カテゴリ:支那・共産・南京捏造( 14 )   

「各国の朝鮮人の扱い方」に支那国が参戦!?:「韓国人は犬だと思って付き合いなさい」これだ!?   

西城秀樹 ブーメランストリート (1981年頃)


みなさん、こんにちは。

今年は年初からお騒がせ朝鮮人が目白押し。「お騒がせカレンダー2016」のためのネタが多すぎていろんなバージョンが出来そうな感じである。

そんな在日害人である在日南北朝鮮人および在日シナ人の付和雷同した大政翼賛「民進党」が早速活動開始したというが、それが例によって「妄想内閣」だったから興味深い。記念してこれをメモしておこう。以下のものである。
民進党「次の内閣」が発足 ネクスト官房長官には山尾志桜里氏を抜擢

a0348309_172793.png

民進党 岡田「次の内閣」

ネクスト首相 岡田克也
ネクスト副首相 江田憲司
ネクスト官房長官 山尾志桜里
ネクスト財務金融相 前原誠司
ネクスト総務相 逢坂誠治
ネクスト法務相 井出庸生
ネクスト厚労相 川田龍平
ネクスト経産相 近藤洋介
ネクスト農水相 岸本周平
ネクスト国交相 荒井聡
ネクスト環境相 直嶋正行
ネクスト防衛相 大島敦
ネクスト内閣府特命大臣(新しい公共・社会的包摂・消費者及び食品安全・男女共同参画・子ども・子どもの貧困・NPO) 阿部知子
ネクスト内閣府特命大臣(国家基本戦略・経済再生・公務員制度改革) 古本伸一郎
ネクスト内閣府特命大臣(科学技術・IT・宇宙・海洋・中小企業) 相原久美子
ネクスト内閣府特命大臣(行政刷新・行政改革) 階猛
ネクスト官房副長官 大島敦・大塚耕平・大串博志・井出庸生
安全保障総合調査会長 北沢俊美
税制調査会長 古川元久
エネルギー環境総合調査会長 直嶋正行

(朝鮮カルトってこういうのが好きだよナ。オウム真理教を彷彿させる。常に上か下かの序列をつけるわけだ。)

「日本死ね」というヘイトスピーチを仲間にやらせてそれを国会で取り上げて(つまり、朝鮮人が大好きなマッチポンプで)名を売った
「山尾志桜里」
a0348309_18115610.jpg


民主党の「ブーメラン国会」炸裂!:アベノミクスvsモナトセックス、モナ王早く辞職しろ!
が民進党の官房長官を得たという。

ところで、その山尾志桜里さんの官房長官は早速死産の兆候とか。お仲間の新潮(創価学会系)に後ろから刺されたとか。「山尾志桜里の不都合な真実」。これである。
「日本死ね」で名を売った弱者の味方! 民進党「政調会長」に大抜擢!
500万円の架空資金!? 「山尾志桜里」代議士の奇妙な政治資金
a0348309_1755169.jpg


さて、前置きはこの辺にして、ここでメモしたいのはそういう変な行動や変な考え方がどうして出てくるのか?ということである。この根源を知らないと、連中「ハンベーダー」を除鮮することは不可能だからだ。

(あ)まずは歴史から。

まずはその歴史から考えることが大事。基本的には、今の韓国人のご先祖様は、その昔に朝鮮半島=韓半島にいた人種とは100%違う人種であるということ。後から中国山東あたりにいた支那人の一族が漢人に追い出されて半島の先住民であった高麗や高句麗(血筋は女真族のモンゴル系)や新羅(王族は日本人)および南半分の倭国(=任那、血筋は九州の縄文系)を、男は略奪殺害、女は強姦、陵辱して子を生ました結果居座った民族である。

つまり、かなり最近になってせいぜい2000年以内にお引越ししてきた民族である。人種的には全く別物だが、今の我が国に見るように、先住民族の文化や文字や宗教を乗っ取って成りすましてできたのが、いわゆる「朝鮮人」である。

そんな朝鮮人が半島で傍若無人に生きていた時代。今の支那は唐帝国が支配していた。この唐(とう)の「とう」という響きが大事で、これはアジア西方の「トゥルク」つまり「トルコ」から来たコーカソイド系を祖先に持つアジア人の系統の民族がルーツである。だから、比較的アジア系にしては色白で背が高く目鼻立ちがはっきりしている民族である。

高橋良典氏の本では、「漢人」というのは「あやひと」と読み、古代アーリア人の意味だという。つまり、古代トルコ人は現代のトルコ人とは異なり、金髪碧眼のコーカソイドだったのである。それが3000年ほど前にコーカサスから四方八方へ侵略開始した。その東方への一派が、古代トルコ→トゥルク→唐となって大帝国を築いた。これが本当の化石や古代文字の解析からでる史実だったという。

だから、混血が進んだが、唐由来のモンゴル人(アジア人)は白鵬や朝青竜や日馬富士を見れば分かるように、骨太で身体が大きく、色白である。これが唐(モンゴル系)の子孫である。

この唐の人種は非常に残虐だった。もとが白人だったからその遺伝が色濃く残ったと考えられる。

(い)中世の支那「唐」はどうだったか?

はたしてどんな感じだったか?

