カテゴリ:地震・地震予知・噴火( 84 )   

HAARPモニター観察:11月上旬の550nTの地震電磁波到来!ついに紀伊半島沖かもナ!   

みなさん、こんにちは。

今日の午前の状況がこれであった。

HAARPモニター観察:11月上旬の350nTの地震電磁波到来!GEONETをチェックしよう!

ところが先程チェックしてみると、なんと550nTの地震電磁波到来。方向は我が国の方向である。

M5~6程度、震度5〜6程度だろうか?

ここ2日間は要注意である。特に二日後。


カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_19343070.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_19345137.gif


X線揺らぎ
a0348309_1935457.gif

a0348309_19351128.gif


電子濃度
a0348309_1935627.gif



さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回の地震電磁波はUT05前後で生じた。だから、同時刻に最も赤くなった場所を特定すべきであろう。

今回、我が国の電離層はUT05前後ではこういう感じだった。

a0348309_19382934.jpg


これがその時刻UT05時に電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M5〜6前後の地震が来る可能性がある、ということになる。


というわけで、紀伊水道や和歌山沖の南海大地震の震源地あたりが危なさそうですナ。

ついに掘削船地球の秘密爆破処理班の出番か?

なんと俺のこの場所に来るのか〜〜???

震度5〜6前後程度である。

要注意である。


まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。


皆さん、さようなら〜〜〜ってなったら、おさらばじゃ。

ご幸運を祈る。グッドラック!



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-11-05 20:00 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:11月上旬の350nTの地震電磁波到来!GEONETをチェックしよう!   

みなさん、こんにちは。

先日は海岸線をジョギング中に震度4の地震が紀伊水道のど真ん中で発生。今朝は朝の目覚めの中で気持ちの良い夢を見ている最中、いきなり、

どどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどどん!

という感じの揺れだった。このはじめの「どどどど。。。ど」というのがP波であり、最後の「どん」がS波である。

テレビニュースを待つと、震度3の地震が和歌山近海で発生。これである。
a0348309_14112799.png

a0348309_14112283.png
a0348309_14113585.png


掘削船地球が和歌山沖で墓穴を数十個掘ったわけだから、いつでもこの地域で巨大地震を人工的に誘発することは可能である。

そんなわけで、ここ最近は比較的地震電磁波は現れていなかったので安心していたのだが、今日見ると、かなり大きめの地震電磁波が矢継ぎ早にいくつか発生していることから、我が国においていくつか地震が起きるのではないかと予想しているわけである。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/11/ 5 13:52 更新
コロナホールによる高速太陽風が始まりました。磁気圏の活動も高まっています。

担当 篠原

コロナホールの影響が到来し、太陽風が強まっています。
27日周期の図では、
前周期より1日遅れの始まりになっています。

太陽風の磁場強度は、昨日の夕方から強まり始め、
今日の未明には10nTに達しました。
続く様に速度も上昇を始めて、
350km/秒と低速だった太陽風は、
現在は560km/秒の高速風に変わっています。

太陽風磁場の南北成分は、
磁場が強まり始めた頃から南向きに変化して、
今朝早くには、-10nT近くまで強まりました。
その後は南北に大きく振れる様になり、
北向きに強まったり、南向きに強まったりしています。

速度の高まりも重なって、
磁気圏の活動は活発になっていると思われます。
AE指数は見ることができませんが、
NOAA/SWPCの磁気指数は、変化が大きくなっています。

前周期の高速太陽風は、5日ほど続きました。
引き続き、太陽風、磁気圏の変化に注目してください。

また、SDO衛星AIA193では、
太陽の南東側(左下)に次のコロナホールが見えています。
この領域は、前周期は10月13日以降の高速太陽風をもたらしています。
現在の高速風に続く様に、この変化がやって来るでしょう。


太陽は、無黒点が続いています。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_14141424.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_14155499.gif


X線揺らぎ
a0348309_14168100.gif
a0348309_14161131.gif


電子濃度
a0348309_14162654.gif



さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回我が国の電離層はこういう感じだった。

北海道
a0348309_14185553.jpg

関東
a0348309_14185878.jpg

紀伊
a0348309_141914.jpg

東北
a0348309_1419331.jpg

関東甲信越
a0348309_141967.jpg


というわけで、東北ときて関東甲信越と来そうである。


これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M4程度の地震が来る可能性があるということになる。

震度3〜4前後程度である。

要注意である。

まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-11-05 14:24 | 地震・地震予知・噴火

ここ紀伊水道で震度4の地震:その時俺は海岸線を走っていたヨ!   

