2018年 11月 18日 ( 3 )   

明治神宮が火災!:BTSファンの放火説が出る!?日韓断交あるのみ!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、自称クリスチャンの韓国人、まったく「霊的に生まれ変われない危険動物」ですナ。

BTSファンが明治神宮に火をつけたのか?

放火といえば、朝鮮人らしいですナ。火病である。ファビョーンともいう。


【東京】明治神宮で火災
a0348309_1252215.jpg


18日午前7時前、東京の渋谷区の明治神宮の敷地内で火災が発生し、黒い煙が激しく立ち上りました。東京消防庁によりますと、明治神宮の広さ200平方メートルの倉庫から火が出たということで、今のところけが人がいるという情報はないということです。現場には多数の消防車が到着し、煙の勢いは徐々に弱まってきています。東京消防庁が詳しい状況を調べています。

明治神宮「敷地西側で火災」
明治神宮によりますと、本殿から見て敷地の西側で火災が発生しているということで、現在、職員が詳しい状況を調べているということです。


まあ、神社仏閣を破壊行為といえば、朝鮮人。

もう疑う他ないよナ。


これまで神社仏閣に悪さしたのは朝鮮人ばかりだったからナ。

a0348309_125405.jpg
a0348309_12535841.jpg


それでも小沢一郎とか二階俊博とか、日韓連とか、いまだに朝鮮人と組もうとするとか、バカか?

マッキントッシュが最初電源回路をサムソンに作らせたばかりに、全部盗まれて、いまのスマホの苦境がある。


俺にも上からのお告げが来たんだが、

地球に朝鮮人がいるのは、地球を滅ぼすためなんだってよ。


冗談は吉本。


日本に朝鮮人がいるのは日本を滅ぼすためだヨナ。だれがみたってサ。


実際、関東大震災のとき、当事の木造建築の日本家屋の屋根に乗って、放火して走り回ったのが朝鮮人。

放火魔になったわけだ。


その御蔭で東京中、日本全国が火事だらけになったという。

地震による被害者が1万人だったのに、火災による被害者が10万人。

全部朝鮮人のせいだった。


それが、皆が忘れた頃、歴史を変える朝鮮人が出て、いつしか、話を逆にした。

それが朝鮮人虐殺である。


実際に起こったことは、朝鮮人による日本人大虐殺だったのだナア。


朝鮮人に悪いことは、当事の日本は文明化していたから、朝日新聞とかに全部記事が載っているんだよナ。
【韓国の反応】韓国人「関東大震災で大虐殺があったという翌年に在日コリアンの人口が大幅に増加しているという謎」

バンダービルド

太平洋戦争が終わる頃に日本に住んでいた朝鮮人たちは190万人ほどだった。
そのうち120万人ほどが韓半島に帰郷し、70万人ほどが日本に残留した。
日本在住朝鮮人の人口は1911年の2527人を始まりに、終戦直前の1944年には193万6843人に増加した。
33年間で760倍以上増加したわけだ。

この期間中、1914年にだけ在日朝鮮人の人口が前年比マイナスを記録しただけで、残りの年度はすべて前年比プラスを記録した。
特に1917年は、在日朝鮮人の人口は、前年比150%以上の増加率を記録した。

1911年の2527人からスタートして、1944年に193万人以上の人口になったのは、全体の期間中で毎年平均22%以上の増加率を見せたという話になる。

特記すべきなのは3・1運動をきっかけに1919年に日本政府が朝鮮人の日本渡航を抑制する措置をとったにもかかわらず、その後日本に渡っていく朝鮮人の規模がまだまだ増加したという点である。
また関東大地震が発生した1923年の在日朝鮮人の人口は8万415人だったが、その翌年の1924年の在日朝鮮人の人口は11万8152人と大幅(47%)に増加したのも特記するに値する。

一言でいうと日帝時代の間、韓半島の朝鮮人は、様々な理由(雇用など

※出典:森田芳夫「数字が物語る在日韓国人・朝鮮人」

1911年には、2527人
1912年には、3171人(前年比伸び率25.5%)
1913年には、3635人(14.6%)
1914年には、3542人(マイナス2.6%)
1915年には、3917人(10.6%)
1916年には、5624人(43.6%)
1917年には、1万4502人(157.9%)
1918年には、2万2411人(54.5%)
1919年には、2万6605人(18.7%)※朝鮮人の日本渡航制限措置
1920年には、3万189人(13.5%)
1921年には、3万8651人(28.0%)
1922年には、5万3722人(39.0%)
1923年には、8万415人(49.7%)※関東地震発生
1924年には、11万8152人(46.9%)→どさくさに紛れて移民する非情のヒトモドキ

