2018年 05月 05日 ( 2 )   

「いま阿南が熱い!」:蘇る真の古事記の地→阿波古事記の真実がいま蘇りつつある!?   

みなさん、こんにちは。

さて、大麻(おおあさ)と大麻(たいま=体魔)の違いがわかったところで、やっと徳島には「大麻比古神社(ooasahikojinja=おおあさひこじんじゃ)」
a0348309_1381935.jpg

というような神社があり、天皇家の新天皇誕生時に「大嘗祭」が徳島から大麻(おおあさ)を献上することで始まるという意味が理解できる。
『大嘗祭と麁服調進』阿波御殿人 (みあらかんど)三木信夫氏


それにしても、日本政府や日本の警察が麻薬の「体魔」を「大麻」と書く習慣からえらく徳島は風評被害を受けているわけですナ。天皇家からクレームがでないのだろうか?

そんなわけで、せっかく、ここ徳島および阿南が真の天孫降臨の場所、すなわち、高天原、天照大神の誕生の地であるという真の歴史、阿波古事記の話をメモする時が来た。


(あ)「日本の建国と阿波忌部」

まずはこれから。

「日本の建国と阿波忌部」 出版記念講演全編 2007.06.10


(い)阿波古代史プロジェクト

次は地元のケーブルテレビの歴史番組から。

第一回 阿波古代史プロジェクト「高天原から伊耶那美眠る高越山」~東阿波ケーブルテレビ局制作番組



第二回阿波古代史プロジェクト~ 天照大神生まれし阿波の橘


第三回 阿波古代史プロジェクト「天岩戸は神山で開いた」~阿波に広がる古事記の世界~

第四回 阿波古代史プロジェクト「八岐大蛇は高志のオロチ」 ~阿波に広がる古事記の世界~

第五回阿波古代史プロジェクト 「蒲生田の素兎と大国主」 ~阿波に広がる古事記の世界~

第六回 阿波古代史プロジェクト「天孫降臨 高千穂峰は気延山」~ 阿波古代史プロジェクト


(う)天照大御神は阿波の阿南市で生まれた

次は地元で開催された阿波古事記研究会の話。

天照大御神は阿波の阿南市で生まれた。阿波古事記研究会副会長 三村 隆範氏

天孫降臨 阿波古代史研究家 宮本雅司氏



というわけで、いま四国徳島の阿波、すなわち阿波の国=阿国(あのくに)=日本最古(一番最初)の国、その阿南が熱い。

古事記に書かれた古史古伝のすべての現物が存在する町。

ここ阿南(=阿波の南)こそ、イザナキとイザナミが打樋川で沐浴し、国つくりを行った場所なのである。


剣山は古い。

いま阿南が熱い。


しかしながら、こうした歴史は中臣氏、後の藤原氏の陰謀により、歴史の闇の彼方へと葬り去られたのである。


それが今こことに蘇りつつある。


日本の神話は単なる神話ではないのである。



そんな事も知らずに、古事記を語る。





いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-05-05 13:10 | 阿南&徳島

大麻(おおあさ)=ヘンプvs大麻(たいま)=マリファナ:そろそろ大麻と体魔と漢字を変えるべきでは!?   

みなさん、こんにちは。

安倍首相の奥さんの安倍昭恵さんが、「大麻(たいま)文化を大事にしよう」というような、これまた偽スピリチュアルにハマった謎の活動をしていたことは周知の事実である。
a0348309_1155613.jpg


こういう偽スピ系にハマった女優の高樹沙耶さんが、大麻(たいま)法違反で逮捕されてしまった。

どうしてこんなことが起こるのか?

これが私個人のずっと謎の一つだった。

どうやら未だに我が国ではこの問題が解かれていないために、さまざまの法的にも警察的にも大混乱に陥っているのではないか?


