カテゴリ:地震・地震予知・噴火( 79 )   

20180906北海道地震:やっぱり人工地震だった説!?→俺「北と中露を脅すための核実験ですナ」   

人工地震(核爆弾)と自然地震の違い
a0348309_9472731.jpg




みなさん、こんにちは。

実は先程の650nTの地震電磁波のメモの前に、今回の北海道地震のことをメモしていた。

そのうちに、話の脇道で天下泰平さんの最近のシオニストへの転向についてメモしていたら、どういうわけか途中で記事を消してしまったのである。

だから、書き直しなのだが、即興でさっとあっという間に書いているため、最初に書いたことを忘れてしまったために、同じ記事が全く書けないのである。セーブする暇もなかった。残念無念。いやはや、困ったものですナ。

だから、いっただろ。最初に結論を書けってサ!結論から最初にメモすべきだと。

というわけで、まず天下さんのことを最初に結論を書くと、

天下泰平氏は、イスラエルのエージェントに様変わりしてしまった

のではないかということだ。

これはちょうど、やりすぎ都市伝説の関暁夫がかかったのと同じ病気:

ミイラ取りがミイラになる

という現象である。

関ルバーグの場合は、最初はフリーメーソンの悪事や野望を調査するという形で始まった都市伝説探しが、いまでは立派なNWOのマイクロチップ流通のエージェントになったということである。

つまり、最初は「フリーメーソンて怖いよね。こんなことやあんなことをやってきたんだよ」と調べていくうちに、いつしか「フリーメーソンの計画はマイクロチップ計画なんです。これが最新のトレンドなんです」というように様変わりしてきたわけだ。

いっしょにレギュラーで出ている周りの吉本無芸人やら、的場浩司の方が、「なんか変」という顔をして聞いているから興味深い。


これと非常似ていて、天下泰平さんこと、滝沢泰平氏〜 滝沢泰平 公式ブログ 〜の場合もそうなってしまった。

最初は、2001年の911無差別同時多発テロがアルカイーダの犯行ではなく、実際には米ネオコンとイスラエルモサドの世界シオニストによる陰謀で、アラブやイスラムを破壊するための口実作りで行われたということを調べてたはずだったのだが、それが、いつしかイスラエルに旅するようになり、そこで結婚式をあげ、子ができ、いつしか、今度は日ユ同祖論に感化され、最近では「日本とイスラエルの架け橋になりたい」とまでいうことになってしまった。

要するに、反イスラエル派から親イスラエル派に大転向、180度の組み換えを行ったわけですナ。

いったい何が起こった?


最近では、旧日本大使になったエリ・コーエンと日本国内の米国領のホテル内で、パスポートもなければ入れないホテル内で、講演会もすることができるようになった。

これまた、どうして?いったい何の便宜をもらった?

とまあ、こういう案配である。

ちなみに、このエリ・コーエンさん、イスラエルの「古代イスラエルの10支族」の調査部門のアミシャブをここ徳島と剣山にも連れてきて、調査したのはいいのだが、我が国でいう「六芒星」が彼らのいう「ダビデの星」に一致しているという偶然の一致を真に受けて、そうした日本の宝、徳島の宝である歴史的遺物、歴的財産をねこそぎイスラエルに持ち帰ってしまい、その後梨の礫でまったく返却されていないというのである。

おまけにその返却を迫った美馬市長は自動車の大人身事故に見舞われ刑務所の中。

まるで隣国南朝鮮の偽仏教僧が、対馬や日本国内にきて、寺から重要文化財を勝手に彼らの歴史の捏造神話だけで、盗み取って帰るというようなものである。勝手に「昔の日本人が盗んだものだから、自分が盗んで返してもらう」という屁理屈をこねるわけだ。

アミシャブのやっていることもこのコリア人のやっていることと100%同じなのである。

というわけで、「日ユ同祖論」というよりは、やはりここは「鮮ユ同祖論」というべきものなのである。(ちなみに、俺は「日イ同一論」をとっている。古代イスラエルは現日本人の移住ルートに過ぎないという説である。)

あらゆる歴史、あらゆる思想、あらゆる思考、あらゆる行動、あらゆる嗜好、。。。

なにを見比べても、日本人と現代イスラエル人(とユダヤ人)とはあまりにもかけ離れているのである。

我々が「外人(がいじん)」という意味は、他所の人という意味にすぎず、これといって差別をしているわけでもなければ、迫害するわけでもない。むしろ、自分より他所の人を大事にする。お客人として迎えるわけだ。そしてその他所の人はその人の国を発展させて欲しいと願う。

