人気ブログランキング |

「ウチュウジンよ、よく聞け!われわれはちきゅうじんだ!」→地球製UFOに王手か!?   

みなさん、こんにちは。

昨日メモしておいた「台湾製の反重力マシーン」。実はそれは一種の情報操作(だったのか?)で、本当はロシア製だったということを急遽おまけに加えた。

ついに謎の「フィラデルフィア実験」と反重力円盤TR3Bの秘密が暴露された!?

この「空飛ぶ円盤」そっくりの反重力マシーンの発明者がだれかということ、これはその最初の日本国内の日本語YouTubeには出ていなかったが、なんとか突き止めることができた。今回はこれをメモしておこう。

(あ)発明者はだれか?

まずそのリフター以来の民間反重力装置の発明者は、

Alexey Chekurkov(アレクセイ・チェカーコフ)

というロシア人であった!英語の発音では、Alex Shecurkov、むしろ我々の耳にはアレックス・シュカーと聞こえる。

(い)詳しいサイトは?

それでこの名前を鍵にして英語のインターネット世界を探し回ると、やっと見つけた。その大発明を詳しく論じているサイトがあった。

やはり欧米人は、特に発明の才のあるヤンキー系の人たちはかなり興奮してこの大発明を大歓迎していたようだ。

ちなみに、アメリカには「ヤンキーの発明の才」という言葉がある。昔から、アメリカの東海岸の白人層には発明好きが多く生まれているのである。

そのサイトがこれだ。

Warp-Drive-Physics.com

Antigravity Demonstration Using Counter-Rotating Magnet-Electrostatic Fields From Russia
8/6/2018


NOW UPDATED: Explanation on How It Works, below in PART V

Rotating and counter-rotating charges antigravity demonostrated in Russia with an un-identified (update: now it's identified) metallic alloy.

Please check out the research of Alexey Chekurkov, who created the Alex Flying Craft.

Special thanks to Walter Nowosad for sharing this.

Alex Flying Craft Полёт Гравилёта


"Special Metal" is unknown. It looks like hammered tin, or an aluminum/bismuth alloy, hand-forged. It looks coated; plated, and easy to machine. It is known that the disks may become magnetized, meaning it is a ferrous alloy. It won't work when the disks are magnetized, probably causing a problem with spinning, or otherwise electrical disruption due to homopolar motor effects back-feeding into the external high voltage power supply.

He does have a lot of that metal on hand, however. He has made other apparatus from that metal, as per links below. It resembles an iron / tin allow for corrugated roofs with perhaps, a galvanized zinc plating.

It would most probably be a standard type of easily-acquirable metal.

Also note the power supply in the video below, using a Tesla resonance transformer. His standard power supplies however are using "positive energy," rather; whereas these metal disks are essentially rotating air capacitors. Being able to conduct magneto-electrostatic fields and usage of the Tesla resonance transformer denote that they are charged as a field at high volts, using non-standard electromagnetic (positive) energy; and the electromagnetic energy from the transformers would be going toward powering the motors that spin the disks, not using homopolar motor technology.

​Note the blending of the energies of magneto-electrostatic and electromagnetic in high volts.

Furthermore, he uses neodymium magnets in the positions of the utrons near the outsides of his lower disk. The magnetic field near the outside while spinning them, denotes the electromagnetic collapse of magnetism toward the center -- in that field geometry.

This begs the question of the utrons being magnetic, whereas the outer electromagnets of the X1 collapse somehow in timing with the passing utrons, and a coil around the utrons could be built to handle that collapsed energy in polarity opposite of the utron-magnet, to deaden or cancel the utron's magnetic field in order to pass through the electromagnetic gate.

Aside from that complex structure, a homopolar motor design with electrostatic rotating disks may actually be able to handle rotating magnets spinning in the opposite direction of one of two counter-rotating field disks; it seems that the rotating magnetic fields are only traveling in one direction.

It's easy to see the device comprised of two capacitor sets, one on top (with lower rotating disk), and one on the bottom, with lower rotating disk with magnets. He is NOT using homopolar motor technology, and he's using an external Tesla coil power supply, instead of integrating that into his design, although it is using a conductive hollow "hat" similar to a Tesla tower. Also note the static disk, rather the disk that is not moving, with the frame "landing legs" sticking through it.