そもそも名前の付け方が悪かった。


ところで、「きのこ」にも椎茸、舞茸、松茸、しめじ、なめこというように、食用きのこもあれば、食ったら即死という毒キノコもある。

これは長年の経験により、区別して栽培される。


実は大麻の場合もまったくこのきのこと同じなのである。

あさ→おおあさ→大麻



マリファナ→たいま→大麻草(たいまそう)

とはまったく植物としては同じ系統の植物なのである。

英語では、どうやらcannabis(カンナビス)と呼ばれる。


ところが、化学的性質と薬物的性質はこの二種類はまったく異なる植物なのである。

そんなわけで、英語圏では、

おおあさ=大麻(おおあさ)=hemp(ヘンプ)

たいまそう=大麻(たいま)=marijuana(マリファナあるいはマリワナ)

と区別するようになった。


まあ、言葉上では、このヘンプとマリファナと区別しやすい。


ところが、現実の植物は見た目が非常に似ているために、毒キノコと食用きのこの違いのように区別しにくいのである。

いわゆる、日本古来の着物を作る麻(あさ)の元になるヘンプ=大麻(おおあさ)は、実は

2〜3mにもなる巨木になる草なのである。

一方、幻覚作用を起こす薬用作用の強いたいま=大麻草(たいま)の方は、

せいぜい数十cmの小さい草である。


大嘗祭の際に阿波忌部氏が栽培する大麻(おおあさ)は、3mにもなるサトウキビのような巨草から繊維を取り出すのである。


そんなわけで、この違いをうまく説明しているサイトを見つけたので、一応メモしておこう。以下のものである。

ministryofhemp.com

Are Hemp and Marijuana the Same?

Deconstructing the biggest controversy of hemp that caused it to be banned for 80 years
Short Answer: No, they are just both part of the Cannabis family
a0348309_11215976.png

a0348309_11221240.png


このように、

おおあさ=ヘンプは巨草である。

a0348309_1123756.jpg


それに対して、違法薬物マリファナを生み出す大麻(たいま)草の方は、小草である。だから、隠れてこっそり栽培できる。

大麻栽培日記
a0348309_11244730.jpg
(こんなことやっていると逮捕されるぞ)

徳島の阿波忌部氏が、古事記の時代以前から伝わるオオアサ(大麻)をとる方法では、巨草のオオアサを燻して煙が出ても、その煙にはまったく幻覚作用も何もないのである。

さもなくば、とうの昔に阿波忌部氏がマリファナ中毒死していただろう。


とまあ、こんなふうにヘンプ=おおあさとマリファナ=たいまそうとは全く別の品種なのである。


さて、問題は何が混乱を呼んでいるか?

というと、それは、ここに合法大麻という別の「合法」という話が混在するからである。


この「合法」という意味は、「薬事上合法」という意味で、いわゆる「医療用」という意味である。


この場合は、麻酔薬の一種のモルヒネとかそういった麻薬も、重篤な病気の末期で、痛みが酷くて絶えられないような症状の場合には、痛みを緩和軽減するために、麻薬も「使いよう」ということで、合法にした。とういう意味である。

このやり方の一種に、欧米では、マリファナもある種の病気には治療用として有効だという意味で、合法大麻もあり得るという意味で使われている。

ところが、それが我が国では、オオアサもタイマも全部同じ漢字の「大麻」を使っているために、誤解が生じ、どちらも同じものであるかのように扱う法律ができてしまった。

どうやらこれはこれまたあのバッカーサー時代にさかのぼり、日本の歴史も風土風物も知らなかった、ましてや漢字も理解しなかったおバカな米軍GHQが、オオアサ大麻もタイマ大麻もすべて同一視したことが原因だったようである。

あるいは、いわゆる陰謀論にあるように、オオアサはあまりに汎用性が高く、これからナイロンやビニロンのような人工繊維を売りさばきたかった当時の米国にとっては危険な植物だったから、禁止した。


とまあ、こんなわけで、ビルの部屋の中やビニールハウスの中で栽培する大麻は、麻薬幻覚作用のある大麻草の方であり、太陽の下、3mの巨草になる大麻は、徳島の地名にもなっている、大麻(おおあさ)の方である。


こうして見ればわかるように、そろそろ大麻(おおあさ)と大麻(たいま)は、たいまの方は「大麻」と書かないで、別の漢字を当てるようにすべきだろうと思う。

オレオレ詐欺とか、こういうバカげたことには、すぐに「振り込め詐欺」だとか、名前を変えるのに、相も変わらず「おおあさ」も「たいま」も大麻のまま。これは不便である。

俺としては、おおあさのこと、つまり、ヘンプを大麻と古来通りに書き、乾燥タイマの方を乾燥「体魔」とか「大魔」とか、別の漢字をつけるべきではなかろうか。

まあ、

「おおあさ」の意味を「大麻」にして、「たいま」を「体魔」の方が良いのではないか。


いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-05-05 11:45 | バイオコンスピラシー