ところが、いわゆる「ユダヤ人」こと、「偽ユダヤ人」は、ユダヤ教徒ではない人を「ゴイ」とか「ゴイム」という。
そして、「1人のユダヤ人の血は1000人のゴイムの血に匹敵する」といって、ユダヤ人が1人殺されたら1000人のゴイムを殺しても良いという教えを伝達している。

確かに「外人」というときの「がい」と「ゴイム」というときの「ごい」は似ている。しかし、その意味は全く違うわけである。

だから、隣のパレスチナやアフガンやイラクやイランを無差別にどんどん爆撃するわけである。

この爆撃司令を行っているのが、現イスラエル首相の妬むやつことネタニヤフ首相であり、こいつが、

2011年3月11日の東日本大震災の引き金を引いた

のであった。

日本人が、どこぞの国の一般人を巻き添えにする核爆弾で地震大津波を引き起こしますか?

コリア人なら、そういうことを行うに違いない。なにせ一般人のコリア人女性でもこういう感じだ。
コリア人女性「正直日本には海に沈んでほしいわ」→「そうなれば、日本海が東海に変わる」
a0348309_941228.jpg



まあ、だいぶ前置きが長くなったが、こういう現実の雰囲気や空気を理解できないと、いまだに2001年の911が「二機の旅客機がぶつかった」だとか、2011年3月11日が自然地震による「東日本大震災」だとか、たいそうおバカなことを信じ込まされる結果になるわけだ。

NWOネオコンシオニズム連合による偽旗作戦→911同時多発無差別テロ
イスラエルモサドによる核爆弾地震大津波→東日本大震災

などと信じ込まされるわけだ。

さらには、最近の熊本地震とごく先日の北海道地震もまた自然災害かのように信じ込まされる結果になる。

熊本地震が人工地震であったことは、拙ブログのここにもメモした。
2017年 04月 14日 熊本地震から1年:ご冥福をお祈りいたします。他山の石ではない。
2016年 04月 19日 「熊本地震」:熊本の地下から「謎の放射能」が出ているデータが登場!?
2016年 04月 21日 「熊本地震はなぜ起こされたのか?」→結論「対中戦略でオバマ政権が起こした!」
2016年 04月 18日 「熊本地震」:在日不遜犯罪者に注意!連中はヒトモドキ。集団行動あるのみ。
2016年 04月 17日 「熊本地震」:やはりあった「謎の発光現象」!
2016年 04月 17日 「熊本地震」:ついに発見「怪しい掘削事業」=南阿蘇村の「地熱発電事業」


TOCANA > 異次元 > 地震・予知 > 熊本地震は人工地震? 恐怖の数字「18」
熊本地震は人工地震だった!? 恐怖の数字「18」とイルミナティの陰謀


そんなわけで、今回の北海道地震についても「人工地震説」あるいは「人工地震の証拠」を捉えたものがないか?

と調べたところ、あったあった。やっぱりあったゾ。

私自身はこの1週間ネットが使えなかったために、この地震については出遅れた。

そこで、いくつかそんなサイトをメモしておこう。以下のものである。

(あ)まずはこれ。

TALK RADIO Vol.10 北海道地震と大阪地震は100%人工地震である。 (真犯人は麻生太郎・安倍晋三・東出融)


(い)いわゆるなんでも「否定派」

北海道地震が人工地震、阿部の陰謀と言われる理由と真実を考察する


人が苦労して命をかけて陰謀暴露をしても、このタイプの人にはそんなことは関係なく、安易に陰謀論を否定して安心するタイプの心理の人。

これはいわゆる「スウェーデンシンドローム」の一種であると考えられる。これは、犯罪被害者が犯罪加害者を好きになるという病気。レイプ被害者のマン子がレイプ犯のちん棒を好きなるというたとえ。

自分が権力の犠牲になっても、権力者がそんなことをするはずがない、だって自分は権力者に尊敬しているんだから、という心理。

自分自身がいずれ権力者になりたい、金持ちになりたい、成功者になりたいという思いの強い人ほどかかる精神病。


(う) いわゆる陰謀論

みんなが知るべき情報/今日の物語

北海道、震度7「人工地震」安倍晋三「お前、知っていたな」未明3時7分の地震、僅か3分後に首相から指示!震源地周辺の諸君、 放射線量を測ってください、ガイガーカウンターで!出来すぎた台本のような時系列!犯行現場は自衛隊・安平駐屯地(あびらちゅうとんち)リチャード・コシミズ
a0348309_932493.jpg

a0348309_9332669.jpg


まあ、ここでは、こういうのは自分で見て判断していただき、ここでは、実際の地震波を見たいところである。


(え)北海道地震の地震波はどこ?

