人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都の舞妓さん「もう観光客にはうんざりどすえ〜〜!」:我が国に害人は不必要!→そのうち舞妓さんに落書きするんちゃうか?   

野坂昭如「黒の舟唄」(1974年ライヴ)

(男と女を日本人と外人と変えて歌う)


みなさん、こんにちは。

さて、まだちょっとこのブログ2で写真等を入れてOKのようなので、この新編集画面を利用してメモしよう。今回もまた、欧米人や外人などの英語圏の人にも読めるように、グーグル翻訳しておいた。

要するに、観光被害、害人被害の問題である。


Invasion of private land, chasing Geiko ... Gion Trading for inbound "nuisance".
京都の舞妓さん「もう観光客にはうんざりどすえ〜〜!」:我が国に害人は不必要!→そのうち舞妓さんに落書きするんちゃうか?_a0348309_14250549.png
Inbound (foreign tourists visiting Japan) is expected to increase in less than a year until the 2020 Tokyo Olympics and Paralympics. While economic effects are expected, measures to deal with “tourism pollution” that impacts the lives of residents in the tourist areas in Japan are urgently needed. In Gion, Kyoto, where inbound popularity is high, this fall will begin a demonstration experiment that automatically distributes information on manners compliance to tourists' smartphones. (Eriko Ogawa)"Different from sightseeing spots"Kyoto, Gion (Higashiyama Ward, Kyoto City) where there are many teahouses and restaurants. Among them, Hanamikoji Street, the city street, is the center of Kyoto's Hanamaki culture, where long-established teahouses are lined up.In such a town full of history, the number of foreign tourists taking pictures of the streets and strolling has increased rapidly for several years. There are many tourists who are inconvenienced by walking across the width of the road, taking photos while stopping in the middle of the road, and in some cases, they are chasing after Geiko, heading to the tatami room. That is.”“ You can meet Maiko if you go to Hanamikoji ”, which is introduced in overseas guidebooks, but Gion-machi is a different tourist destination.” Miko Takayasu, chairman of the Gion-machi South District Council, made by teahouses and local residents, is afraid of such acts.
The locals also have educational activities
The council, who saw the situation seriously, has taken measures such as installing enlightenment signs in cooperation with Kyoto Women's University (the same ward). Last summer, we conducted a questionnaire on nuisances conducted on 260 members of the council. The reality of “tourism pollution” emerged, including smoking and littering of garbage ▽ Unauthorized entry to private land ▽ andons(Lanterns) and destruction of lattice doors. Based on this, in March this year, the city submitted a request for improvement. In June, a review committee was formed by the city, the council, and academics.
At the first meeting on June 11, a demonstration experiment by the Japan Tourism Agency was presented. According to the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism's Kinki Transportation Bureau, information on manners, such as banning visitors from visiting Hanamikoji-dori and its surroundings from entering private land and performing arts and dancing, is automatically available in multiple languages. It will be delivered. The specific method has not been determined, but after conducting a questionnaire to ask foreign tourists about their level of manners and other manners, the aim is to start as early as October.
The person in charge of the bureau said, “Each organization is working on awareness of manners, but there is no specific medicine that will fundamentally solve the problems in the region. I want to do it. "
Also restrain tourists
In overseas tourist destinations, some countries are shifting to policies that limit the number of tourists as a result of suffering from “tourism pollution”.
According to a study by the Japan Research Institute (Tokyo), water pollution and odor problems in the port have become apparent in Venice (Italy), where large cruise ships call. Since the fishery was affected, we took measures such as port entry restrictions.
In Barcelona (Spain), where noise and congestion became a problem, the right of the tourism policy promoted by the city became an issue for selection by the mayor. As a result, the opening of hotels and restaurants in the city center will be prohibited and tourists will be guided from the city center to the neighborhood. Nevertheless, the number of guests staying in the city center did not decrease due to the rapid increase in the number of private lodging properties, and it was developed as a demonstration by dissatisfied citizens and an excuse for tourists.
Tourists expect the culture and history that takes root in the tourist spots, but the bearers are the citizens who actually live. Tourism pollution can create a division between citizens and tourists. “The tourism policy is shifting from attracting to managing globally. Rather than facing problems in specific regions alone, Ryukoku University Faculty of International Studies, Debunal Milos (sociology)” Isn't it necessary to optimize their policies? "

これはひとえに安易に害人旅行者数を増やして小銭稼ぎを狙ったおバカ内閣の指金の結果である。

これまで年間何十万人しか来なかった我が国へいきなり東京五輪のキャンペーンめいた事をしてその数が一気に桁違いに2桁も増えれば、そりゃ〜〜我が国がきしむ。観光地や私有地で商売している民間人たちにしわ寄せが来る。

