2018年 10月 19日 ( 3 )   

「現実は小説より奇なり」:Qanonて何!?:トランプ陣営とQanonの関係が明らかに!??   

崖の上のポニョ
a0348309_94218.jpg



みなさん、こんにちは。

現実は小説より奇なり!


この言葉を見事に証明してくれるようなものを見つけたから一応ここにもメモしておこう。

最近、コンスピラシー系の世界では、

Qanon

という謎のグループの陰謀暴露情報が賑わせている。

それに応じて、どうやら我が国では、

ポニョ
a0348309_9384359.jpg

という名のひとがQanon情報を伝えるなぞのサイトが有名らしい。

そんなわけで、最近このポニョ氏が、米国の実質上の「内戦」である、

トランプ大統領vsネオコンNWOシオニスト(軍産複合体)

との戦いの内幕を伝えているので、これをメモしておこう。以下のものである。

これを見れば、いまアメリカで何が起こっているのか?それが解るだろう。

逆に、我が国のNHKや民放のダマスメディア、マスゴミ情報がいかに「フェイクニュース」であるかも分かるだろう。

Q情報 10/12 復活したケネディの反撃
a0348309_9445858.jpg

読者の皆さま、おはようございます。ポニョです。昨日のレギュラー記事もたくさんの方に読んで頂いてとても嬉しく思っています。今日も、死にかけの相棒を呼んで来て、一緒にQについての興味深い話をして行きたいと思っています。

中略

ポニョ:あ〜あ、消えてしもた。まあ仕方ない。相変わらず短気やから。と言うことで、ここから一人でやります。

ニューヨーカーだったケネディJrは、地元では大変な人気を持っていて、是非、議員に立候補するように、様々な人や団体から要請されていました。三十九歳で自家用小型飛行機事故で亡くなった二ヶ月前も、あるパーティに招待され、地元に貢献して表彰されていたのです。
彼は子供の頃から、経済界の大物や、大物政治家たちに接触する機会があって、たくさんの裕福な人々や有名人と知り合いでした。

後略


本文は長いので、中は自分で読んでもらうことにして、その概略をまとめると、

結論から言えば、

トランプ政権誕生は、「JFKの復讐劇だった」ということである。

ケネディー一族が総力を上げて、アメリカをユダヤシオニストの軍産複合体から取り戻すための

ミッション・インポッシブル

だったのである。

その役割をJFKの息子、
JFKJr
a0348309_9518100.jpg

a0348309_951118.jpg
が盟友トランプと組んで、いままさに行っている真っ最中だというのである。

しかも、JFKJrは飛行機事故で暗殺されたことになっている。

が、それは実は未然に防がれて、いまは別人として生きている。

その名が、デビット・ビンセントではなく、
ビンセント・ファスカ「暗闇を征服する者」
a0348309_953429.jpg

a0348309_9532933.jpg
として生き延びている。しかもトランプ大統領の後ろ盾の一人になっているというのである。

そしてやろうとしていることは、
Thrive(繁栄)
である。

P&Gの創業者一族のギャンブルさんらももちろんトランプ陣営である。

こういった、Thriveの陣営がQanonらしい。


いやはや、素晴らしい。


アメリカが変われば世界が変わる。


アメリカの忠犬ハチ公の日本政府も180度変わるだろう。

あれほど伝統の日本が拒み続けた極悪TPPを安倍晋三が推進してしまくっ ているが、いまなぜトランプがTPPを拒絶するのか?

その理由がこれだというのである。

これまでアメリカは、ユダヤ軍産複合体、WASP、退役軍人会(ベテランズ)の三つ巴の戦いの最中であるといわれてきた。

しかし、軍人がWASPについて、Qanonとなり、ユダヤ軍産複合体とQanonの戦いになったようである。

日本は、ジャパンハンドラーズが戦後のGHQの路線、すなわち、ユダヤ軍産複合体の路線、自虐史観計画の路線にある。

だから、マスゴミはこの配下から脱出できず、そのユダヤ人の手先として在日朝鮮人が巣食ったわけである。

ところが、本家の米国では、いままさに新旧交代の時期に入る。

高齢のトランプは、自分の命をかけて、このユダヤ軍産複合体を米国民の手に戻そうと頑張っているわけだ。

それに、ユダヤ軍産複合体に暗殺されたJFKの息子が連動し、悪魔主義者のメソニックな偽ユダヤ系組織を叩き潰そうとしているというのである。

ほんとですか?本気ですか?

というわけだ。

現実は小説より奇なり。


頑張れ、Qanon!