みなさん、こんにちは。

いやはや、先程ここ阿南近海の紀伊水道で震度4の地震があった。これである。

a0348309_1919512.png
a0348309_19302667.png


ちょうどこの地震のとき、俺は海岸線を快調にジョギングしていた。

すると、地元の市役所の防災放送が聞こえだした。

火の始末をしろって。

走っている俺にどうやって台所の火の始末をするのか?


冗談はよしこさん。


走っているとまったく揺れを感じない。

もし津波が来るような地震だったら、俺は太平洋に吸い込まれただろうナア。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-11-02 19:43 | 地震・地震予知・噴火

悪魔の掘削船地球がまたまた南海沖で掘削開始!?:俺「また墓穴掘り回しかいな!?」   

みなさん、こんにちは。

あの悪名高き掘削船地球がまたまた「墓穴」を掘りに出かけるという。今後この海域で実際に巨大地震が起こったときの証拠のためにメモしておこう。以下のものである。

5200mまで掘り下げ、南海トラフの謎に迫る
海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」
a0348309_1759562.png
が10日、静岡市の清水港から、紀伊半島沖の南海トラフ掘削調査に出航する。巨大地震が起こるとされるプレート(岩板)境界にあたる地下約5200メートル付近まで海底を掘り下げる初の調査で、境界付近の岩石などを採取し、地震や津波の発生メカニズムの解明に生かす。

a0348309_17595815.png


 調査は2007年から和歌山県新宮市沖の熊野灘で始まった。これまでに海底の15地点で68の穴を掘り、試料を採取してきた。今回の掘削は同市の沖合75キロ・メートル、水深約1900メートルの海底で行う。すでに地下約3000メートルまで掘った穴をさらに約2200メートル掘り下げ、プレート境界に到達する。

 南海トラフは静岡県の駿河湾から九州沖にかけて延び、日本列島がある陸側のプレートの下に海側のプレートが年間数センチずつ沈み込んでいる。境界にたまったひずみが一気に解放されると、巨大地震が起きる。


掘削船ちきゅうの過去のデータについてはさまざまな場所に保存されているが、ここではこれだ。

ブログ1
A Happy New Chikyu ! : 東日本大震災震源地とちきゅう掘削地が一致!
ついに「311が核爆弾の人工地震であった証拠」が見つかった!?:高周波と音波の存在!
掘削船ちきゅう、再び宮城岩手沖で掘削中!:そんなことより、前の結果を公表しろ!
”厄病神”掘削船地球、今度は青森東方沖に張り付く!
北朝鮮の原爆実験と人工地震予知:再び「人工地震の見分け方」を復習しようヨ!
ハッピーバースデートゥーミー!:「3.11はアメリカによる人工地震」だった!
2015年地震に関する怪しい話の数々:412、511、814、911などなど!?
「人工地震」のふるさと:「地下深部掘削船ちきゅう」の開けた「墓穴」の数々
掘削船「ちきゅう」、311震源地に掘削予定とか!?:バカは死ななきゃ治らない!?
ザ・「人工地震」:その特徴と我々西日本の将来とは?オーマイガー!

ブログ2
昨日の関西の地震について:やはり疫病神「掘削船地球」が関与した!?次は沖縄らしいナ!?
いよいよ西日本大震災の日が近づいてきたゾ!総員準備態勢に入れ〜〜!
熊本地震「ご冥福をお祈りいたします」:東南海にも「メガマウス」登場!


まあ、いずれにせよ、巨大地震の震源地に穴をいくつも掘る。それもちょうどシリンダー型核爆弾の大きさの穴を掘る。

ブラック潜水艦がやってきて、その穴に核爆弾設置したら一環の終わりでしょう。

研究者は別の場所にいてそれを観測し、そのデータを使って論文かければそれで良いのかも知れないが、そのネタにされる方の人間の身になってみろ!

