世界はすべて「出来レース」のや・ら・せ:「世紀の会見」は「世紀の茶番劇」だった!?   

North Korean Dancing to a Folk Tune 옹헤야 (Onghea) 北朝鮮舞踏「オンヘヤ」

美しい北朝鮮vs汚い韓国:在日の人はどっちに帰るべきかナ?

北朝鮮の女性兵士は美人揃いだった!?
a0348309_813093.png
a0348309_812550.png


みなさん、こんにちは。

昨日は、一昨日の日本vsパラグアイ戦のことをメモしたが、その後その試合を消し飛ばしたシンガポ―ルの「世紀の会談」のことを一生懸命メモしていたのだが、それが途中で消し飛んだ。どうもエキサイトブログもかなり不安定なところがある。

それですっかり書く気を失せて、今日再度メモすることにした。

昨日のメモは大分長くなりすぎたからそういうことになったが、今日は手短にメモしておこう。


(あ)「世紀の会談」=「世紀の茶番」

まあ、昨日何をメモしたかったかというと、結論から言えば、トランプ大統領が「世紀の会談」なんて抜かしていたが、それこそ実際には「世紀の茶番」でしかなかったということである。

つまり、「ヤラセ会談」にすぎないということである。


(い)今の「金正恩」は偽物→耳の形が違う!声も違う。

まあ、一番の「茶番」といえば、今現在の「金正恩」とされている人物は、「金正恩の影武者ナンバー3」くらいではなかろうか?ということである。

耳の形も声も、私がYouTubeの映像で調べた範囲では、2013年までの金正恩とは明らかに別人である。おそらく2015年までとは別人である。

一応その証拠をメモしておこう。以下のものである。


Speech of Kim Jong Un at meeting of Children - translated

2012年の金正恩
a0348309_7375887.png

2018年6月12日の金正恩
a0348309_741631.jpg
「笑顔」の金正恩ですナ。


声も似てはいるが、いまの金正恩は非常にガラガラ声のだみ声である。いわゆる「B型」の声。

昔の金正恩はそれよりは美声であった。


(う) 国交のないのは日韓のみ。

最大の茶番の一番のものといえば、北朝鮮と国交のない国というと、日本と韓国だけだったということである。アメリカには国交はある。

そもそも北朝鮮や中国に核開発を促したのは、ロックフェラー家の番頭ヘンリー・キッシンジャーやジョージ・父ブッシュ時代のラムズフェルトである。

さらにはむろんロシアも関与してきたわけだ。

その証拠に、ロシアの政治家もアメリカの政治家も金一族と接見している。

アメリカのクリントン大統領
a0348309_7541867.jpg


ロシアの政治家
a0348309_7544525.jpg


というように、アメリカもロシアもちゃんと金一族と会っている。


(え)西側諸国の一般人も北朝鮮を自由に行き来している。

その結果、今現在でも、西側諸国の普通の国々の国民は、北朝鮮ツアーに自由に出かけているのである。

むろん、朝鮮戦争の休戦状態にあるということになっている韓国人も自由に北京経由で行き来している。

そんなものをいくつかメモしておこう。

My Daily Life In NORTH KOREA (MYSTERIOUS 7 DAY TRIP)
a0348309_813448.png



My 7 Day Journey Through NORTH KOREA (DPRK) [私の7日間の北朝鮮旅行!]
a0348309_812031.png



ニュージーランド人のバイク野郎たち
North Korean Motorcycle Diaries
a0348309_811180.png

a0348309_811693.png
(この女性の目の方が気になるナ。レプティリアンのような縦長の黒目だ。)


もちろん、シンガポールから北朝鮮へのバスツアーも出ているし、イギリス人がすでに北朝鮮旅行の元締めになろうとしている。

北朝鮮高句麗ビジネスを仕切るものはだれか?:謎の英国ビジネスマン、サイモン・コッカレル!?
a0348309_8123444.jpg




ロシア人も集団で北朝鮮を探検している。

ロシア人「とても美しい北朝鮮・ピョンヤン市の地下鉄駅画像をご覧下さい」 【画像38枚】
a0348309_8134972.jpg
a0348309_8143369.jpg


2014-03-26 09:58最近の北朝鮮の風景」を見ても何もわからない韓国人:これは法則来るな!


というように、韓国は文大統領によりいよいよ戦争終結になり、国交回復するだろう。

だから、結果的に北朝鮮と国交のないのは我が国だけ、安倍晋三政権の政府自公の日本だけということになったわけですナ。


すでに英米仏露資本は、北朝鮮開発に何十年も投資してきているというわけだ。


(お)北朝鮮を作ったのは旧日本陸軍だった!

では、どうして西側諸国、それも戦勝国側が北朝鮮ビジネスに手を出すのか?それはなぜか?

というと、西側諸国は、終戦直後から、北朝鮮のことをよく知っていたからだろう。

我が国の国民や政治家が、米進駐軍GHQの情報統制、思想統制の下で、まったく事実を知らされずに戦後73年経ってしまったということなのである。


北朝鮮をそもそも必要としたのは、旧共産パルチザンのメンバーだった朝鮮族とそれに協力した旧日本軍人である。

しかし、日本軍が敗戦濃厚となり、日本がアメリカに負けたとなると、アメリカの文化、法律、価値観が怒涛のごとく入り、日本は戦前の日本とはまったく代わり、日本は「アメリカナイズ」されてしまう。