1925年には、12万9870人(9.9%)
1926年には、14万3798人(10.7%)
1927年には、16万5286人(14.9%)
1928年には、23万8102人(44.0%)
1929年には、27万5206人(15.6%)
1930年には、29万8091人(8.3%)
1931年には、31万1247人(4.4%)
1932年には、39万543人(25.5%)
1933年には、45万6217人(16.8%)
1934年には、53万7695人(17.8%)
1935年には、62万5678人(16.4%)
1936年には、69万501人(10.4%)
1937年には、73万5689人(6.5%)
1938年には、79万9878人(8.7%)
1939年には、96万7591人(21.0%)
1940年には、119万444人(23.0%)
1941年には、146万9230人(23.4%)
1942年には、162万5054人(10.6%)
1943年には、188万2456人(15.8%)

1944年には、193万6843人(2.9%)※朝鮮人対象の徴用が始まるのはここから




何の因果があって朝鮮人に生まれてくるのかネ?

摩訶不思議だ。



いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-11-18 13:03 | 韓国・ウリナラ・法則

病院はチームプレー。入試にクレームする人がチームプレーできるのかいな?   

みなさん、こんにちは。

さて今回は、かなり普通の人やいわゆるデレビメディアなどのダマスゴミ発信の論評や意見からすれば、論外にみえるだろう私見をメモしておこう。忘れないうちにそうしておこう。

だから、

嫌なら読むな!

である。


たまに「井口先生のご高説を〜〜」なんて言う人もいるようだが、ここはあくまで自分の個人メモであって、一応公開して「読みたければ読んでも結構。嫌なら見るな」というスタンスでメモしているだけである。一応、私自身が忘れっぽいから、二度めに読む時に他人の立場で読めるように、そういう時に形としては読みやすい形に、わざと不特定の他人に発しているように書いている。このあたりを誤解なきように。


さて、今回は、日本医科大学などの入試において、反日韓流ダマスゴミから「不正入試」の汚名を着せられた格好になった、大学入試のことをメモしておこう。

これまた忘れないうちに結論から言うと、

大学側はどんな基準を採用しようが構わない。OK

ということである。

だから、女性を割り引くために、女性の点を下げる。それもありである。

さもなくば、血を見たら倒れる傾向のある女性医師では外科医や脳外科医が成り立たなくなってしまう。

こういうのは、あくまでそれまでの経験から判断しての結果にすぎない。


ところで、これに関して、第二次世界大戦中のソ連では、若い男性が戦争に駆り出されたために、残る女性で医者を賄うしかなかったというが、その結果、医者というと女性内科医ばかりになって、医者のレベルが急激に悪化してしまったという事実の歴史が残ったという。

医者はそういうことを知っているんだナ。

医学界の女性を増やすと、相対的なレベルが低下する。だから、女性は医者より看護婦だとなったわけだ。


この逆が、介護や看護に男性を増やすと、結果的にかならず患者や寝たきりの人が暴力を受ける結果になる傾向が高いのである。

要するに、その男が健全な男性であればあるほど、暴力的になるわけだ。男性は女性ほど優しくはないのである。

生物学的に人間にも性別の特徴がある。だから、こういう遺伝的なものを考慮しないと、システムが上手くいかなくなるということもあり得るのである。

口先で理想論をいっても単なる机上空論のパヨク思想、朝鮮脳、放射脳のたわごとで終わるのである。


こういう場合は、大事なことは、

経験的にみる

という考え方である。

つまり、それまでの過去の事例でどうだったかという経験的、体験的な状況から判断する他ないのである。統計学者がそういうミクロな事例を集めて統計をとる暇もないわけだから、その現場で働く人達が自己責任で判断すべきなのである。

