人気ブログランキング |

2019年 05月 09日 ( 1 )   

ジョーク一発:一夫多妻バンザイ。一夫多妻は万物理論。   

日本のすべての問題を解決する必殺技=一夫多妻! by シュレーディンガー
a0348309_9204833.jpg

BGLTを認めるなら一夫多妻も認めるべきだ! by 俺




みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif


さて、移民法が開始されて、令和が始まったわけだ。

が、これまで実に積極的に移民を取り入れたのが、大学駅伝で有名な陸上界。山梨学院のオツオリ選手(故人)に始まり、いまや短距離でも黒人ハーフの時代。

サッカーでもすでに各世代の代表に黒人ハーフや白人ハーフが目白押しである。監督業は、ほぼ9割は外人監督である。

そうやって選手たちが日本上陸すれば、性欲は止まらない。目先、身の回りの女を見つけて妊娠させる。あるいは、母国よりはるかに居心地がいいから、結婚して、日本に永住を決意する。

その際、母国の彼女は一旦忘れる。というのも、結構アフリカにはイスラム教徒も多く、また中東のイスラム教でも、基本は一夫多妻だからである。

一夫多妻
「女性に一夫多妻制を認める教えを」、マレー系ムスリム議員が発言
一夫多妻制について思う

一夫多妻はモルモン教徒だけの十八番ではない。

ついでにフォン・ノイマン型の結婚という、何度も離婚結婚を繰り返すユダヤ人も一夫多妻に入れておこうかノウ。

一夫多妻の米白人やユダヤ人、一夫多妻のアフリカや中東の黒人に対して、一夫一婦制の日本人は非常に分が悪い。

この際、年収2400万円以上の男子は、これを平均年収300万円で割って、8人まで女房を持てるようにしたらどうか?

実際には、半分は税金に取られるかも知れないから、1200/300=4人まで妻を持てる。

こういうように法改正したらどうか?

一夫多妻の移民に対して、一夫一婦で対決するのは憲法違反だ。フェアではない。

もし年収1億2000万円あれば、40人まで妻を持てる。つまり、昔の徳川家の大奥を作ることができる。

妻の方も安定な年収があるわけだから、専業主婦になり、適当に若いツバメをもらいながら、結構人生を楽にエンジョイできるのではなかろうか?

実際、欧米の白人女性と比べて、日本女性はそれほど優秀ではない。仕事も家庭や育児も両立するのは不可能である。だから、他人の迷惑を顧みず、やれ託児所を作れだの、保育所を作れだの、結局自分にできないことを人様に自分のツケを返させる。

要は自分が無能なだけだ。無能なら最初から専業主婦だけに集中すべきである。そうした方が家庭円満になる。ヒステリーになることはない。専業主婦ですら、まだ育児ができないといって騒ぐさらなら無能の主婦も多い。

そんな時代に、女性も仕事をしろとか、アベマリアこと安倍晋三政権は狂っている。


この厳しい時代の世の中で、ブラック企業で働くより、リッチな一夫多妻の夫の下で専業主婦をした方が、自分の趣味と実益も兼ねられるだろうし、なにせ他に自分の子供の世話をしてくれる奥さん仲間ができる。

奥さん仲間=妻同士のコミュに二ティーがあれば、保育園待ちする必要もない。自分の家庭が大家族の保育園になるからである。育児疲れや育児の孤独や孤立もありえない。

実は、これがイスラム社会の構造である。すでにイスラム世界ではそういう家庭が普通なのである。

イスラム世界からイスラム教を取り除いた社会

我が国はこれを真似るべきかも知れない。


前置きが大分長くなったが、移民法ができようができまいが、すでに大分前から

我が国は移民大国である。

そんな証拠がこれだ。

【大興奮】出たぞ、大会新!!世界レベルの走りに場内騒然!【GGN男子5000mD組】


陸上界のトップレベルでは、すでに日本人選手は少数派。そのうち絶滅するだろう。

巨人ほど有利なラグビーでも日本人はもうほとんどいない。

そのうち、自民党にも日本人はもうほとんどいなくなるし、野党ではすでに皆無。日本語を話せるというだけ。

テレビのアナウンサーも中央地方を問わず、白人ハーフが主流である。

CMはブタ箱ことトリバゴやCIAの厚切りやぱっくんのような米白人種の主戦場となっている。

こうなると、かつての新大陸の米インディアンや南米インディオの悲劇の再来となりかねない。

人種的に言えば、むしろ旧大陸のチャイナの属国になった方がマシかも知れない。チャイナは現法で、異民族の男子は結婚できず、女子はかならず中国人と結婚しなければないけないことになっているようだ。

いわゆる人種浄化法というやつだが、そうやってどんどんネパールやウイグル族をチャイナ化している。

しかしながら、これは日本人には向いていない。

なぜなら、チャイナの人種的ルーツは、いまのトルコ人とはまったく異なった、かつてトルコにいてアジア人を白人化させたアーリア人であった頃のトルコ人、つまりアッシリア人=漢人(あやひと)やヒッタイト人=秦氏ルーツ秦の始皇帝が生み出した国家だから、白人遺伝子がそのDNAに刻まれていて、実に交配に強いのである。

だから、チャイナ人の姿形は結婚しても色濃く残るが、逆に我々日本人の遺伝子は結婚すればするほど失われていく。北中南米のインディアンと同じである。

我々の遺伝子は古い。おそらくネアンデルタール人やデニソワ人の遺伝子もそういう意味で弱かったのだろう。


まあ、こういう生物的性質や宗教的特徴や社会的特徴を考えても、我が国は

一夫多妻

を復活させるべきだ
と俺は思う。


実利は多い。妻同士で子育てができるようになる。中には保育士の妻もいるわけだから、我が家は幼稚園のようになり、大卒や院卒の妻もいれば、小学校、中学校、高校大学と、自分の家庭内で高等教育すら施すことができる。奥さん方の子育ても分散できてかなり軽減されるだろう。

旦那はただひたすら仕事で高額所得を得ることに集中できる。

とまあ、一夫多妻バンザイ。一夫多妻は万物の理論である。


まあ、一種のブレインストーミング。ジョークの類ですから、笑って頭を柔らかくするためのものであることはお忘れなく。


ところで、令和になったから、これからは、「いやはや、世も末ですナ。」ではなく、「世の始まりですナ」に変えようかナ。どうだろうか?


いやはや、世の始まりですナ。







e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-09 09:22 | ジョーク一発