一部の旧日本軍人の中には、「侍日本」の「大和魂」を捨てない国家を維持したいと考えるものがいた。

特に大陸に進出中の日本陸軍人にそういうものが多かった。

その中で、
畑中理(はたなかおさむ)
a0348309_92136100.jpg

北朝鮮ガールズ楽団「牡丹峰」が公演ドタキャンの真相は?:国歌斉唱にあった!?
という旧日本軍のスパイだった人物が、金策(キム・チャク)と名を変えて、若い金日成をスカウトし、ソ連に送り込み、ソ連の近代戦力を学ばせた。その間、金日成の妻の1人と金策との間にできた長男が、金正日なのだという話である。

だから、今の金一族の名前には、かならず「日本」を意味する「日」が入る。

金日成、金正日。そして、金正恩。

つまり、初代は日本軍によって成り、二代目は日本軍を範とし、三代目は日本軍に恩義を感じる。

そういう意味なのである。

この場合には「日本軍」あるいは「日本」は、明治維新を起こした日本であって、アメリカに負けた戦後の「敗戦国日本」のことではない。

彼ら北朝鮮人からすれば、我々日本人は、米軍に下った、アメリカに媚びを売った、売国奴の国民でしかない。

だから、北朝鮮は昔の日本人を愛するが、今の日本人は大嫌いなのである。


とまあ、そういう事情である。


(か)拉致被害者は奪還されただけ!?

日本にとって、「北朝鮮拉致被害者」は切実な問題なのだが、これも立場の問題にすぎない。

大東亜戦争、そして朝鮮戦争の時代に命からがら日本に逃げてきた朝鮮人がたくさんいたわけだ。

韓国の歴史歪曲は、なんと、自国の建国の歴史まで、捏造、変造している


その中には、明治時代伊藤博文政権時代に、日本国の梨本宮方子様と韓国の王子李垠(り・ギン)とが結婚したわけだから、その子孫もいたわけである。
2013-10-10 10:55日本の皇室の「イスラエル顔」と韓国のウリナラファンタジー:ついに近代まで捏造しだしたの?

伊藤博文公と韓国王室の李垠王子
a0348309_8402918.jpg


大韓帝国の国王の血筋、もしそういう人たちの子孫が戦後日本に住んでいたとしたら、彼ら北朝鮮人からすれば、なんとかして帰還させたいと考えたはずである。

朝鮮戦争後、最初に「帰還事業」が行われた。その拠点は新潟であり、まずは新潟に集まり、その新潟港から北朝鮮に帰還したのである。
あれ、君たち帰国しなかったの? 1959 在日朝鮮人帰国事業 (1)

しかし、なんとそれを阻止したのが、南朝鮮人だった。つまり、韓国人がテロを起こして、北朝鮮の帰還事業を頓挫させたのである。

それがこれだ。
韓国スパイ 日本で大虐殺未遂事件2-1

「壇宿六(闇のキャンディーズ)」の暴言録:しばき隊がしばかれた!?


もしそういうふうに、大韓帝国の王族貴族の子孫が日本に一般人として生き延びていたとすれば、どうするだろうか?

帰還してもらおうと思ったら、同じように日本に住む在日韓国人のスパイが邪魔をする。

そうなれば、強引に工作員を使って生け捕りする他はない。

実は、「北朝鮮拉致」問題というのは、「拉致」というよりは「奪還」の面が強いのである。

彼らにとってみれば、我が国は敵国アメリカ帝国に白旗を上げた売国奴国民である。そして、日韓が日本列島に手ぐすねして待っている。しかも、朝鮮王朝の子孫を人質にしている(かのようにみえる)。

A Happy New North Korea! : 横田夫妻は、金正恩の祖父母である可能性あり!?


特に、横田めぐみさんは、朝鮮王朝の李垠王子の血筋を引く、貴重な家系ということになるようだ。

「返して〜〜!」

ということになる。しかし韓国がそうはさせない。

戦後の日本の政治家は、パチンコ産業のしもべである。つまり、韓国人の言いなりだった。

そうなれば、実力行使しかない。

そうやって起こったのが「日本人拉致被害者」である。

そうして、この横田めぐみさんが北朝鮮に取り返され、金正日の第4夫人とされ、その息子が金正恩となった。

表向きには、金正恩の母親は在日朝鮮人だということになっているが、実に正確な言い方だったということになる。

横田めぐみさんの両親はいわば、帰還したくても帰還できなかった帰化人だったわけだ。


実は新潟と石川、福井のあたりにはそういう朝鮮系が非常に多いのである。

だから、北朝鮮同様に背が高い人が多い。


問題は、欧米の戦勝国側ではこういうことを知っていたはずである。


だから、安倍晋三が「知らないふり」をして、「拉致被害者を返せ」とかなんとか言っているが、実際には、子孫奪還じゃね〜〜のかいな?ということになって、あまりアメリカやイギリスの政治家はまともに扱わないのではなかろうか?

自分の国の子孫を敵国から取り戻しただけ。

日本の一般人だと思っていたら、自分が朝鮮王朝の王族のプリンセスやプリンスだった。あるいは、貴族だったとか。

いわば、シンデレラストーリー、ディズニーワールドなんじゃね?

というわけですナ。



まあ、要するに、日本国民はそういうことを知らされていなかったから、いたずらに自民党を焚き付けて、北朝鮮を刺激し、逆に北朝鮮も日本にミサイル撃って危機感を煽り、アメリカ政府がアメリカの軍産複合体の廃棄処分に困り果てたクズ兵器を最新鋭のように装って日本のバカ政府に売りつける。


とまあ、そういう茶番なんですナ。


すべては茶番。

相手にする必要なし。


まあ、信じる信じないはあんたのおむつ次第、じゃなかったおつむ次第。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-06-14 09:09 | 北朝鮮・高句麗・核

<< 頑張れ西野ジャパン!:「あの素... 西野ジャパン悲願の初勝利!:本... >>