人気ブログランキング |

2019年 05月 11日 ( 1 )   

HAARPモニター観察:5月上旬の300nTの地震電磁波到来!   

みなさん、こんにちは。

さて、今月に入って結構太陽活動が活発になり、その影響もあってか、地震電磁波も結構活発になってきた感がある。再び300nT程度の地震電磁波が出ているので一応メモしておこう。


まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2019/ 5/11 13:23 更新
太陽風の弱い乱れが到来しました。磁気圏の活動も少し高まっています。

担当 篠原

5月6日のCMEによると思われる太陽風の小規模の乱れが、
深夜、11日2時(世界時10日17時)にやって来ました。
太陽風の磁場強度が5nTから10nT近くに高まり、
プラズマの密度は、1cm^3あたり6個から15個ほどに増加し、
速度も、330km/秒から370km/秒へ少しだけ高まりました。

磁場の南北成分は、初めは0nT近くだったのですが、
その後、-10nTと南向きに強まり、
磁気圏では、AE指数が1000nTに達するオーロラの活動が発生しています。
a0348309_1712146.png

現在は、磁場強度は強まったままですが、
南北成分は0nTに戻っています。
磁気圏の活動の高まりはここまでで終わりそうです。


太陽では、X線グラフには目立った変化はありませんが、
2734黒点群付近で小さい爆発現象が起きています。
STEREO Ahead衛星によると、この爆発に伴って、
弱いCMEの噴出も起きている様です。
4日後くらいに、弱い太陽風の乱れがやって来るかもしれません。

可視光写真では、右の2740黒点群が少し小さくなっている様です。
a0348309_17124865.jpg



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1713244.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_17132279.gif


X線揺らぎ
a0348309_17134013.gif

a0348309_17134216.gif


電子濃度
a0348309_17141320.gif



さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

a0348309_17145095.jpg

a0348309_17144887.jpg

a0348309_17144616.jpg


というわけで、関東地方が一応警戒の場所ということになる。

しかしながら、300nTに過ぎないからそれほど大きな地震ではないだろう。せいぜい震度3〜4前後ということだろう。

またカナダモニターの波形の位置からすれば、我が国ではない可能性がある。たぶん、パプアニューギニアとか台湾のものかも知れない。


要注意である。

まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
ここ2日間、宮崎と愛媛の間で2度大きな地震が来たようだ。どういうわけか、ここ阿南はまったく揺れなかった。
a0348309_17182977.png
a0348309_17212753.png

見たところ、震源地は北に動いている。今度は岡山の方か? いずれにせよ、このあたりは要注意だろう。








e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-11 17:21 | 地震・地震予知・噴火