カテゴリ:サッカー&スポーツ( 115 )   

米州選手権は準決勝、欧州選手権はベスト16:やはり日本サッカーは発展停止国!?   

みなさん、こんにちは。

いよいよプロサッカーの南米選手権は準決勝第一試合が終わり、第二試合。そして決勝へと向かいつつある。これである。
アルゼンチン4発圧勝 米国シュート0本/詳細

<南米選手権米国大会:米国0-4アルゼンチン>◇準決勝◇21日◇ヒューストン

 アルゼンチンが米国に4-0で圧勝し、決勝進出を決めた。
 
 FWメッシは前半32分にFKを直接決めて代表通算55得点とし、バティストゥータを抜いて単独トップとなった。

アメリカ 0(0-2, 0-2)4 アルゼンチン

アメリカ アルゼンチン コパ・アメリカ 2016/6/22 Copa America USA Argentina 0-4


この試合のメッシのFKはまさにワールづくラスだった。スピードといい、コースといい、キーパーサイドだったにも関わらず絶対取れないところへ蹴っていた。

老化した我が国の本田圭佑や非力な香川真司のFKとは雲泥の差である。

世界最小のFWの方にランクされるメッシだが、どうやればここまで成長できるのか?


ところで、我が国の野球の大谷選手は、規格外の天性の肉体を持って生まれてきたように見える。190cm近い長身で、二刀流。打者と投手の両方が規格外の世界でもめずらしい大選手に育ちつつある。

これとまったく逆がメッシである。生まれながらの成長障害、成長ホルモン投与でなんとか普通の身長まで成長した。もともと小柄だったから、非力で弱々しい選手だった。100mダッシュでみれば足もそれほど速くはないし、走力もそれほどなく、いつも全選手の中で一番走らない選手の代表格である。だから、攻撃に徹し、けっしてディフェンス熱心ではない。つねにゴールだけに徹している。

この点、まさにスペシャリストであって、大谷選手のようなオールマイティーではない。

そこで、これからメッシのような偉大なサッカー選手になりたい、なろうという少年少女や若者には、まずはこれを見ろと言いたい。
メッシのパス練習やばすぎ!!
a0348309_750866.png

a0348309_7491422.png


これは少年サッカー選手たちが、練習の一番最初、あるいは、試合前のアップで一番先にやる練習、つまり、2人組のパス練習
サッカー 日本代表試合前基礎練習
a0348309_7481724.png
の延長線にある練習である。

若い選手は、ぜひここまで出来るようになってほしい。そうすれば、サッカーの大谷になれるだろう。

日本代表が日本代表なのは、日本代表レベルになっても小学生レベルの基礎技術のままだという情けない状況にある。これでは、自由自在に思うところへシュートできない。だから、得点ができないわけだ。

かたや、メッシやアウベスなど世界ランクトップの選手たちは、30m〜40mの距離で、相手からのボールを落とさずダイレクトでトラップし、正確に相手の胸にボレーでキックできる。そして、それを好きなだけ2人で続けることができるのだ。だから、狙った地点にいかようにもシュートできる。

その延長が今回のFKである。まったく、この試合前のアップの時の蹴り方と同じだった!


さて、もう一方の欧州選手権はやっとベスト16が決まり、これからベスト8という段階である。これである。
欧州選手権16強出そろう 決勝T1回戦組み合わせ
a0348309_7571440.png

<欧州選手権フランス大会>◇1次リーグ各組◇22日◇リヨンほか

 1次リーグが終了し、E組のベルギー、アイルランド、F組のアイスランド、ポルトガルが突破を決定し、16強が出そろった。スウェーデンは敗退した。

 決勝トーナメントの組み合わせは以下の通りとなった。

 スイス-ポーランド
 ウェールズ-北アイルランド
 クロアチア-ポルトガル
 フランス-アイルランド
 ドイツ-スロバキア
 ハンガリー-ベルギー
 イタリア-スペイン
 イングランド-アイスランド


