2018年 09月 11日 ( 2 )   

HAARPモニター観察:9月中旬の550nTの地震電磁波到来!関東が要注意か?   

みなさん、こんにちは。

さてやっとネットが見れるようになり、地震電磁波の解析もできるようになった。
すると、早速550nT程度の地震電磁波が出たようである。日本方面の可能性があるから、要注意である。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

22018/ 9/11 08:57 更新
高速太陽風が始まりました。磁気圏の活動も強まっています。

担当 篠原

コロナホールによる太陽風の強まりが始まりました。
昨夜、10日19時(世界時10日10時)頃から、
太陽風の磁場強度が高まり始め、
今朝、11日4時(世界時10日19時)には10nTを超えて、
現在は15nTに達しています。

一方、太陽風の速度は、
今朝、11日5時(世界時10日20時)までは、
400km/秒以下に留まっていましたが、
ここから高まって、500km/秒と高速風に変わっています。

太陽風磁場の南北成分は、
磁場強度の変化とともに南向きに強まり、
-5nTから -10nTに達する強い南向きが続きました。
このため、磁気圏の活動は活発になり、
AE指数は500nTから1500nTに達する大きな活動が発生しています。

AE指数が1500nTに達した頃、
世界時10日17時半のオーロラの様子を、
昭和基地の全天カメラの動画で紹介します。
緑色のオーロラの上に赤いオーロラも輝き、
とてもきれいな光の帯になっています。

現在も太陽風の磁場強度は強い状態なので、
速度は更に高まる可能性があります。
一方、高速太陽風の発生源となったコロナホールは、
東西には狭かったので、
高速風はあまり長く続かないかもしれません。
27日周期の図の前周期を見ると、
4日ほど続いたところで、次の高速風が到来しています。

また、DSCOVR衛星のグラフの最後で、
磁場の南北成分が北向きに切り替わっています。
この傾向が続くと、磁気圏は穏やかになってしまうでしょう。


太陽は、2721黒点群は見えなくなりましたが、
南東(左下)側に新しい黒点が発生しています。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1812386.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_18122367.gif


X線揺らぎ
a0348309_18124071.gif

a0348309_18124366.gif


電子濃度
a0348309_1813853.gif


AE指数(速報値)
a0348309_18132224.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日300nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_18193677.jpg
(東海や四国のこの辺も赤いナア)

つまり、東海関東地方だろうか。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M5程度の地震が来る可能性があるということになる。
震度5前後程度である。

要注意である。

まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-09-11 18:25 | 地震・地震予知・噴火

アイムバック!:光ファイバー通信は意外に脆かった!?   

I'm back...
a0348309_1427246.png



みなさん、こんにちは。

アイムバック!

いやはや、台風21号のせいで、最後の台風情報
台風21号通過中:「みんな飛べないエンジェル〜〜〜!」もうすぐ上陸開始!?

おまけ:
さあ〜、来ましたよ。今が最盛期だ。これはひどいどしゃぶりだ。

この1時間が勝負だろうか?

では、みなさん、さようなら〜〜〜!!!

をメモした後、いきなりネットと電話が不通になって、本当に「さようなら」になってしまった。

我が家のダメージは大したことはなかったのだが、NTTの光ファイバーが風で折れたのである。

問題はその後、この丸1週間、NTTの工事担当は同じような損害を受けた企業や組織や個人宅の修理で、今日やっと我が家にも修理が回ってきて、今日の昼頃にやっと修理が終わった。


というわけで、台風21号の2日後に北海道の大地震が起きたのだったが、私はまったくネットで分析できなかった。実に残念であった。

HAARPモニター観察:8月下旬の500nTの地震電磁波到来!?


この地震でお亡くなりになれた方々のご冥福をお祈りし、被災した方々への哀悼の念を捧げたい。


今回は北海道の地震についてはいまのところ何も言えないので、台風とネットに関してのみ、これについてメモしておこう。

つまり、実際に本当の災害が起きた場合、
光ファイバー通信はあまり当てにならないのではないか?

ということである。

今回、この辺は台風21号の50m/sの暴風雨に見舞われたが、その後台風21号の暴風雨が関西地方にいくことは私がメモしたとおりだった。

台風21号通過中:「みんな飛べないエンジェル〜〜〜!」もうすぐ上陸開始!?