しかも今来ている外人は、諸外国やG7の国々の貧乏層である。だから、バックパッカーでいつでも日本の公園やら私有地で野宿できる形で来るわけだ。外国の金持ちセレブなら普通にホテルを取れば住むことだ。カネがない家族が一家でくるから、安ホテルや民泊を使うわけですナ。

かつて我が国でもバブルの時代、ゴルフの会員権とか、メンバーシップなどが、立派な財産にカウントされた。中高年は知っているだろう。ゴルフの会員権は高給ゴルフクラブであれば、数百万円とか1千万円の値がしたわけだ。だから、それをいまでいう証券のような財産として売り買いしたり、あるいは、子に遺産相続したりできたわけだ。

実は、まあ、我が国の一般人は知らないだろうが、海外の場合、特に白人層の場合、大昔の植民地時代から、これにホテルの会員権が入る。マリオットホテルとかヒルトンホテルとかのスウィートルームや高給ルームの借りっぱなしの会員権があるわけだ。だから、それを親がこに遺産相続できる。しかも相続量ゼロ。

というわけで、白人の場合、親がそこそこ金持ちなら、自分が引退し、死に直面すると、自分の持つ自己資産をそういう形で子や孫に遺産相続できるわけだ。たしかアメリカなら資産2億円以下は相続税なしだったんじゃないかな。

だから、白人の師弟は何もしなくても世界中をブラブラしているやつがたくさんいるわけだ。いちばん有名なのは、イギリスのロスチャイルドの息子や孫だな。世界中を親の金で遊び回っているだけ。中田英寿のように自分で稼いだ金で遊び回るのなら大いに結構毛だらけねこ灰だらけお前のケツは糞だらけっていうフーテンの寅次郎の言葉だ。

こういうやつらが、いまや我が国に住みつこう遊びまくろう食い散らかそうとやってくる。

とまあ、そんなこんなでこういうことが頻繁に起きている。

ひどすぎますな。私有地や商業地に土足で入り込む。

アメリカのテキサスなら、伝統的に

自分の土地への不法侵入者は
ライフルで射殺して良い

ことになっている。

最近のテキサスで大量殺人が起こっているが、その根底にあるのが、テキサスの法律と伝統である。

だから、テキサスの白人層にとって、不法移民は不法侵入者だと解釈して、おもむろにライフルや機関銃で撃ってくるわけだ。

我が国にはこういう伝統も法律もない。

というわけで、かつてのアメリカのネイティブインディアンと同じような目に会うわけだ。

彼ら外人、特に白人にとって、自分の欲や欲望(彼らは自己礼賛感覚で「好き」とか「愛している」とか表現するが)のためにそれを果たそうとして我が国へ来る。

たとえば、「祇園の舞妓が好き」といって勝手に商業地の私有地の祇園に用もなく入り込む。そして、舞妓が仕事中なのも構わずに平気で自分のインスタ用に写真を撮る。しかもただ撮りだ。

彼ら害人は我が国は「個人情報保護法」があることも知らない。知っていたとしても知らなかったふりをする。あるいは、日本語が読めないふりをする。

というようなわけで、己の欲望を満たすためには相手の事情はどうでも良いという行動を起こすわけだナ。

これをかつて岡潔博士が言っていたわけだ。

外人は業が深い。業に始まり業に終わる人種だと。

業とは、己の欲や欲望のことである。つまり、動物的な五感を満たす欲である。

ちなみに五欲とは、物質 (色) ,音声 (声) ,香り (香) ,味,触れてわかるものに対する欲望。

さらに、財欲、食欲、性欲、睡眠欲、名誉欲。

このレベルの人間を第5識の人間、これにちょっとした知能を加えて第6識の人間と呼んだ。


ところが、一方の京都は、俳句や和歌のわかる、つまり、日本的情緒の分かる人たちの世界である。

つまり、岡潔のカテゴリーでは、第8〜9識の人間以上、あるいは最高で第14識の人の世界である。

情緒のわかる日本人の世界へ動物的感覚で生きている人型クリーチャーがたむろして来たら、それは

百害あって一利なし

というわけで、日本人と外人との間には深くて長い川がある、というわけですナ。


まあ、はっきりいって、もうこれ以上の外人旅行客はいらないんじゃないかナア。


いやはや、世も末ですナ。





京都の舞妓さん「もう観光客にはうんざりどすえ〜〜!」:我が国に害人は不必要!→そのうち舞妓さんに落書きするんちゃうか?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-09-02 14:24 | マスゴミ・ダマスゴミ

<< HAARPモニター観察:9月始... HAARPモニター観察:8月末... >>