人気ブログランキング |

HAARPモニター観察:5月中旬の550nTの地震電磁波到来!   

みなさん、こんにちは。

さて、今日太陽でCMEが起こったようだ。この影響が2〜3日後のやってくるはずだが、すでに久々に大きな550nTの地震電磁波が出ている。一応これをメモしておこう。


まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2019/ 5/14 13:38 更新
太陽風は540km/秒の高速風になっています。2741群でCMEが発生しています。

担当 篠原

昨日のニュースの後から、
太陽風の速度はゆっくりと高まり始め、
今朝、14日7時(世界時13日22時)には、
400km/秒と平均的な速度に達しました。

そこから速度の上がり方が一段早くなり、
現在は540km/秒と高速の風に変わっています。

速度と同様に太陽風の磁場強度も高まっていて、
今朝以降は13nT前後で推移しています。
磁場の高まりが続いているので、
引き続き速度の変化にも注意が必要です。

SDO衛星AIA193の画像では良く分からなかったのですが、
コロナホールの影響でしょうか。

太陽風磁場の南北成分は、
磁場が強まっているため、南向きにも大きく変化しています。
速度の高まりと重なって、磁気圏の活動も高まっている様です。
こちらについても、今後の推移に注目してください。


太陽では、深夜、14日0時(世界時13日15時)に、
2741黒点群でB3.5の小さいフレアが発生し、
昨日と同様にCME(太陽ガスの放出現象)も発生しています。

1枚目に、SDO衛星AIA193の動画を掲載します。
太陽の中央部で爆発が発生しています。
次は、STEREO Ahead衛星のCOR2によるCMEの様子です。
a0348309_21551153.png

この動画では、右方向に地球があります。
ガスの噴出は下向きに少し偏っていますが、
4日後くらいに太陽風の乱れがやって来る可能性があります。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_21502369.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_21503121.gif


X線揺らぎ
a0348309_21502771.gif

a0348309_21502966.gif


電子濃度
a0348309_21502517.gif



さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ
a0348309_21572062.jpg

a0348309_21575672.jpg


というわけで、日本全国の電子濃度が低下したようだ。だから、日本全国どこに地震が起こっても不思議はない感じである。一応このあたりの南海地震の方角は警戒の場所ということになる。

550nTと大きいから震度6前後の可能性もある。

またカナダモニターの波形の位置からすれば、我が国ではない可能性がある。たぶん、オセアニア、南米、パプアニューギニアとか台湾のものかも知れない。

しかしながら、太平洋は連動しているから、我が国も警戒はしたほうが良いだろう。


要注意である。

まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。



おまけ:
今日実際にパプアニューギニアでかなり大きな地震発生した。
パプアニューギニア付近が震源、M7・7の地震

気象庁によると、14日午後9時58分頃、パプアニューギニア付近を震源とする規模の大きな地震があった。

 同庁によると、マグニチュードは7・7と推定される。

 太平洋で津波発生の可能性があり、同庁では日本への津波の有無について調査中としている。
a0348309_23234111.png

これは今回のものではなく、前回のものだろう。だからもう一発どこかに来る可能性が高い。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-14 22:01 | 地震・地震予知・噴火

<< HAARPモニター観察:5月中... ヤスミン山下さん15歳!:天使... >>