人気ブログランキング | 話題のタグを見る

HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?   

みなさん、こんにちは。

最近の震度4地震は見事に予想的中した。
HAARPモニター観察:6月下旬の400nTの地震電磁波到来!

やはりGPSによる電離層の電子濃度変化データは大地震の短期予測には有用だということを示しているだろう。

さて、今日も400nTの地震電磁波が到来したようなのでメモしておこう。方向は我が国の大円にあたる。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/ 6/26 12:45 更新
太陽風磁場が南向きに強まり、磁気圏の活動も高まっています。

担当 篠原

昨夜、25日19時(世界時25日10時)頃から、
太陽風磁場の南北成分が
南向きに強まる変化が発生しています。
初めは -5nTくらいでしたが、
磁場強度が10nT近くへ高まるにつれて、
南向き磁場も-8nTくらいまで強まっています。

一方、太陽風の速度は、
400km/秒と平均的な状態で安定しています。

変化の様子から、フィラメント噴出などで、
太陽から磁場の強まりが流れてきたのかもしれません。

南向き磁場の強まりによって、
磁気圏の活動が高まっています。
AE指数は、1000nTに達する規模の変化が半日近く続き、
最大で1300nTに達しています。

Dst指数も、速報値で -51nT の変化になっていて、
小さい磁気嵐が発生しています。

DSCOVR衛星のグラフの最後では、
磁場強度は7nTにやや下がり、
南北成分は0nTに近付いています。

このまま磁場が北向きに切り替わると、
磁気圏の活動は、一転して静かになるでしょう。

SDO衛星AIA193の太陽コロナ写真では、
見つけにくくなってしまいましたが、
南半球のコロナホールが西に進み、
影響の始まりが近付いています。
今後の推移に、引き続き注目してください


太陽は、2713黒点群が沈んで、
X線グラフの全体の強度も下がっています。

2715群は特に活動はなく、太陽は穏やかです。



カナダモニター群
HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_a0348309_21151568.png

HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_a0348309_9361428.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_a0348309_9362689.gif


X線揺らぎ
HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_a0348309_9365336.gif
HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_a0348309_936516.gif


電子濃度
HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_a0348309_9371252.gif



AE指数(速報値)
HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_a0348309_9373422.png


さて、梅野健博士のGPSによる地震予知の研究の話
[地震予知]:「京大梅野健博士のGPSによる地震予知法」あっぱれ!
の焦点であるGPSデータも一般公開されている。以下のものである。

GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日400nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_a0348309_9401763.jpg

HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_a0348309_9402119.jpg

HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_a0348309_940283.jpg

HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_a0348309_9403232.jpg


つまり、最初に東北、次に関西、その次に九州、そして太平洋側の関西と東海、そして九州。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M5程度の地震が来る可能性があるということになる。まあ、M5だから、震度4前後程度である。

2日後だとすると、明日ということになる。


というようなわけで、最大で震度4程度が、最高で、東北、関西、九州、東海と関西、九州の5回。少なくとも東北、九州の2回来る可能性が高い。


いずれにせよ、一番濃度変化が強く、そして長かった場所は、東北の日本海側と九州の西側である。


もっとこのデータが細かく見れるようになると、震源域をもっと局所的に予測可能なのではなかろうか?


京大の研究の進展を期待したい。


備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。





HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2018-06-27 09:51 | 地震・地震予知・噴火

<< ロシアW杯:C組デン0ー0仏;... ロシアW杯番外編:なぜ日本代表... >>