これがちょうどねずさんこと小名木善行さんが書いていたからそれをメモしておこう。以下のものである。
中世の支那

『入唐求法巡礼行記』
a0348309_17215565.jpg

世界で、「東アジアの三大旅行記」と呼ばれている古典書物が三つあります。
ひとつは、マルコ・ポーロの『東方見聞録』です。黄金の国ジパングの記述で有名です。
もうひとつは、僧正玄奘(げんじよう)の『大唐西域記』です。これは、孫悟空の活躍する西遊記としても有名です。
あとひとつは何でしょうか・・・?

答えは『入唐求法巡礼行記』(にっとうぐほうじゅんれいこうき)です。
これは遣唐使として支那(唐の国)に渡った平安時代の日本人僧侶の円仁(えんにん、794-864)が、唐の国での体験を綴った本です。
円仁は、栃木県出身の僧侶で、第三代天台座主の慈覚大師(じかくだいし)としても知られている人です。

『入唐求法巡礼行記』は、全文漢文で書かれており、世界にも知られ、世界ではこの三つを称して中世の「東アジアの三大旅行記」としています。
この内容がすごいです。


==========
『入唐求法巡礼行記』
円仁(第三代天台座主:慈覚大師)

皇帝の討伐軍は、叛乱軍が立てこもる州の境界線で、叛乱軍の激しい抵抗にあって攻め込みきれないで境界線上にとどまっていました。
すでに多くの日数が費やされています。
皇帝からは進軍を促す催促が、毎日、矢のように来ています。
けれども叛乱軍の抵抗が強くて前に進めません。

ところが追討軍が前線から進められないでいることを、中央で「あやしんでいるらしい」というのです。
それを知った征討軍はびっくりして、戦線付近の牛飼いや農夫たちを捕まえて、これを叛乱軍の捕虜と偽って、長安の都に送りました。

長安では皇帝から勅令が発せられ、儀礼刀が賜(たまわ)られ、街頭でその偽りの捕虜たちの処刑が行われました。
捕虜たちは、三段に斬られ、あるいは左右両軍の兵馬が、彼らを取り囲んで捕虜たちを撲殺しました。
かくて前線からは、続々と捕虜たちが送られて来るようになり、兵馬は休みなく往来し、市街で殺された死骸は道路に満ち、血は流れて土を濡らし泥となりました。

これを見物する人も道にあふれました。
皇帝もときどき見物にやって来ます。
一般のウワサでも、「護送されてくるのは叛乱軍ではなくて、近隣の牛飼いや農民ばかり、罪もないのに叛徒に仕立てあげられて捕らえられて来たものだ、皇帝の軍隊はまだ州の境界線を突破できず、皇帝に戦果の上がらないのを怪しまれないようにするために、むやみと罪もない人民を捕まえては都に護送しているのだ」と、言っています。もう誰もが知ることなのです。

にもかかわらず、そんな捕虜たちを、左右両軍の兵士どもは、斬り殺しては、その眼肉を割いて食べています。だから市中の人々は、いずれも今年はなんと不吉な年かと言っています。

・・・・・・・
(以下省略)

=========

と、話はまだまだ続くのですが、ここまでお読みいただいて、いかがお感じになりましたでしょうか。
すべての権力と権威を握る個人がいるということの恐ろしさ。
そういう国に生まれることの恐ろしさ。

そしてそういう国に生まれ育てば、息を吐くように嘘を言ってでも生き抜かなければならなくなることも、理解できようかと思います。
またご一読いただいて、この『入唐求法巡礼行記』が、世界で「東アジアの三大旅行記」と呼ばれている古典書物でありながら、戦後の日本で、まったく秘匿されてしまっていた理由も、おわかりいただけたのではないかと思います。

当時の唐は、周辺国にたいへんな影響力をもった超大国です。
そしてそこには、数多くの仏典などもあります。
ですから、日本からは、勉学のため、遣唐使が派遣されていました。

他国の状況をキャッチアップしておくことは、とても大事なことです。
いつ唐が、日本に攻め込むと意思決定するかもしれないし、唐に大異変が起これば、難民が押し寄せる危険もあるのです。

円仁の帰国の47年後の寛平6(894)年、菅原道真公の建議によって、遣唐使は廃止となりました。
そしてその13年後の907年に、唐は滅亡しています。
唐の滅亡は、当時の東アジア全体をゆるがす大事件でした。
それは、東アジア秩序の崩壊でもあったし、支那本土内で、大混乱、大虐殺は、周辺国へも多大な影響を与えたのです。

ところが日本は、13年前という、絶妙なタイミングで遣唐使を廃止し、事実上の鎖国をしています。
当時の政治家たちの先見性には、ほんとうに知れば知るほど驚かされます。

そして、同じ時代でありながら、500年の長きにわたって死刑さえ行われず、裁判を行う際にも、すでに10世紀には、藤原公任によって、刑事裁判において、被告人には、科せられた懲役年数がちゃんと記載されるようになっていたのが、日本なのです。

まあ、長いので本文はねずさんの方を読んでもらうことにして、要するに、西暦900年前後の時代、唐が極東アジアも席巻したが、
その唐の皇帝(金色を表す黄色が皇帝の色)
a0348309_17283297.jpg
は問答無用で仲間であろうが臣下であろうが、僧侶であろうが、臣民であろうが、思いつきで殺害していたという事実である。ましてや、農民や市民を捉えて見せしめのために八つ裂きに殺して食っていた。これだ。

