人気ブログランキング |

2019年 05月 04日 ( 1 )   

HAARPモニター観察:5月始めの300nTの地震電磁波到来!   

みなさん、こんにちは。

さて、ここ最近、300nT程度の地震電磁波がしばしば出ているので一応メモしておこう。

ところで、我が家はここ最近東京から帰って以来、2二匹の巨大ムカデが出てきてその騒動で大わらわだった。一応、そいつらを退治できたので、メモする時間もできた。しかし左腕を噛まれた私の左腕はいまだ腫れている。


まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2019/ 5/ 3 08:56 更新
高速太陽風の速度は下がり始めています。

担当 篠原

太陽風の速度は、昨日の昼頃に550km/秒に達しました。
昨夜遅くまでこの速度が続きましたが、
その後は次第に低下して、
現在は480km/秒と既に500km/秒台を割っています。
磁場強度は5nTと平均的な状態です。

太陽風磁場の南北成分は、小幅で南北に変化しています。
速度が高まっているため磁気圏の活動はある程度高まっていて、
AE指数のグラフでは、小中規模の変化が続いている様です。

SDO衛星AIA193では、
コロナホールは太陽の西側に通り過ぎています。
太陽風の速度はこのまま下がっていきそうです。


太陽は無黒点で、
X線グラフはほとんど変化のない状態です。
SDO衛星AIAカメラや、STEREO Ahead衛星の画像によると、
太陽の東端の向こう側から活動的な領域が近付いています。
黒点が現れるでしょうか。
a0348309_995441.jpg




カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_910243.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_91111100.gif


X線揺らぎ
a0348309_9121915.gif

a0348309_9122169.gif


電子濃度
a0348309_9125488.gif



さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

a0348309_91426100.jpg


というわけで、東北地方が一応警戒の場所ということになる。

しかしながら、300nTに過ぎないからそれほど大きな地震ではないだろう。せいぜい震度3〜4前後ということだろう。


要注意である。

まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
今回のはこれだったようだ。

地震情報(震源・震度に関する情報)
a0348309_16262630.png








e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-04 09:20 | 地震・地震予知・噴火