とまあ、そういうことですナ。


ところで、多くの人はご存知ないはずだが、掘削船地球は、名前はダマスゴミがそういうふうに漢字で書くからあたかも日本の研究船のように感じるかも知れないが、掘削船地球はすでに我が国の管理運営法人の手から離れて、国際シオニストNWOネオコンの配下に入っているのである。

「人工地震」のふるさと:「地下深部掘削船ちきゅう」の開けた「墓穴」の数々
a0348309_1838158.jpg


これは、ちょうど経済産業省が原発を東電に丸投げしたようなものである。一方東電はそれをイスラエルの会社にメンテナンスを発注したというようなものである。この加藤も「科学技術庁原子力局長」だったのだから、発想が同じなのは当然だろうヨ。

要するに、JAMSTECは、日本人研究員を「ちきゅう」のお客様にして、さまざまな掘削プロジェクトを発案させ(表向きの目的を作らせ)、実際の「ちきゅう」の航海や掘削は、民間会社のGODI(グローバル・オーシャン・ディベロプメント)社とノルウェーのSmedvig社に丸投げしたのである。まあ、実質的には、海外の石油メジャーに乗っ取られたということですナ。こうやって権威欲、名誉欲の尽きない官僚上がりの日本人が、税金で作ったものを、自分のさらなる出世のために欧米のイルミナティー企業に貢いでゆくというわけですナ。

ちなみに、いつしか、このグローバル・オーシャン・ディベロプメント社という謎の民間会社が今度は2008年に「日本マントル・クウェスト社」という、さらに謎の会社を作り出した。
a0348309_1822225.jpg


ほんとこんなこと許されるんでしょうかネエ???

我が国の国の機関の組織として生み出されたものが、いつしか外資系の民間企業になっていく。

そして、あたかも日本の研究組織かのような名前と身のこなしで日本近海を外資がどんどん掘削してそのデータを本国アメリカや欧州のその筋の研究機関へ持っていってしまう。

略奪ですナ。

まあ、これも我が国が独自に軍隊と核兵器を持たないことに起因するわけだ。

外人や白人が悪さしてもそれを咎めるすべがない。

だから、マイケル・グリーンにしても、エリ・コーヘンにしても、アーミテージやジョセフ・ナイにしても我が国は彼らの悪さを警告できない。ストップできない。

ましてやイスラエルのネタニヤフの悪辣ぶりに警告を出せない。

だから911や311が起きたわけですナ。

広島長崎の平和運動は世界を制するものではなく、逆に日本を制するためのものになったわけである。

要するに、自虐史観の一環としての日本を立ち上がらせないための平和運動なんですヨ。


我が国が核兵器を持とうが、いまではそれで悪さをするはずもない。アメリカや北朝鮮やイスラエルやロシアや中国とは違うわけである。

我が国が独自の兵器や独自の軍隊を持たない限り、いつまで経っても、政治家や科学者や企業人は、自殺に見える他殺で殺され、国民は、災害に見える人工災害で被害を受け続けるのである。




いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
人工地震、気象兵器の実在と一夫多妻制の是非【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/09/07


おまけ2:
第三次世界大戦は去年から計画されていた? 父、子共に暗殺された政治家 「中川昭一 暗殺」 【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/07/26






e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-10-09 18:35 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:10月上旬の400nTの地震電磁波到来!GEONETをチェックしよう!   

みなさん、こんにちは。

さて、9月20日頃からずっと人工的な電磁照射が起こっていたのだが、いつしかそれが止んだ。そう思っていると、インドネシアに大地震がやってきた。

ところが、昨日辺りからまた人工的な電磁照射が起こり始めたようだ。前はUT06時から数時間のものだったが、今回のもはUT12時前から照射されている。

そんな中、早速400nT程度の地震電磁波が出たようである。日本方面の可能性があるから、要注意である。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/10/ 8 14:10 更新
高速の太陽風が到来し、磁気圏の活動も高まっています。

担当 篠原

コロナホールの影響が始まり、高速太陽風が到来しています。
DSCOVR衛星の観測によると、
昨夜、7日19時(世界時7日10時)に、
太陽風の磁場強度が10nTを超えて強まり、
やがて18nTまで高まりました。
続いて、速度も上昇を始め、
350km/秒と低速だった太陽風は、
7日23時(世界時7日14時)には500km/秒に達し、
現在は550km/秒に高まっています。
一方、磁場強度は7nTに下がっています。

太陽風磁場の南北成分は、磁場が強まった頃から南寄りに強まり、
-5~-10nTの南向きの変化が続きました。
このため、磁気圏の活動は高まって、
AE指数は1000nTに達する大きな変化が半日近く発生しています。

