2018年 03月 20日 ( 2 )   

いや〜〜痛い、戦争キチガイのチャーチルのメークでアカデミー賞!?ジョークですか?   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、痛い!

日本を嫌って出ていって、ユダヤハリウッド映画界で長年働かせてもらい、
そして念願のアカデミー賞をとった。

だから、凱旋帰国ってか?

辻一弘さんが帰国、オスカー像を手に記者会見

a0348309_13494239.jpg

 今月4日(日本時間5日)に発表された第90回米アカデミー賞で、日本人として初めてメーキャップ・ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘さん(48)(ロサンゼルス在住)が帰国し、20日、東京都内で記者会見を行った。

 オスカー像を手に登場した辻さんは「(周囲の)反応に驚いています」と今の気持ちを述べた。「メイクが作品の一部と認められて良かった。特殊メイクを目指している日本の若い人に、こういう可能性もあると夢を与えられたのはいいことだと思う」と語った。

 辻さんは京都市出身。英国映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」で、主演のゲイリー・オールドマンさんのメイクを担当。精度の高い特殊メイクで英国の名宰相チャーチルに見事に変身させ、ほかの2人の担当者と共に栄冠を獲得した。
a0348309_13545479.jpg


もしこれが、もっと別の役づけのメークアップで賞をとったのであれば、
実に嬉しかったにちがいない。


が、なにぶん、そのメークの相手が映画の主人公になった、
悪名高き大英帝国の末裔のウィンストン・チャーチルである。
a0348309_1354373.jpg


まあ、確かに演説のうまさ、いわゆる雄弁さと、格調高い文才のある「回顧録」は有名で、その後にノーベル文学賞までとった。

しかし我が国にとり、この戦争大臣、戦争首相のとった画策により、日本がどれほど損させられたか。

一番の問題は、このチャーチルが米ルーズベルト大統領を抱き込んで、
アメリカを大東亜戦争に参加させるきっかけを作った人物だったということですナ。

本来アメリカはモンロー主義の唯我独尊国家であった。

ところが第一次世界大戦に参戦させて、アメリカに巨額の戦争国債を発行させ、
アメリカの金融を英ロスチャイルドの支配下に置くようにさせた。

そして、第二次世界大戦では、さらにアメリカに電子計算機、レーダー、暗号技術を
供与して、その傍ら、アメリカの参戦を刺激した。

結局、イギリスだけなら、アジアの大地東亜戦争は早く決着して終了だったが、
無傷のアメリカが参戦してきたことで、我が国は泥の沼の戦時状況に陥った。


とまあ、そういう戦略を練ったといわれているのが、このチャーチルである。


というわけで、我が国にとり、このチャーチルこそ最大の疫病神だった。


はて?

そんな疫病神を礼賛する映画でアカデミー賞をもらった???

それで大喜びして、凱旋帰国???


ありえない!


世間知らずもいい加減にして欲しい。


超絶反日の中国や韓国で言えば、親日罪のような扱いになるのではなかろうか?


世界一脳天気の国、日本でよかったナア。


ところで、原爆開発で、最初に原爆を所有した国知っている?

もちろん、アメリカ合衆国。

二番目は?

いうまでもなく、旧ソ連。いまのロシア。


じゃあ、三番目は?


それが実はイギリスだった。


これって、やっぱりイギリスがどうみても漁夫の利で戦争仕組んだの目に見えているよナア。


第一次世界大戦で悪名高い「戦車」を投入させたバカ。

これもチャーチルだった。こいつが大臣の時らしい。

英独の最初の海戦は8月5日に王立海軍の軽巡洋艦「アンフィオン」がドイツ帝国海軍機雷敷設艦「ケーニギン・ルイゼ」を撃沈するも機雷に接触し、「アンフィオン」も沈没したという小規模戦闘だった。以降、このような小規模戦闘が繰り返されることになり、両国とも主力艦隊は軍港に温存して決戦を避けた[300]。
チャーチルは艦隊を英仏海峡から北海へ移し、陸軍を安全に大陸へ輸送することに貢献した[301]。また海兵部隊をダンケルクに送りこみ、ここに海軍航空部隊の基地を置き、ドイツ軍の爆撃飛行船ツェッペリンの英本土飛来を阻止しようとした。またこの飛行場を防衛するため、陸軍兵器の開発にも携わり、陸上戦艦委員会を創設して装甲自動車や無限軌道自動車の開発を行い、後に戦車を生み出した[302]。


このチャーチルが大臣のとき、第一次世界大戦勃発。

そのせいで、かのマイケルソンーモーレーの天才モーレーが戦死。

欧州のたくさんの若い学者が死んだ。


兵士をたんなるコマとしか見ない政治家。

それがチャーチルだった。



そんなやつのメークするか〜〜??

普通は辞退するだろう。


ほんと何も知らないから、こういうことになる。


馬鹿者ほど出世できる世界。





いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-03-20 14:18 | マスゴミ・ダマスゴミ

HAARPモニター観察:昨夜の千葉沖地震、我が家も揺れたゾ!震度1!?   

