人気ブログランキング |

2019年 05月 26日 ( 1 )   

サッカーU20W杯ポーランド大会開幕!:日本は引き分けスタート!早く久保健英参戦してチョ!?   

REPLAY - FIFA U-20 World Cup Poland 2019 - Draw Ceremony


みなさん、こんにちは。

久しぶりにサッカーのことをメモしておこう。令和初のサッカーメモである。

さて、どうも我が国の日本サッカー協会は何かがおかしい。前よりはましになったかも知れないが、やはり何かが間違っている。

まあ、思わせぶりに書く必要はない。その理由は、「キリンジャパン」問題ということだ。

つまり、日本サッカー協会の公式スポンサーが一貫して固定。キリンとアディダスである。

したがって、長年のうちにそこには立件民主党等の言葉で言えば、サッカー協会側からスポンサー企業への「忖度」ができる。また、持ちつ持たれつの関係というものが構成されただろうということになる。

こうして、25年経つと、サッカー選手はスポンサー企業への一種の「貢物」のような感じになる。

国内の有望株は海外組に招聘され、海外組になると、日本代表入りとなり、日本代表になると大手メーカーのためのCM俳優入りになる。

国内有望選手→海外移籍→海外組→日本代表→大手CM出演

とまあ、こういう「持ちつ持たれつ」の関係ができる。

これは海外選手でも同じことだが、我が国のサッカーの伝統とは相容れない。侍は人々の守護のために命をかけたわけだから、一部の金持ちだけのために自分の命を差し出すことはない。

侍ジャパンとか侍ブルーとか侍を名乗るのであれば、有名スポンサーであろうが、筋が合わなければ、それに背く気構えが大事である。

さて、すでにこういうスポンサー企業とサッカー協会の持ちつ持たれつの関係ができて久しいから、最近現れた天才選手に対して、初の取り組みになるが、はっきり言って彼らはどう扱ったらよいかわかっていないらしい。

それで、久保健英選手あ使い方に関しては、右往左往している按配に見える。

日本A代表に入れるなら、もっと前のロシアW杯のときにすればよかったものを、その時はスルーし、いまJリーグ首位になった今年になって南米選手権に入れる選択をした。

CONMEBOLコパアメリカブラジル2019

しかし、どうやらこのコパアメリカは北中南米の大会で、FIFAの公式のものではないらしい。つまり、公式戦ではなく、あくまで親善試合にすぎない。だから、公式記録に残らない

そこへちょうどFIFAのU20W杯が重なった。こっちは公式の世界大会である。だから、すべて公式記録に残る。だから、本来は、そして久保選手自身も、こっちの大会に出る予定にしていたわけだ。


FIFA U-20 World Cup Poland 2019



ところが、この大会直前になってコパカップのためにA代表招集されてしまったわけだ。

これを私は久保の悪運と感じたわけですナ。代々、久保という名字のサッカー選手は、悲運になく選手が多い。久保健英選手には輝かしい栄光の人生を歩んでほしい。

だから、天才はスポンサー企業のCM作り、営業というような目先のために早く結果を出すのではなく、日本がW杯初制覇という偉業を達成するためにじっくり時間を掛けて成長していってほしいわけだ。

逆に、朝鮮資本に乗っ取られた経団連および日本の大企業は、日本に偉業を達成されたくない。だから、天才潰しをこれまでことごとく行ってきたわけだ。

かつて釜本邦成選手が当時世界トップレベルだったイタリアセリエAのアジア初のプロサッカー選手になれるという時に、釜本選手は急性肝炎でイタリアセリエA入りできないままサッカー人生を終えた。今思えば、これも我が国にいた韓国系の組織に狙われたとしか思えないわけである。

だから、久保健英選手が将来的に日本代表の中心メンバーとなって、W杯初制覇するためには、天才であるがゆえに、じっくり鍛え上げなければならない。だから、私はまずは不屈の精神性や勝者のメンタリティーを育てるには、柴崎岳選手が出たような青森山田のような高校サッカーのユニークなトレーニング法で有名な高校サッカー部へ進学させ、そこでじっくり時間を掛けて体質改善や基礎体力をつけるべきだと考えた。だから、ここでは高校進学時から、都内の高校でへ進学しFC東京のユースではなく、青森山田への進学を勧めたわけだ。

伸び悩む久保健英選手!:俺「青森山田に転校しなさい!」ここからは肉体改造あるのみ!