私は地震発生後テレビのニュースしか見れなかったから、気象庁の発表もテレビのものしかみなかった。しかし、その中でだれも北海道地震の地震波を提示しながら話す人はいなかった。100%確信。

そんなわけで、なにか変だ。なにか怪しいナアと思って気象庁発表みていた。いつもなら、すぐに大自慢で地震波を横に並べて得意満面で見せていたからである。

おそらく見られてはまずいものがあったんだろう。

というわけで、地震波がネットに出回っていないかを調べると、あったあった。これである。

その前にまずはこれ。
北海道地震の数時間前の不気味な発光現象~苫小牧方向
2018-09-08 08:31:42
a0348309_9393291.jpg



次はこれ。

北海道”人工”地震災害《またしても「本当の」震源地は自衛隊駐屯地》


aki‏ @luv4yeol 18時間18時間前
a0348309_9415186.jpg


人口台風つぎはまたもや人口地震?

陸上自衛隊早来(はやきた)分屯地・
疑惑の掘削工事エリア~北海道地震


北海道地震に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。これは間違いなく人工地震です!
a0348309_9433918.jpg


この最後のものに【防災科学技術研究所】
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/quake/
のデータが掲載されている。
a0348309_9463045.jpg

a0348309_9453948.png


9/6北海道震災 震源地は自衛隊安平駐屯地周辺 人工地震確定
a0348309_946156.jpg



とまあ、そういうわけで、俺の結論は、

東日本大震災→イスラエルモサドの起こした3連発核爆弾による人工地震による大津波地震

熊本地震、北海道地震→ジャパンハンドラーズと日欧米三極委員会による日本の核武装のための核実験

大阪地震→米イスラエルのシオニストによる安倍晋三政権への脅しのHAARP人工地震


というようなものである。


若者よ、陰謀論や陰謀暴露論を勉強しろ!



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
ちなみに、ロシア軍は日本政府に
「自然地震に偽装した核実験はやめろ。我々は証拠を握っている」
ロシア国防省は日本が地震を偽装した核実験を止めろと指摘。
っていっているよナ。これが事実なら、今現在の政治家全員射殺ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-09-12 09:57 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:9月中旬の650nTの地震電磁波到来!→昨日よりさらに強い!   

みなさん、こんにちは。

さて、昨日のメモ
HAARPモニター観察:9月中旬の550nTの地震電磁波到来!関東が要注意か?
以後にこの地震電磁波はさらに威力を増し、650nTになったので一応それもメモしておこう。以下のものである。

a0348309_8281180.png



これを見た限りでは、本体は我が国ではなく、環太平洋のどこかということになる。

いずれにせよ、環太平洋は、すべてリンクしているので、要注意にこしたことはない。

しかし、起こってしまえば、我々には防ぎようはないので、実に困ったことになる。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-09-12 08:31 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:9月中旬の550nTの地震電磁波到来!関東が要注意か?   

みなさん、こんにちは。

さてやっとネットが見れるようになり、地震電磁波の解析もできるようになった。
すると、早速550nT程度の地震電磁波が出たようである。日本方面の可能性があるから、要注意である。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

22018/ 9/11 08:57 更新
高速太陽風が始まりました。磁気圏の活動も強まっています。

担当 篠原

コロナホールによる太陽風の強まりが始まりました。
昨夜、10日19時(世界時10日10時)頃から、
太陽風の磁場強度が高まり始め、
今朝、11日4時(世界時10日19時)には10nTを超えて、
現在は15nTに達しています。

一方、太陽風の速度は、
今朝、11日5時(世界時10日20時)までは、
400km/秒以下に留まっていましたが、
ここから高まって、500km/秒と高速風に変わっています。

太陽風磁場の南北成分は、
磁場強度の変化とともに南向きに強まり、
-5nTから -10nTに達する強い南向きが続きました。
このため、磁気圏の活動は活発になり、
AE指数は500nTから1500nTに達する大きな活動が発生しています。

AE指数が1500nTに達した頃、
世界時10日17時半のオーロラの様子を、
昭和基地の全天カメラの動画で紹介します。
緑色のオーロラの上に赤いオーロラも輝き、
とてもきれいな光の帯になっています。

現在も太陽風の磁場強度は強い状態なので、
速度は更に高まる可能性があります。
一方、高速太陽風の発生源となったコロナホールは、
東西には狭かったので、
高速風はあまり長く続かないかもしれません。
27日周期の図の前周期を見ると、
4日ほど続いたところで、次の高速風が到来しています。

また、DSCOVR衛星のグラフの最後で、
磁場の南北成分が北向きに切り替わっています。
この傾向が続くと、磁気圏は穏やかになってしまうでしょう。


太陽は、2721黒点群は見えなくなりましたが、
南東(左下)側に新しい黒点が発生しています。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1812386.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_18122367.gif


X線揺らぎ
a0348309_18124071.gif

a0348309_18124366.gif


電子濃度
a0348309_1813853.gif


AE指数(速報値)
a0348309_18132224.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日300nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_18193677.jpg
(東海や四国のこの辺も赤いナア)

つまり、東海関東地方だろうか。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M5程度の地震が来る可能性があるということになる。
震度5前後程度である。

要注意である。

まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-09-11 18:25 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:8月下旬の500nTの地震電磁波到来!?   