やはり、当事者が一番知っているわけだ。仮に現場の医師や看護師がそういう余計なことをやっていたら、そうでなくても忙しい業務がさらに忙しくなるだけだろう。

現場に任せるべきだ。


ところで、我が国の武芸に「入門」というものがある。たとえば、保江邦夫師範の愛魂道の冠光寺流合気術に入門するというようなことがある。青木師範でもいい。

こういう場合、「入門」から始まって「門下生」「門中生」「門人」というような言い方があるらしいですナ。

要するに、武術の道場に入門というのは、まるで神社の前にある鳥居をくぐり抜けるようなものに例えるらしい。

入門とは、その鳥居の前でお辞儀することに対応する。

門下生とは、その鳥居のあたりで「待っておれ」といわれて待っている。まだ、参拝できるレベルにない人のことである。

門中とは、その鳥居の中に入って、これから本殿で参拝するというようなものである。

門人とは、本殿にあがって、神社の宮司の後ろで祝詞を神妙な顔で聞いている立場のような人のことである。

つまり、門人とは神道を信じその宮司さんの言葉を理解できるレベルの人のことである。


翻って、大学入試とは、その大学を神社と考えるなら、その鳥居の前で歩いてきた人、これから参拝して教えを請おうとする人に、それにふさわしいかを神社の宮司さんがチェックすることに対応するだろう。

鳥居のど真ん中を歩いてくるとか、お辞儀をもせずに無断で入ってくるような人は排除すべきものだろう。

ましてや今日の事件のように、神社内の建物に火をつけるとか、宮司にナイフで斬りつけるとか、論外であろう。

神社側から見れば、あきらかに不適切な人、たとえば、女人禁制の伝統行事を行っているとき、あるいは、相撲の土俵の上とか、そういう時に、「女人禁制と知っていて勝手に来ておいて女性だから差別するな」というような女性は論外であろう。

いまある大学入試の不正という言い方は、こういうふうに、運営する側のしきたりに対するモンスタークレーマーにすぎない。無視無視。

謝るな!

クレーマーに謝罪するなどもってのほかである。

大学が謝る理由はない。0。
a0348309_12143957.jpg




さて、翻って、アメリカの大学の入試はどうか?

これについては、すでにだいぶ昔に拙著で論じたことである。

日本社会の構造的問題とその解決の方向―三セクター分立の概念 単行本 – 1995/2/10
a0348309_11104377.jpg


三セクター分立の概念 単行本 – 2001/12/1
a0348309_11101399.jpg


何が科学をつぶすのか? 単行本(ソフトカバー) – 2002/8/1
a0348309_11114322.jpg


最初の三セクター分立の話は、まだ立命館がいまのようになるずっと前で、大学改革が叫ばれる頃、その立命館の大学改革に関連して、中村龍平氏の本で取り上げられたのであった。

挑戦する立命館―大学改革とは何か 単行本 – 1997/2
a0348309_1114158.jpg


こうした当事の大学改革の話題や論争やブームがあった結果、大学が国立大学から独立行政法人化したのである。だから、いまの「ある程度の自由」がある。特に、「給料を決めることのできる自由」が得られたはずである。

それまでは、公務員制度で、何級何号とか、縦横の等級で自動的に給料が決まる軍隊システムだったはずである。ちなみに、米軍はいまでもこれである。要するに日本の公務員制度とは軍隊の制度だったんですナ。

いまなら外部研究費も自由にもらえるし、寄付も自由にもらえるし、職員も予算で自由に集められるし、特許申請もほとんどただでできるし、昔よりは大分ましになったはずである。もっとも言い出しっぺの俺なんてまったく良い思いなし。


さて、こういった本で論じたように、アメリカの大学、たとえば、ハーバード大学の入学試験。こういうものを考えてみたら、日本の左翼韓流の反日のダマスゴミがいかに騙しているかが明白になる。

結論から言えば、ハーバード大学の入学試験は試験官の裁量次第である。なんでもあり。

日本で言えば、「情実入試」そのものである。

金持ちの息子や娘?→たくさん寄付金すればオッケー。でも、卒業は難しいヨ〜〜!

政治家の息子や娘?→たくさん寄付金すればオッケー。でも、卒業は難しいヨ〜〜!出来が悪い子でもOKヨ。ただし大学に寄付してね〜〜!そしたら、個人的に家庭教師して卒業助けてやるヨ〜〜!ビジネスビジネス。

天才君?→ウェルカムツーハーバード!君こそハーバードの未来だ〜〜!

