HAARPモニター観察:8月中旬の300nTの地震電磁波到来!東海が要注意か?   

みなさん、こんにちは。

お盆の阿波おどりも無事終了した昨日、300nT程度の地震電磁波が出たようである。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/ 8/16 12:13 更新
500km/秒の高速太陽風が到来し、磁気圏の活動も高まっています。

担当 篠原

コロナホールによる太陽風の高まりが到来しています。
昨日の午後から太陽風の速度はゆっくりと上昇を始め、
15日17時半(世界時15日8時半)に400km/秒を超えて、
次第に高速状態に近付き、
今朝、16日9時(世界時16日0時)に500km/秒に達しました。

太陽風の磁場強度も、
速度が上がる頃は、5~10nTとやや強まった状態が続き、
グラフの最後で5nTに下がる変化をしています。
速度の上昇としては、この辺りで一段落かもしれません。

磁場の南北成分は、南寄りの変化が続いています。
磁場強度がやや高まっていた頃は、
-5nTを超える南向きの強まりも発生し、
速度がやや高まっていたことと合わさって、
磁気圏の活動を強めています。

オーロラの活動度を示すAE指数のグラフは、
500~1000nTの中規模の変化が繰り返し発生しています。
15日の図の最後の高まりにあたる、
世界時15日22時頃のオーロラの様子を、
昭和基地の全天カメラの動画で紹介します。

SDO衛星AIA193では、
今回の高速太陽風をもたらしたコロナホールは、
太陽の西の端(右端)に近付いています。
太陽風の高まりはあまり続かずに終わりそうです。

太陽は、南東(左下)に2718黒点群が見えています。
特に活動はなく、太陽は穏やかです。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1516075.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_15161275.gif


X線揺らぎ
a0348309_15163130.gif

a0348309_15162934.gif


電子濃度
a0348309_15164690.gif


AE指数(速報値)
a0348309_15171717.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日300nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_15251657.jpg


つまり、東海地方だろうか。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M4程度の地震が来る可能性があるということになる。
まあ、M4だから、震度3前後程度である。災害になるほどではないだろう。


備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-08-16 15:28 | 地震・地震予知・噴火

<< ジョーク一発:「痛リアとコリア... さげちん「今年は総踊りなしよ」... >>