みなさん、こんにちは。


ここでは地震電磁波のことを何も書いていなかったとしても、私は毎日観察を続けている。だから、なにかが起こればその都度メモすることにしている。

このところあまり大きな地震電磁波は出ていなかったが、2日ほど前から、200nT、昨日300nTと出てきてそろそろメモするかなと思っていた矢先の今日になって、久々の500nT程度の地震電磁波が出たようである。

幸いにも我が国の方角のものではないが、環太平洋はリンクしているので、要注意は欠かせない。


まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/ 8/26 13:20 更新
太陽風の乱れが到来し、磁場が南向きに強まって磁気圏の活動を強めています。

担当 篠原

一昨日、24日のニュースで紹介した、
20日に発生したCMEによる太陽風の乱れが到来し、
磁場が大きく南向きに変化して、磁気圏の活動を強めています。

DSCOVR衛星の観測によると、
昨日のニュースの後も、
太陽風の速度は400km/秒、磁場強度は7nT付近で安定していました。
その後、25日21時(世界時25日12時)になると、
磁場強度が更に強まり始め、半日ほどかけて18nTに達し、
現在もこの状態が続いています。
太陽風の速度は、一旦、450km/秒に高まりましたが、
2時間ほど経つとゆっくりと下がり始め、
現在は400km/秒と平均的な状態に戻っています。

磁気圏への影響を決める磁場の南北方向の変化は、
磁場が強まり始めた頃は北向きでしたが、
次第に南向きに切り替わり、
今朝、26日5時(世界時25日20時)頃から、
-10nTを超えて大きく振れる様になり、
現在は -16nTに達しています。

このため、磁気圏の活動は一気に高まって、
AE指数は、1000nTに達する大きな変化が6時間ほど続いています
磁気嵐も強まっていて、Dst指数の速報値は -136nTに達しています。
(Dst指数は、マイナス側に発達します)
Dst指数が -100nTに達したのは、2017年9月8日以来で、
およそ1年ぶりです。

CMEの原因となったフィラメント噴出は
20日17時(世界時20日8時)頃に始まりました。
そこから計算すると、乱れの到来まで5日ほどかかっています。
磁場強度の上昇は止まっているので、
太陽風の乱れは後半に入っている可能性があります。
今後、次第に磁場強度が下がると、
それと共に南向きの変化も小さくなるか、
あるいは、その前に北向きに反転する変化が見られるかもしれません。
引き続き太陽風、磁気圏活動の推移に注目してください。

太陽は、2720黒点群は昨日と同じくらいの大きさに見えています。
Bクラスの小さいフレアを繰り返し起こしています。
一方、2719黒点群は小さくなり、
掲載の可視光写真では、かろうじて見える程度です。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1636295.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_16371212.gif


X線揺らぎ
a0348309_16372745.gif

a0348309_16373197.gif


電子濃度
a0348309_16374523.gif


AE指数(速報値)
a0348309_16375376.png
a0348309_1638191.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日300nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_16402482.png

a0348309_1640222.png


環太平洋は地震ではリンクしているので、もし環太平洋のメキシコとかチリとかニュージーランドで大地震が起きた場合、一番影響を受けそうな場所は、電子濃度の変化の大きな場所ということになる。

今回は、一番危ないのは、関東と東海地方だろうか。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M4程度の地震が来る可能性があるということになる。
まあ、M4だから、震度3前後程度である。災害になるほどではないだろう。

しかし、500nTの震源地は海外だろうから、最近頻繁に地震のある場所が危ないということになるだろう。

a0348309_16484655.png




備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-08-26 16:48 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:8月中旬の300nTの地震電磁波到来!東海が要注意か?   

