木曜スペシャル:矢追純一さんは生きていた!?→関暁夫より矢追純一の方が面白いナア!?   

海外サイトで公開されたUFO&宇宙人映像に「特番でも出せないレベルw」
a0348309_19252278.jpg



みなさん、こんにちは。

そういえば、最近ではテレビ東京の都市伝説とNHKのと学会プレゼンツ超常現象ファイルとアナザストーリーくらいしか、いわゆるオカルトやとんでもないものをやらないようだが、あとはたけし一派のものかな、昔は日テレの矢追純一氏のUFO特番が非常に面白かった。1970年代〜80年代のことである。

だいぶ前にYouTubeでは矢追純一氏のUFO特番がみれたんだが、比較的最近まで消されまくってもう拙ブログ1でもリンク切れになったものが大半である。

先日のセキルバーグこと関暁夫の都市伝説ももうネタ切れ、逆音声解析の話はここからパクるわで、もう拉致あかない。まったく面白くない。

そんなわけで、もう矢追純一さんは死んだも同然かと思っていたら、なんと復活していたんですナ。

というようなわけで、矢追純一さんの昔の番組やら、最近の話、インタビューやらを一応ここにもメモしておこう。以下のものである。

(あ)木曜スペ 「 矢追純一 UFO スペシャル 第4弾 」 1991



(い)木曜スペ 「緊急UFO現地取材特報 米政府が宇宙人と公式会見 ・ MJ 12文書」 1989


(う)矢追純一ufoスペシャル第5弾 9月5日 宇宙人は人類の滅亡を知っている - part 8/8まとめ


(え)矢追純一さんに「UFOや宇宙人の真実」を聞いてみました!


(お)矢追純一さんに聞いてみました!もう本物のUFO特番は作らないんですか?


(か)矢追純一さんに、米クリントン大統領候補UFO爆弾発言、ロシアついに宇宙人公開・・について聞いてみました!


(き)矢追純一が語る!TVでは言えないUFOと宇宙人の見つけ方


(く)①矢追さんに、NASA設立の驚愕事実を話していただきました!


(け)②矢追さんに、NASAも熱望、ナチス驚愕のUFO開発技術を伺いました!


(こ)③矢追さんに、NASAとナチスの関係を聞いてみました!総集編


(さ)矢追純一さんに「ロシアに宇宙人が住んでいる!」と発言した首相と、JAL貨物便UFO遭遇事件を聞いてみました。


他多数。


いや〜〜、やっぱり矢追純一さんは良いね。セキルバーグネタよりよほど面白い。

関暁夫はもう完全にNWOイルミナティ側のスポークスマンになり、マイクロチップ計画の日本への伝道者になってしまった感がある。もう終わりですナ。


ぜひ矢追純一さんにもう一度復活してもらいたいものですナ。


まあ、YouTubeで十分に復活しているからそれでも十分なんだがナ。


矢追純一さんの弟子はいないのか?



ところで、それにしても昔はよかったんですナ。

テレビも昔の方が自由だった。たけしも、さんまも、ところも、つる助平も、ドリフも、タモリも、志村も、。。。もっと自由にシモネタもバカネタもエロネタもとんでもないやつも言えた。

最近ではますますもって社会に巣食った北朝鮮工作員、通称パヨク、の妨害工作のために、自由闊達ではなくなったのではなかろうか?

今できる自由は、「(大事なことを)報道しない自由」くらいのものですナ。

また金もない、人もいない、能力もないのないないづくしのため、番組は料理番組か、タダ飯ぐらいの訪問番組化、個人情報保護法案のある時代に個人宅や個人農家に訪問するとか、ボンビーガールの個人宅のありか探しをしたりとか、実にあっちの半島系の人間の好きそうな番組しかなくなった。

要するに、時間をかけたり、頭を使ったり、地道な調査を必要とする番組が作れない。

そんな感じですナ。

だいたいタモリやつる兵衛の訪問番組で取材されてしまった店や農家は、のちのち在日外人犯罪者の格好の餌食になっている。

朝起きたら桃がない。米がない。うなぎがない。

番組で店に行って何かを食ったら、ちゃんと料金払いなさい!

そこを日本人のおもてなし精神に甘えて、「取材していいですか?」の掛け声で、タダ飯をくらいに行く。番組に出るタレントも美味しいものがタダ食いできる最初から期待して行くわけだ。

日本人はせっかく来てくれたのだからって、自分の店の商品を大盤振る舞いする。そんな日本人の精神構造をうまい具合に利用するわけだ。

もうこういう番組は禁止にしたほうが良いのではないだろうか?

通称「タレントのたかり番組」。

だいたい、タレントだからって民間人の家や一般道をのし歩くことは許されない。一歩、会社の外に出れば、そこは公道である。だれでもルールに従わなければならない。

「タレントだから例外だ」と思うのは勝手だが、法律上は「取材です」は何の効力もない。

取材だ、タレント様のお通りだ、ってんで、大きな顔して民間人の家々に無断で入り込む。

米テキサスなら射殺だよ。アポイントなしに人の敷地に入った不審者は射殺して良いという法律、ジョージ・ブッシュが作った法律がある。

ところが、我が国では真逆で、タレントやらそのおつきの撮影スタッフまで勝手に人の家に入り上がり込む。おまけに、NHKの取材 クルーは人様の家の小物や金目の物をその都度拝借していた。

まあ、NHKのスタッフは在日だったようだが、その後逮捕されたようだ。


また最近は地方局まで吉本のスタッフが張り付いているから非常に見苦しい。日本を吉本帝国で汚染するつもりなんだろうか?


矢追純一さんのような有能クルーを育てなければ、いい番組はできないのではなかろうか?

そして視聴率が下がり、テレビ時代は終焉する。



いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-08-01 19:28 | UFO&エイリアン

<< 「講演会の顛末記」:講演会お疲... 「変な話」:どうして昔と今とで... >>