人気ブログランキング |

2019年 07月 30日 ( 2 )   

ノーサイン野球の富岡西vsオールサイン野球の鳴門:オールサイン野球の圧勝に終わる!   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、春の甲子園徳島県予選決勝の富岡西vs鳴門が今終了した。この春の甲子園に21世紀枠で120年初で出場した、ここ阿南の富岡西高校が昨年の覇者鳴門高校に見事に潰された。

鳴門が甲子園へ 8ー1で富岡西を下す【第101回全国高校野球徳島大会決勝】
a0348309_16424356.png


富岡西はノーサイン。鳴門はオールサイン。

つまり、高校野球の指導育成の両極端のチームが対戦したわけだ。

鳴門の打者は一球一球ごとに監督のサインを見る。

一方の富岡西は、まったく監督は見ない。むしろ無視。好き勝手に打ち、好き勝手に走る。

この自由野球と管理野球が対決した結果、

スクイズ2本成功

これで勝負がついた。

ところで、俺にはこのスクイズ。鳴門の監督が富西の監督に

ノーサイン野球では鳴門の野球には勝てないヨ!

というなにかのメッセージのように見えた。前に打点を上げている当たっている打者にわざわざスクイズさせたわけだからだ。

つまり、やはり高校野球も甲子園クラスになれば、

ノーサインで勝つのは不可能

だということになる。

これを見事に証明したようだ。

実際、初回は同じように相手のミスで1点ずつ得点。お互いに持ち味を出してスタート。

問題の4回。ともに満塁のチャンス。

表の鳴門は監督のオールサインから相手のミスを誘い、2点ゲット。

一方、ノーサインの富岡西は1アウト満塁のチャンスをスクイズもしないで、無得点。3人の残塁。

ここ数年富岡西が準々決勝止まりだった。その時も、いつも同じような残塁の山を築いて負けたのだ。そういうのを何度も何度も見させられてきたわけだ。

が、今回はエース浮橋の力投でそれでもなんとか決勝まで登ってきた。なにせ第一シードである。普通の練習試合のたった1試合であれば、まず負けなかっただろう。

しかし、甲子園は予選からずっと連投に次ぐ連投になる。

こうなると、卒なく勝つほかはない。

そのためには、やはり当事者ではない監督の経験から来る観察や作戦に基づく戦術が必須になる。

そうなると、どうしてもサインを送るしかない。

ノーアウトで1ヒットで出塁すれば、もう次はバントで送る。そして、次の2打席でワンヒットを期待する。

ワンアウトでヒット出塁すれば、その時も次は送りバントで3塁を狙う。そして次のワンチャンスにかける。

もしノーアウトで2塁打なら、次は送りバントで3塁を狙う。

これを繰り替えすしかない。


しかし、富岡西の場合は、そういうことせず、フリー打撃である。それでも1試合に何度か出塁し、運良く満塁のチャンスを作っている。

しかし、最後もフリー打撃で方向を決めない、打つボールを決めない、ノーサイン。

だから、残塁の山を築く。

高校生レベルで、しかも甲子園レベルで、小中のような相手の守備のミスや連打を期待することはまずできない。

相手にはプロの即戦力の投手がいるわけだ。


というような案配で、高校野球で

ノーサインが良いか、オールサインが良いかという問題に対する回答が出た試合だったといえるだろう。


ノーサインvsオールサイン→オールサインの圧勝!!!