もしトランプ陣営がアメリカを取り戻せば、再びアメリカが古き良きアメリカを取り戻すかも知れない。

麻薬や暴力に侵されないアメリカ。

かつて多くの日本人が明治時代から学んだアメリカ。

勝海舟が感激した亜米利加。

亜米利加が戻る、かも知れないわけだ。


アメリカの円盤技術、フリーエネルギー技術が人類のものになる。

軍産複合体の偽ユダヤの手に落ちて秘匿されたテスラの技術、こういったものが、世に出る可能性が高い。

JFKこそ最初にそういうことをしようとしたわけだが、志半ばにして、シオニストの手先のCIAに暗殺されたのであった。

ちなみに、JFK暗殺の真相を知らないのは日本人だけなんですナ。もうだいぶ前にCIA、軍産複合体の陰謀だと証明されているんですヨ。まあ、「知らされていない」んですナ。

そのときのフーバーCIA長官の下の実行犯がジョージ・ブッシュ(いまのパパ・ブッシュ)だった。


安倍晋三はこういうこと知っているのだろうか?知らされているのか?

あるいは、知らずにTPPを推進しているのか?

このあたりはかなり微妙ですナ。たぶん、知らないんちゃうか?

さもなくば、TPPに固執するはずがない。得するのは、韓国面に落ちた経団連のみ。

アメリカの忠犬ハチ公ならハチ公らしく、一蓮托生でトランプにくっついていけ。


しかしながら、我が国では、保江邦夫先生のようなインテリでも反トランプである。親トランプは俺くらいのものだ。


このQanon情報が正しいかどうか?今後を見守るほかはない。

それにしても、JFKJrが生きていたとは?

どこぞのドラマのような展開ですナ。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-10-19 10:22 | コンスピラシー

森保ジャパン、ウルグアイに勝利!:俺「新旧融合は必ず失敗する。世界ランク8位世代で統一すべし!」   

みなさん、こんにちは。

さて久しぶりにサッカーの話題。先日の日本代表ーウルグアイ戦に関してメモしておこう。

忘れいないうちに結論からいうと、

新旧融合は間違いだ。失敗する

ということである。やはり

まったく新規メンバーだけの新生チームを立ち上げてそれを熟成させるべきだ

ということである。

その証拠がこれ。
【ロングハイライト】日本×ウルグアイ キリンチャレンジカップ2018サッカー日本代表×ウルグアイ代表


【海外の反応】衝撃!サッカー日本代表、4ゴールを奪いウルグアイに勝利!サッカー日本代表、森保ジャパンの圧倒的な強さに海外もびっくり!日本代表マジ強い!


この試合では、11中4人が若手の新人。他は西野ジャパンの残党である。

日本代表、ウルグアイ戦スタメンが発表! 2列目に中島&堂安、ボランチは柴崎&遠藤に!
a0348309_8281221.jpg

【スタメン】
GK
1 東口順昭(ガンバ大阪)

DF
2 三浦弦太(ガンバ大阪)
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

MF
6 遠藤 航(シント=トロイデン/ベルギー)
7 柴崎 岳(ヘタフェ/スペイン)
9 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
10 中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
21 堂安 律(フローニンヘン/オランダ)

FW
15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

【控えメンバー】
GK
12 権田修一(サガン鳥栖)
23 シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

DF
3 室屋 成(FC東京)
4 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
16 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
20 槙野智章(浦和レッズ)

MF
8 原口元気(ハノーファー/ドイツ)
14 伊東純也(柏レイソル)
17 青山敏弘(サンフレッチェ広島)
18 三竿健斗(鹿島アントラーズ)

FW
11 川又堅碁(ジュビロ磐田)
13 北川航也(清水エスパルス)

その結果、その新しい4人が4点とり、西野ジャパンは3失点したのである。

ウルグアイは世界ランク8位だから、これでいうと、前の4人、

堂安、南野、中島、遠藤

は、世界ランク8位以内のレベルにある選手であり、他の7人は世界ランク54位の西野ジャパンのレベルの選手だからということになる。

特に、長友、柴崎、吉田、酒井宏樹とGK東口はまったく機能しなかった。

GK東口は、フライのボールには強いが、ゴロのボールへの反応が悪い。これはポジショニングが悪いのとステップワークが悪いからである。

この点では、権田の方が良かっただろう。

長友は中島翔哉の動きにまったく連動できなかった。スピードと運動量についていけなかったのである。だから、試合後の長友のインタビューで自分のことを「おっさんがプレー。。。」とつい本音が出てしまった。

柴崎はもう息があがっていた。だから、後半の中頃からチームを落ち着かせることばかりしていたが、実際には自分が走れず休み時間が欲しかっただけである。だから、バックパスして時間稼ぎしているうちに、ウルグアイFW陣に寄せられて慌ててバックパスするうちに、DF三浦までついバックパスして2失点目につながったのである。

もう柴崎の時代は終わった。

やはりスペイン行きは失敗だったのではないか?あるいは、ヘタフェから移籍しない方が良かったのではないか?

