HAARPモニター観察:9月中旬の550nTの地震電磁波到来!関東が要注意か?   

みなさん、こんにちは。

さてやっとネットが見れるようになり、地震電磁波の解析もできるようになった。
すると、早速550nT程度の地震電磁波が出たようである。日本方面の可能性があるから、要注意である。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

22018/ 9/11 08:57 更新
高速太陽風が始まりました。磁気圏の活動も強まっています。

担当 篠原

コロナホールによる太陽風の強まりが始まりました。
昨夜、10日19時(世界時10日10時)頃から、
太陽風の磁場強度が高まり始め、
今朝、11日4時(世界時10日19時)には10nTを超えて、
現在は15nTに達しています。

一方、太陽風の速度は、
今朝、11日5時(世界時10日20時)までは、
400km/秒以下に留まっていましたが、
ここから高まって、500km/秒と高速風に変わっています。

太陽風磁場の南北成分は、
磁場強度の変化とともに南向きに強まり、
-5nTから -10nTに達する強い南向きが続きました。
このため、磁気圏の活動は活発になり、
AE指数は500nTから1500nTに達する大きな活動が発生しています。

AE指数が1500nTに達した頃、
世界時10日17時半のオーロラの様子を、
昭和基地の全天カメラの動画で紹介します。
緑色のオーロラの上に赤いオーロラも輝き、
とてもきれいな光の帯になっています。

現在も太陽風の磁場強度は強い状態なので、
速度は更に高まる可能性があります。
一方、高速太陽風の発生源となったコロナホールは、
東西には狭かったので、
高速風はあまり長く続かないかもしれません。
27日周期の図の前周期を見ると、
4日ほど続いたところで、次の高速風が到来しています。

また、DSCOVR衛星のグラフの最後で、
磁場の南北成分が北向きに切り替わっています。
この傾向が続くと、磁気圏は穏やかになってしまうでしょう。


太陽は、2721黒点群は見えなくなりましたが、
南東(左下)側に新しい黒点が発生しています。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1812386.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_18122367.gif


X線揺らぎ
a0348309_18124071.gif

a0348309_18124366.gif


電子濃度
a0348309_1813853.gif


AE指数(速報値)
a0348309_18132224.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日300nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_18193677.jpg
(東海や四国のこの辺も赤いナア)

つまり、東海関東地方だろうか。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M5程度の地震が来る可能性があるということになる。
震度5前後程度である。

要注意である。

まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-09-11 18:25 | 地震・地震予知・噴火

<< HAARPモニター観察:9月中... アイムバック!:光ファイバー通... >>