もしこの鳴門の監督が今の富西の監督だったら、おそらく富西の圧勝だっただろう。


高校生は数ヶ月で子供が大人のように成長する。

春の選抜で優勝した愛知の東邦に善戦した富西も、この数ヶ月で大きく成長した鳴門の選手に追い越されたということである。

富岡西が守備だけに力を入れれば、鳴門は打撃に力を入れた。

野球は打たなきゃ勝てない。サッカーはゴールしなきゃ勝てない。

とにかく、点を取らないと勝てない。


富岡西はその強化したはずの守備が崩壊して負けた。守備はメンタルに左右される。だから、いくら鍛えてもメンタルコンディションでミスを起こす。失点につながる。

だから、守備よりも打撃。打って点を取る方を鍛えるべきだった。

かつての池田高校の蔦監督は細かいことは言うな、とにかく遠くへ飛ばせと打撃強化をはかって成功したわけだ。そのためには、筋トレ、筋トレ、筋トレの日々だったという。

富岡西と鳴門が並ぶと、鳴門の方が横に大きい。足腰の太さが違った。

野球は体でするスポーツである。

もう最初に礼をした段階から、富西に勝ち目がないと俺は思ったネ。


はたして富西はこれまでどおりノーサイン野球を続けるのか?あるいは、定番のオールサイン野球に変えるのか?

今後のお楽しみですナ。


おそらく、今後もノーサイン野球を続けて、また120年後に甲子園に出れるレベルになるくらいだろうナア。

平成最後に富岡西が120年ぶりに目覚めた。

これだけでも快挙だった。

いい夢を見させてもらいましたヨ。


まあ、いずれにせよ、野球のルールブックにあることはすべて使う。サインできるのなら、サインを有効に使う。三回の守備攻撃のタイムがあるのなら、それも全部使う。

富西は最後の最後に初めて監督がサイン出して守備タイム1回しか使わなかった。が、その結果2点取られた。サインの送り方、タイムの使い方、全部技術が必要。経験値が必要。野球で勝つのは難しいのである。


ありがとう、富西野球部!

今後を期待したい。


おまけ:
そういえば、この試合は鳴門のオロナミン球場で行われた。実は鳴門は大塚製薬の本拠地である。だから、決勝は鳴門にとりホーム、阿南の富岡西にとってはアウェーである。いまは阿南にもアグリスタジアムがある。

いつも決勝は鳴門。これが鳴門が有利なのは当たり前。球場に慣れているわけだ。

また阿南からは1時間以上2時間近くかかる。

思い出せば、我が家の息子達がサッカーの試合をするたびに、鳴門のヴォルティスのホームグラウンドのあるTSVまで行かなければならなかった。早朝の試合など大変だった。5時起床で準備して会場までドライブ。

こういうのも、大塚製薬のある金銭力、政治力のせいだろう。大塚製薬はオロナミンCで球場を作ったわけだから、野球が大好き。だから、ヴォルティスがいくら頑張ろうが、エースは途中で放出する。万年J2の鳴かず飛ばずでOKというスタイルだ。

この意味では、徳島のスポーツにとり、鳴門の大塚製薬は大きな障害になっているのである。我々は地産地消で大塚製薬の製品を飲んでいるのだが、その大塚の経営陣は徳島県民の障害、邪魔ばかりする。

鳴門の人たちはあまりこういうことをご存じないのではないかネ。もし阿南アグリスタジアムで決勝していれば、ホームの富岡西の方が圧勝していたのかも知れない。徳島の高校野球も高校サッカーと同じく実にアンフェアですナ。

いやはや、世も末ですナ。


おまけ2:
そういえば、いまの富西の野球部小川監督も、私の息子たちが頑張っていた時代のかつてのサッカー部監督も全くの素人監督だった。どうして県南の高校には、ド素人監督しか来ないのか?というと、徳島県の場合、徳島市以北が教育地であり、県南部は漁民や農民出身でないがしろにされてきたからである。だから、水野投手も阿南からわざわざ池田高校まで行ったのである。県教育委員会は、父兄PTAとの会合で、徳島市と鳴門などの父兄の言いなりになって県の予算を談合で決めている。だから、遠い県西部、県南部は校舎建て替えの予算もいつも後回しになり、良い教員も後回しになる。我が家の息子達が卒業した阿南中学は県最後に校舎が建て替えられたが、我が息子たちの頃はまだ校舎が崩壊一歩手前の状態のボロ校舎のままだった。県南部の教育を崩壊させているのもまた県教育委員会である。ほんと県サッカー協会といい、県高校野球協会といい、県教育委員会といい、すべて大塚のある鳴門基準で考えてきたという悪しき伝統が今に続いているのである。

いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-30 17:13 | 阿南&徳島

石平太郎こと石平スパイ説登場!?→俺「2重スパイでしょ!」   

みなさん、こんにちは。

どういうわけか、ふと興味深いものが見つかったから、一応ここにもメモしておこう。

最近、テレビでよく見る中国人=支那人。

ところで、朝鮮人と支那人と書くと、人種差別だとか、ヘイトだとか、ヘイトスピーチだとかいう、いわゆる、ダブルスタンダードやトリプルスタンダードで騒ぐ、無学歴のお馬鹿さんがいるが、

朝鮮はChosun、朝鮮人はChosunese、支那はChina、支那人はChineseという英語を原音に合わせて作られただけの漢字の当て字である。

南米では、支那Chinaのことをチーノと呼ぶし、英語のChinaも原音は、日本語のチャイナという発音またはシナという発音に近い音である。

だから、朝鮮人と支那人という漢字は、原音表記に過ぎず、特別の意味はない。

それに特別の「意味」がつくとすれば、彼らの先祖が起こした歴史的犯罪の数々のせいである。あるいは、その行動様式や性癖のせいである。

他国の国家元首の暗殺とか、もしそれがアメリカ合衆国大統領だったらその結果どうなるかわかりきっていることだろう。

もしソウル訪問中の米大統領が朝鮮人の手で暗殺されたら、どうなるか?おそらく1週間以内にソウルに核爆弾が落とされるだろう。

明治時代にそれに匹敵する安重根による伊藤博文首相暗殺事件が起こったわけだ。しかも伊藤博文は朝鮮王朝の最後の皇帝になるはずの幼い李垠の後見人を努めた。

その結果、李垠の子孫に金正日、そして金正恩、さらには我が国の安倍晋太郎とその息子の安倍晋三ができたわけだ。そして、金正恩の実母である横田めぐみもできたわけだ。その母が横田早紀江。すなわち、李垠の娘である。同様に、安倍晋太郎は李垠の息子、晋三はその孫と言われている。むろん血筋は薄まる。


さて、前置きがちょっとそれたが、石平さんこと、Shi Pingさんとはことの方。

石平→石平太郎(太郎をくっつけて日本名=通名にしたらしい。俺は通名禁止派。)
a0348309_817242.jpg


1980年9月に北京大学哲学部に入学し、1984年7月に卒業。北京大学在学中の1982年頃より、毛沢東暴政の再来を防ぐ目的で中国民主化運動に情熱を傾け始める。1988年4月に日本に留学し、日本語学校入学。文化大革命および1989年に勃発した天安門事件における中国共産党の党利党略ぶりへの憤怒と絶望感を抱き、「この国にはもはや用がない、何の愛着も義理も無い」と祖国である中華人民共和国との精神的決別に至った[4]。その一方、留学中の日本で、中国の古き時代の隋・唐文化を守り発展させた日本文化に魅力を感じるようになり、孔子や論語の思想が日本の精神に生き続けていると感激し、次第に「愛日主義者」となっていった[3][5]。1995年に神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了(学位は未取得)。民間研究機関に勤務[要出典]。

2002年(平成14年)初頭に中華人民共和国国内に広がる反日感情をレポートした書物を出し、論壇デビュー。以来、『正論』、『Voice』、『WiLL』などの保守論壇誌に論考を寄稿し、日中関係・中国問題などを論じている。また、フジテレビ・読売テレビ・テレビ朝日・TBSなどの中国関連ニュース番組・討論番組でコメンテーターを務めている


おそらくこの顔に見覚えがあるだろう。テレビの「そこまで言って委員会」等の常連である。いまでは、右翼保守の「虎ノ門ニュース」の常連でもある。

米人モルモン教のケント・ギルバートが西の横綱なら、この支那人シー・ピンは東の横綱だろうか。

ところで、この本名が石平なら、それに太郎をつけて、石平太郎という和名を作るという、安易なアジア人の思考構造ですナ。

山本太郎→実は、山本が本名で、それに太郎をつけただけ。

山田太郎→実は、山田が本名で、それに太郎をつけただけ。

麻生太郎→実は、麻生が本名で、それに太郎をつけただけ。

まあ、麻生太郎は麻生家由来だから和名に違いないが、山田太郎も山本太郎もどうみても通名の作り物だろう。

実際、市役所の書類を作るときに実によく見たのが、記入例の雛形にある

山田太郎

という名前だ。

日本人がこんな馴染みのある名前を付けるはずがない!