この「食っていた」がつい最近まで存在した。だから、中国の古典にはかならず人を喰う話が出てくる。人は食い物だから「殺人」という概念もなければ、「弔う」という概念もない。

この支那「唐」の皇帝の
属国として「赤」の服
a0348309_1733282.jpg
を着るようになったのが、赤が国の色である朝鮮、南北朝鮮である。これは、「属国」の色である。

表向きは忠誠を誓い即座にその裏では反逆の機会を常に伺う。これが「朝鮮脳」「放射脳」の起源である。

ちょうど西洋社会では、2000年前に国を失って以来流浪を繰り返した、いわゆる「ユダヤ人」(偽ユダヤ人=宗教がユダヤ教の西洋人)がそういう傾向を持っている。どの国に住んでもその国民を嫌う。我が国では、在日朝鮮人支那人がまさにこれと同じである。

この意味でも、「日本は世界の雛形」なのである。

これが支那人の人喰い人種の恐ろしさであった。が同時に、朝鮮人の放射脳の恐ろしさの起源でもあった。

動物、自分が食われそうになれば、小便垂らし糞をひり、相手に嫌がられるような行動をして逃げる。ヒトモドキも同様である。いつ支那人に食われるか、襲われるかと思っていれば、常日頃、臭く、汚く、汚らわしい民族でいたほうが生き延びやすくなる。武器もないのに襲われそうになれば、類人猿メノスのように脱糞してその糞を投げつける。身体に塗りたくる。いつ滅ぼされるか分からなければ、年がら年中の女をそそのかして精子を降り注ぐことに夢中になる。だから、まともな文化が育たない。

これが朝鮮人文化であった。基本的にはいまも同じである。要するに、これもまた適応進化の妙。世界一邪悪化することによって人喰い支那人から防御したわけだ。

鼻の良い、清潔な日本人が韓半島に近づかなかったのも当然である。汚なさすぎる、臭さすぎる、危なすぎるのである。


(う)それから1000年
これが9世紀ごろの支那人の世界だったが、それから1000年後そんな支那人ですら最近では朝鮮人に手こずるようだ。

まずは、近代になってこの朝鮮民族に出くわした各国の軍隊の取り扱い要注意マニュアルが存在した。これはネットでは有名だが、ダマスゴミはだんまりである。あまりに民進党の人間の行動にどんぴしゃりだからだろう。

一応、ここでも何度かメモしたが、またメモしておこう。以下のものである。
戦時下での各国韓国兵対応マニュアル

各国の朝鮮人の扱い方

■併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達

一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。
一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。
一、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。
一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。
一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
一、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。
一、朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。
一、朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと。
一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。
一、朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。
一、朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。
一、朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。
一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。


※ずいぶん正確になされた「朝鮮人研究」通達である。この通達文は、今日においても尚学ぶところが多い。いや、学ぶところばかりである。われわれは、先達の正確無比な朝鮮人研究結果を、決して無駄にしてはならない。


■ 日本:第二次世界大戦(大東亜戦争)

【 旧日本陸軍の朝鮮兵取り扱いマニュアル】(朝鮮軍司令部1904~1945)

一、いつ、いかなる時でも唐辛子粉を食事に際し好きなだけ使わすこと。
一、絶対に頭、体を叩いてはいけない。怨みを持って復讐する気質があり、脱走の原因となる。
一、清潔な食事運搬用バケツと雑巾バケツの区別をよく教えること。
一、危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖があるから、日本兵二名で一名の朝鮮兵を入れて行動せよ。

■ アメリカ:ベトナム戦争

【米軍による韓国兵の扱いマニュアル 】

1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。
  但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
6.相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。

※三番目は「韓国軍は、スープ搬送用のバケツと便所掃除用のバケツを共用する。注意しても、しばしば共用する行為を見かける」という事例からだと思うが、まさに「味噌も糞も同じ(区別がつかない)」だと考える彼らの民族性を正確に分析している。それはともかく、日米両軍の“韓国(朝鮮)兵取り扱いマニュアル”を比較していえることは、前者は「とにかく力でねじ伏せろ!」という遊牧民族的な発想であり、後者は農耕民族らしく「和を以って貴しとなす」といった共存・共栄の精神が伺える(?)。やはり徹底的に韓国(朝鮮)人たちを力でねじ伏せることができない以上(できるのなら別だが)、彼らの特性をとことん研究し、それを上手く利用した方が利口なのではないか。


■ 旧ソ連(ロシア)

【 旧ソ連共産党による朝鮮の扱い方 】

1、頭痛の種になるだけだから関わるな
2、手段を選ばぬキチガイ揃いだから関わるな
3、関わるとこっちが痛い目に遭うから関わるな
4、関わってきたらウォッカ飲んで忘れようぜ

(nadarechan1113の絵日記「今昔変わらぬ朝鮮兵気質」より)
http://blogs.yahoo.co.jp/nadarechan1113/21578814.html


とまあ、これが日米露の朝鮮人マニュアルであった。

どうやら最近ではこれに中国人のものが付け加わった。これが実に興味深いのでこれもメモしておこう。以下のものである。
■ 中国

【ある中国人からの忠告】

馬鹿に情けをかけてはいけません。

日本人は韓国人に対し、優しすぎます。それは日本の為に良くないことです。そして、韓国の為にも良くないです。

日本在住の中国人に話を聞きました・・・・。

韓国人は、「優しい」と「弱い」の区別が出来ません。また、「強い」と「悪い」と「正義」の区別も出来ないのです。韓国人と付き合うのはとても厄介です。中国人も韓国人とは関わりたくありません。しかし、我慢して付き合わなくてはいけない状況です。