柴崎は環境変化に弱いタイプである。ずっと鹿島に残り、その鹿島でクラブW杯優勝を狙った方が良いだろう。

この意味では、早急に鹿島に戻るべきである。スペインで監督に嫌われたら出場できない。

ロングパス好きの柴崎にあったリーグはスペインではなく、イングランドのプレミアリーグである。

吉田はもともと足元が弱く、足が鈍い。そのおかげで、ウルグアイの攻撃陣の細かい横縦の動きにまったくついていけなかった。

この年令の選手がこれからこういう面で熟成していくことは難しい。

だから、どうせ熟成させるのであれば、若い選手、室屋や三浦や冨安や佐々木をベースに組むべきである。

まだ、昌子もいるし、植田もいるし、U23、U20にもいい選手がいるわけだ。

そうだトップの大迫を忘れていた。

大迫を忘れるほど、大迫は「半端あった」「半端者」だった。シュートが枠に飛ばないFWってなんなんだ。適当にシュートするだけ。高校時代の「一重」の大迫はちゃんとシュートが枠に飛んだ。しかし、「二重になった」大迫はシュートが枠へ行かないし、ロシアW杯のときのように、ボールを空振りする。それもゴール前の2mとかのシュート。

目が悪いんですか?

やはり二重手術の後遺症だろう。サッカー選手は、整形すべきではない。

もし整形するのであれば、ゴン中山や北沢豪のように、引退した後にすべきであろう。香川真司も二重になって空振りするようになった。

これがどうしてそうなるのか、今研究中だが、視野が変化するからだろう。一重時代に身に着けたシュートの態勢、それが二重になると、わずかだが違ってしまうのである。あるいは、二重になると、目に力がいつも入った状態になるから、いつも力む。いずれにせよ、一重の選手が二重になるとダメになる傾向がある。


そんなわけで、森保監督は西野ジャパンを継承すべきではなく、来年のコパ・アメリカあたりから、完全若手育成で望むべきである。

乾、香川はもう代表引退でOKだろう。日本代表のためである。


世界ランク50番代の日本代表と、世界ランク8位レベルの南野、中島、堂安、遠藤の日本代表とは、水と油のようなものである。プレーの質が違いすぎるのである。


完全、新生チームの森保ジャパンがみたい。


まあ、一番ジャマをするのはキリンでしょうナア。その次がアディダス。そしてその手先の日本サッカー協会。


ところで、俺はロシアW杯の前からずっとこういうことをここにメモしてきた。
西野ステルス・ジャパン:「いっその事ロシアW杯には未知数の選手だけで挑戦したらどうか!?」
西野ジャパン始動!?:日本代表とレアルとバルサのパス回しの差が歴然!?
キリン・ノーサプライズジャパン・メンバー決定!:ロシアW杯3連敗もノーサプライズ決定!?
「2018年はどうなる???」3:「欧州に渡った日本人ストライカー達」→大迫、岡崎だけじゃない!?


それにしても「君が代の祝詞効果」は絶大だった。

祝U23日本代表アジア制覇!:日本の覚醒「日本を世界へ 世界の日本へ 大和魂」、「君が代」の威力!

この試合も中島翔哉は目を閉じてしっかり君が代を歌っていた。他の選手たちもちゃんと歌っていた。だから、良い結果を生んだのである。



頑張れジャパン!







e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-10-19 09:03 | サッカー日本代表

断捨離:我が青春時代が去来した!?   