その次が、山本太郎だろう。

というわけで、この二人は共に朝鮮人で間違いないのでは?


さて、面白いのはこの石平太郎ことシー・ピンさんにまつわるある種の黒い噂。

それが、

シー・ピン共産党スパイ説

である。これだ。

人民解放軍の装甲車及び兵員が、香港に入った模様

コメント

中華スパイ (市井)
2019-07-30 02:37:37
その昔、中華は北京大学卒業で当時千葉の市営団地に暮らしていた中国人がいた。今では評論家を名乗り神戸に住所がある元中国人。今では日本に帰化したが、本人曰く日本帰化手続きは簡単だったと云っていたね。自分は当時心酔していたウルトラ氏の勉強会でこの中国人を知ったのだが、主宰者のS氏に、あの中国人が何故毎回氏の勉強会に現れるのかと問いただすと【勝手にやって来るんだよ】との返事だった。自分はそれをTのR友の会にそうした中国人の存在を報告した事で、一時その大福面の中国人は随分と警戒されていた由。その中華スパイは現在日本人妻を娶ってマスゴミの浮かれ論客になっている。


中国人で、北京大卒、神戸居住で、日本人妻を持ち、テレビで保守の論客。

ビンゴ!

まさに、石平さんですナ。


この石平のこのマスコミ活動に対して、素朴な疑問を持つ人が現れた。それがこれだ。

a0348309_8311788.jpg

石平(せきへい)氏は中国を批判していて当局に拘束されないのか?

Q:平さんは中国批判をしていて、当局に拘束されないのか?

暗殺とか、身の危険は感じたことはないのか。

受講者からそのような質問が出ました。

A:回答。

母と妹(父はもう他界)は中国で暮らしているがまったく無事。
自分も、中国当局から拘束されそうになったことはない。
去年母を日本に呼んで、千鳥ヶ淵の桜や、靖国神社を見せた。
千鳥ヶ淵や靖国神社だよ、とは教えずに、連れて行った。
桜が綺麗だと言っていた。

どうして中国批判する私が拘束されずに、
中国の弁解をして中国をかばっている朱建栄(東洋学園大学教授、
いまだ拘束とかれず?)氏が拘束されしまったのか。
朱さんは、外務省関係者などから中国政府の内部情報など聴かれた時、
国家機密に触れるようなことを内々に教えた。
そしたら裏を取るためか、外務省側が中国側に
「朱さんがこんなこと言っているが本当か」
と確認してしまった
らしい。
それで「朱さんは危険人物」となり、中国国家安全省に拘束されてしまった。
ということだそうです。

石平さんは、その意味では
もう帰化して中国から気化していなくなってしまったし、^^
批判くらいでは中国としてはそれほど問題視していないのでしょう。

これとは別の話として、
日本の危機管理がなさすぎるのは、
氏が帰化申請するとき、兵庫でその手続きをしたそうですが、
ものの5分で書類みて、顔見て、
はい、終わり。
外国人を自国民にするということがこんなに簡単でいいのか!?
とびっくりしたそうです。
厳しい顔でみられ、日の丸の前で憲法やら、何やらを朗読したり、
日本に忠誠を誓うことを宣誓させるところだと思っていたら
あまりにも拍子抜けした。
他の外国では考えられない。とひどくびっくりしていました。
それだけ、日本は国家に対する国民の意識がなさすぎている、
こういう役所の人達までも、持っていない。
危機的状況だと言っていました。


また朱さんの話のように、国家機密を内々に示唆してもらったにもかかわらず、
当局にオープンに確認してしまう、という危機管理のなさ。
国内・同民族内だけでの話の「みんな仲良く」が
外交レベルにも通用すると思ってしまう。
そんな風に思っているのは日本だけでしょうね。
戦後教育の弊害のひとつ、とも言えます。