最新
a0348309_10534611.png
(午後には本体が大阪にも行きそうですナ)

四国全域から中国地方と京阪神も要注意ですナ。


その結果、関空が水没した。

まさかの水没。

予想外、想定外の事態だったにちがいない。


風に関しては、やはり「防風林」というのが実に重要であると思う。

我が家も少なからず周りに生えている木々により、かなり暴風雨が軽減されている。

この意味で、関空には防風林に相当するものや、高波に対する備えがなかった。

海の上だから、全体をもっと高い土地にするか、南東に防風林か、あるいは、風車群のような風対策を行うべきだった。


さて、問題の光ファイバー網は、やはり光ファイバーはガラスでできているため、ストレスに弱い。

したがって、ファイバーが暴風雨や地震で強い衝撃が加わった場合には断線するリスクが高い。

今回、ここ徳島は、ケーブルテレビの普及率全国一だったのだが、逆にそのケーブルテレビが光ファイバーやケーブルで繋がれていたために、台風で遮断されると、何も情報を得られなくなるという現象が多かったようだ。

逆に固定電話のアナログ回線が一番災害に強かった。

我が家でもアナログ回線は普通の銅線の電線ケーブルだから、こっちの方は問題なく電話が通じた。

北海道の場合は、そもそもの電源が落ちたわけで、ひとたび電力供給がなくなると、全部消えるという不測の事態を引き起こしたのである。


風、水、地震

まるで風水のような感じで、災害が来ると、意外にもハイテク製品は役に立たないのである。


携帯の場合はどうかというと、今度は、主局が一極集中のために、大勢が一気に利用するとパンクするのである。

今回の台風でわかったことは、NTTにもこれが起こった。

台風21号一過。みなが自分の会社なり、家なりを見回ると、電話の光回線が切れていることに気づく。

すると、それに気づいたものからNTTへ電話する。

すると、NTTの事故対応の部門がパンクした。

台風21号が過ぎ去ったあとから、私もNTTに電話したが、電話はつながるのだが、テープで

「このままお待ちしても30分以上待になります」

という自動応答が繰り返されるばかりで、そのプログラム通りに「プッシュ1しろ、プッシュ2にしろ」というようなやつを聞いていると、ちょうど3分の通話料を取られる格好である。

この間、NTTと接触できないのである。

つまり、こうなると、自分が被災して死にそうな状態になったとしても、さまざまの人たちの電話への応対で、肝心の情報伝達ができないのである。


なぜこうなるか?

といえば、これはNTTの工事対応などの顧客サービスの窓口が一箇所しかないからである。つまり、顧客サービス部門は全国で一律の窓口が、どこかに一箇所(たとえば、東京か福岡とか)しかないからであると考えられる。

実際、NTT西日本の阿南支局に連絡できる部門がないかと行ってみれば、もはやオフィスそのものがなかったのである。窓口がない。だから、利用者であるこちらの状況を電話でも連絡できなければ、口で伝達することもできなかった。

ただ待つのみ

となったのである。


結局、丸一日NTT西日本と連絡できず、翌日にアナログ回線の事故対応部門に電話がつながった。幸いその女性が親切な人で、ディジタル部門につないでくれ、そこからこちらの携帯に電話してもらい、やっと修理の日取りを決めることが出来たのである。

それが今日だった。


修理工に聞いてみると、このところ毎日修理で大忙しらしい。もちろん、修理工はNTT西日本の下請けさんである。

なんでもかんでも現地の下請けに任せるというような、丸投げ経営ではなく、やはり自社内にその筋の専門家を雇っておくべきではなかろうか?


さもなくば、もし現地の田舎に下請けがいなければ、修理できないのではないだろうか?


とまあ、この1週間かこんな案配で、さぞかし、ご心配した方もいたのかもしれないが、俺は元気にやっていますぞ。


ところで、この1週間ネットに触れないと、自分の仕事がはかどる。このところ続けてきた翻訳本の校正が一気に2章もはかどった。

この意味では、ネットにへばりつくのはかなりの時間のロスの感ありですナ。


この経験をもとに、ここにメモするのは1週間に一度くらいにするか?

その方がずっと自分の仕事がはかどるに違いない。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-09-11 14:29 | 阿南&徳島