ロシアW杯: H組日本2ー1コロンビア;セネガル2ー1ポーランド、A組露3ー1エジプト   

栄光の架橋 ゆずライブ (15th Anniversary DOME LIVE)


みなさん、こんにちは。

いや〜〜、昨夜は日本に歓喜の嵐となった。

西野監督が、「マイアミの奇跡」でブラジルを撃破して以来、

「サランスクの奇跡」

でコロンビアを撃破。

勝利の雄叫びを上げた。


H組

ポーランドーセネガル→2−1でセネガルの勝利
Poland v Senegal - 2018 FIFA World Cup Russia™ - Match 15



日本ーコロンビア→2−1で日本勝利
Colombia v Japan - 2018 FIFA World Cup Russia™ - Match 16


西野 朗 コロンビア戦 試合後インタビュー【2018 FIFAワールドカップ】



A組

ロシアーエジプト→3−1でロシア
Russia v Egypt - 2018 FIFA World Cup Russia™ - Match 17


ロシアで2連勝で予選リーグ突破。さすがにホームの強さを発揮した。

芝生が深く、ボールの走りが遅いピッチになれていたことが功を奏した格好である。

まあ、自チームに有利になるように、ボール速度の遅いピッチ状態に設定したのだろう。

おそらく、日本にもこれが幸いした。



ところで、だれもが予想し得なかった今回の日本の南米初勝利。アジア代表ではじめて。


なんとこれをスコアの2−1までどんぴしゃりで予想していた男がいた。それは岩本輝雄だった。これ。

【岩本輝雄】ロシアワールドカップに今、異常事態が起きています!「サッカー日本代表はベスト〇までイケると思ってます」



さて、最後に私が言いたいことは、今回のロシアW杯の日本代表は、私がこれまでみてきた中では、一番一致団結して、君が代斉唱していたということである。たとえばこれ。

COL 1-2 JPN АLL GOАLS & НIGНLIGНTS - 2O18
a0348309_1241377.png

a0348309_12405954.png

a0348309_1242594.png


いつもメモしているように、君が代は単なる国歌ではない。もともとは神道の祝詞として始まった。

だから、君が代をきちんと歌うと、保江邦夫博士のいうように、時空が変化し、我々の未来を変えるのである。


そして、その結果、そうとしか思えない珍事が起こった。

もし香川真司選手が、リバウンドをきれいなゴールでハンドをもらわなかったら、どうなったか?

まだ相手も11人。1−0になったが、相手はフルメンバーであれば、かつてのブラジルのように、そこから怒涛の反撃で、5−1で敗戦というようなこともあったかもしれない。

それが、香川真司選手のシュートがわざわざ敵の有力DFの右手付近を通過。思わず手が出た。

そして、PK一発退場となって、その香川選手がPKを決めた。


これを君が代の効果、君が代の祝詞効果といわずしてなんと言ったら良いのか?


俺は覚えている。この目で見たから生き証人である。

前回のブラジル大会では、香川真司選手は初戦のコートジボワール戦で君が代を真面目に歌わなかった。

その結果、本田が1点決めて有利だったにもかかわらず、香川真司サイドから2点取られて逆転負け。


さて、問題はこれからだ。

次のセネガル戦で連勝して、一気にリーグ1位突破したいところである。



ところで、乾選手は非常に動きが悪かった。

Are you chicken? Are you yellow?

かなり金玉が縮こまっていた感じですナ。

要するに、上がっていた。体がふわふわしてかんじで、地に足がついていない状態になっていた。

走れない。当たれない。キープできない。ちゃんと蹴れない。

乾選手の好不調の波の大きさが、いつも代表招集されるがレギュラーに定着できなかった理由だろう。

まあ、今回は幸い勝利で終わったから、そして日本人監督だから、もう一回チャンスをもらえるだろう。

ハリルホジッチのような外人監督だったら、もう二度目は無いだろうヨ。


それにしても、ブラジルのサッカーの諺がいかに真実か今回もよくわかった。

<ブラジルのサッカーの諺>

【ボールは汗をかかない】
【ボールは丸い(やってみるまでは分からない)】
【サッカーは頭でするスポーツだ】
【ギターは1本の弦だけでは弾けない】
【勝たんと欲すれば、苦しむことを学べ】
【強いチームがいつも勝つとは限らない】
【勝利の女神はしかるべきチームに微笑む】
【勝利とは刃物の上に立つようなものだ、いつまでもそこにはいられない】
【勝って反省できればなおよし】
【過去は唯一博物館の中で生きている】
【サッカーチームとワインは同じ。よい選手なり葡萄が取れる年はよいものができる】
【フットボールはロマンであり、ミステリーであり、詩にも似ている】
【人間がどこまで伸びるのか、その尺度は神が与えてくれるものなのだ】
【チーズも欲しくない、ナイフも欲しくない。お腹が空いてる方がいい】
【努力を惜しまなければ必ず神が助けてくれる】
【神は曲がった線で正しく書く】
【最も幸福な人とは最も多くの人に幸福をもたらす人】

A Happy New Messi: メッシ4年連続バロンドール!【最も幸福な人とは最も多くの人に幸福をもたらす人】


がんばれ、日本!




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-06-20 13:02 | 2018ロシアW杯

<< ロシアW杯:A組ウルグアイ1ー... ロシアW杯: F組スウェーデン... >>