みなさん、こんにちは。

昨夜ここ徳島の阿南も震度1の地震があった。

布団に寝ていると、遠くから振動が伝わってきて、最後にドンと一発。
こういう地震だった。

時刻をみると、11時50分。

どこかで大きな地震があったのではなかろうか?

と心配したが深夜だったため、すぐに眠ってしまった。

そして、今朝先程調べると、どうやらその地震の大本はこれだった。

アキラ掲示板
03/19 11:45 千葉県東方沖 M5.2 震度2 深40㎞


5分後にここに到達したようだ。

鉄筋コンクリートの二階で布団に寝ていると、どういうわけか、地震の伝導を体感できる。

かつて1995年に埼玉の朝霞市に住んでいた頃、やはり建物が共振し、かの神戸の大震災の地震を起こる事前に体感した。

やはりそのアパートも振動をキャッチしたのである。


こういう経験からすると、いわゆる地震計の他に、家や建物のような大きな空洞共振器のような地震計もありかもしれない。

ニコラ・テスラは球形型のコンデンサーを作ることにより、電磁波の縦波共振器を作成した。
これが、電荷振動をキャッチするのである。

地震も縦波である。地殻の振動の縦波の方が横波より先に到達する。

この微弱な縦波は、球形の大きな建物のようなものなら、意外にキャッチするのではなかろうか?

揺れの方向も分かるかもしれない。

いまの地震計は、中心に球形の小型のおもりを置き、それを包む箱が揺れると、重りは慣性があるから動かないため、周りの箱が揺れを検出する。そういう原理である。
a0348309_853559.jpg


しかし、巨大な建物のような地震計、つまり、ビルや塔のような、東京タワーや霞が関ビルやスカイツリーのような巨大な地震計なら、もっと長波長の地震波を検知できるのではないだろうか?

とまあ、そんなことを昨夜考えながら寝たのである。


さて、最近は結構地震電磁波が出てきている。

ここには日本の方向らしいときしかメモしていないが、毎日観察しているのは、東日本大震災の2年以上前からまったく変わっていない。私はずっと個人的に観察を続けてきている。だから、何もメモのない場合はあまり心配することはない。

一応、久しぶりに350nTの地震電磁波が出ているので、一応めもしておこう。

カナダモニター群
a0348309_8574729.png

NOAAモニター
地磁気ゆらぎ
a0348309_8584019.gif

X線流
a0348309_8585733.gif

a0348309_859095.gif

電子線
a0348309_8592891.gif



おさらいをしておけば、カナダモニター群は、
a0348309_962346.jpg
のように、カナダ全土に張り巡らされた地磁気ゆらぎの専用モニターであり、それらがすべて並べて表示されている。

したがって、それぞれの強度から、大まかな方向を予測できるのである。震源地の方向に近いものほど強く現れ、遠いものほど弱く現れるからである。

日本を通る大円の方向の場合には、一番上から6番目くらいまでが一律に同じ強度で出るような場合である。

今回のものは中位から下の方が強いので、日本の方角ではない。

しかしながら、2〜3日ほど前のものには日本の方面のものが出ていたが、せいぜい200nT程度なので、大きな地震の電磁波ではないから、メモしてはいない。500nT以上の場合が要注意となる。

電子密度は上空の成層圏の電子密度の濃淡を表す。
地震の震源地の上空ではプラスイオンが上昇するため、マイナスの電子が中和され、その結果、濃度が下がる。

したがって、地震の震源地が活性化されているときには、局所的にはその地の上空の電子濃度でわかるが、全体的にもそれに引きずられて電子濃度に変化が起きる。

NOAAのデータでは、図の一番下の横軸レベルまで下がってくる場合が地震の可能性が高くなる。
今回のものは、それほどでもないが、2〜3日前のデータにはちゃんと一番下まで下がったものが出ていた。

たとえば、こんな感じである。

3月16日
a0348309_9153329.gif



昨日の地震は震源の深さがかなり深かった。
またP波がはっきりわかったから、自然地震である。

千葉沖の地下40kmだから、地表の千葉徳島の距離は700kmくらいである。

まあ、千葉沖だから、そこからの距離を800km程度とすれば、ピタゴラスの定理から、
震源地からここまでの距離は、

√(800^2+40^2)=800.99km

ということになる。

5分かかったとすれば、800.99km/5・60s=2.67km/s
4分かかったとすれば、800.99km/4・60s=3.34km/s

ということで、
P波の速度がだいたい5〜6km/sで、
S波の速度がその半分の3〜4km/sらしいから、
おおよそオーダーで一致していることになる。

というわけで、昨夜の地震は千葉沖のものとみて間違いなさそうである。


かなり千葉沖はアクティブになっているようですナ。

米軍横田基地に米人や米兵の姿が見えなくなったら、要注意ですナ。


備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-03-20 09:31 | 地震・地震予知・噴火