HAARPモニター観察:10月上旬の400nTの地震電磁波到来!GEONETをチェックしよう!   

みなさん、こんにちは。

さて、9月20日頃からずっと人工的な電磁照射が起こっていたのだが、いつしかそれが止んだ。そう思っていると、インドネシアに大地震がやってきた。

ところが、昨日辺りからまた人工的な電磁照射が起こり始めたようだ。前はUT06時から数時間のものだったが、今回のもはUT12時前から照射されている。

そんな中、早速400nT程度の地震電磁波が出たようである。日本方面の可能性があるから、要注意である。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/10/ 8 14:10 更新
高速の太陽風が到来し、磁気圏の活動も高まっています。

担当 篠原

コロナホールの影響が始まり、高速太陽風が到来しています。
DSCOVR衛星の観測によると、
昨夜、7日19時(世界時7日10時)に、
太陽風の磁場強度が10nTを超えて強まり、
やがて18nTまで高まりました。
続いて、速度も上昇を始め、
350km/秒と低速だった太陽風は、
7日23時(世界時7日14時)には500km/秒に達し、
現在は550km/秒に高まっています。
一方、磁場強度は7nTに下がっています。

太陽風磁場の南北成分は、磁場が強まった頃から南寄りに強まり、
-5~-10nTの南向きの変化が続きました。
このため、磁気圏の活動は高まって、
AE指数は1000nTに達する大きな変化が半日近く発生しています。

世界時7日20時半頃のオーロラの活動を、
昭和基地の全天カメラの動画で紹介します。
昭和基地では、この前後の時間帯も活発なオーロラが発生しています。

太陽風磁場の南北成分は、
現在は0nTを挟んで南北に変化しています。
磁気圏の活動も規模が少し小さくなっている様です。

27日周期の図を見えると、
太陽風速度の高まりは、
前周期よりも半日ほど早く始まっています。
今後の推移に注目してください。

太陽は無黒点が続いています。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_2254985.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_2262474.gif


X線揺らぎ
a0348309_2263521.gif

a0348309_226405.gif


電子濃度
a0348309_2264818.gif


AE指数(速報値)
a0348309_2271111.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日400nTの地震電磁波が出た時間帯は、UT6~UT12であるから、その時間帯では、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_22114817.jpg

a0348309_22115078.jpg

a0348309_22115279.jpg


つまり、北海道、東北、九州地方だろうか。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M5程度の地震が来る可能性があるということになる。

震度5前後程度である。

要注意である。

まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-10-08 22:15 | 地震・地震予知・噴火

<< 悪魔の掘削船地球がまたまた南海... アイラブジャパン:結婚式で「登... >>