断捨離
a0348309_871518.png

断捨離(だんしゃり)とは、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想であり、やましたひでこ(山下英子)の著書において発表された。「断捨離」「クラターコンサルタント」は山下英子の登録商標である。




みなさん、こんにちは。

この2日ほど我が部屋の押入れの清掃・整理・断捨離をやっていたので、メモする時間が取れなかった。さすがに引っ越してきてから23年もの山積みを整理するのは大変な作業だった。

昔のユタ大から持って帰った大学院生時代の研究ノート、論文、メモなど、さすがに捨てるに捨てられずにいたものだったが、この際、「断捨離」。いまはやりの痛恨の投棄である。

また、98年ごろのあの有名なiMacも動くかどうか試したりしてみたが、一応電源は入るが、やはりプラスティックのボディーは劣化し、まったくハードディスクを認識できず、ウェルカムにならなかった。というわけで、これも断捨離行き。

初日はこういうことですんだが、昔の手紙から最近のブログファンからのものまで整理するには昨日一日かかってしまったというわけだ。

Love letter from Japan

というわけで、私の奥さんと出会ってから1年ほどの日本からの手紙の類もでてきて、若かりし日の奥さんの爽やかな手紙が懐かしい。

さらには、バースデーカードとクリスマスカードの類。

子供が誕生する前、誕生してからのもの。そして、その子供の生まれてからの私の誕生日へのお祝いカード。

つたない字で、左右逆転しているものとか、こういう文字も徐々に形をなしていく。

しかしながら、その子の本質部分、優しい性格とか人思いやる質とか、そういう部分は文字が身につく前から、そして成人した今もほぼ不変だったということがわかった。

やはり、人は生まれながらにしてその人なのである。

こんなふうなことを感じながら、いろいろ整理整頓していたわけだ。

いくら断捨離したからといって、まだ押入れ内部に過ぎず、押し入れの外の私の周りにはまだ数百の本、何万の論文が山積みだ。

こういうものは、ここに来てからの研究テーマに関して集めたものだから、また徐々に断捨離していくことになる。

ユタ大にいたときにも、学生研究室の壁一面の論文ファイルを整理するのは大変だった。私の流儀で、一つのテーマにはその最初までできる限りすべての文献に目を通す。決して今のものだけではすませないということをいつの間にからやってきたために、論文の孫引きを続けていくと、幾何級数的に論文が増えてしまうわけである。

この習性は今に続くが、例えば、保江邦夫博士一人に限ってもほぼすべての論文、すべての著書を読む、あるいは、読みたいと思っているわけだ。実際、物理関係に関しては理解できるできないにかかわらず、だいたい全部に目を通した。

当然、その保江先生が引用した論文も同時に集めていくことになるから、保江個人が必要とした他の研究もあつめるとこになるから、論文数は膨大になる。

まあ、俺はいつもこんなことをしているから、文献が増えるわけである。

もっと効率的な方法はないかといつも探してきたが、こういうやり方をしないとどうも私個人の生まれつきの性分から気持ち悪いわけですナ。

適当な分野の教科書だけ読んで、それを適当な問題に応用して、適当に論文を書くというようなことで満足できればそれが一番効率的なのだろうがヨ。

まあ、もう一つのやり方は、特定の問題だけを解くことだけに集中するというものだが、これは比較的やりやすい。普通の研究とはこういうもので、私自身そういうものを教育されてきたからずっとそういうやり方をしてきたわけだ。

これは大学の先生向きの方法だと思う。すでにそういう業界に住んでいるからだ。しかし徐々に私はそういうやり方だけでは満足できなくなったのだった。

また、トランスペアレンシーなどの断捨離にも難儀した。外のファイルはまだ使えるから残すが、中のトランスペアレンシーを抜き取る作業が大変だ。これもすべて断捨離。不燃ごみ行きになった。


そういえば、今では、パソコンから直接モニターにつないで、自分のプレゼンテーション原稿を見せながら説明するというやり方が主流である。だから、ウィンドウーズのオフィスとか、オープンオフィスとかそういうもので作ったファイルを開いて研究発表する。

ところが、昔は、といっても、比較的最近まで、我々はトレーシングペーパーに書いた図やそれをトランスペアレンシー(透明用紙という意味)に油性や水性のペンで書いてそれをOHP(オーバーヘッドプロジェクター)でスクリーンに投影して話を見せていた。そういう時代が長らく続いたのである。

我々が学生の頃、アメリカの学者さんやアメリカ帰りの日本の学者さんが、ちょっと英語チックな訛りの入った日本語で講演するのをみては、「すげ〜〜」なんて言っていた時代があったのである。

当時は物性では、アメリカのIBMワトソン研究所(江崎玲於奈博士がいた)や、ATTのベル研究所(たしか長谷川晃博士がいた)。。。が世界最高の研究所だったのである。

いまやそのベル研もだいぶ前に廃止され、IBMも昔ほどではなくなったようだが、我が国では「東大物性研」は未だ健在のようだ。

断捨離しながらこんなことも去来していたわけだが、私の青春時代もすでに30年以上も昔の話になってしまった。


いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-10-19 08:07 | 個人メモ