人気ブログランキング |

2019年 05月 10日 ( 4 )   

ジンジンジンギスカン:歌詞の日本語訳がすごかった!?   

ジンギスカン
a0348309_14504846.png


みなさん、こんにちは。

さっき偶然見つけたんだが、面白いから、これも一応メモしておこうか。

かつて北朝鮮の喜び組でこんな使われ方をした。

North Korea Wangjaesan Troupe: Moskau


大阪の登美丘高校、今度はこれやってくれ!

北朝鮮の美女軍団『喜び組』の性接待6選!金正恩政権でも性の実態がヤバすぎる!



さて、その曲のオリジナルを偶然見つけた。これをメモしておこう。

めざせモスクワ【和訳歌詞付き】




ジンギスカン(1979) 歌詞付き


いままで曲しか聞いたことがなかったから、どんな連中かまったく知らなかったヨ。

この1979年は良かったナア。

いまなら、こんなコスプレしたら、人種盗用だとか、モンゴル文化盗用だとか、いろいろ言われかねない。

あるいは、これも旭日旗に見えるとか、うるせ〜〜んちゃうか?

a0348309_14471685.png


やはり昔は良かったんですナ。おおらかで。


ところで、最近に日本のCMの振り付けは、全部このモスクワとジンギスカンを真似てんじゃね〜〜の?

それにしてもオリジナルの日本語訳がすごいナア。

まさにモンゴル黒竜会、モンゴル人力士会のテーマそのものですナ。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-10 14:52 | マスゴミ・ダマスゴミ

【杉田水脈】 衝撃内容暴露!! 韓国「徴用工」問題、実は生コン辻元(辻元清美)が陰で操っていた!?   

a0348309_14223513.png

帰って来たヨッパライ【自主制作アニメーションPV】



みなさん、こんにちは。

杉田水脈さんが狙われた理由がこれだった。

【杉田水脈】 衝撃内容暴露!! 韓国「徴用工」問題、実は生コン辻元(辻元清美)が陰で操っていた!? 【情報の窓】 【政党支持率】


日本の両班になったと思ったのか、バイブ辻元はやりたい放題だ。

しかし、もう北朝鮮は

お・わ・り

終わりだろう。

すでに韓国はアメリカの仮想敵国に入ったようだ。

いよいよ南北共倒れになるんちゃうか?


中東では、イラン、極東では朝鮮。


いよいよ第三次世界大戦勃発。

東京五輪は霧散するだろうか?

照子預言的中???


ジョーダンは吉本。


まあ、朝鮮の手引きをしているのは、別にバイブ辻元だけではない。

慰安婦でっち上げの福島瑞穂、スターリン有田芳生、こだまの枝野幸男、空き缶菅直人、真正両班小沢一郎、コリアからのエイリアン鳩山由紀夫、ハーフセックス大好き細野モナ男、どじょうすくい野田佳彦、韓国イオン岡田屋克也、。。。

まあ、錚々たるメンバーですナ。もっとも革マル派の安田講堂屋上から火炎瓶投げた仙谷由人は死んだからいないが。

うわさでは、すべてJCIAこと公安にマークされているんだとか。


近現代の世界史で70年も平和が続いたなんていうのは珍しい。常に人間は戦争をしているのである。

そもそも人は神の代わりの作業ロボットして作られた。そして、西洋人は神の戦闘ロボットとして生み出された。

それがAIのように自我を生じてエデンの園を追放された。

だから、本質的に地球人種は戦争しないと生きた心地がしないクリーチャーなのだ。

シナ朝鮮は、そんなアジアの天の邪鬼、悪魔として生み出された。

やることなすことすべて人様の嫌うことばかり。

地球は囚人惑星とエイリアンから揶揄されるわけですナ。


外人や害人が日本に来れば、別惑星と感じるらしい、というのも頷ける。

外人には日本は天国に見え、害人には日本は宝の島に見えるわけだ。外人害人はやりたい放題だ。

天国良いとこ一度はおいで、酒はうまいし、ねーちゃんはきれいだ〜〜

これって我が国の事だったのか?



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-10 14:23 | 反日・在日の陰謀

大ブーメラン:堀江「小学校=刑務所」→俺「ホリエモンは小学校からやり直したの!?」   

みなさん、こんにちは。

いやはや、だれかこいつの口のチャックを締めさせろ!