世界時7日20時半頃のオーロラの活動を、
昭和基地の全天カメラの動画で紹介します。
昭和基地では、この前後の時間帯も活発なオーロラが発生しています。

太陽風磁場の南北成分は、
現在は0nTを挟んで南北に変化しています。
磁気圏の活動も規模が少し小さくなっている様です。

27日周期の図を見えると、
太陽風速度の高まりは、
前周期よりも半日ほど早く始まっています。
今後の推移に注目してください。

太陽は無黒点が続いています。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_2254985.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_2262474.gif


X線揺らぎ
a0348309_2263521.gif

a0348309_226405.gif


電子濃度
a0348309_2264818.gif


AE指数(速報値)
a0348309_2271111.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日400nTの地震電磁波が出た時間帯は、UT6~UT12であるから、その時間帯では、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_22114817.jpg

a0348309_22115078.jpg

a0348309_22115279.jpg


つまり、北海道、東北、九州地方だろうか。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M5程度の地震が来る可能性があるということになる。

震度5前後程度である。

要注意である。

まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-10-08 22:15 | 地震・地震予知・噴火

20180906北海道地震:やっぱり人工地震だった説!?→俺「北と中露を脅すための核実験ですナ」   

人工地震(核爆弾)と自然地震の違い
a0348309_9472731.jpg




みなさん、こんにちは。

実は先程の650nTの地震電磁波のメモの前に、今回の北海道地震のことをメモしていた。

そのうちに、話の脇道で天下泰平さんの最近のシオニストへの転向についてメモしていたら、どういうわけか途中で記事を消してしまったのである。

だから、書き直しなのだが、即興でさっとあっという間に書いているため、最初に書いたことを忘れてしまったために、同じ記事が全く書けないのである。セーブする暇もなかった。残念無念。いやはや、困ったものですナ。

だから、いっただろ。最初に結論を書けってサ!結論から最初にメモすべきだと。

というわけで、まず天下さんのことを最初に結論を書くと、

天下泰平氏は、イスラエルのエージェントに様変わりしてしまった

のではないかということだ。

これはちょうど、やりすぎ都市伝説の関暁夫がかかったのと同じ病気:

ミイラ取りがミイラになる

という現象である。

関ルバーグの場合は、最初はフリーメーソンの悪事や野望を調査するという形で始まった都市伝説探しが、いまでは立派なNWOのマイクロチップ流通のエージェントになったということである。

つまり、最初は「フリーメーソンて怖いよね。こんなことやあんなことをやってきたんだよ」と調べていくうちに、いつしか「フリーメーソンの計画はマイクロチップ計画なんです。これが最新のトレンドなんです」というように様変わりしてきたわけだ。

いっしょにレギュラーで出ている周りの吉本無芸人やら、的場浩司の方が、「なんか変」という顔をして聞いているから興味深い。


これと非常似ていて、天下泰平さんこと、滝沢泰平氏〜 滝沢泰平 公式ブログ 〜の場合もそうなってしまった。

最初は、2001年の911無差別同時多発テロがアルカイーダの犯行ではなく、実際には米ネオコンとイスラエルモサドの世界シオニストによる陰謀で、アラブやイスラムを破壊するための口実作りで行われたということを調べてたはずだったのだが、それが、いつしかイスラエルに旅するようになり、そこで結婚式をあげ、子ができ、いつしか、今度は日ユ同祖論に感化され、最近では「日本とイスラエルの架け橋になりたい」とまでいうことになってしまった。

要するに、反イスラエル派から親イスラエル派に大転向、180度の組み換えを行ったわけですナ。

いったい何が起こった?


最近では、旧日本大使になったエリ・コーエンと日本国内の米国領のホテル内で、パスポートもなければ入れないホテル内で、講演会もすることができるようになった。

これまた、どうして?いったい何の便宜をもらった?

