人気ブログランキング |

2019年 03月 25日 ( 1 )   

元ワクチン研究者が語る:「私の子供には接種させない」   

恐怖のワクチン→人減らし大作戦
a0348309_15382258.jpg



みなさん、こんにちは。

いやはや、あまりにいろいろのことが起こりすぎてなかなか大変ですナ。

イチロー引退。あとは三浦カズのみか。

イチローは平成終了と合わせた感があるが、完全アメリカのマイナーリーグと化した日本のプロ野球は米大リーグのいいカモになったようだ。

三浦カズは、自分が現役を続けることが、Jリーグの価値を下げる結果になっていることをそろそろ認識すべきである。サッカーは30台でも難しいスポーツである。それを50台の選手ができるということは、海外からみれば、大したリーグではないと見られてしまうのである。つまり、三浦カズが頑張れば頑張るほど、他のJリーグの若手の評判を下げる結果になるわけだ。

だいぶ春になり、インフルもなくなってきたようなので、久しぶりにワクチンのことをメモしておこう。

元ワクチン研究者がワクチンの秘密を暴露

以下の記事は2002年に行われた元ワクチン研究者のインタビューの内容を伝えるものです。
これまでもワクチンの実態に関する様々な記事をご紹介してきましたが、これほど分かりやすく詳しく伝えてくれるものは目にしていないと思います。ただ、かなり長い記事のため重要な部分しか和訳できませんでした。まmた、質問の内容は端折りました。既に17年も前から多くの専門家がワクチンの危険性について警告してきました。このような情報を基にワクチンの接種について選択されるとよいかと思います。

https://jonrappoport.wordpress.com/2019/03/13/interview-with-a-retired-vaccine-researcher/


これは長いので、ご自分でそちらを読んでもらうこととして、ここでは、その中の大事な部分をまとめておこう。

(あ)ワクチンの推進者=WHO

(い)ワクチンの目的=世界人口削減→世界人口を5億に減らす

(う)ワクチンの効め=ゼロ

(え)病気撲滅の原因=生活環境(水質の改善、高度な下水道処理、栄養改善、新鮮な食べ物、貧困の減少)の改善

(お)最も危険なワクチン=DPTワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風混合ワクチン=三種混合ワクチン)

(か)ワクチンの悪影響=免疫力の低下=日和見感染=髄膜炎誘発

(き)ワクチン内に混入した異物

ポリオ・ワクチン→猿の腎臓を使って作られるため、SV40猿ウイルス、
ポリオ・ワクチン→アカントアメーバ属(脳みそを食べてしまうアメーバ)
Rimavex麻疹ワクチン→鶏ウイルス
ロタウイルス・ワクチン→猿泡沫状ウイルス
MMR(麻疹、おたふくかぜ、風疹三種混合)ワクチン→鳥の癌ウイルスとペスチウイルス
炭疽病ワクチン→様々な微生物
風疹ワクチン→アヒル、犬、兎のウイルス
インフルエンザ・ワクチン→鳥白血病ウイルス
複数種類のワクチン→人体に危険性のある酵素阻害薬

ポリオ・ワクチン、 アデノウイルス・ワクチン、風疹ワクチン、A型肝炎ワクチン、麻疹ワクチン
→どれも堕胎された胎児の細胞が使われている
→細菌性の破片、ポリオ・ウイルス、人間の毛髪、人間の粘液、
→特定できないウイルスの異種タンパク質までもが混入
→絶対にワクチンに含まれるはずのない物がワクチンに混入

ワクチンに標準的な含有物→身体に有害なホルムアルデヒド、水銀、アルミニウムなどの化学物質
ワクチンにどのくらいの種類の病原菌(細菌)が含まれているかは誰も分からない。

鳥が使われているワクチン→鳥が持っていた全ての細菌がワクチンに含まれる
→これらの細菌が人体に与える影響は誰も分かっていない

(く)欧米の医師が知っている事実

医療カルテルの最高権力者らにとってワクチン・ビジネスはトップ・プライオリティ
ワクチンは人々を助けるためのものではなく、人々に害を与え、人々の身体を弱くするためのものである。
最終的には人々に死んでもらうため。