スポーツマンや音楽家や芸術家?→奨学金あげるヨ〜〜。頑張ってトライアウトにきてチョ!

凡人たちや町人の子?→最低でもSATで800点とってチョ。そしたら、面接してやるヨ〜〜!


こんなもんだよ。これが米有名大学の大学入試システムなんですナ。

我が国の私立大学はこれを真似しただけ。

どこが悪いの?

大学の問題は結果でしょ!

いくら入試で良くてもその後卒業できないなら意味なし。途中でバイト漬けになって、バイトが本業になってAVに出るような女医さんでは意味ないでしょ。

大学に入れてやったら、その大学名を元でに売名行為して、芸能界にスカウトされたいとか、パヨクの街宣のスター気取りするとか、韓エッチKの手先になるとか、こういうのは犯罪でしょ。裏切り行為でしょ。


要するに、破門!


だいたい、自分が入りたい大学に対して、不正入試だと訴えたりしてそこに入ったとして、こういう人たちは、その大学で真面目に勉強できると思うのだろうか?狂っていますナ。

門前で自分を破門した道場に「破門は不正だ」といって頭下げさせた師範から「合気道」を学べると思うのか?

ぜったいに不可能だ。

愛魂がなくなる。


仮にそんな道場に入門したところで、腫れ物に触るように毛嫌いされるだけで、弟子にお前が教えろっていわれるだけのことだろうヨ。

大学でも同じだ。俺を嫌った生徒だからお前がやれって、まだ免許皆伝していない下っ端から手ほどき受けるだけのことだろう。


やはり、大学に入門する以上、その大学のすべてを信じなければいけない。これ、世界の常識だよ。

朝鮮人の常識は世界の非常識。

いっとき、日本で、「日本の常識は世界の非常識」という言葉が流行ったが、これとはまた意味が180度違う。似て非なるものである。


欧米の大学や大学院では、自分を知る人の推薦書が最低3通必要である。この3人の推薦書の中で、「この人はいつも入試にクレームをつけるクレーマーだ」と書かれたらどうするのかいな?

俺なんか、昔のO大の指導教官と反目したばかりに、本当にそう書かれたからネ。あるいは、その親友から公募するたびにクレームされたからネ。

日本の大学のセンセイは陰湿だよ〜〜。

だから、表向きだけでも、仲良くしておいたほうが良いと思うゾ。


この陰湿さは予備校の先生や高校の先生はまったくご存知ないんですわ。


むしろ、
「女性でも医大に入れてくれてありがとうございま〜〜す!多少下駄を低くしてもらっても良いんです、私は女ですから」
というような謙虚な態度が大事ですゾ!

ゴリ押しして入学して良いことあると思うのは相当におめでたいか、知能が低い。

現実はそんなに甘くはないですよ。

特に、病院はチームプレーだから。サッカー日本代表と同じだ。


そうだ、書き忘れたことがある。

戦前の大学では、大学教授の息子はその教授の大学に無試験で入学できる資格があった。医者は医者の大学に無試験で入れたし、東大教授の息子は帝国大学に無試験で入れたのである。

実際、一般人と大学教授や医者のレベルはそれほど違ったのである。

我々一般人が興味本位で個人の夢実現として、歌舞伎役者になったところで、歌舞伎座を運営できるはずがない。何の経験もないわけだ。

我が国の大学入試の伝統にはこういう事情が加味されているわけだ。これを忘れてはいけない。

やはり医者の世界を知らないと、医者になっても大変だということがあるのである。

今の制度になっても、結局大学教授の子は大学に残る事が非常に多い。親の背中を見て育つということは事実である。これは単に入試で優遇されているというようなものではない。家庭環境の問題や遺伝的なものもある。蛙の子は蛙なのである。

実際、私のように商人や職人の子が学者になっても家系のだれとも話が合わないできないというふうになるのも不憫である。それよりは、学者の子は学者になったほうが幸せだろう。同じく、医者の子は医者になったほうが身のためである。サラリーマンの子はサラリーマン。サッカー選手の子はサッカー選手。

教員の子は教員になろうとするが、もし教員の子が医者になればそれなりの苦労や悲哀を味合うだろう。

男ばっかりの医者の世界でたった一人の女性医師として活躍するのもよろしいが、家庭が医者でなければ、理解者も配偶者も得られず、ずっと孤独と戦いながら勤務するということにもなりかねない。

もともと病院に女性が少ないところなら、女性を割り引くというのは、ある意味で「親心」だろう。親切なのである。

こういうことがわかない人がいい医者になれるとは思えない。




いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-11-18 11:47 | マスゴミ・ダマスゴミ

エクスカリバー:カリフォルニアの山火事で実験中なのか!?   

