人気ブログランキング |

HAARPモニター観察:7月中旬の300nTの地震電磁波到来!   

みなさん、こんにちは。

さて、7月に入っていくつか地震が起こっているが、HAARPモニターとしてはそれほど強力ではなかったのでメモしなかった。がしかし、今日再び300nT程度の地震電磁波が出ているようだ。またカナダモニターの波形の位置からすれば、我が国の可能性が一番高い。そこでこれを一応メモしておこう。

ところで、今年2019年は地震の当たり年だろうと私は予想している。環太平洋の大地震の時計回りの法則通りにいくつかの地震も起こってきた。これが2周めに入りつつあるというわけだ。

https://www.emsc-csem.org/#5w
a0348309_9373738.png



まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2019/ 7/ 9 12:59 更新
太陽風の小規模の変化が到来しています。太陽は無黒点になっています。

担当 篠原

今日未明、9日4時(世界時8日19時)頃に、
太陽風の急な変化が到来して、
速度は300km/秒から400km/秒へ、
磁場強度は、4nTから10nTへそれぞれ高まっています。
ただし、変化としては小幅で、
速度は平均的な状態に戻った程度です。

太陽風磁場の南北成分は、
変化が到来した直後は北寄りでしたが、
その度南寄りになり、-10nT近い南向きの変化も発生しています。
磁気圏の活動は、
AE指数の最後に700nTの中規模の変化が発生しています。

この700nTの変化の前の時間帯ですが、
昭和基地の全天カメラでは、
世界時8日23時頃にオーロラの高まりが観測されています。

太陽風の高まりは、この後どの様に推移するでしょうか。
引き続き注目してください。


太陽は、昨日の夕方くらいに2744群の黒点が見えなくなり、
無黒点になっています。

一方、SDO衛星AIA193では、
2744群のあった場所の右側に、明るい点が2か所発生しています。
更に発達して、黒点が現れるでしょうか。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_92842.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_9282356.gif


X線揺らぎ
a0348309_928347.gif

a0348309_9283443.gif


電子濃度
a0348309_9285069.gif


これで一番気になるのは、このところ長期に渡って電子濃度が下がっていることである。

はたしてどこの場所の大地震のためのものだろうか?

残念ながらこれに対する場所は特定できない。GPSデータは以下に見るように我が国内だけだからだ。アメリカならアメリカ用のGPSデータを見るべきだろう。カリフォルニアはかなり要注意の場所であろう。


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

地震電磁波が出ている時間帯は主に7月9日UT21時前後である。この時間帯で電子濃度が急激に下がった場所はここだった。

東北太平洋側
a0348309_9313038.jpg

九州南部
a0348309_9313215.jpg

長野新潟石川山形の日本海側
a0348309_9313455.jpg



というわけで、これについては、電子濃度の低い場所は、東北太平洋側、九州南部、日本海側、そういう場所が一応警戒の場所ということになる。

何時間かおいて1個ずつ3連発で来る可能性が高いと予想しておこう。

しかしながら、300nTに過ぎないからそれほど大きな地震ではないだろう。このところよりは少し強めで、せいぜい震度4〜5前後ということだろう。


一応要注意である。


まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-10 09:38 | 地震・地震予知・噴火

<< 「Kの法則」=コリアと組むと滅... 時事工作員暗躍の巻!?電通「プ... >>