とまあ、こういう案配である。

ちなみに、このエリ・コーエンさん、イスラエルの「古代イスラエルの10支族」の調査部門のアミシャブをここ徳島と剣山にも連れてきて、調査したのはいいのだが、我が国でいう「六芒星」が彼らのいう「ダビデの星」に一致しているという偶然の一致を真に受けて、そうした日本の宝、徳島の宝である歴史的遺物、歴的財産をねこそぎイスラエルに持ち帰ってしまい、その後梨の礫でまったく返却されていないというのである。

おまけにその返却を迫った美馬市長は自動車の大人身事故に見舞われ刑務所の中。

まるで隣国南朝鮮の偽仏教僧が、対馬や日本国内にきて、寺から重要文化財を勝手に彼らの歴史の捏造神話だけで、盗み取って帰るというようなものである。勝手に「昔の日本人が盗んだものだから、自分が盗んで返してもらう」という屁理屈をこねるわけだ。

アミシャブのやっていることもこのコリア人のやっていることと100%同じなのである。

というわけで、「日ユ同祖論」というよりは、やはりここは「鮮ユ同祖論」というべきものなのである。(ちなみに、俺は「日イ同一論」をとっている。古代イスラエルは現日本人の移住ルートに過ぎないという説である。)

あらゆる歴史、あらゆる思想、あらゆる思考、あらゆる行動、あらゆる嗜好、。。。

なにを見比べても、日本人と現代イスラエル人(とユダヤ人)とはあまりにもかけ離れているのである。

我々が「外人(がいじん)」という意味は、他所の人という意味にすぎず、これといって差別をしているわけでもなければ、迫害するわけでもない。むしろ、自分より他所の人を大事にする。お客人として迎えるわけだ。そしてその他所の人はその人の国を発展させて欲しいと願う。

ところが、いわゆる「ユダヤ人」こと、「偽ユダヤ人」は、ユダヤ教徒ではない人を「ゴイ」とか「ゴイム」という。
そして、「1人のユダヤ人の血は1000人のゴイムの血に匹敵する」といって、ユダヤ人が1人殺されたら1000人のゴイムを殺しても良いという教えを伝達している。

確かに「外人」というときの「がい」と「ゴイム」というときの「ごい」は似ている。しかし、その意味は全く違うわけである。

だから、隣のパレスチナやアフガンやイラクやイランを無差別にどんどん爆撃するわけである。

この爆撃司令を行っているのが、現イスラエル首相の妬むやつことネタニヤフ首相であり、こいつが、

2011年3月11日の東日本大震災の引き金を引いた

のであった。

日本人が、どこぞの国の一般人を巻き添えにする核爆弾で地震大津波を引き起こしますか?

コリア人なら、そういうことを行うに違いない。なにせ一般人のコリア人女性でもこういう感じだ。
コリア人女性「正直日本には海に沈んでほしいわ」→「そうなれば、日本海が東海に変わる」
a0348309_941228.jpg



まあ、だいぶ前置きが長くなったが、こういう現実の雰囲気や空気を理解できないと、いまだに2001年の911が「二機の旅客機がぶつかった」だとか、2011年3月11日が自然地震による「東日本大震災」だとか、たいそうおバカなことを信じ込まされる結果になるわけだ。

NWOネオコンシオニズム連合による偽旗作戦→911同時多発無差別テロ
イスラエルモサドによる核爆弾地震大津波→東日本大震災

などと信じ込まされるわけだ。

さらには、最近の熊本地震とごく先日の北海道地震もまた自然災害かのように信じ込まされる結果になる。

熊本地震が人工地震であったことは、拙ブログのここにもメモした。
2017年 04月 14日 熊本地震から1年:ご冥福をお祈りいたします。他山の石ではない。
2016年 04月 19日 「熊本地震」:熊本の地下から「謎の放射能」が出ているデータが登場!?
2016年 04月 21日 「熊本地震はなぜ起こされたのか?」→結論「対中戦略でオバマ政権が起こした!」
2016年 04月 18日 「熊本地震」:在日不遜犯罪者に注意!連中はヒトモドキ。集団行動あるのみ。
2016年 04月 17日 「熊本地震」:やはりあった「謎の発光現象」!
2016年 04月 17日 「熊本地震」:ついに発見「怪しい掘削事業」=南阿蘇村の「地熱発電事業」


TOCANA > 異次元 > 地震・予知 > 熊本地震は人工地震? 恐怖の数字「18」
熊本地震は人工地震だった!? 恐怖の数字「18」とイルミナティの陰謀


そんなわけで、今回の北海道地震についても「人工地震説」あるいは「人工地震の証拠」を捉えたものがないか?