みなさん、こんにちは。

お盆の阿波おどりも無事終了した昨日、300nT程度の地震電磁波が出たようである。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/ 8/16 12:13 更新
500km/秒の高速太陽風が到来し、磁気圏の活動も高まっています。

担当 篠原

コロナホールによる太陽風の高まりが到来しています。
昨日の午後から太陽風の速度はゆっくりと上昇を始め、
15日17時半(世界時15日8時半)に400km/秒を超えて、
次第に高速状態に近付き、
今朝、16日9時(世界時16日0時)に500km/秒に達しました。

太陽風の磁場強度も、
速度が上がる頃は、5~10nTとやや強まった状態が続き、
グラフの最後で5nTに下がる変化をしています。
速度の上昇としては、この辺りで一段落かもしれません。

磁場の南北成分は、南寄りの変化が続いています。
磁場強度がやや高まっていた頃は、
-5nTを超える南向きの強まりも発生し、
速度がやや高まっていたことと合わさって、
磁気圏の活動を強めています。

オーロラの活動度を示すAE指数のグラフは、
500~1000nTの中規模の変化が繰り返し発生しています。
15日の図の最後の高まりにあたる、
世界時15日22時頃のオーロラの様子を、
昭和基地の全天カメラの動画で紹介します。

SDO衛星AIA193では、
今回の高速太陽風をもたらしたコロナホールは、
太陽の西の端(右端)に近付いています。
太陽風の高まりはあまり続かずに終わりそうです。

太陽は、南東(左下)に2718黒点群が見えています。
特に活動はなく、太陽は穏やかです。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1516075.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_15161275.gif


X線揺らぎ
a0348309_15163130.gif

a0348309_15162934.gif


電子濃度
a0348309_15164690.gif


AE指数(速報値)
a0348309_15171717.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日300nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_15251657.jpg


つまり、東海地方だろうか。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M4程度の地震が来る可能性があるということになる。
まあ、M4だから、震度3前後程度である。災害になるほどではないだろう。


備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-08-16 15:28 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:7月中旬の300nTの地震電磁波到来!東北が要注意か?   

みなさん、こんにちは。

ロシアW杯も終了し、元の生活に戻ったから、また元のようなメモに戻る。

幸いにもロシアW杯の間に地震電磁波の類はまったく現れなかった。

しかし、ここ最近、300nT程度の地震電磁波が出たようである。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/ 7/18 12:17 更新
太陽風の速度が少し上がっています。無黒点が続いています。

担当 篠原

昨日のニュースの頃から、
太陽風磁場の南北成分は、-5~ -10nTの南向きになり、
3時間程、この状態が続きました。
太陽風の速度は350~370km/秒と低速でしたが、
磁気圏の活動は高まって、
AE指数では900nTの中規模の変化が発生しています。

その後、太陽風の磁場強度は5nTと平均的な値に下がり、
南北成分は0nT付近で小さく推移しています。
一方、速度は450km/秒にやや高まっています。

SDO衛星AIA193では、
東端(左端)から次のコロナホールが見え始めています。
この領域は、27日周期の図の前周期、
6月26日に始まる高速太陽風をもたらしています。
今回は、7月23~24日頃に回帰が見られるかもしれません。


太陽は、今日も無黒点です。
X線グラフも変化は見られません。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1782784.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_1782026.gif


X線揺らぎ
a0348309_1785486.gif

a0348309_179629.gif


電子濃度
a0348309_1785871.gif


AE指数(速報値)
a0348309_17102543.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日300nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_17121917.jpg


つまり、東北や東日本のみ。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M4程度の地震が来る可能性があるということになる。
まあ、M4だから、震度3前後程度である。災害になるほどではないだろう。


備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-07-18 17:17 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:再び6月下旬の400nTの地震電磁波到来!東北と九州が要注意か!?   

みなさん、こんにちは。

最近の震度4地震は見事に予想的中した。
HAARPモニター観察:6月下旬の400nTの地震電磁波到来!

やはりGPSによる電離層の電子濃度変化データは大地震の短期予測には有用だということを示しているだろう。

さて、今日も400nTの地震電磁波が到来したようなのでメモしておこう。方向は我が国の大円にあたる。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/ 6/26 12:45 更新
太陽風磁場が南向きに強まり、磁気圏の活動も高まっています。

担当 篠原

昨夜、25日19時(世界時25日10時)頃から、
太陽風磁場の南北成分が
南向きに強まる変化が発生しています。
初めは -5nTくらいでしたが、
磁場強度が10nT近くへ高まるにつれて、
南向き磁場も-8nTくらいまで強まっています。

一方、太陽風の速度は、
400km/秒と平均的な状態で安定しています。

変化の様子から、フィラメント噴出などで、
太陽から磁場の強まりが流れてきたのかもしれません。

南向き磁場の強まりによって、
磁気圏の活動が高まっています。
AE指数は、1000nTに達する規模の変化が半日近く続き、
最大で1300nTに達しています。

Dst指数も、速報値で -51nT の変化になっていて、
小さい磁気嵐が発生しています。

DSCOVR衛星のグラフの最後では、
磁場強度は7nTにやや下がり、
南北成分は0nTに近付いています。

このまま磁場が北向きに切り替わると、
磁気圏の活動は、一転して静かになるでしょう。

SDO衛星AIA193の太陽コロナ写真では、
見つけにくくなってしまいましたが、
南半球のコロナホールが西に進み、
影響の始まりが近付いています。
今後の推移に、引き続き注目してください


