人気ブログランキング |

HAARPモニター観察:5月中旬連続の500nTの地震電磁波到来!   

みなさん、こんにちは。

さて、地球の地震と太陽活動がリンクしているのはほぼ間違いないが、最近の太陽活動が活発化し始めたせいか、昨日に続き、500nTの地震電磁波が出ている。これは日本の方角であるように見える。一応これをメモしておこう。


まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2019/ 5/15 11:56 更新
高速太陽風の速度は下がり始めています。磁気圏の活動も落ち着いています。

担当 篠原

太陽風は、今朝早くまで500km/秒台の高速の風が続きました。
現在は少し下がって、460km/秒とやや高速です。
一方、磁場強度は、
昨日の午後に15nTから10nTに一段下がりましたが、
現在までこの状態が続いています。

磁場の南北成分は、昨日のニュースのしばらく後まで
-10nTを超えて南向きに強まった状態が続き、
AE指数は1800nTに達する激しい変化になっています。

その後、南北成分は0nT付近に下がり、
今朝からは弱い北向きになっています。
このため、磁気圏の活動も
今朝までは300~500nTの小規模の変化が続きましたが、
グラフの最後は変化がなくなっています。

昨日、一昨日のニュースでお知らせした様に、
13日、14日に弱いCMEが発生しています。
今後、この影響がやって来る可能性があります。


太陽の2740黒点群はさらに小さくなっています。
2741群も次第に縮小している様です。

X線グラフも特に変化はなく、穏やかです。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_22454573.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_22461017.gif


X線揺らぎ
a0348309_2246235.gif

a0348309_22462553.gif


電子濃度
a0348309_2246591.gif




さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ
a0348309_22474477.jpg

a0348309_22474138.jpg


というわけで、九州地方の電子濃度が低下したようだ。一応このあたりが警戒の場所ということになる。

500nTと大きいから震度5~6前後の可能性もある。

今回のものは、確実に日本の方角だろう。



要注意である。

まあ、外れるに越したことはない。


備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-15 22:51 | 地震・地震予知・噴火

<< 思わず買った学研ムー6月号:「... HAARPモニター観察:5月中... >>