と調べたところ、あったあった。やっぱりあったゾ。

私自身はこの1週間ネットが使えなかったために、この地震については出遅れた。

そこで、いくつかそんなサイトをメモしておこう。以下のものである。

(あ)まずはこれ。

TALK RADIO Vol.10 北海道地震と大阪地震は100%人工地震である。 (真犯人は麻生太郎・安倍晋三・東出融)


(い)いわゆるなんでも「否定派」

北海道地震が人工地震、阿部の陰謀と言われる理由と真実を考察する


人が苦労して命をかけて陰謀暴露をしても、このタイプの人にはそんなことは関係なく、安易に陰謀論を否定して安心するタイプの心理の人。

これはいわゆる「スウェーデンシンドローム」の一種であると考えられる。これは、犯罪被害者が犯罪加害者を好きになるという病気。レイプ被害者のマン子がレイプ犯のちん棒を好きなるというたとえ。

自分が権力の犠牲になっても、権力者がそんなことをするはずがない、だって自分は権力者に尊敬しているんだから、という心理。

自分自身がいずれ権力者になりたい、金持ちになりたい、成功者になりたいという思いの強い人ほどかかる精神病。


(う) いわゆる陰謀論

みんなが知るべき情報/今日の物語

北海道、震度7「人工地震」安倍晋三「お前、知っていたな」未明3時7分の地震、僅か3分後に首相から指示!震源地周辺の諸君、 放射線量を測ってください、ガイガーカウンターで!出来すぎた台本のような時系列!犯行現場は自衛隊・安平駐屯地(あびらちゅうとんち)リチャード・コシミズ
a0348309_932493.jpg

a0348309_9332669.jpg


まあ、ここでは、こういうのは自分で見て判断していただき、ここでは、実際の地震波を見たいところである。


(え)北海道地震の地震波はどこ?

私は地震発生後テレビのニュースしか見れなかったから、気象庁の発表もテレビのものしかみなかった。しかし、その中でだれも北海道地震の地震波を提示しながら話す人はいなかった。100%確信。

そんなわけで、なにか変だ。なにか怪しいナアと思って気象庁発表みていた。いつもなら、すぐに大自慢で地震波を横に並べて得意満面で見せていたからである。

おそらく見られてはまずいものがあったんだろう。

というわけで、地震波がネットに出回っていないかを調べると、あったあった。これである。

その前にまずはこれ。
北海道地震の数時間前の不気味な発光現象~苫小牧方向
2018-09-08 08:31:42
a0348309_9393291.jpg



次はこれ。

北海道”人工”地震災害《またしても「本当の」震源地は自衛隊駐屯地》


aki‏ @luv4yeol 18時間18時間前
a0348309_9415186.jpg


人口台風つぎはまたもや人口地震?

陸上自衛隊早来(はやきた)分屯地・
疑惑の掘削工事エリア~北海道地震


北海道地震に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。これは間違いなく人工地震です!
a0348309_9433918.jpg


この最後のものに【防災科学技術研究所】
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/quake/
のデータが掲載されている。
a0348309_9463045.jpg

a0348309_9453948.png


9/6北海道震災 震源地は自衛隊安平駐屯地周辺 人工地震確定
a0348309_946156.jpg



とまあ、そういうわけで、俺の結論は、

東日本大震災→イスラエルモサドの起こした3連発核爆弾による人工地震による大津波地震

熊本地震、北海道地震→ジャパンハンドラーズと日欧米三極委員会による日本の核武装のための核実験

大阪地震→米イスラエルのシオニストによる安倍晋三政権への脅しのHAARP人工地震


というようなものである。


若者よ、陰謀論や陰謀暴露論を勉強しろ!



いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
ちなみに、ロシア軍は日本政府に
「自然地震に偽装した核実験はやめろ。我々は証拠を握っている」
ロシア国防省は日本が地震を偽装した核実験を止めろと指摘。
っていっているよナ。これが事実なら、今現在の政治家全員射殺ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-09-12 09:57 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:9月中旬の650nTの地震電磁波到来!→昨日よりさらに強い!   

みなさん、こんにちは。

さて、昨日のメモ
HAARPモニター観察:9月中旬の550nTの地震電磁波到来!関東が要注意か?
以後にこの地震電磁波はさらに威力を増し、650nTになったので一応それもメモしておこう。以下のものである。

a0348309_8281180.png



これを見た限りでは、本体は我が国ではなく、環太平洋のどこかということになる。

いずれにせよ、環太平洋は、すべてリンクしているので、要注意にこしたことはない。

しかし、起こってしまえば、我々には防ぎようはないので、実に困ったことになる。


いやはや、世も末ですナ。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-09-12 08:31 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:9月中旬の550nTの地震電磁波到来!関東が要注意か?   