韓国人は「対等」と言う概念を知しません。韓国人社会は個人同士、どちらが優位な位置に居るか?それが、最重要な関心事です。

個人主義の中国人から見ても、異常性を感じる社会です。このような社会で生きる韓国人は、他人に対する思いやりや慈愛の精神は皆無です。したがって、日本人が普遍的に持っている「平等感」や「対等」と言う気持ちや態度は、韓国人は敗者の態度に見えてしまいます。

中国人は韓国人の軽薄な精神性をよく理解してますが、日本人は韓国人をあまり理解していません。日本人は韓国人が「まともな人間」だと思い、対応しているので、問題が発生するのです。

中国人から日本人に忠告します。

韓国人は犬だと思って付き合いなさい」。それが韓国人のためでもあります。 
謝ってはいけません。
筋の通らない理屈を言ったら、100倍制裁をしなさい。
感謝の気持ちは、王が家来に褒美を与える様に接しなさい。
正論や理屈は意味がありません。強制と命令で動かしなさい。
裏切りにたいして、温情は絶対にいけません。
実行できない無理な命令を出して、出来ない事を責め続けなさい。


流石に漢人支那人。朝鮮族のことをよく分かっていらっしゃる。また、扱い方が白人と同じで面白い。

朝鮮人は犬のように扱えとな。人と思ってはいけないと人食い人種の白人と支那人がそう言っているわけだ。

さらに米軍ですら気づかなかったのは、朝鮮人を攻めるやり方である。
実行できない無理な命令を出して、出来ない事を責め続けなさい。


これを今シャープの朝鮮人社長がやられた結果、白旗上げて「支那人に買収されちゃった」んですナ。まあ、台湾にある支那人企業の社長に食われないことを祈るのみ。

だから、朝鮮人をトップにしてはならないという鉄則が生まれたわけだ。

まあ、結論から言えば、シールズの〜〜が何を言おうが、狼や犬の遠吠えだと思って無視する。異常行動したら犬のように蹴散らし、命令する。出来ないことをやれと言って、野犬に棒を何度も拾いに行かせて攻め続ける。

こうやれと人食い人種は言っているわけだ。


いや〜〜、人喰い支那人恐るべし。朝鮮人の習性や気質を知り尽くしているわけだ。

なんとなく、自民党にシナ系の帰化人がいる理由が分かる。


いやはや、この人喰い支那が世界長者になり、狂犬朝鮮が先進国の中に入ったわけだ。そうでなくとも大柄で凶暴な白人種の世界でうんざりさせられてきた日本人として、まさに虻蜂取らずですナ。

いやはや世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-31 18:08 | 支那・共産・南京捏造

中国人の怖さとは?:爆買い支那人が南京大虐殺の復讐を南京虫で取った!?   

Will Smith Stomps on Roaches


みなさん、こんにちは。

今日は結構興味深い話を見つけたので、一応ここにもメモしておこう。

我が国で「」といえば、もちろん「南京虫」か、あるいは、横浜や神戸の南京街だろう。

前者の「南京虫」。我が国では「トコジラミ」
a0348309_15332590.jpg

a0348309_15334329.jpg
といって大変恐れられている。皮膚病やアレルギーの原因。あるいは原因不明熱の原因で、時に下半身不随になったり、死に至る。


後者の南京町。これは、言うまでもなく、中国のアルナラファンタジーによる捏造された「南京大虐殺」などあろうはずがない。

そもそも横浜や神戸の南京街を作って移住してきた中国人こそ、戦後に共産党中国人によって粛清されかねないから我が国に逃げてきた人たちだったわけだ。

もし南京大虐殺するのが日本であったら、なんでわざわざ虐殺されるために我が国に逃げるのか?

今も昔も特ア支那朝鮮は、平気で異論反論オブジェクションを弾圧し虐殺する民族だった。そしてついでに煮て焼いて食ってしまったのだ。残るは骨だけ。

だから、我が国に命からがら日本人に混じって逃げてきたわけだ。そして、共産党によって「ブルジョア」とみなされた中国の宮廷料理を日本で残した。だから、中華街になったわけだナア。

さて、そんな「南京」。南京虫。

どうやら、昨今の中国人の爆害によって昔よりさらに進化した最先端の南京虫が我が国に中国人の旅行者の持ち込んだスーツケースや履いているパンツや衣服にくっついて都内など日本全国に侵入したらしい。当然、そのうちブラジルのジカ熱蚊も来るはずだ。以下のものである。
”爆買いの副作用”に日本業者が『文字通りの絶叫をあげる』悲劇が発生。おぞましい光景にドン引きする人が続出

訪日中国人の増加とともに被害が急増している南京虫。部屋の隅などで繁殖する(一般社団法人大阪府ペストコントロール協会提供)
a0348309_1540834.jpg

a0348309_15395853.jpg

春節休暇で続々と来日した中国人観光客。ひょっとしたら、南京虫を連れているのかもしれない=関西国際空港
a0348309_153940100.jpg

a0348309_15392630.jpg

a0348309_15415673.jpg

 昭和50年前後に制圧されたはずの南京虫(なんきんむし)=トコジラミ=が、大発生の兆しを見せている。しかも、市販の殺虫剤が効きにくい「スーパー南京虫」というからタチが悪い。大阪や東京などの都市部を中心に民家や宿泊施設で被害が確認されており、被害に遭った宿泊客が施設を相手に訴訟を起こすケースも。南京虫は中国南部などにも多く分布し、訪日外国人の増加とリンクして相談件数が増えていることから、関連を指摘する専門家もいる。「爆買い特需」にわく宿泊業界は、とんだ“置き土産”に戦々恐々だ。(吉村剛史)

