2018年 05月 06日 ( 1 )   

HAARPモニター観察:久しぶりの5月上旬の350nTの地震電磁波到来!   

みなさん、こんにちは。

このところ、太陽活動も比較的穏やかで、平穏無事だったが、最近また太陽活動が活発化し、太陽風も到来しているようだ。
宇宙天気ニュース
2018/ 5/ 6 12:48 更新
高速の太陽風が到来し、磁気圏の活動も強まっています。

担当 篠原

コロナホールの影響が始まり、
太陽風は600km/秒台の高速風になっています。

DSCOVR衛星の観測によると、
昨夕、5日18時半(世界時5日9時半)頃から、
太陽風の磁場強度が上昇を始め、
4時間後には、15nTに達しました。
磁場強度は、その後、10nT程度に下がり、
今朝まで強まった状態が続きましたが、
現在は5nTと平均的な値に戻っています。

太陽風の速度も同様に上昇を始め、
6日0時(世界時5日15時)に500km/秒を超えて高速風になり、
現在は650km/秒まで高まっています。

27日周期の図を参照すると、
前周期よりも半日から1日程度変化の到来が早まっています。

太陽風磁場の南北成分は、大きく南向きに変化しています。
磁場が強まり始めた頃に、
-10~ -15nTの強い南向きの変化が繰り返し発生し、
磁場強度が一段下がった後も、-7nT程度の南向きが続きました。

この影響で磁気圏の活動は強まり、
AE指数では、1000nTに達する大きな活動が、
断続的に半日ほど続いています。

南極の昭和基地でも激しいオーロラの活動が撮影されています。
世界時5日17時の全天カメラの動画を掲載します。
この日は、連続的に全天カメラの中でオーロラが躍動していて、
データ容量の関係で一部を取り出して作った動画です。

また、京都大学のDst指数速報値によると、
-50nT程度の変化になっていて、
小さい磁気嵐が発生している様です。

最新のデータでは、磁場強度が5nTに下がり、
南北成分の変化も小さくなっています。
太陽風の速度は高まっていますが、
磁気圏の活動は少し弱まるかもしれません。

SDO衛星AIA193の太陽コロナ写真では、
コロナホールの後半(左側)は、
まだ太陽の中心線を通過しているところです。
太陽風への影響は、4~5日後くらいまで続きそうです。


太陽は、東端から現れた領域には黒点はなく、
2708群が見えているだけです。
X線グラフも変化はなく、太陽は穏やかです。


その結果として、久しぶりに地震電磁波が出てきたので、一応これをメモしておこう。大きさはそれほど強烈ではなく、350nT程度のものである。

カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_211167.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_2111926.gif

X線揺らぎ
a0348309_2111112.gif

a0348309_21111532.gif

電子濃度
a0348309_2111726.gif


問題は方向性だが、我が国の方の地震電磁波と他国のものが混在しているようだ。

最初に我が国のどこかにM5程度が起こり、その後他国、特にパプアニューギニアとか、オセアニアとかが起こる。そういう感じのパターンである。


いずれにせよ、環太平洋はリンクしているので、要注意である。

備えあれば憂いなし。



今後を注目していきたい。





いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-05-06 21:23 | HAARP・台風・ハリケーン