意外なことに欧州の強豪国がのきなみ右側のブロックに入ったことである。左側のブロックは東欧が多く残った。

右側の上のブロックはまさに死のブロック、世界ランクベスト4が3チーム、ドイツ、イタリア、スペインである。

右側の下のブロックはおそらくイングランドが出てくるだろう。

左側の上のブロックは、ポルトガルが有利である。

左側の下のブロックは、ベルギーが有利である。

というわけで、順当にいけば準決勝は左のブロックが、

ポルトガルーベルギー

右側のブロックが、

ドイツ−イングランドあるいは、スペイン−イングランド

だろうか。

イングランドはどういうわけか歴史的にもドイツの天敵である。ドイツにはめっぽう強い。なぜか極東アジアの韓国のような存在で、韓国がどういうわけか日本にだけは強いというのとどことなく似ているのである。おそらくイングランドはドイツに対してだけは全力で戦うからだろう。韓国が日本戦だけは特別扱いするように。

だから、イングランドは対戦相手がスペインかドイツかで決勝まで行けるかどうかが決まるだろう。

スペインならベスト4、ドイツならひょっとしたら決勝まで行ける。

ところで、まさかの場合は、アズーリのイタリアがスペインに勝つという場合である。最近のイタリアはサッカー改革がかなり順調に行っていて、スペインにも互角以上の戦いを続けている。まさに
ボールは丸い→試合はやって見ないとわからない
という状態である。

ところで、また上のメッシとアウベスのパス練習の話に戻るが、どうやってあそこまで行くのか?ということだが、これは野球の練習経験のある人は知っているはずである。

野球には打者と守備の両方があるから、野球はサッカーと比べると常に両方の練習をしなければならない。だから練習時間も2倍(以上)取られる。

バッティングの場合は、トスバッティングというものがある。相手が軽くトスしたボールを打つ。普通ネットに向かってボールを打つ。これの練習前のアップ版というものがあって、相手が上から軽く投げたボールをバットでミートして、相手に返すという練習である。ミート練習である。

この時、相手と打者の間の距離を徐々に開いていって、最終的にはどこまで行っても正確にミートして返すことができればいいのである。まあ、普通10mも離れたら相当に難しくなる。来たボールをダイレクトでミートしてフライのライナーで返すわけだ。

かつての日本の代表的野球選手の落合選手がこれを非常に推奨していた。ボールをどこに乗せて打つかのいい練習になるからである。

同様に投げる方や守備の練習は、2人で投げて取るの練習である。いわゆるキャッチボール練習である。
2014/6/22 阪神×楽天 試合前キャッチボール
最初は2〜3mから始まり、最終的には遠投の60〜80mまでできるようにする。これが野球の野手や投手の練習である。90m以上投げられれば、キャッチャーの位置からセンターバックスクリーンのところまで投げ込むことができる。もしこれができればプロレベルであるから、スカウトが来る。が、なかなか常人にはこれができない。90m投げられれば、だいたい時速140kmは出る。

サッカーの場合にもこれは言える。

ところが、私が知る限り、我々の1970年代の高校生の時代には、かならずサッカーの練習で、この野球のキャッチボールに対応するものやミートバッティングに対応する練習を行っていたのだが、どうも最近の我が国サッカー界ではこれが全くといって良いほど行われなくなったのである。その代わりに行われるようになったものがこれだ。そう、「パス回し」。
2012/9/6 キリンカップ  試合開始前の日本代表パス回し


あの〜〜、これはレクリエーションなんですが!?

というわけで、かつてジーコやドゥンガが若いころ日本にやってきて、
日本人選手はレクリエーションと練習の違いを分かっていない
と言ったものである。

小さなコートのパス回しは一種のレクリエーションや、アップや、報道陣用のファンサービスのためのものなのである。

本当の練習とはこういうもの。
2012_06_04 Germany National Team Official Training Session - part 2


いま思えば、我々が中学生時代にやっていた、というか、やらされていた練習は、

キックオフから3パターンの攻撃
スローインから3パターンのサインプレー
コーナーキックから3パターンの攻撃
フリーキックの3パターンのサインプレー

こんな感じのものだった。8対8のパス回しはやらず、1対1のドリブル練習、2対1、3対2、4対2のパス練習、2人組のパス練習、3人組のパス練習、基本技術とシュート練習とウィングプレーそんなものばかりであった。

最近の高校生はあまりにひどかったので、こういうことを毎日毎日、こういう練習に飽きが来ないように少しずつ雰囲気を変えて続けたところ、いきなり高専四国大会優勝、全国ベスト8にまでなったのだった。もう10年以上前のことだが。
サッカーがうまくなるページ
サッカー練習日誌


