台風13号の「謎のスパイラル」とナイジェリアの怪光線!?:地球規模の謎現象だった!   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、保江邦夫先生にシャンシャン。感謝感謝感謝の雨あられ。

なんと極悪台風13号シャンシャンは、房総半島の先端をかすめてなんとか台風一過してくれそうである。

これぞ気仙沼の龍神のパワーですナ。

なぜ龍神なのか?

ご存知のない方は今度の保江大先生の新刊書を乞うご期待。


さて、その台風13号の気象庁予報の進路はますますCIMSS予想と瓜二つになった。これである。

今朝の気象庁予報
a0348309_7484057.png


CIMSS Tropical Cyclones(http://tropic.ssec.wisc.edu/)予想
a0348309_20482581.png


ところで、お出かけとか、何かのイベントとか、こういうものが台風と重なった場合、米軍が全面協力しているCIMSS予報を見ることをオススメしたい。CIMSSの方が気象庁より長期予想だからである。

また、まあ極秘情報だが、そもそも台風一個一個をピンポイントでHAARPコントロールするのは、CIMSSの方だからである。

今日のCIMSS予想
a0348309_7583481.png


そりゃ〜〜、攻撃されている方の気象庁のなんちゃって予報より、攻撃している方のCIMSS予報の方が精確のなのは言うまでもない。

Typhoon 17W
a0348309_7565243.png



ぜひここを見ているみなさんは、いざというときは、こっそりCIMSSの方で確認してほしい。気象庁はNWOの手下だから嘘しか流さない。NHKはそのまた手下だから、もっと嘘しか流さない。


ところで、先日の「謎のスパイラル」。これにはもっと謎があったので、これもメモしておこう。

保江先生「龍神を目覚させる!?」:気仙沼の龍神が台風をやっつけたのか!?

そう思ってMIMICを見ていると、これまた謎の不思議な現象が起きたのである。これである。

a0348309_21411778.jpg

a0348309_21424428.jpg

a0348309_2143294.jpg
a0348309_2144670.jpg

a0348309_21105457.jpg


はたしてこのスパイラルは何なのか?


こういうふうにメモしていたのだが、もっとスケールを大きく地球規模でみるとこんな感じだった。

インド洋上
a0348309_882742.jpg


地球規模
a0348309_8101046.jpg

a0348309_892847.jpg

a0348309_8104463.jpg



これを見た限りでは、どうみても台風13号のあたりから何かが放射されてインド上空に飛んでいき、その後も宇宙の彼方へ飛び去った、というようにしかみえない。


この画像でもっと面白いのは、大分時間が経ってから、今度はアフリカでも異常現象が起きたということですナ。これである。

アフリカ
a0348309_817449.jpg


いったいこれは何なのか?

まあ、これはわからないが、いったいどこなのか?

と調べると、ナイジェリアのあたりだった。

a0348309_8224035.png



台風13号シャンシャンから飛び出た謎のスパイラル。

そして、ナイジェリアから飛び出た謎の放出。


まさに謎だらけ。謎ですナ。


また何かわかればメモしたい。



いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-08-08 08:26 | HAARP・台風・ハリケーン

<< 2015年のトカナ預言:「不吉... 都市伝説「なぜ富岡八幡宮で殺人... >>