太陽は、2713黒点群が沈んで、
X線グラフの全体の強度も下がっています。

2715群は特に活動はなく、太陽は穏やかです。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_9361428.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_9362689.gif


X線揺らぎ
a0348309_9365336.gif
a0348309_936516.gif


電子濃度
a0348309_9371252.gif



AE指数(速報値)
a0348309_9373422.png


さて、梅野健博士のGPSによる地震予知の研究の話
[地震予知]:「京大梅野健博士のGPSによる地震予知法」あっぱれ!
の焦点であるGPSデータも一般公開されている。以下のものである。

GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日400nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_9401763.jpg

a0348309_9402119.jpg

a0348309_940283.jpg

a0348309_9403232.jpg


つまり、最初に東北、次に関西、その次に九州、そして太平洋側の関西と東海、そして九州。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M5程度の地震が来る可能性があるということになる。まあ、M5だから、震度4前後程度である。

2日後だとすると、明日ということになる。


というようなわけで、最大で震度4程度が、最高で、東北、関西、九州、東海と関西、九州の5回。少なくとも東北、九州の2回来る可能性が高い。


いずれにせよ、一番濃度変化が強く、そして長かった場所は、東北の日本海側と九州の西側である。


もっとこのデータが細かく見れるようになると、震源域をもっと局所的に予測可能なのではなかろうか?


京大の研究の進展を期待したい。


備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-06-27 09:51 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:6月下旬の400nTの地震電磁波到来!   

みなさん、こんにちは。

ここのところロシアW杯のことだけに集中していたが、一応、毎日HAARPモニター解析はしているのである。

24日に久しぶりに400nTの地震電磁波が到来した。方向は我が国の大円にあたる。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/ 6/25 13:11 更新
太陽風の速度は下がり始めています。

担当 篠原

太陽風の速度は、
500km/秒から450km/秒へゆっくりと下がり、
まだ、やや高速の状態ですが、
高速太陽風は終わりに近付いています。
磁場強度も、3~4nTとやや弱い状態に下がっています。

磁気圏の活動も次第に弱まり、
AE指数の変化は、500nTから300nTへ弱まり、
グラフの最後は変化が見られなくなっています。

SDO衛星AIA193の太陽写真では、
中央部の南半球側にコロナホールが広がっていますが、
今日の写真では全体がぼやけてしまって、
分かりにくくなっています。

27日前の前周期には、
コロナホールはもっと濃く、はっきりと見えていました。
今後到来する太陽風の変化にも違いが現れるでしょうか。
2日後くらいから太陽風の変化に注目してください。


太陽は、2713黒点群が西に沈み、
2715群だけになっています。

2715群では、昨日の昼にB8.6の小さいフレアを起こしていますが、
以降は目立った変化は起きていません。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_195744100.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_19592046.gif


X線揺らぎ
a0348309_19593784.gif

a0348309_19595472.gif


電子濃度
a0348309_200439.gif


AE指数(速報値)
a0348309_202822.png



さて、最近は、NICTから京都大に出世した梅野健博士のGPSによる地震予知の研究の話
[地震予知]:「京大梅野健博士のGPSによる地震予知法」あっぱれ!
があったが、そのGPSデータも一般公開されている。以下のものである。

GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

ちなみに、私はこの梅野健氏とは、彼が博士論文を東大で作っているときからの旧知であり、彼の博士論文には私の論文も引用されている。

さて、本題に入って、このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日400nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_20103930.jpg
a0348309_20104279.jpg


つまり、関西と東北が電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M5程度の地震が来る可能性があるということになる。まあ、M5だから、震度4前後程度である。

2日後だとすると、明日ということになる。


ところで、この辺の原理についてはだいぶ前に私がメモしていた。すっかり忘れていたが。
「地球電磁場観察衛星(ELMOS)」と「石田理論」

異常電磁波がどのように発生するか?
(1)地震発生に先立って、震源域で”何らかの理由による地殻変動よって”岩石がひずみ岩石の微小破壊が起こる。
(2)すると、岩石内に含まれている石英などの強誘電体が圧電効果により電気的に分極し電気(電荷)が生じる。
(3)生じた電気が動くことにより、電荷と電磁場の相互作用から電磁波が生じる。
(4)震源地以外の広範囲でも同様のことが起き、電磁波が生じる。
(5)同時に地殻変動にともなって地中ガスのラドンイオンが生じる。
(6)このラドンイオンが急激に震源地上空に溜まり、大気の電離や荷電粒子を放出し、電離層のイオン濃度が低下する(電離層の擾乱)。
(7)そして雷を引き起こす。
(8)この雷は強烈な電磁場を生み出し、このうち電離層を突き抜けた電磁波は地球磁場の磁力線に沿って地球の反対側(南半球の反対の緯度の場所)の上空に到達する(ホイッスラー現象)。
(9)このとき電離層に存在する「エリート電子」と呼ばれる高エネルギー電子が同じ磁力線に沿って逆に震源地上空に引きつけられて電離層を変化させる(電離層の擾乱)。
(10)震源地上空の電離層が下降する。それにより大気も下降する。
(11)雷によって落ちた地電流がさらに岩盤を破壊して地震を誘発する。
(12)震源域の大地から強烈な電磁波が出る度に上空に「地震雲」を発生させる。同時に、動植物、電気機器に異常を引き起こす。