訪日外国人の増加に伴って…

 戦後の生活環境の改善などに伴って、日本や先進諸国では40年ほど前にほぼ制圧されたはずの南京虫。いったい、なぜこんなに増殖しているのか-。

 「訪日外国人の増加に比例して、再び国内で南京虫に関する相談件数が増えてきた」

 大阪府の担当職員はこう分析し、警戒感を強める。

 ここ数年、府下の保健所に南京虫に関する相談が増加している。平成18年度はわずか10件だったが、24年度に158件に増加。26年度にはさらに増えて267件にまでなっている。

 こうした傾向は、大阪だけでなく、東京をはじめとした全国に広がっている。

 最近、増殖が確認されている南京虫は市販のピレスロイド系殺虫剤に対する耐性がつき、「スーパー南京虫」とも呼ばれる。殺虫剤メーカーの大日本除虫菊(大阪市)の広報担当者は「薬剤抵抗性種(スーパー南京虫)を駆除するには、高熱蒸気などを利用するか、業者専用の有機リン系の殺虫剤を使うのが効果的な方法」と説明する。

 政府観光局によると、円安やビザ発給要件の緩和などにより、25年に初めて訪日外国人が1千万人を突破。27年には2千万人にも迫る勢いを見せたが、それに伴って南京虫の相談件数も飛躍的に増加している。

 特に中国からの訪日客は昨年、国・地域別で1位となり、「爆買いマネー」が飛び交った時期とも符号する。ある専門家は「あくまでも推論だが、中国からの訪日観光客や往来の増加との関連を疑う声もあるほどだ」と指摘する。

http://www.sankei.com/west/news/160311/wst1603110003-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/160311/wst1603110003-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/160311/wst1603110003-n3.html
http://www.sankei.com/west/news/160311/wst1603110003-n4.html
以下省略。


まあ、個人的に俺が恐れていたのはこれである。

中国はごく一部の富豪以外は非常に劣悪な環境に住んでいる。文化的にかなり公衆衛生概念が遅れている。また日本のように湿気の多いところに住んでいるわけではないから、掃除もずさんな上、畳に暮らすわけでもない。だから、古代の日本のように土間に土足の靴で過ごす。そして、わらを詰めたマットのベッドに寝る。

こういう文化だから、家にはダニ、シラミ、蜘蛛、ゴキブリが必ず無数にいっしょに暮らしている。

かつて私がユタ州のソルトレークに住んだ頃、日本人留学生の知人が中国人留学生が住んでいたアパートに引っ越した。ある日の夜中に突然口の中に何かが入った。そう思って、電気をつけてみたら、

なんとゴキブリだった!

それで天井を見ると、そこはゴキブリの大集団が集まっていたというのだ。その先輩は、すぐ引っ越したらしい。

というのも、中国人はアメリカでもどこでも肉を油を使って家の中でどんどん焼く。だから、アブラムシことゴキブリが繁殖する。

スメル チャイナ。Smell China.

これはアメリカで言う、中国人のイメージだ。

ドーミトリーでも共用キッチンでどんどん煙だらけにして肉料理するから、こう言われたわけだ。

もちろん、日本のホテルでもアパートでもどこでもそうだ。

欧州白人は非常に鼻がいい。およそ日本人の10倍は鼻が利く。だから、香水文化が花開いた。

だから、家の中で肉を焼くのは非常にニオイが残って嫌がる。だから、バーベキュー形式で肉は家の外で焼くのである。


中国人は鼻が悪い。だから、あまり気にしない。我々日本人より鼻が悪い。ゆえに、日本人が嫌がることをしても平気である。

まあ、鼻の良さで言えば、

西洋人>>日本人>>中国人>>>>>韓国朝鮮人

であろう。

だから、朝鮮人に至っては糞を手で扱ってもなんとも感じないらしいゾ!!!あのキムチのキムチ悪いニオイもまったく気にならないわけだ。

まあ、いっしょに暮らすのは不可能だ。

だいたい、中国人が中国の船で我が国の日本海側に停泊するからそこからスーパー猛毒南京虫が出てくるのだ。

終戦直後の日本のように、米軍の大空襲で破壊された都市の地べたや草むらに寝泊まりした頃の日本人のように、またこんなやつ
米兵のDDTによる強制的消毒
a0348309_1610296.jpg

もしくはこれ
a0348309_1620926.jpg

70年ぶりのデング熱感染!:やはりブラジルW杯関係者が持ち込んだのか!?
が必須になる日も近い。ぜひ中国人には入国前にこれを義務付けるべきですナ。


いよいよ支那人の弊害が解ってきただろうが、遅い遅い。

バカは死ななきゃわからない!

これですナ。

ご愁傷様。

銀座も、銀座というよりは、南京座になったんちゃうか?

だから、いったろ、中国の貧民にノービザ渡航は100年早い!聞いているか害務省と法務省!!!