青森山田には、卓球の福原愛選手とか、他のスポーツのトップも多い。だから、クラスメートからいい意味のメンタルの刺激を受けられるわけだ。
A Happy New Year Aomori Yamada!:「青森山田サッカー部の秘密!」「地獄のトレーニングとは?」

ところで、高校サッカーの場合、たぶん高校野球などもそうだが、教育の一環として行っているため、名物監督が一世風靡するときしか良い指導を受けられない。人は年を取り、体が動かなくなるから、名物監督の体が健康で動く時期しか指導を受けられないのである。特にサッカーは走る距離が長いから、野球やバスケなどと違って、指導が難しいスポーツなのである。

いまは青森山田の監督の円熟期。それにあわせてそこへいけば良かったのである。かつては、東京の帝京高校や長崎の国見高校、福岡の東福岡や石川の星稜高校。こうした高校サッカー部の名門から、後の日本代表の核となる選手が出てきた。

精神的核に育つには、やはり部員数の多い、基礎練習の厳しい高校サッカーの方が、良いのである。

最近のデータサッカーの面から言っても、あらゆる面でユースから来た選手より、高校サッカーから来た選手のほうがサッカー選手としての基礎体力があり、長持ちする。精神的な強さもある。

ところが、久保健英選手はこれまでことごとく、私が思ういい方向の道とは反対側の道を選んできた。ここに何かあるのかな?


いやはや、大分前置きが長くなってしまったが、世界サッカーへの登竜門であるU20W杯ポーランド大会はすでに始まり、一次予選リーグの熱戦が行われている。これをメモしておこう。以下のものである。

FIFA U-20 World Cup 2019 in Polish

a0348309_10555031.png


グループA

1.MATCH HIGHLIGHTS - Poland v Colombia - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−0でコロンビア勝利


2.MATCH HIGHLIGHTS - Tahiti v Senegal - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→3−0でセネガル勝利


グループB

3.MATCH HIGHLIGHTS - Mexico v Italy - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−1でイタリア勝利


4.MATCH HIGHLIGHTS - Japan v Ecuador - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1−1で引き分け


グループC

5.MATCH HIGHLIGHTS - Honduras v New Zealand - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→5−0でNZ勝利


6.MATCH HIGHLIGHTS - URUGUAY v NORWAY - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→3-1でウルグアイ勝利


グループD

7.MATCH HIGHLIGHTS - Qatar v Nigeria - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→3−0でナイジェリア勝利


8.MATCH HIGHLIGHTS - Ukraine v USA - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−1でウクライナ勝利


グループE

9.MATCH HIGHLIGHTS - France v Saudi Arabia - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→2−0でフランス勝利


10.MATCH HIGHLIGHTS - Panama v Mali - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1-1で引き分け



グループF

11.MATCH HIGHLIGHTS - Argentina v South Africa - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→5-2でアルゼンチン勝利


12.MATCH HIGHLIGHTS - Portugal v Korea Republic - FIFA U-20 World Cup Poland 2019→1-0でポルトガル勝利



ポーランド!

確率論の専門家からすれば、ポーランドといえば「ポーランド空間」を思い出すだろう。

左翼界隈からすれば、ワレサ委員長。

映画人なら、「鉄の男」。

ポーランドと言えば、親日国。我が国の「Youは何しにニッポンへ」でも大半の白人がポーランド人。それほど異常に日本が好きな民族であるようだ。日本ストーカー民族と言えるほどだ。

そんなポーランドでサッカー大会があるわけだ。どうして我が国の天才久保を出さなかったのか?

ほんと久保健英選手には運が無いナ。彼をそういう悪運、悲運の星の選手にしてはならない!


意外だったのは、ニュージーランドとアルゼンチンの強さだナ。ニュージーランドは台風の目になりそうな感じ。


日本は次の試合に負けたらもうほぼ予選敗退である。

頑張れ日本!

今からでも遅くない?久保健英招集すべきだナア。もう遅いか。

どうも日本サッカー協会は物事の優先順位を正しく見つけられないらしい。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-05-26 11:44 | サッカーU20W杯2019