さらにはこんなやつもあった。

2017年09月11日
石平氏のメンタリティーは自身が批判する中共そのもの。


政治 世相 ジャーナリズム
東京新聞の望月衣塑子記者を、中国民主化運動に身を投じた石平氏が痛烈批判 「権力と戦うとは…彼女のやってるのは吐き気を催すうぬぼれだ!」

http://www.sankei.com/column/news/170909/clm1709090007-n1.html

そもそもこんな記事を載せる産経新聞の見識が疑われます。

>評論家の石平氏(55)が、菅義偉官房長官の定例記者会見で連続質問攻撃を仕掛けている東京新聞の望月衣塑子記者をツイッターで痛烈に批判した。

>「『それでも私は権力と戦う』という東京新聞望月記者の台詞を鼻で笑った。私は今まで、本物の独裁政権と戦った勇士を数多く見たが、彼女のやっていることは、何のリスクもない民主主義国家で意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけだ。そんなのを『権力と戦う』とは、吐き気を催すほどの自惚れだ!」

>日本に留学中の1989年、祖国・中国で天安門事件が勃発し、帰国をあきらめたという石平氏にとって望月氏の「権力との戦い」はとんだ茶番に映ったようだ。

>この投稿に対し、作家の百田尚樹氏(61)も即座に反応した。


率直に申し上げてクズみたいな妄言です。
いい歳した大人が恥ずかしくないのか。

第一に、氏の主張の通りならば、民主国家においてジャーナリズムは機能しなくていいということになります。報道によって生命が危ないぐらい弾圧される可能性がないとジャーナリズムは必要ないと。報道は政府のいうことを垂れ流せと。であれば、ジャーナリズムはシリアとかジンバブエとか中共とか、北朝鮮でしか存在してはいけないことになります。

そして、石平氏ご本人はどうなのでしょうか。本土の「同志」をみすてて、「安全」な日本に帰化して、中国に対してやけに威勢のいい主張をなさっておるわけですが、その自覚がないようです。
「本物の独裁政権と戦った勇士を数多く見た」だけで、ご自身ではなさらなかったということでしょう。石平氏は文革の影響でエリートだった両親が地方に左遷され、そこで過酷な少年時代を過ごした経験から中共政府に疑問を持ち、その反発から日本文化に興味を持ち日本へ帰化するに至った。ということになっていますが、これは本人証言以外に証明するものをぼくは寡聞にして聞いたことがありません。
そして大学時代は北京大学卒のエリートで、当時関係良好な日本に国費留学していたわけです。虐げられていた不穏分子の師弟がこのようなエリートコースに乗れるものでしょうか。大陸ではどのような「反政府活動」をされていたのでしょうか。
金美玲氏は学生時代、台湾と日本の間を民主化組織のリエゾンなどを務めていた「闘士」でした。この話は勉強会で直接ご本人から聞いております。そのようなキャリアがあるのでしょうか。

それほどリスクをとって政府批判をするのが偉いと言うのであれば、中国に「帰国」されて、大いに言論活動に励めば宜しいでしょう

新潟県知事の米山隆一氏が帰化済みの石平氏への差別的憎悪発言で批判殺到!辞職事案か
https://matome.naver.jp/odai/2150501943158770301

米山隆一氏の主張もそういうことでしょう。身体の危険を冒した活動こそが尊いのであれば、かつての祖国に帰国して活動してはいかがか、と。
これを帰化した人間への差別だという批判は単なるためにする議論でしょう。
これは帰化した日本人であることの批判ではなく、危ない報道こそが偉いなら、それをやったらどうよ?という話しです。

でもそんなことはやらずに、リテラシーと知性の低い、自分が日本人であるということ以外誇れる者がない、劣等感の塊のような、愛国者を自称するアレな人たちをアジテートして安易にカネを稼ぐことを選んでらっしゃるのではありませんか。