Note the bottom rotating disk is wider than the upper rotating disk, keeping to principles of the magnet and dielectric layers, using a wider magnet on bottom and on upper magnet, in less width, in adherence with the Townsend Brown in a vacuum test shown on the pdf file on the Construction page in the Townsend Brown section.

Полёт Гравилёта


(長いので中略)

Блок панели Гребенникова ( тестирование )


По следу потерянных технологий


Взлёт и посадка диска ( ответы на вопросы )



一方、次のサイトにはそのマシーンの設計図の写真が出ていた。これだ!

Russian anti-gravity device by Alexey Chekurkov?
a0348309_102399.png


さあ、歴史は動きつつある。

いよいよ最初の新たなるライト兄弟の登場を待つ!

まだチェカーコフは携帯発電機を発明していない!

だから、この反重力マシーンはリフターと同様に有線である。

つまり、ワイヤレスにできない限り、空を自由に飛行できない!

したがって、もし誰かが次なる発明として、

軽量の高電圧発電機を発明すれば、それをビークルに乗せて、このチェカーコフの原理を用いて本当の反重力エンジンを乗せて空を飛ぶことが可能となるのだ!

これぞ地球人製のマンメイド円盤の完成というわけだ。


さて、問題はそのチェカーコフの原理?

これはその設計図と実際の模型との比較から徐々に解明できるものと考えられる。

一番最初のサイトは2018年の8月のものだから、すでに欧米白人層はすでに半年近くこの円盤模型の研究を進めているわけだ。

だから、徐々にこの反重力円盤模型のサイトができつつある。

かつてのフランスのノーディンの発明であるリフターの次に来た発明と考えられる。

リフターは超高静電圧の電気双極子と考えられる。そこにBB効果が現れて浮遊できた。

今回のチェカーコフの模型のエンジンは、基本的には次の回路であるようだ。

(あ)一枚の下の円板に数個のネオジウム磁石が乗ってそれがDCモーターで回転する
(い)その上にもう一枚の円板があり、DCモーターで逆回転する
(う)その二枚の円板の間にもう一枚の円盤が挟まれる→これが決めてのようだが材質は未知
(え)その上下の回転円板にそれぞれ上をプラス電圧、下をマイナス電圧の電圧を加える
(お)そして真ん中の一番大きな円板にテスラコイルの高電圧を単極で加える。


たったこれだけで、この重いシステム全体が空中浮遊するというのである。

原理は謎だが、模型は確かに浮いている。

熱力学の場合もそうだった。スチームエンジンの原理はわからなかったが、現物が動いている。そういう状況から、それを研究するうちに熱力学の原理が誕生したわけだ。

だから、原理は未知でもそれを解明しようとするうちに新しい原理や新しい物理が生まれる可能性がある。


いや〜〜、俺も40年遅く生まれたかったヨ!


チャンス到来、若者よ、い出よ!


こんな回路だったら、俺は作れないが、いまの日本のメーカーや発好きや工作好きの人なら、だれでも作れるに違いない。

あとは、携帯型軽量のテスラ発電機を作ってそれをシステムの中央に搭載すれば良い。

そうなると、なんとなく全体の形状がこれに似てくるわけですナ。

一番原始的なUFO である、アダムスキー型円盤
a0348309_1045911.jpg



やはりど真ん中の中空の柱は、テスラコイルの発電機。コンデンサーは上下の金属にチャージするための超高電圧のコンデンサー。そして内部の円盤にはネオジウム磁石の回転円板が上下逆回転。

こんな感じだったのではないかナア???


やはりUFOには回転するものがないとUFOらしくない!


頑張ろう、地球人ヨ!


いずれにせよ、これまでこういう技術を暴露できなかった当事者たちも高齢になってどんどん暴露してくるように、これまでこういうものを発禁扱いにして極秘にしていた方の支配者層もみな高齢になってどんどんこの世をおさらばしていく。


因果応報。

猛者もついには滅ぶのだ!



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-02-24 10:51 | UFO・反重力

<< 個人メモ:「論文数の数え方」と... ついに謎の「フィラデルフィア実... >>