というわけで、けっして昔の練習が悪いというわけではない。むしろ、いまこそ昔のような練習も必要なのである。トラップやボール扱いはうまくなった分、他の基礎がだめになったのでは困る。昔の練習の上に現代的な練習が重なって積み重なっていかないと、総合的に進歩しない。少なくともメッシのような精度の高いパス練習もこなせるほどでないと困るわけだ。ボールタッチは良くなったがシュートの精度が落ちたのではまずいわけだ。

まあ、我が国のサッカーの歴史は、どこかのアジアの国と同じで、トップの体制が変わると、教えることもやり方も全部変わってしまって、それまでのシステムが破壊される。この繰り返しに見えるわけですナ。これでは常に今しかなくなり、歴史の積み重ねが起こらない。だから、いつまで経っても序の口のままというわけですナ。

いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-06-23 08:59 | サッカー&スポーツ

欧州サッカーと東亜サッカーの差は?:パスアンドゴーかゴーアンドパスの差だな!?   

みなさん、こんにちは。

明日鼻くそほじってろ監督の「僕らのサッカー」日本代表と欧州ブルガリア代表との試合がある。

そこで、現在の欧州サッカーとアジアサッカーとの間にどれほどの差があるかを見ておこう。

(あ)スペイン6−1韓国
まずは、最近行われた日本よりランキングが上の韓国代表とスペイン代表の試合から。これである。
スペイン 韓国 代表親善試合 2016/6/1 Amistoso España Corea del Sur 6-1
a0348309_14303549.png
(GKがヘボいとこうなる見本)


(い)スペイン1−1イタリア
次はその欧州の雄スペイン代表とアズーリことイタリア代表の試合。これである。
イタリア スペイン 代表親善試合 2016/3/24 Friendly Match Italy Spain 1-1
a0348309_14293248.png
(イタリアが押しまくる)

圧倒的にイタリアが攻めに攻めまくった。

(う)ドイツ4−1イタリア
その次は、その絶好調のイタリアをエレガントなドイツコンチネンタルサッカー復活でドイツが圧勝。これである。
サッカードイツ代表 vs サッカーイタリア代表 4-1 ゴールハイライト 30/03/2016
a0348309_14275478.png
(ドイツがイタリアに衝撃を起こす。ブラジルW杯のドイツーブラジルの衝撃である。)


(え)イングランド3−2ドイツ
遺伝的にはほぼ同一民族であるドイツとイングランドがドイツとの接戦を制した試合。これである。
サッカードイツ代表 vs サッカーイングランド代表 2-3 ゴールハイライト 27/03/2016
a0348309_14264350.png
(天敵イングランドはドイツに強い。)


(お)オランダ2−1イングランド
オランダが絶好調のイタリアを倒した絶好調のドイツを倒した絶好調のそのイングランドを倒した。これである。
サッカーイングランド代表 vs サッカーオランダ代表 1-2 ゴールハイライト 30/03/2016
a0348309_1452582.png

(イングランドの王様はもともとオレンジ公ウィリアムス。だから、オランダはイングランドに対していつも強い。)


(か)フランス3−2オランダ
さらに絶好調のイタリアを倒した絶好調のドイツを倒した絶好調のイングランドを倒したその絶好調のオランダをフランスが倒す。これである。
サッカーオランダ代表 vs サッカーフランス代表 2-3 ゴールハイライト 26/03/2016
a0348309_14414576.png



この勝敗尻取りのような流れから、現チャンピオンはフランスなのだろうか?

とまあ、これが欧州サッカーのレベルである。

我が国にはいまだにその韓国の壁がある。

ひょっとしてハリルホジッチ監督の野心とは何なのか?

韓国の壁を越えることか?それとも、欧州の壁を越えることか?

まあ、俺の個人的な理解では、欧州サッカーとアジアサッカーの差は、

パスアンドゴーとゴーアンドパスの差である。

まあ、この違いは分かる人は結構サッカー理解度が高いと言えるでしょうナア。


いやはや、男子サッカーのW杯で優勝は、

夢のまた夢

のようですナ。


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
早く久保建英(たけふさ)世代にバトンタッチしないとまずいヨ。
久保建英 - ワールドカップに導け!ビッグプレー集
a0348309_1552971.png





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-06-02 14:48 | サッカー&スポーツ

レジェンド「ジダンの胴上げ!」:ついにクラシコがチャンピオンズリーグのクラシコになった!   