まあ、スーパーソールジャー化した南京虫に大虐殺されちまえ!ざまあみろ!


いやはや、世も末ですナ。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-12 15:58 | 支那・共産・南京捏造

中国共産党に最大のブーメラン飛ぶ!?:支那がNHKの映像の世紀を検閲した!?   



みなさん、こんにちは。

いやはやNHKは支那共産党の支配下に落ちたのだろうか?日本の公営放送局であるにもかかわらず、中国の天安門広場の惨劇の映像がカットされたのだとか?
中国、NHK「映像の世紀」の天安門事件場面が真っ暗に…番組が断続的に中断

 中国で21日夜、1960年代に始まった文化大革命などを紹介するNHK海外放送のドキュメンタリー番組が断続的に中断された。画面が真っ暗になり、音声も聞こえなくなった。中国当局が検閲したとみられる。

 中断されたのは「NHKスペシャル」の「新・映像の世紀」。文革で失脚した劉少奇国家主席(当時)が映った場面や、民主化運動を武力弾圧した89年の天安門事件を紹介する映像が見られなくなった。(共同)


だから言ったろ、NHK本社には韓国と中国の放送局が入っているから、連中を即座に追い出しておくべきだと。

普通は他国内で行う自国の放送局があるとすれば、それは自国に大使館内で行われるべきものである。

それが、なぜか我が国の場合には国民の受信料という実質上の税金で運営資金を得ているはずのNHKが韓国や中国をえこひいきしている。これは本当におかしな事態である。そればかりか、NHKの所員を脅迫して、我が国の番組を白昼堂々と検閲する。

調子こいていますナ。習近平!

というわけで、本来ならNHKが報道すべき場面をここにNHKに変わってメモしておこう。

この天安門事件の当時、私はユタ大学留学中であった。最後の年であり、必死で博士論文を作っている頃だった。そんなさなかに天安門広場の事件が起こった。

中でも中国共産党軍の戦車に轢き殺されて「2次元人間」「平面人間」にされてしまった場面は衝撃を持って全世界に放映されたのである。これである。
1989 Raw Video: Man vs. Chinese tank Tiananmen square

a0348309_11153050.png

a0348309_1115318.png


Tiananmen Massacre - Tank Man: The 1989 Chinese Student Democracy Movement


Tiananmen Square 1989 Protests Documentary


5 Things You Don't Know About the Tiananmen Square Massacre | China Uncensored



中国はこの事実を完全に隠蔽しているとか?

習隠蔽ですナ。


それにしてもNHK、こんなことをやっていながら受信料だけは国民から拝借。方や中国韓国や外国には無料放送。なんか哲学が間違っていますナ。

近々NHKに韓の法則が発動しそうである。

いずれにせよ、特アの未来は暗いらしいゾ。

いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-02-22 11:09 | 支那・共産・南京捏造

逆説「中国とは国交断絶せよ」→それが中国人から尊敬される道!   

「お客様は神様です」本当の意味とは?


みなさん、こんにちは。

いやはや、Mac OSX El Capitanを入れた結果、それまでのTexShopがまったく使い物にならなくなった。以前、Marvericsに乗り換えた時も似たような問題が起こり、いろいろやってやっと正常に使えるようになったのだが、今回のEl Capitanの場合はアップルが抜本的にいじわるしたらしく、まだTeX創作者たちがそれに追いついていないために、今必死でやっているが、振り落とされつつあるようだ。だから、そのまま使えるには大分先のようである。

そんなわけで、私は結局El Capitanから2世代前のMarvericsまでタイムマシン機能を使って昔のシステムをリロードする形を取るほかなかった。El Capitanは若干スピードはましたが、体裁が幼稚化したため、俺の好みではなかった。

やはり、マーベリック=離れ牛=一匹狼である俺にはMarvericsの方が合っている。

というわけで、結局こんな感じの作業になった。
news.usで自動ポップアップする
→トレンドマイクロのウィルスバスター入れる
→Add-onを試しに使ってみる
→Time Machine用HDD認識されず
→ウィルスバスターやAdd-onを破棄
→電気屋でHDD診断→問題なし→OSX El Capitanを推薦される
→OSX MarvericsからOSX El Capitanへ
→一日経ってもOSX El Capitan入らず
→13億時間必要メッセージが出た
→Command + Rでクリーンインストールし直す→これまたフリーズ
→二度目のCommand + Rで何とかインストール完了
→TexShop2011動かず
→TexShop2015探す
MacTex2015見つける
→MacTex2015ダウンロード
→TexShop2015ダウンロード完了
→「OS X El CapitanでTeX環境をゼロから構築する方法」発見
→これを見て設定完了
→しかし以前のTextが「文字化け」、タイプセットできず
→TexShopのさまざまな修正
→しかし機能せず、文字化け
→Tex創作者のHPがまだ未完成
→システムバックを決断
→Time MachineでバックアップからMarvericsへ戻す
→一応、元に戻る
→TexShopが問題なく使える←今ここ


こんなことからも、アップルがジョブズ亡き後、かなりレベル低下している観が否めない。つまり、今の経営者はホモだから、ホモは製品やクリエイティビティーより、その製品作ったりクリエイトしている「男」の方に興味が移りがちなのである。それが、製品の品質管理の弱点を生む。本来製品つくりに時間を掛けるべきところが別の方にいってしまうためだ。同様に女性が社長になっても同じようなことが起こる。マクドナルド、ヤフーなど女性社長になった途端に経営難になり、今では倒産の危機である。ちまたでは米ヤフーはもう倒産は時間の問題という報道があったヨ。女性社長は良い男の方に興味がある。ストレスを男につぎ込む。やはり、仕事はちゃんとした家庭を持つ男でしょ。どうやらそういう復古主義的と言われたことのほうが正しかったらしい。これについてはまたいつかメモすることもあるだろう。


