると、一気に愛梨の目が覚める。


というわけで、長友の引退=別離となる星なのだとか。




まあ、ジョークですから、信じる信じないはあなたのおむつ次第。じゃなかった、おつむ次第ですナ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-06-11 11:59 | ジョーク一発

<< 西野ジャパン悲願の初勝利!:本... ブラジルのサッカーの諺:【勝っ... >>