エクスカリバー
a0348309_22364922.jpg


みなさん、こんにちは。

さて、今回はカリフォルニアの山火事の原因についてメモしておこう。

すでにいくつかのサイトでも取り上げられているが、今回の火事の原因は、日本のおバカダマスゴミのテレビが言っているような気象変動のせいではなく、人工的な発火である可能性が高い。

結論から言うと、米軍の闇部隊が開発してきた、

エクスカリバー

であると考えられる。

かつて拙ブログ1でもメモした。

2009-06-30 ウィリアム・クーパー講演パート7:「ジェーソンスカラー」と「研究グループ」

エクスカリバーは、地下30000フィート(約9km)を超えず、狙ったターゲットから50m以上ずれないミサイル兵器でありました。これはニューメキシコで見つかるような固い岩盤地層でも1kmまで侵入し、1メガトンの破壊力を持ち、宇宙人の地下基地を破壊するために使用することを意図したものでありました。ジョシュアは成功して発展しましたが、私の知る限り使用されたことはありません。エクスカリバーは、近年まで押し進められてはいませんでしたが、今現在この兵器を発展させるための先例のない努力が続けられています。

これらの兵器開発に携わる人々は、歴史上これほどきびしくせかされたことはなかったと言っています。そして、エクスカリバーを発達させるために圧力をかけられてきているのであります。


この時期のエクスカリバーはバンカーバスターといって、宇宙かあるいは飛行機からミサイルか爆弾を投下して、地下基地に住むエイリアンを惨滅するためのものであったという。

ところが、それがいつしか軍事人工衛星から、太陽光を集光して地上を焼き尽くしたり、高出力レーザーでビーム照射して地上を焼き尽くすというものをいうようになったらしい。これである。

Project Excalibur

Project Excalibur was a Lawrence Livermore National Laboratory (LLNL) research program to develop an X-ray laser as a ballistic missile defense (BMD).[1] The concept involved packing large numbers of expendable X-ray lasers around a nuclear device. When the device detonated, the X-rays released by the bomb would be focused by the lasers, each of which would be aimed at a target missile.[2] In space, the lack of atmosphere to block the X-rays allowed attacks on missiles thousands of kilometers away.
a0348309_2234141.jpg
a0348309_2234498.jpg
a0348309_2234630.gif
a0348309_223488.jpg


要するに、エクスカリバー計画とは、人工衛星から「高出力X線レーザー」で地上を標的にする軍事衛星計画のことである。

ところで、「高出力X線レーザー」の開発はアメリカでは実現されているのである。それは「自由電子レーザー」という技術である。最近では、これを米軍艦に配備するという話しであった。(ハワイ大の物理学部で海軍と協力して作っていたんだよナ。俺もそのハワイ大の先生がだれか知っているからネ。)

なんか変だよ日本の科学技術学会!:敵に塩やる売国科学学会化したのか?


さて、この自由電子X線高出力レーザーのことを念頭に今回の山火事を考えてみることが大事だろう。

すでに今回のカリフォルニアの山火事が起こるとき、空からビームが来たという報告は昨年にも存在した。そして今回もそうである。

世界中で謎の山火事が発生!

カリフォルニアの山火事は、自然のものではなく兵器を使って人工的に発生させたもの ~人口の9割を削減しようとするNWOに基づいた行動計画 ―このような陰謀が成功する余地は無い~
a0348309_2223011.png

a0348309_222374.png

a0348309_22231494.png


このように、ピンポイントで家や自動車だけを燃やしている。山火事といっても木が燃えているのはある特定の領域だけで、家々が燃えても、その回りの樹林は無事だという場合がほとんどだという、摩訶不思議な現象が起こっているのである。

問題は、それはなぜか?

ということであるが、どうやら、こんなことらしい。

カリフォルニア州の人工火災の目的とは?