さて、商売の世界では中国人の「春節」による「爆害」じゃなかった、「爆買い」で浮かれつつあるらしいが、そうした結果、いつしか、日本は台湾やベトナムやミャンマーや沖縄のようになるという。そんなジョークのような真実をメモしておこう。

(あ)まずは「春節」爆害のお話。これである。
たくさん買って帰る…爆買い中国客「熱烈歓迎」

a0348309_10213553.jpg

 中国の旧正月にあたる「春節」を挟んだ大型休暇が7日に始まり、静岡空港も多くの中国人観光客でにぎわった。

 中国経済の減速で、観光客数の減少を懸念する声もあったが、空港で出迎えた静岡県観光振興課の職員は「春節時期としては、ほぼ例年並みの観光客数で、大きな影響はなさそう」と話した。

 「化粧品や家電製品など、質の良い日本製商品をたくさん買って帰りたい。富士山を見るのも楽しみ」

 初めて日本に来たという上海の会社員女性(35)は、空港の到着ロビーで笑顔を見せた。

 上海や武漢など中国10都市との定期便がある静岡空港。到着ロビーでは、同課職員ら4人が「熱烈歓迎」と書かれたのぼり旗を持って出迎え、富士山をあしらった中国人観光客向けの絵はがきセットを手渡した。

 絵はがきにはQRコード(2次元バーコード)があり、携帯電話のアプリなどで県の専用ページに登録できる。県は、県内にある観光名所への感想を書き込むと、化粧品などが当たるキャンペーンを行っており、アプリの活用で登録者の拡大を目指す。県は観光情報を登録者に発信することで、集客拡大につなげたい考えで、春節の休暇が終わる13日までに、空港やホテルなどで絵はがき計2万5000セットを配布する。

 中国人観光客による「爆買い」への期待も高い。御殿場プレミアム・アウトレット(御殿場市)の担当者は、「春節期間に前年同期比で8割増の売り上げを期待している」と話す。7日は例年並みの中国人観光客が訪れたという。春節時期をにらんで、外国人向けの割引や、中国など海外への荷物配送サービスなどを実施し、集客に知恵を絞っている。

 ホテルなどの宿泊施設も、春節休暇中の中国人観光客に期待している。浜松市のホテルは、「株安など中国経済の影響を心配していたが、予約数は昨年とほぼ同じ」と胸をなで下ろしている。伊東市のホテルによると、春節時期の予約は「満室の日もあり、平均8割は埋まっている」という。


まあ、我が国の戦後70年の伝統は、かの三波春夫の「お客様は神様です」精神で汚染されているから、だれもなんでもかんでもお客様は大歓迎する。そういう文化圏ができている。

最近の欧米人やら害人はそれに非常に喜んで、今や年に2000万人も我が国に旅行(という名の「収奪」)に来る。

旅行者はいわば「トロイの木馬」のようなものである。だから、旅行者の買い物程度だと思わせて入国し、その間に性犯罪、略奪、盗難、火事、居座り、なりすまし、殺人などありとあらゆることを行うわけである。

害人がノービザで3ヶ月も国内にいるということは、匿名の無法人が3ヶ月も居座ることに等しいのである。

今のところ、法務省も一般人のその怖さを分かっているようには見えない。だから、大歓迎するわけですナ。

ところが、まだ基本的にキリスト教圏の西洋系であればまだしも、超絶反日プロパガンダに染まる中国支那人の場合、あるいは、韓国人の場合は、そうではない。そこが大問題の潜む場所である。

韓国人なら、日本は敵国とみなしているわけだから、入国する時、人の目のあるときには、それなりの態度でいるが、日本人の目のない場所では様変わりして、神社仏閣や墓を破壊し、仏像や狛犬や木を盗み、火を放つ。万引きなどお手のものだ。

中国人なら、入国しに換金する中国元が本物かどうか?犯罪組織から買った極めて本物に近い偽札である可能性が高い。それを脳天気な日本の税関で円に換金して、爆害する。

だから、後で中国元を円に換金できないし、ましてや今ではドル建てになっていない。

つまり、爆買いどころか、爆奪なのだ。

とまあ、俺はそう予想しているんですナ。

支那人と関わっていいことなど何もない。ましてや韓国朝鮮人はいわずもがな、である。

そんなわけで、もし中国人を歓待してあげたらどうなるか?→今の沖縄のようになる。

この問題の「本質」を例によってねずさんこと、小名木善行さんが見事にまとめているので、それをメモしておこう。本文は長いので、ここではこの話の本質に近いものだけ、メモしておこう。以下のものである。

(い)中華人民共和国は「国家」ではない!
国境と国家
a0348309_11212431.png

こうした思考は、いまの中共政府も同じで、そもそも中共政府の元の紙幣には、複数の言語で金額の表記がされています。
言葉の違いは関係ないのです。
つまり、彼らの考え方に従えば、自国の影響下に入った国は、すべからく彼らの国の領土です。