ようするにもっと簡単に言えば、震源地から出た地震電磁波が上空の電離層にエリート電子を引き寄せて、その分重くなって下がる。

これが、FM伝播を変調させたり、オーロラが見えたり、夜空が赤くなったりの原因となる。一方で、そのゆらぎは地磁気の磁束を揺らして、それがカナダやアラスカの地磁気モニターで観察できる。

というようなわけで、このGPSデータがより正確になれば、よりいっそう震源域を正確に絞り込むことができるようになる。

またGPSはアンテナが地上に無数に生えているから、その位置情報から、日本の歪を計算可能になる。

いずれにせよ、いわゆる今流行のビッグデータということになる。

ということは、将来的には、AIにより、地震予知させることが可能かもしれないということを示唆しているように思う。

AIにGPSの電子濃度データとその後の発生した地震との関係をずっと学ばせ続けるのである。

そして、AIのクエイク君に効く。

Quake, 今度の地震はいつどこでどのくらいの大きさ?

「かしこまりました。8月21日に東京湾沖でM9です」

というような感じで答えてくれる。


地震予知こそ、人がやるのではなく、AIにやってもらおう。

そうすれば、俺が毎日HAARPモニターみる手間がなくなるんですナ。

果たしていつになれば、そんな日が来るか?




いやはや、世も末ですナ。



おまけ:
予測大当たり。このくらいに宝くじが当たればい良いんだがナア。
a0348309_180979.png

震源・震度に関する情報
平成30年 6月26日17時03分 気象庁発表

26日17時00分ころ、地震がありました。
震源地は、広島県北部(北緯34.9度、東経132.9度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は4.9と推定されます。
この地震による津波の心配はありません。

この地震により観測された最大震度は4です。



おまけ2:
こっちも大当たり!
震源・震度に関する情報
平成30年 6月26日19時49分 気象庁発表
a0348309_2053476.png

26日19時46分ころ、地震がありました。
震源地は、千葉県南部(北緯35.3度、東経140.4度)で、震源の深さは約30km、地震の規模(マグニチュード)は4.4と推定されます。
この地震による津波の心配はありません。

この地震により観測された最大震度は4です。
[震度3以上が観測された地域(関東・中部地方)]
震度4  千葉県北東部
震度3  千葉県北西部





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-06-25 20:29 | 地震・地震予知・噴火

大阪北部地震:NWO「安倍晋三よ、北朝鮮問題に金を出せ!さもなくば、東京も大阪のようになるぞ!」   

a0348309_12494498.jpg



みなさん、こんにちは。

さて、今回は大阪北部地震についての個人的妄想的メモである。だから、普通の人はスルーでよろしく。


昨日は明け方までロシアW杯を見ていてそれから眠っていたら、ちょっと揺りかごに揺られるような気持ちの良い揺れの地震があった。それで、これは近いから海だと津波も来るかもなと思って、テレビで地震速報をみると、なんと大阪北部の地震だった。

かつて私が大阪大学にいた頃の場所に近いところの地震だったようだ。

この地震に関しては、あまりこれといった兆候は掴んでいなかったが、アキラ地震予報には、
父島圏内にM7.0クラスの地震発生合図が単一出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋を始めとして、環太平洋地方では、
一週間程地震発生に要注意です。
特に、南太平洋のソロモン諸島などの可能性が高いですが、父島より北の地方
で発震すると、本土での被害地震を警戒しなければなりません。
2018.(06/16 10:50発信)
のである。

今日また以下のような警報が出されてた。

父島圏内にM6.5クラスの地震発生合図が複数出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋を始めとして、環太平洋地方では、
一週間程地震発生に要注意です。
再び、地震発生合図が出ました。
新たな地震発生や余震に最大の要注意!です。
特に、南太平洋のソロモン諸島などの可能性が高いですが、父島より北の地方
で発震すると、本土での被害地震を警戒しなければなりません。
2018.(06/19 11:04発信)