みなさん、こんにちは。

さてやっとネットが見れるようになり、地震電磁波の解析もできるようになった。
すると、早速550nT程度の地震電磁波が出たようである。日本方面の可能性があるから、要注意である。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

22018/ 9/11 08:57 更新
高速太陽風が始まりました。磁気圏の活動も強まっています。

担当 篠原

コロナホールによる太陽風の強まりが始まりました。
昨夜、10日19時(世界時10日10時)頃から、
太陽風の磁場強度が高まり始め、
今朝、11日4時(世界時10日19時)には10nTを超えて、
現在は15nTに達しています。

一方、太陽風の速度は、
今朝、11日5時(世界時10日20時)までは、
400km/秒以下に留まっていましたが、
ここから高まって、500km/秒と高速風に変わっています。

太陽風磁場の南北成分は、
磁場強度の変化とともに南向きに強まり、
-5nTから -10nTに達する強い南向きが続きました。
このため、磁気圏の活動は活発になり、
AE指数は500nTから1500nTに達する大きな活動が発生しています。

AE指数が1500nTに達した頃、
世界時10日17時半のオーロラの様子を、
昭和基地の全天カメラの動画で紹介します。
緑色のオーロラの上に赤いオーロラも輝き、
とてもきれいな光の帯になっています。

現在も太陽風の磁場強度は強い状態なので、
速度は更に高まる可能性があります。
一方、高速太陽風の発生源となったコロナホールは、
東西には狭かったので、
高速風はあまり長く続かないかもしれません。
27日周期の図の前周期を見ると、
4日ほど続いたところで、次の高速風が到来しています。

また、DSCOVR衛星のグラフの最後で、
磁場の南北成分が北向きに切り替わっています。
この傾向が続くと、磁気圏は穏やかになってしまうでしょう。


太陽は、2721黒点群は見えなくなりましたが、
南東(左下)側に新しい黒点が発生しています。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1812386.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_18122367.gif


X線揺らぎ
a0348309_18124071.gif

a0348309_18124366.gif


電子濃度
a0348309_1813853.gif


AE指数(速報値)
a0348309_18132224.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日300nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_18193677.jpg
(東海や四国のこの辺も赤いナア)

つまり、東海関東地方だろうか。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M5程度の地震が来る可能性があるということになる。
震度5前後程度である。

要注意である。

まあ、外れるに越したことはない。



備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-09-11 18:25 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:8月下旬の500nTの地震電磁波到来!?   

みなさん、こんにちは。


ここでは地震電磁波のことを何も書いていなかったとしても、私は毎日観察を続けている。だから、なにかが起こればその都度メモすることにしている。

このところあまり大きな地震電磁波は出ていなかったが、2日ほど前から、200nT、昨日300nTと出てきてそろそろメモするかなと思っていた矢先の今日になって、久々の500nT程度の地震電磁波が出たようである。

幸いにも我が国の方角のものではないが、環太平洋はリンクしているので、要注意は欠かせない。


まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/ 8/26 13:20 更新
太陽風の乱れが到来し、磁場が南向きに強まって磁気圏の活動を強めています。

担当 篠原

一昨日、24日のニュースで紹介した、
20日に発生したCMEによる太陽風の乱れが到来し、
磁場が大きく南向きに変化して、磁気圏の活動を強めています。

DSCOVR衛星の観測によると、
昨日のニュースの後も、
太陽風の速度は400km/秒、磁場強度は7nT付近で安定していました。
その後、25日21時(世界時25日12時)になると、
磁場強度が更に強まり始め、半日ほどかけて18nTに達し、
現在もこの状態が続いています。
太陽風の速度は、一旦、450km/秒に高まりましたが、
2時間ほど経つとゆっくりと下がり始め、
現在は400km/秒と平均的な状態に戻っています。

磁気圏への影響を決める磁場の南北方向の変化は、
磁場が強まり始めた頃は北向きでしたが、
次第に南向きに切り替わり、
今朝、26日5時(世界時25日20時)頃から、
-10nTを超えて大きく振れる様になり、
現在は -16nTに達しています。

このため、磁気圏の活動は一気に高まって、
AE指数は、1000nTに達する大きな変化が6時間ほど続いています
磁気嵐も強まっていて、Dst指数の速報値は -136nTに達しています。
(Dst指数は、マイナス側に発達します)
Dst指数が -100nTに達したのは、2017年9月8日以来で、
およそ1年ぶりです。