ブーメラン、ホリエモン。

堀江氏、小学校は「刑務所通わされてるようなもん」
a0348309_11543998.png


ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(46)が、学校教育について
刑務所に通わされてるようなもんだよな
と私見を述べた。

自由を求めて学校に通わずユーチューバーとして活動する10歳の「ゆたぼん」こと中村逞珂さんがネット上で賛否を呼んでいる中、堀江氏は9日、フォロワーの「ホリエモン今の時代に小学生だったら学校行ってなさそう」とのツイートに対し、
確実に行ってないね。当時はスマホもネットもなかったから学校行くしかなかったけど。正直あんなにつまらない場所にスマホとネットがある時代に通わされるって刑務所に通わされてるようなもんだよな。それがわかるだけに辛いよね。俺らの頃はそれしか選択肢がなかったからまだ幸せだった
とコメントした。

仮に自身の子どもが学校に通わないことを選択したら許すのか? との質問には
許すも何も、親は子供の行動を制限する権限など持ってないと思っている。親ができることは子供の経済的なニーズに応えることのみ
と返答。続けて
スマホとネットよりも楽しいことなんか小学校にはないよ笑
と言い切った。

小学校で受ける教育についても
掛け算なんて計算機で出来るじゃん。相対性理論知らなくてもGPS使ってるGoogleマップ使えてるじゃん
と、必要ないとの見方を示し、学ぶことの楽しさを知る場だという考え方にも「学ぶことの楽しさなんて学校で知ったことないけど」と反論。また、学校は同世代の人間と交流することで社会性を養う場でもあるという考え方に対しても
そもそもスマホとネットがある今、無作為に集められた雑多な人間と交流して社会性を養う必要があるのか?って話よ。それで虐められて一生続く傷を負ったりしたら本末転倒じゃん
と異論を唱えた。


こいつはもう一度刑務所へ入らないとわからないのかね?

いったい刑務所で何を学んで帰ったんだ?謎。

だいたいライブドアの詐欺事件で投資家のみなさんにちゃんと金返したのか?

ライブドア事件では、あんたのせいで、人も死んだことをお忘れなのかいな???

まずはその口でも売って、返金しなさいよ!



こんなやつがいまだのさばれる国、国家の体をなしていませんナ。


いずれにせよ、ルールはルール。そのルールに従って生きる。これを小学校で学ぶんだヨ。

東大まで出て、それが身につかなかったから、お前は刑務所に入ったんだろうがヨ。

東大生の刑務所=小学校ですか?

もういちど小学校から出直したほうがよさそうですナ。

まあ、ホリエモンは北九州の在日君だから、在日枠で東大行ったわけだ。

どうでもいいが、あまり公衆の面前に出すなヨ。


しかし現実はかなり厳しいヨ。

欧州は資格なければ何もできないし、北米も博士号やCPAやMBAなければ相手にされないし、小学校出はエジソンのような大天才でなければ、誰も相手にしない。

血筋が貴族ならどんなやつでもまだ潰しがきくが、日本人の場合は論外。

絶世の美女とか、ハンサムならOKだが、ヒキこもり韓国のヒキ韓のようなやつでは、KCIAのような裏のスポンサーがない限り無理。

凡人は普通に学校へ行け。

あとできっと公開すると思うナア。もっと学んでおけばよかったってヨ。


それにホリエモンが絶対に理解しないことは、学習能力には年齢の壁があるということだ。

記憶の天才も、12歳すぎれば、ただの人になる。

脳の臨界期は12歳前後である。

多少は人によって異なるが、それをすぎると、言語学習能力が極端に落ちる事がわかっている。

12歳までにネーティブとなった言語で人は物事を考えるようになる。

だから、算数、読み書き、運動、なんでも、12歳までの予備学習がその後の人生を大きく変えるわけだ。

YouTuberは何も生み出さない。

そもそもその人に価値のある何かがあるから、YouTuberになれるわけだ。

ない人は着飾るように、人のものを展示する他ない。


若者はとにかく自分の能力を身につけるべし。

とくにホリエモンが証明したように、どんな形であれ、東大出だから何を言っても許される。それが日本である。

何でも自由にやりたければ、東大を出ろ。

東大以外は人間じゃない。
東大にあらずば人にあらず。


人をはねて殺そうが、自殺に追い込もうが、東大卒なら無罪になる。死刑にならない。

これが日本の東大エリートの考え方である。

むろん、俺は異なるがネ。





いやはや、世も末ですナ。







e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-10 12:06 | 反日・在日の陰謀

「シュレーディンガー-人とその業績」より:シュレーディンガーは真のボルツマン学派だった!?   