要注意である。


私がロシアW杯に集中している時期に大地震を引き起こすとはNWOもずるいナア。


震源地地下10kmの活断層ヒート型地震だから、これは爆弾ではなく、HAARP照射型の誘発人工地震である可能性が高い。


おそらく、朝鮮半島の政治事情に無関係ではないだろう。


まあ、私の個人的見解では、米国の闇政府による、日本政府、安倍政権への「脅し」だろうと見ている。

要するに、北朝鮮の核廃絶および北朝鮮と南朝鮮の統一のための予算を日本政府が出せというNWOの思惑に対して、河野太郎大臣が拒否したことに対する報復だろうと思う。


NWOの計画に歯向かえば、「東京も大阪のようになるぞ!」という自民党政府に対する脅しなんですナ。


まあ、NWOの連中は、「韓の法則」なんて知らないはずだから、こういう能天気な脅しを掛けられるわけですナ。

相当に脳天気だ。


朝鮮半島は早く滅ぼしたほうが地球のためなのであって、統一などしようものなら、今度は地球全体が破滅することになるわけだ。

これが「韓の法則」発動である。


世界に共産主義の魔の手が起こったとき、真っ先にこれに飛びついたのが朝鮮半島の朝鮮人。その一派が共産パルチザン、いまのアラブのISISのような過激派組織を生み出し、これがもとで大東亜戦争が起こったわけである。

戦後その残党が北朝鮮を生み出した。


こんなチェチェ思想に凝り固まった国家に日本が支援しろだって?


冗談も休み休みにしてほしい。


日本人を拉致し、強制収容所送りにして殺した殺人国家に、これまた戦後73年間ずっと我が国を仮想敵国として軍事作戦を行い、国内には在日朝鮮人、在日韓国人としてさんざん我が国内で蛮勇を奮ってきたそのミンジョクの母国の韓国との統一に日本が協力せよだって?


さすがにここまでくれば、NWOもキチガイだ。


いまの南北朝鮮が統合されて統一朝鮮になろうが、それは日本や世界にとって脅威になるだけのことで、世界平和の逆の要因になるだけのことである。


そういう在日朝鮮系の菅直人が民主党の党首になり、首相となった矢先に、福島第一原発からそこであまったプルトニウムを闇で北朝鮮経由でイランに売り払い、それがイスラエルのネタニヤフにバレて、福島第一原発を爆発炎上させられたわけだ。

朝鮮人は日本人にとって災い以外の何者でもないのである。


そして、今度は、統一費をなんで日本が負担させられるのか?


多分、この脅迫が功を奏して、チキンの安倍晋三は北朝鮮の核廃棄の名目で、かなり多額、それも福島原発廃炉にかかる金額以上の金を要求されるはずである。


とまあ、オレ個人はそう見ているわけですナ。


日本は世界の貢ぐ君かいナ。

ちった〜、自分の金出せよ、ロスチャイルドさんヨ! 2京円も持っているんだからサ。

それにしてもいまはワールドカップのさなかだから、邪魔しないでほしいものですナ。

半島のことなど今はどうでも良いんだヨ。


まあ、俺の個人的妄想だから、信じる信じないはあなたのおむつ次第、じゃなかった、おつむ次第というやつですナ。

はたして安倍晋三はこの脅迫に耐えられるか?



いやはや、世も末ですナ。


お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り致します。合掌。



おまけ:
意外や意外。この地震がHAARPによる人工地震であるだろうという点で見解の一致。
【パヨク画報】 地震は安倍のせい
a0348309_1311134.jpg

a0348309_1313749.jpg

ところで、地震兵器持っているのは、米中露だけなんだが。自衛隊には地震兵器はありませんヨ。





========================================
[PR]

by kikidoblog2 | 2018-06-19 12:50 | 地震・地震予知・噴火

グアテマラのフエゴ火山の大噴火:ドカンと一発やっちゃったナ!?   

みなさん、こんにちは。

いや〜、グアテマラのフエゴ火山の大噴火が起こったらしい。

Shocking Videos Caught During The Strong Eruption of the Fuego Volcano in Guatemala


Volcán de Fuego entra en erupción en Guatemala // Volcano of Fire erupts in Guatemala
a0348309_20122613.png




UEGO VOLCANO ERUPTION


こういう映像を見る限り、グアテマラの人たちは、あまり火砕流の恐ろしさを知らないように見える。

普通の煙か何かと思っているようで、かなり近づいても写真や映像を撮っている。

高温の粉塵や噴石もあることを知らないのか?


お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。RIP.


この流れだと、イエローストーンや富士山にも飛びするかもナ?



いやはや、世も末ですナ。




=====================================================================
[PR]

by kikidoblog2 | 2018-06-04 20:19 | 地震・地震予知・噴火