(け)アフリカの指導者が知る事実

ワクチンによる人口削減を実行している中心的機関=WHO
グローバリストの権力者らがアフリカの国々を乗っ取るためにワクチンを子供たちに接種させ人々を弱体化しアフリカ諸国を破壊している
HIV=ねつ造=闇機関が作成
AIDSの薬=毒薬であり免疫システムを破壊する

(こ)自閉症の原因

イギリスのウェイクフィールド医師はMMR(麻疹おたふくかぜ風疹)ワクチンと自閉症の関連性を証明

(さ)医療カルテル

世界各国に影響を及ぼしており、ワクチンへの尊厳をガードしながらワクチンを神聖化

(し)ハリウッドの役目

ハリウッドのセレブらがワクチンの接種に反対したなら、彼らのキャリアは消滅してしまう。
ハリウッドは医療カルテルの権力者らと繋がっている。
医療カルテルは有名俳優を使ってワクチン接種のプロパガンダ

(す)私の子供にはワクチンは接種させない

(せ)学習障害児&BGLT=ワクチン接種のせい

子供がワクチンの副作用で死亡しても両親は本当のことを教えてもらえない。
ワクチンのPR担当者ら→両親に対して、子供にワクチンを接種させないのは犯罪であり、虐待であるかのように両親を脅迫



とまあ、拙ブログではブログ1の時代からずっとワクチンビジネスについてメモしてきた。


まあ、日本のダマスゴミは、この医療カルテルが最大のスポンサーでもある。だから、ワクチンビジネスの礼賛者である。当然、日本政府もその最大の医療カルテルの一味である。なぜなら多額の税収とキックバックがワクチンビジネスから入るからである。

安倍もそうだ。しかし安倍など知能が低いから自分がワクチンのせいで種無しになったとはご存じないはずである。ワクチンは金玉も卵巣も殺すのだ。なぜなら永久不妊剤アジュバントが入っているからである。

そんなわけで、今回のこの冬のインフルエンザのウィルスについてマスメディアが非常に消極的だったことを覚えているだろうか?

つまり、パンデミックだとか、大騒ぎしなかったことを覚えているだろう。

それはいつものように毎年の年中行事としてワクチンを射たせたいからである。

しかしながら、インフルエンザに多少の知識がある人ならわかっているはずだ。

今年のインフルは2009年のあのパンデミック、パンデミックと騒がれた、豚インフルエンザだったのである。どうわけか、これが再流行したのである。私個人の見解では、これは支那人かシンガポール人の旅行者が持ち込んだものと考えられる。

しかし、たいして人が死ななかったはずだ。

WHOと厚生労働省は、鳥インフルエンザとか豚インフルエンザとか大騒ぎしてワクチン接種を義務付けしようと画策したわけだ。

しかし、インフルエンザは熱に弱いから、かかって熱が出れば、健康体の人なら3日で治る。知らずにできていたはずの、がん細胞も死ぬ。

だから、インフルエンザはきついが、終われば、いたって元気になるのである。

問題は高熱時に脳を沸騰させないことや生殖器をやられないようにすることである。

さらに、今年はウィルスを直接殺すゾフルーザが登場した。むろん、タミフルもいろいろ行動異常を煽ってクレームを付けさせた。が、タミフルもそれなりに有効である。

しかし、ワクチンビジネスの医療カルテルがいきなりクレームをつけたのを覚えているはずである。その口実が、ゾフルーザの耐性菌が出たと。

アホか?

インフルエンザはウィルスである。耐性などできようはずがない。もしできるとすれば、人為的に耐性を仕込む場合である。

それ以外は、単に少変異を起こしてインフルエンザの型が変わるだけのことである。


いずれにせよ、20年前からデービッド・アイクが言っていたとおり、ワクチンは医療カルテルの最大の金づるなのである。


いやはや、世も末ですナ。






e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-03-25 15:39 | バイオコンスピラシー