みなさん、こんにちは。

さて、このところ私は量子力学の古典的論文や著作を読み直しているところなんだが、その中で以下の本にであった。

シュレーディンガー―人とその業績―
シュレーディンガー―人とその業績
a0348309_9294067.jpg



これは、1987年に英語で出版。それが1989年ごろ和訳されたらしい。

残念ながら、この本を私は持っていなかった。また、どこかで見たことはあったかも知れないが、あまり関心を惹かれずに読んだこともなかったのである。

というのも、ちょうどその頃私は米国に留学中で、この本に気づかなかったようだ。ユタ大の本屋で英語版は見たのかも知れないが、その頃は、あまりに自分のPhD論文の研究に没頭していたからだろう。

あれからちょうど30年後の今、やっとこの本を知ることになって、このところ少しずつ読んでいるわけだ。

上の本は、1987年がちょうど1887年生まれのエルヴィン・シュレーディンガーの生誕100年。その生誕記念祭の記念国際学会として開かれた。その講演録のようなものらしい。

だから、著者が結構選りすぐりだった。目次と著者名を併記しておこう。

1.序論
C. W. キルミスター=編者

2.ボルツマンのシュレーディンガーへの影響
D. フラム=ボルツマンの孫→1971年ボルツマン賞受賞

3.シュレーディンガー方程式のシュレーディンガーによる当初の解釈:一つの救出の試み
ヨン・ドルリンク

4.量子ジャンプはあるか
J. S. ベル=ベル不等式のベル

5.-1平方根および複素位相とエルヴィン・シュレーディンガー
C. N. ヤン→1952年ノーベル物理学賞

6.原子・分子物理学に対するシュレーディンガー方程式の帰結
W. E. ティリング→1969年シュレーディンガー賞、2000年ポアンカレ賞

7.分子力学:H+H2から生体分子へ
M. カープラス→2014年ノーベル化学賞

8.化学反応の<軌道>による提示
福井謙一→1981年ノーベル化学賞

9.量子化学
A. D. バッキンガム→1996年ヒューズメダル

10.E.デ・ヴァレラとE.シュレーディンガー,そしてダブリン研究所
ウィリアム・マックレア卿→1976年ゴールドメダル

11.ボース粒子は凝縮するか?
J. T. Lewis

12.シュレーディンガー非線形光学
J. マッコンネル

13.40年後から見たシュレーディンガーの統一場理論
O. ヒットマイヤー1974年シュレーディンガー賞

14.宇宙のシュレーディンガー方程式
S. W. ホーキング

15.素粒子物理学の展望
A. サラム→1979年ノーベル物理学賞

16.ゲージ場・位相的欠損・宇宙論
T. W. B. キッブル→2014年アインシュタインメダル、2016年ニュートンメダル

17.量子論と天文学
M. J. シートン→1984年ガスリーメダル、1992年ヒューズメダル

18.シュレーディンガーの化学と生物学への寄与
L. ポーリング→1954年ノーベル化学賞、1962年ノーベル平和賞

19.エルヴィン・シュレーディンガーの『生命とは何か』と分子生物学
M. F. ペルーツ→1962年ノーベル化学賞


むろん、上の目次につけた表彰は私が昨日調べたものである。

まあ、翻訳はかなり苦戦した感じがあって、わかりにくい箇所もそこら中にはあるが、それでも日本語訳を出したことについては敬意を評したい。

もっと日本の物理学者は翻訳書や翻訳論文を出すべきだと思う。やはり日頃の思考形態である日本語で読んで考えることが大事だろう。英語のネイティブなら、直接英語で読めば良い。

私が特に面白いと感じたのは、フラム、ドルリンク、ヤン、福井謙一のものである。また、生命科学のポーリングとペルーツのシュレーディンガーに対する批判も実に興味深いものであった。


やはり欧米には古典力学や古典統計力学の創始者のその子孫が存在する。

シュレーディンガーの子孫もいるし、ボルツマンの子孫もいた。その一人が、D. フラム博士である。だから、自分の祖父であるボルツマンとその祖父の弟子で後にシュレーディンガーの師匠となった、フーリードリッヒ・ハーネゼールがいた。

ちなみに、マックス・ボルンの孫には、オリビア・ニュートン・ジョンがいる。

このボルツマンの一番弟子だったハーネゼールは第一次世界大戦で死去。その空席にその弟子のシュレーディンガーが職を得たのだった。

したがって、シュレーディンガーは真正のボルツマンの孫弟子にあたったのである。


実は、保江邦夫博士の数多くの著書でもそうだったが、我が国の物理学の科学史や教科書では、シュレーディンガーは無名のどうでもいいような物理学者だったが、それが量子の時代に入って、偶然が重なって、アルプスに女性と避暑中にシュレーディンガー方程式を発見して、一躍世界のトップに現れた、ということになっている。

つまり、シュレーディンガーの無名時代にシュレーディンガーはいったい何を研究していたのかあまり知られていなかったのである。

シュレーディンガー方程式を発見後は、朝永振一郎博士の量子力学やさまざまの著作やシュレーディンガーの論文集で、著名となった研究は紹介されている。

しかし、フラムによれば、無名時代の研究こそもっとも重要で、その後のシュレーディンガー方程式を生み出すための準備になっていたということである。

特に、1922年のシュレーディンガーの論文にその萌芽があったというのである。
E Schrödinger - Zeit. F. Physik, 12, 13, (1922)
On a remarkable property of the quantum-orbits of a single electron
Dopplerprinzip und Bohrsche Frequenz-bedingung

