2018年 05月 26日 ( 1 )   

イニエスタ選手、神戸に現れる!:ヴィッセルのファンサービスがすごかった!   

イニエスタ降臨!
a0348309_17492518.png

この子供らの中から将来の日本のイニエスタが生まれるかもしれない!


みなさん、こんにちは。

イニエスタ選手がついに我が国のヴィッセル神戸に正式入団。神戸の地で入団会見。これである。

5月26日 ヴィッセル神戸 イニエスタ選手 入団セレモニー
a0348309_17493169.png




イニエスタ登場、ファン8000人


イニエスタ J1神戸移籍実現への3つの条件が意外だった・・・



さて、上の最後のものにすでに日本でプレーしているスペイン人選手がいるという話がある。

どうやら、それが東京ヴェルディのカルロス・マルティネス選手だったようだ。やはり日本のことをよく知っている仲間の存在は大きい。

イニエスタのJリーグ入りを後押ししていた東京ヴェルディのスペイン人MFカルロス・マルティネス

鳴り物入りでヴィッセル神戸に加入したスペイン代表MFイニエスタ。
その移籍を後押ししていたのが、バルセロナの下部組織時代からの友人だという東京ヴェルディのカルロス・マルティネスなのだそうです。
a0348309_17491929.jpg


世界最高の魔法使いが日本にやってきた。

a0348309_17493965.jpg


 バルセロナで公式戦675試合に出場し、57ゴール、142アシストを記録。リーガ・エスパニョーラ9回、チャンピオンズリーグ4回、スペイン国王杯6回、UEFAスーパーカップ3回、クラブワールドカップ3回、スーペルコパ7回、計32タイトルを獲得し、さらにスペイン代表としても、2010年南アフリカ・ワールドカップで決勝ゴールを決め、同国に初優勝をもたらした英雄アンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸への移籍が5月24日、正式に発表された。
(中略)
 その中で、もう1人、このビッグニュースの動向を格別な思いで見続けてきた選手がいる。東京ヴェルディのスペイン人FWカルロス・マルティネスだ。バルセロナ出身の31歳は、幼少期にバルセロナの下部組織「ラ・マシア」に所属していた経歴を持ち、その時にイニエスタと出会い、今現在に至るまで、常にコンタクトを取り、親交を深めてきた。

 カルロス・マルティネスは、昨季途中から東京Vでプレーをしているが、日本での生活には大変満足している。だからこそ、オフ期間中にスペインに帰国した際や、その他、折に触れ、旧友との会話の中で日本の良さを口にしてきた。今回も、まだ(神戸が移籍先の)選択肢の1つだった時点で「彼に日本についての意見を求められた時は、『とても良い国で、家族と一緒に住みやすい国だ』という話はしました」と、話す。イニエスタにとって、日本で実際に生活、プレーする信頼する友人からの助言は、日本行きの後押しとなったに違いない。今回の正式決定を受け、カルロス・マルティネスも、「友人が同じ国に来るなんって、とても素晴らしいことだよ。東京と神戸だと、少し距離はありますが、例えば電話で話しをするのに時差がなくなるし、よりコンタクトが取りやすくなる。本当に嬉しい」と、友人として大歓迎した。
(以下略、全文はリンク先で)



まあ、すぐにはプレーを見ることはできないだろうが、ロシアW杯後には確実にイニエスタ選手のプレーを見ることができるだろう。


W杯で怪我をしないことを願いたい。


入団会見でそれとなく、ACL優勝が目標というところが、さすがに世界トップの選手の価値観である。

まだ神戸は日本制覇もしていないから、普通ではありえないと思うだろうが、近々それも実現するかもしれないように聞こえるからさすがである。


いや〜〜、神戸の三木谷社長は頑張りましたナア。


e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-05-26 17:48 | サッカー&スポーツ