エル・クラシコ (El Clásico)=ダービーマッチ

英語圏ではダービーマッチ (Derby Match) や単にダービー (Derby) と表記するが、スペイン語圏やポルトガル語圏ではデルビ (Derbi) 、イタリア語圏やフランス語圏ではデルビー (Derby) などと表記される。ただ、言葉が指している意味は同じである。
また、長期的に行われているダービーマッチ(伝統の一戦)の事をクラシックダービー (Classic Derby) と英語圏では表記するが、スペイン語圏ではエル・クラシコ (El Clásico) 、ポルトガル語圏ではオ・クラシコ (O Clássico) 、ドイツ語圏ではデア・クラシカー (der Klassiker) 、オランダ語圏ではデ・クラシケル (de Klassieker) と表記し、それぞれ定冠詞がつく場合は自国リーグの伝統の一戦として特定のカードを指す。


みなさん、こんにちは。

サッカーでついに新たなる伝説が生まれた!

フランス代表時代にフランスW杯でフランス初の優勝の立役者となった、伝説のジダンが、監督就任半年で世界のトップになった。遅ればせながら、一応ここにもメモしておこう。これである。
ジダン監督就任5カ月7人目快挙!選手と監督で栄冠
a0348309_936066.png
(胴上げって、我が国発だったはず!いまや世界中で優勝胴上げが慣習になったようだ!)

<欧州CL:Rマドリード1(5PK3)1Aマドリード>◇決勝◇28日◇ミラノ

 Rマドリードの「将軍」ジネディーヌ・ジダン監督(43)が、今度は指揮官として欧州の頂点に立った。Aマドリードとのスペイン対決は1-1のまま延長戦でも決着せず、PK戦を5-3と制した。チームは2季ぶり11度目の優勝。選手と監督の両方で欧州CL制覇は史上7人目で、就任わずか5カ月の快挙となった。Rマドリードは12月に日本で開催されるクラブW杯に出場する。

 5人目のキッカーとして勝利を決めたロナルドを力強く抱きしめると、ジダン監督はそっと自らの額をエースの顔に押し当てた。そして満面の笑みを浮かべ、ひと言かけた。「彼はいつもチームを助けてくれた。勝利をもたらせてくれたね」。死闘の末の戴冠にも、現役時代と変わらず静かに喜びを表現した。

 苦しい展開だった。前半15分にDFセルヒオラモスの得点で先制したことで、かえって慎重になった。ロナルドやベールが負傷明けとあってうまく攻撃に転じられず、後半34分に同点とされた。足をつる選手も出る中、気持ちのこもったプレーで最後まで守り抜いた。ジダン監督は「フィジカル的にはだいぶ苦しめられた。心理面ではかなりのプレッシャーに耐えなければならなかった」と安堵(あんど)感をにじませた。

 選手としても01-02年シーズンに自らの決勝点でRマドリードを優勝に導いた。選手と監督の両方で優勝したのはクライフ、グアルディオラらに並び史上7人目。また、トップチームを率いて最初のシーズンに欧州CLを制したのは8人目だ。「選手、コーチ、監督として優勝した。この偉大なクラブの一員として誇りに感じている」と語った。

 ことし1月、突然の就任だった。ベニテス前監督はホームでバルセロナに大敗するなど、期待された結果を出せず解任。選手との信頼関係が悪化し、チームはまとまりを欠いていた。取り戻すべくは「求心力」。ロナルド、ベイルら個性豊かなスター選手を1つにまとめられる人材が求められた。そこでクラブは指導手腕よりも「カリスマ性」に、チームの再建を託した。

 もちろんトップチームの指揮は初めて。それも世界トップクラブだ。そこでベニテス政権下の守備的な戦術から攻撃的なスタイルに変更。リーグ1試合平均2・61得点を、3・15得点へと上昇させた。そして「私には素晴らしいメンバーがいる」と選手を信頼し切った結果、リーグ戦で12連勝した。自信を持って臨んだ欧州のファイナルだった。

 就任わずか5カ月で欧州の頂点に立った。カリスマゆえの偉業にも、ジダン監督は「これだけの実力と才能を持った選手がいれば、大きなことを成し遂げることは可能だよ」。どこまでも謙虚だった。【波平千種、山本孔一通信員】


サッカーでは同じ都市にあるライバルチームが戦うことを、ダービーとか、エル・クラシコとかいうのだが、ついにスペインのマドリードの2チームが単なるリーグ戦での戦いはなく、欧州最高のチャンピオンズリーグの決勝で戦うことになった。