これについては、ヤンも気づいていて、この論文で初めて、exp{ieA/c}が現れ、量子力学で言う波動と位相の問題が現れたのだと。フリッツ・ロンドンはこれに感銘を受けて、その後の超電導理論に転用していく。ここからゲージ場の概念につながったとヤンは考えた。

ヤンはその分析の中で、かつてディラックがかつて1970年の講演で語った、シュレーディンガー方程式や量子力学を語った言葉を引用している。
非可換性は量子力学の真に主要で新しい着想であるのかどうかという疑問が湧いてきます。以前にはわたしはそうだと考えていましたが、最近はどうもそれに疑問を抱きはじめ、物理的観点からはたぶん非可換性が唯一の重要な着想ではなく、そこにはおそらくもっと深淵な思想が潜んでおり、我々の常識的概念のなかに、量子力学によってもたらされた何かもっと深刻な変更が迫られているのではないかと考えるようになってきました。

ですから、もし誰かが量子力学の主たる特徴はなにかとたずねたら、わたしは今やそれは非可換代数ではないといいたい気持ちです。しかるに、確率振幅は単に部分的に実験と関係しているにすぎません。その絶対値の2乗は我々が観察できるものの何かです。それは、実験屋さんたちが得るところの確率です。しかし、その他に位相というのがあります。それは絶対値1の数で、[確率振幅の]絶対値に影響することなく[確率振幅を]違ったものにし得るものです。そして、この位相は、それがすべての干渉現象の源であるがゆえにまったく重要なのですが、しかしその物理的意味ははっきりしていません。そんなわけで、皆さんもたぶんそうおっしゃるでしょうが、ハイゼンベルクとシュレーディンガーという真の天才は、本性としてまったく隠れたものであるこの位相量の存在を発見したのでした。そして、人々が量子力学のことをもっと前に考え及ばなかったのは、まさに、それ[位相量]がまったく隠れたものだったからです。


さて、最後にシュレーディンガーが真正のボルツマンの弟子だった、つまりボルツマンの思想圏に生きていたことを示すもの。それがこれである。

Sは作用、Ψは波動関数

S=K log Ψ

これは、ボツルマンのエントロピーの式、

S= k log W

のアナロジーである。

ちなみに、シュレーディンガーはコールラウシュという親友がいて、この二人で、ボルツマンのH定理の論文をドイツ語で書いている。

この中に、実はその後、ネルソンと保江邦夫らによる、確率量子化の研究につながるような、実に興味深い式も現れていた。

ヤンも気づいていたが、また保江先生もその著書のどこかで指摘されていたが、一番最初にシュレーディンガーがシュレーディンガー方程式としたものは、時間に2階の波動方程式:

H^2 Ψ=∂^2Ψ/∂t^2

だった。これを簡略化したものが、クライン=ゴードン方程式なので、シュレーディンガー=クライン=ゴルドン方程式と呼ぶこともある。

この一つが、いまいうところの、シュレーディンガー方程式:

H Ψ= i∂Ψ/∂t

である。ディラックはさらに、時間に2階微分のクライン・ゴードン方程式を時間に1階微分のディラック方程式に直した。

しかしながら、もともとの時間に2階微分のシュレーディンガー方程式を時間に1階微分の方程式に直していなかった。

これに一番類似なのが、超伝導のボゴリューボフ=ヴァラティン方程式であろうか。

要するに、負のエネルギーと正のエネルギーの両方が共存するわけである。

アインシュタインとド・ブロイの思想から導いた素朴なシュレーディンガー方程式は、超伝導のボゴリューボフ=ヴァラティン方程式のようなものだったわけだ。

それが我々の世界は正のエネルギーだけの世界だとボーアが主張していたものだから、片方だけとってシュレーディンガー方程式を導いたわけだ。

複素共役のシュレーディンガー方程式は、反物質(反電子)の方程式を表し、普通のシュレーディンガー方程式は物質(電子)の方程式を表すのか?

ところで、超電導では、粒子は2eの電子2個が対になった、クーパーペアである。

シュレーディンガーがもし超電導のBCS理論を知っていたらどう考えただろうか?

素朴に電子が何かの2個の粒子の複合体で超伝導を起こしていると考えただろうか?

この場合には、スピンは1/4のクォーターニオンになる。リーマン面は4枚になる。


とまあ、ちょっと怪しくなってきたから、今日はこの辺で。


新たなる革命前夜だろうか?



いやはや、世の始まりですナ。






e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-10 11:06 | 普通のサイエンス