11月13日付け

カリフォルニア州の大規模火災は、国連のアジェンダ2030に沿って、中国を中心に、中国、ロシア、カナダ、アメリカを繋げるという大規模鉄道トンネル建設計画の一環でした。この計画を実現させるためにもカリフォルニア州で不正選挙を行い、民主党候補者を当選させる必要がありました。また、この火災にはロッキード・マーチン社、カリフォルニア州知事、フェインステインが絡んでいます。

中国-ロシア-カナダ-アメリカをつなぐ鉄道トンネル建設計画
a0348309_2228324.jpg



3兆ドル規模の中国-ロシア-カナダ-アメリカを繋げる鉄道トンネル建設計画を実現させるためにカリフォルニア州の一部が指向性エネルギー兵器によって焼かれてしまいました。これには、ロッキード・マーチン社(指向性エネルギー兵器のメーカー)、ジェリー・ブラウン(カリフォルニア知事)、カリフォルニア州のフェインステイン上院議員そして民主党の不正選挙が絡んでいます。

アジェンダ2030に沿って3兆ドルの鉄道トンネル建設計画を実行に移しているグローバリストらは中国に資源を供給し中国を恒久的な世界の中心(特に製造拠点)にしようとしています。しかし沼の生き物たちはカリフォルニア州を生き残らせるため(破綻させないため)にカリフォルニア州を焼き尽くさなければならないと考えているのです。
カリフォルニア州及びカナダのアルバータ州とブリティッシュコロンビア州に発生させた人工山火事は大陸間の鉄道トンネル建設計画を実行に移すための道筋をつけるためのものでした。
・中国は、カナダ、アルバータ州の石油が欲しいのです。カナダから石油を輸送するために中国とカナダを繋げる鉄道と石油パイプラインを完成させたいのです。
中国はおそらく一日で最大300万バレルの石油をアルバータ州から輸入するでしょう。そのためにも中国とカナダを鉄道で繋げる必要があります。

・中国はアラスカの石炭も欲しがっています。
詳細:https://www.hydrocarbons-technology.com/news/alaska-signs-43bn-lng-development-agreement-chinese-firms/

アラスカ州と中国政府系会社(複数)は、約430憶ドルの天然ガスの共同開発に合意しました。

この合意に署名したのは、Alaska Gasline Development (AGDC)、China Petrochemical (Sinopec)、CIC Capital、Bank of Chinaです。
・中国-ロシア-カナダ-アメリカを繋げる鐡道トンネル建設計画は既に始まっています。その第一段階がカリフォルニア州、アルバータ州、ブリティッシュコロンビア州の一部を焼き払うことでした。

・ロッキード・マーチン社製の指向性エネルギー兵器が世界的な謎の山火事の発生源と考えられます。 これまでにカリフォルニア州以外にテネシー州、ニューヨーク市、オーストラリア、ポルトガルなどの一部地域が指向性エネルギー兵器によって焼かれてしまいました。

彼等は北部カリフォルニア州を焼き払う計画を立てました。カリフォルニア州の山火事シーズンが一年中続くようになりました。
西海岸の放射能灰に注意してください。過去に原発事故が起きたロサンゼルスの「サンタスザーナ野外実験所」も今回の火災で焼けました。

以下省略


というようなわけで、日本からアメリカ西海岸の間に高速鉄道網を引こうという巨大なコングロマリットの極秘計画があり、そのルート上にある民間の土地建物公園などを一気に焼き尽くして、更地にしておこうということのようだ。

この計画の端っこに、韓国から対馬の地下トンネルを通して九州までつなぐという日韓トンネルも含まれているというのである。

はたして、プーチンがトランプにした「いいねサイン」の意味はこれだったのだろうか?

だれがこれを行っているのか?

NWOのネオコン=ミンス党なのか?

あるいは、トランプの軍政権の共和党の方なのか?


このあたりが我々にはわからない。


いずれにせよ、すでに人工衛星の中に、X線レーザーを放射できるものがあることは事実だろう。


ということは、我々がジョギング中にレーザー照射されたらそこで一気に消滅するということですナ。飛行機とて同様。空中爆発分解するだろう。

そういえば、最近はジョギング中にいつも空を見上げて走っているよナ。まあ避けきれる保証はないが。



いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-11-18 09:08 | コンスピラシー