ですから、日本にいて、中共政府の手先になっている人が増えれば、日本は中共の一部になるわけです。
そのためには、ほとんどの国民にそのような自覚がなくても、明らかに中共バンザイと唱える人の声が大きくなれば、事実上、当該国は中共の影響下に入ったことになり、影響下に入れば、そこは大昔からの中共の領土だという認識になります。
これが、彼らの考え方です。
その意味では、中共は国家とさえもいえない、つまり中共も支那にある軍閥のひとつでしかないのですが、困ったことに、戦後、米国がそのようないい加減な中共を、政府として承認してしまったわけです。
つまり国家としての能力を持たない支那共産党という政治団体が、統治能力もないのに勝手に政府を名乗っていたものが、国際的に国家として承認され、いまに至っています。

そしてその中共政府は、清朝などの歴代支那王朝と同じで、「影響下にあるエリアは、全部、自国の領土だ」と考えます。
それが中華人民共和国です。
どのような言語が話されていようが、どのような通貨が使われていようが、どのような文化があろうが関係ないのです。

ですから翁長知事という親中政権ができた沖縄県は、中共政府の考え方からすれば、すでにそこは中共の領土の一部です。
台湾も、ついこのまえまでの馬政権は親中政権ですから、その間は、中共の一部です。
ところが資金的に詰まり、影響力の行使ができなくなってきたから、沖縄の宜保市の選挙では、反中市長が誕生し、台湾でも反中総統が誕生しました。
つまり、支那共産党の影響を外れました。

要するに、日本人にとっては、
「国境があって国家がある」ですが、
支那においても西洋においても、
「国家があって国境がある」のです。


ですから国境は、太ったり痩せたりします。
それが「あたりまえ」というのが、彼らの認識です。

全文はそちらを読んでもらいたいが、この小名木善行さんの指摘通り。現中国は、中国共産党が支配している、ゆえに、それが国家を形成している。だから、中国共産党が支配する場所はすべて中国になる。

これが彼らの論理なのだ!!

ここを踏まえておかないと、我が国は中国の支配下に置かれるわけですナ。


つまり、最初のニュースの静岡空港のように、日本人の気の良さから、中国人のためにと脳天気に思って、中国人好みの配色や看板や言語で接待すると、彼ら中国は
「静岡県は我が国に入った」
と認識するということなのである。

そういう論理構造しかないのである。口で説明してどうこうなるものではない。

それが大陸の人間の習慣なのである。だから、戦争や抗争が絶えないのである。

今現在のヨーロッパの難民問題もまさにこれが原因である。

場所の問題ではなく、だれが大多数となってその地で優勢になったかどうかで、その地がどの国に入るかが決まるのである。だから、中東のISIS国のように、勝手に思想的に支配したから、そこは自分の国だと言い張る事が可能なのである。

これが、我が国や英国のように、海を境界として国境がある文化圏の国民とはまったく発想が違っているのである。

国境は文化圏や言葉の違った勢力による抗争によって定まるから、「文化に染まる」=「属国になる」という意味なのである。

だから、大陸の中でも最大の国家であるロシアは、大統領も首相も人前では笑わない。だから、ロシアのプーチン
a0348309_10543951.jpg

も他国民を睥睨して睨むのであって、決して笑わないのである。

だから、世界の(日本の外の)政治にあって、スマイルなんていうことはあり得ないのだ。
スマイル=相手を迎合するか、あるいは、そいつが馬鹿かのいずれか
となるからである。


というわけで、最近の銀座でも「中国人は金色が好き」→「だから、金色にすれば爆買いしてくれる」と思って、それなりの対応をしたというが、これこそ大馬鹿ものである。

「銀座は中国の一部になった」と解釈し、勝手に日本の倒産したりしかけた弱小バス会社を買い取った支那人が銀座であろうがどこであろうが自由気ままに日本の法律など無視して何十台ものバスを発着させるのである。
a0348309_11294680.jpg



要するに、「中国人には迎合しない」「中国人は差別しろ迫害しろ」→「これが逆に中国人の尊敬を集める」のだ!

というわけで、結論は、
中国との国交断絶
である。

ちなみに、アメリカのオバマ大統領が中国の習近平やロシアのプーチン大統領と面談して最恵国待遇で中国と付き合った結果、中国人はアメリカ人を馬鹿と見なすようになったのである。すなわち、アメリカは中国の属国だと勘違いしてしまったのである。

もうそろそろ、アメリカ人も我々日本人が言うところの、この3千年間の歴史から勉強してもらいたいものですナ。

この3千年間、中国人は人食い人種だったってヨ!


いやはや、世も末ですナ。

PS:
まあ、ちょっと物騒な預言をメモしておこう。俺の守護エイリアンによれば(→俺の世見ジョーク)、中国大歓迎している安倍晋三首相政権は、この中国人問題によって崩壊するのだと。これもまた、在日支那人ミンス党林議員と結婚した首相補佐の売国奴世耕議員
a0348309_1133995.jpg
の差金らしいが、甘利大臣を更迭したり、政権運営を後ろで謀略しているのがこやつらしいですナ。いずれにせよ、大の親中二階俊博議員の家来なんだろうヨ。ここまで迷走し始めたらもうはや安倍政権は終わりですナ。いずれにせよ、このまま中国の爆買いをさせたら、日本は終了である。きっと保守層が黙っていないヨ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-02-08 11:11 | 支那・共産・南京捏造