CMEの原因となったフィラメント噴出は
20日17時(世界時20日8時)頃に始まりました。
そこから計算すると、乱れの到来まで5日ほどかかっています。
磁場強度の上昇は止まっているので、
太陽風の乱れは後半に入っている可能性があります。
今後、次第に磁場強度が下がると、
それと共に南向きの変化も小さくなるか、
あるいは、その前に北向きに反転する変化が見られるかもしれません。
引き続き太陽風、磁気圏活動の推移に注目してください。

太陽は、2720黒点群は昨日と同じくらいの大きさに見えています。
Bクラスの小さいフレアを繰り返し起こしています。
一方、2719黒点群は小さくなり、
掲載の可視光写真では、かろうじて見える程度です。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1636295.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_16371212.gif


X線揺らぎ
a0348309_16372745.gif

a0348309_16373197.gif


電子濃度
a0348309_16374523.gif


AE指数(速報値)
a0348309_16375376.png
a0348309_1638191.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日300nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_16402482.png

a0348309_1640222.png


環太平洋は地震ではリンクしているので、もし環太平洋のメキシコとかチリとかニュージーランドで大地震が起きた場合、一番影響を受けそうな場所は、電子濃度の変化の大きな場所ということになる。

今回は、一番危ないのは、関東と東海地方だろうか。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M4程度の地震が来る可能性があるということになる。
まあ、M4だから、震度3前後程度である。災害になるほどではないだろう。

しかし、500nTの震源地は海外だろうから、最近頻繁に地震のある場所が危ないということになるだろう。

a0348309_16484655.png




備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-08-26 16:48 | 地震・地震予知・噴火

HAARPモニター観察:8月中旬の300nTの地震電磁波到来!東海が要注意か?   

みなさん、こんにちは。

お盆の阿波おどりも無事終了した昨日、300nT程度の地震電磁波が出たようである。

まずは宇宙天気ニュース。

宇宙天気ニュース

2018/ 8/16 12:13 更新
500km/秒の高速太陽風が到来し、磁気圏の活動も高まっています。

担当 篠原

コロナホールによる太陽風の高まりが到来しています。
昨日の午後から太陽風の速度はゆっくりと上昇を始め、
15日17時半(世界時15日8時半)に400km/秒を超えて、
次第に高速状態に近付き、
今朝、16日9時(世界時16日0時)に500km/秒に達しました。

太陽風の磁場強度も、
速度が上がる頃は、5~10nTとやや強まった状態が続き、
グラフの最後で5nTに下がる変化をしています。
速度の上昇としては、この辺りで一段落かもしれません。

磁場の南北成分は、南寄りの変化が続いています。
磁場強度がやや高まっていた頃は、
-5nTを超える南向きの強まりも発生し、
速度がやや高まっていたことと合わさって、
磁気圏の活動を強めています。

オーロラの活動度を示すAE指数のグラフは、
500~1000nTの中規模の変化が繰り返し発生しています。
15日の図の最後の高まりにあたる、
世界時15日22時頃のオーロラの様子を、
昭和基地の全天カメラの動画で紹介します。

SDO衛星AIA193では、
今回の高速太陽風をもたらしたコロナホールは、
太陽の西の端(右端)に近付いています。
太陽風の高まりはあまり続かずに終わりそうです。

太陽は、南東(左下)に2718黒点群が見えています。
特に活動はなく、太陽は穏やかです。



カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_1516075.png


NOAAのモニター群
地磁気揺らぎ
a0348309_15161275.gif


X線揺らぎ
a0348309_15163130.gif

a0348309_15162934.gif


電子濃度
a0348309_15164690.gif


AE指数(速報値)
a0348309_15171717.png


さて、GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

そこで、今度のものも局所的にはどのあたりに来そうか予測してみよう。

このGPSのデータが赤くなった場所は要注意の場所である。

今回昨日300nTの地震電磁波が出た時、我が国の電離層はこういう感じだった。
a0348309_15251657.jpg


つまり、東海地方だろうか。

これらが電子濃度が変化した場所であり、そのゆらぎがカナダの地磁気モニターで観察されたというわけである。

したがって、2日から数日のうちに、M4程度の地震が来る可能性があるということになる。
まあ、M4だから、震度3前後程度である。災害になるほどではないだろう。


備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2018-08-16 15:28 | 地震・地震予知・噴火