で頭の悪いフォロワーはこんなことを言っています。

>「新聞記者は国民に選ばれてなるものでもないのに、国民の代弁者だと思っている時点で勘違いも甚だしい」

ではその国民に選ばれたわけでもない、記者クラブがどうして記者会見や他の取材機会を独占しているのでしょうか。石平氏の支持者はこの程度の認識しかないわけです。

単なる任意団体に過ぎない記者クラブが他の報道機関やジャーナリストを排除しているのです一体何の権利があってでしょうか。結果、当局の下請け機関となって、国民の知る権利から当局を守る防波堤と成り下がっています。

そしてその中にはこの記事を掲載した産経新聞も含まれます。
その自覚がないんでしょうね、産経新聞には。

ところが石平氏はそれが民主主義の報道の正しいありたかであると思っているらしいです。

>読者は新聞と新聞記者に期待しているのは事実を客観的に伝えることであって、『権力と戦う』という彼らの自己陶酔ではないのだ」

さて、石平氏はたかが記者が当局に疑問を持つな、政府は偉いのだから、その発表を細大漏らさずに大衆に伝えるだけでいいのだ、現状の発表ジャーナリズムこそが真の報道だといっているわけです。

でも、それって中共の主張とどこが違うのでしょう。香港ではそのような当局の意向に沿って、別件逮捕で出版関係者の逮捕、投獄が続いています。
石平氏の主張は中国共産党と全く同じです。なんで日本に帰化したんでしょうかね?


少なくとも石平氏は民主主義も報道の自由もまったく理解していないことは確かです。



まあ、疑問は素朴なものほど良い。

香港を弾圧したり、平気で銃殺する国家の最高の大学である北京大学の学位を持って日本に来た人物が、その母国を痛烈に批判しているが、それが見逃される。

ということは、普通はありえない。反逆罪である。普通は、その国の外患誘致罪にあたり、死刑相当の案件になる。

しかしちゃんと生きている。


ということは、2重スパイということである。

帰化申請、保守論壇、共産党批判、。。。。

要するに、支那工作員がいかにすれば日本国内で疑われずに日本人になりすますことが可能かの実験検証を行うのが任務というスパイだろうということになる。

よく欧米のCIAやNSAが、自国の国家機関のセキュリティーがどの程度のものかをチェックするために、工作員を忍び込ませて、実験検証するというようなことをするだろう。

それと似たようなもので、日本国のセキュリティーがどの程度のものかをチェックするための工作員ということだろう。


要するに、シー・ピンが逮捕されずにいるとすれば、日本国は安牌だ。毛のないパイパンだということである。



いやはや、我が国はスパイ天国。それどころか日本人妻さえくれるのだ。


支那では、外人には妻や夫は強制的に押し付けられる。

モンゴル族やウイグル族などの少数民族の女性たちは、支那人男性と結婚しなければ、去勢されるのだ。悲観悲嘆して自殺すれば、即臓器摘出され、臓器売買に使われる。


かつて支那人は人食い人種だった。

これを肝に銘じよ、日本人ヨ!


いやはや、日本はスパイにとっては天国。良かった良かった。

米モルモンスパイのケント・ギルバート、シナ共産党スパイのシー・ピン、ともに虎ノ門クラブで親睦会をしているわけですナ。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
そういえば、神戸大学は俺もけっこう馴染みある大学だが、ここには常時2000人近い外国籍の留学生がいる。世界中から来ている。大半が支那朝鮮からで、国費留学生である。つまり、日本国が旅費奨学金を払い、返済なしのただで留学できる制度。

おそらくこのシー・ピンもそういう一人だったはず。ただで日本で勉強し、日本人になる。

ところがそれが支那共産党のスパイだった。

ということは、三段論法で、この2000人の留学生すべてがそれぞれの国から来たスパイであるかもしれないわけだ。すなわち、神戸大学はスパイの日本への入り口ということになる。

まあ、神戸大に限ったわけではないが、いまや我が国の大学は世界中の国々のスパイの登竜門になっている感がありますナ。時代は変わるものだ。




e0171614_11282166.gif

by kikidoblog2 | 2019-07-30 08:51 | 支那・共産・南京捏造