レアル・マドリードvsアトレチコ・マドリードである。

レアルは伝統の白のユニフォーム。アトレチコは伝統の赤白縦縞に青のパンツである。

レアルの監督が、今季就任したばかりのレジェンドの
ジネディーヌ・ジダン
a0348309_9224423.jpg
(この目つきがサッカーの超一流の中盤選手の目つき。「神の目」という、プレーしながらも空からフィールドを見る時の眼である。我が国でいう「玉眼」である。)

一方のアトレチコの監督が、これまたアルゼンチンのレジェンドのディエゴ・シメオネ。
a0348309_9251477.jpg
あのディエゴ・マラドーナ時代の中盤のエースである。

レアルのトップは、もちろんクリスチアーノ・ロナウド。
a0348309_9274110.jpg

一方のアトレチコにはスペインがワールドカップ南ア大会で初優勝した時の貴公子フェルナンド・トーレスがいる。
a0348309_9281267.jpg

先発メンバー
【CL決勝】レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリー 先発メンバー発表
レアル・マドリー
1 ケイラー・ナバス
3 ぺぺ
4 セルヒオ・ラモス
7 クリスティアーノ・ロナウド
8 トニ・クロース
9 カリム・ベンゼマ
11 ギャレス・ベイル
12 マルセロ
14 カゼミーロ
15 ダニエル・カルバハル
19 ルカ・モドリッチ

アトレティコ・マドリー
13 オブラク
2 ゴディン
3 フィリペ・ルイス
6 コケ
7 グリーズマン
9 トーレス
12 フェルナンデス
14 ガビ
15 サビッチ
17 サウール・ニゲス
20 フアンフラン


決勝戦の模様はこれである。
レアルマドリード アトレティコ・マドリード チャンピオンズリーグ ハイライト 2016/5/28 CL Real Madrid vs Atletico Madrid


PK戦
レアルマドリード アトレティコマドリード チャンピオンズリーグ 2016/5/28 CL Real Madrid 1-1 Atlético Madrid (PK5-3)



クリスティアーノ・ロナウド vs アトレティコ・マドリード | UEFAチャンピオンズリーグ 2016


それにしてもいまやスペインリーグは世界最高になって久しい。

欧州チャンピオンの準決勝に3〜4チームも残る。

とはいっても、世界中から最高級の選手を集めているから当然といえば当然だが、やはり故ヨハン・クライフ
オランダの伝説ヨハン・クライフ氏が死去
とミケルス監督時代の70年代のトータルサッカーがスペインに伝播し、カンテラ育成システムが根付いたこと、サッカー学の博士号まで存在すること、などさまざまな進歩があって初めて、そういう偉業が達成できたと考えられる。

あまり知られていないことは、スペインの大学には、サッカー学の博士号まであるということだ。サッカー学の博士になるためには、一流の監督の戦術や経歴や思想などを全部研究する。そして、本を書く。

例えば、これなんかがそういうものである。
ジョゼ・モウリーニョ「サッカーを複雑系と見抜いた男!」:奥義は「複雑系理論」!

モウリーニョのリーダー論 世界最強チームの束ね方
a0348309_953224.jpg

この本の著者のルイス・ローレンス博士がまさに「サッカー学」で博士号を取得したというタイプであり、この本が自分の博士号研究を本にしたものである。

別にルイス・ローレンス博士だけがそうというわけではなく、こういうサッカーの研究者がちゃんと社会的に認知されている。そして世界のサッカー学に多大な影響力を持っている。

こういうスポーツの指導者やリーダーの研究、さらには、指導の方法やトレーニング方法の研究、さらには選手のメンタリティーや心理学の研究、こういった複雑なシステムを多次元的に研究して、実際のプロサッカーの現場に応用実践している。

それが現代のスペインサッカーである。

あまり我が国の大学や文科省の人たちはこういうことを知らなさすぎである。

冬のボブスレーとて同様で、マシンの研究、選手の研究、コースの研究、選手間の人間性の研究、あらゆることをしておかないと金メダルは取れない。

我々が今学ぶべきは、単にプロサッカーができたという20年前の段階から、その次になって、下部組織やユースができたという10年前の段階から、今度は、サッカー指導者そのものを研究する人材の開発、スポーツ指導者そのものを研究するというようなハイレベルの組織が必須なのである。

さもなくば、非科学的に根性根性論や体罰がまかり通る全近代的な育成システムが未だ跋扈しかねないし、有限の時間の中で、無限に近い組み合わせの中から最高の組み合わせの人的配置を発見しなければならないという、サッカーの宿命に打ち勝つことはできない。

翻って我が国で言えば、いくら大久保選手が頑張っても、ハリルホジッチ監督から嫌われたら最後永久に代表に呼ばれることはない。かつての三浦知良選手と同じである。監督に岡田監督がついた瞬間に三浦知良選手の代表入りは失われたのである。

サッカーとは、そういう人間関係や相性や戦術やプレースタイルや精神性やメンタルの複雑系なのである。

本田と香川と岡崎なら合うが、本田と鳥栖の豊田陽平では合わない。同様に本田と大久保では合わないのである。この理由が分かる人は相当にサッカーを理解しているだろう。

本田はいわゆる裏にパス出す選手ではない。本田は中田英寿ではないのだ。本田は前に来る選手、近づいてくる選手にしかパス出せないのである。だから、豊田や大久保には、本田よりは中村憲剛や中村俊輔の方が合う。中村憲剛や中村俊輔は裏にパス出せる選手だからである。

サッカーとは、こういったプレーや性格の質のコンビネーションを探ってチーム編成を行うスポーツなのである。

単に、体のでかい選手を10人入れたら勝つ。そういうスポーツではない。

それに、選手の人間性や性格や癖や人生観やモチベーション、そういったものをすべて頭に叩き込んで、今はこの選手を使うというような判断を行うのである。

こういうことを創始したのがモウリーニョ監督だったのだが、来季からついにプレミアリーグのマンチェスターUの監督就任する。

どうでしょうか?ハリルホジッチ監督でこの世界を戦えるでしょうか?

まあ、この国民にはこの政治で十分。朝鮮人には民進党で十分というような言い方があるように、

この国民にはこの監督で十分というわけかもしれませんナ。

しかし、いまやちょっと前のレジェンド達が監督になってまた新たなるレジェンドになっているのである。

まさに光陰矢のごとしである。


三浦知良選手も本来ならすでに監督としてWカップのピッチに立っているべきなんですナ。そうならなかったのは、岡田のせいだ。(俺個人の考えでは、岡田はちゃんと正式に三浦知良選手に当時のことを話して詫びを入れ、みそぎするべきである。さもなくば、カズは死ぬまでピッチを去らないと思うよ。地縛霊にはちゃんと状況を飲み込ませないとナ。)


いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
サッカーが複雑系であるという意味は、たとえば、この試合でアトレチコのトーレスが取ったPKをフランス人のグリーズマンが蹴って失敗した。この仏人グリーズマンにとってジダンは英雄である。その英雄が相手チームの監督である。ここに心の葛藤がうまれ、どこかで躊躇する。そういう迷いが失敗を招く。だから、シメオネ監督はここでトーレスに蹴らせるべきだった。我が国代表でも李忠成が韓国戦に出ると、まったく活躍できない。こういうのは八百長ではないが、選手には選手なりの精神的背景があるため、結果的に手心を加えてしまうのである。選手が人間である以上、そういったメンタル事情も考慮して采配しなければならない。そういうふうな意味である。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-05-31 10:15 | サッカー&スポーツ

悲運のエース宮市亮ドイツで完全大復活!:いや〜〜素晴らしい活躍だ!   

みなさん、こんにちは。

いや〜〜これは大変うれしいニュース到来!

あまりの大怪我でもうサッカーは引退かもなと思っていた宮市亮選手が、ドイツで完全復活。

それも復活デビュー戦でクリスチャン・ロナウドばりの大活躍。

衝撃の復活だった!

イングランドに渡った後は、怪我と復活の繰り返しで体ばぶよぶよまっちょになってもはやサッカーどころではなかったように見えた。インタビューされても弱音ばかり。

高校サッカーのスーパースターは見る影もなくなっていた。


ところが、どういうわけか、体のキレもスピードもシュート精度も世界トップクラスに変わっていたのである。以下のものである。
宮市亮が衝撃の復活!1年ぶり先発で2ゴール1アシスト!
a0348309_7393871.jpg



【ドイツの反応】「新たなスターだ」宮市、衝撃の2ゴール1アシスト!現地ザンクトパウリサポが絶賛!


岡崎の後は、エースストライカー宮市亮に決まりだな。


いや〜〜実に嬉しい大復活である。


頑張れ宮市亮。

今後を期待したい。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-05-19 07:50 | サッカー&スポーツ

カメルーン代表エケング選手とブラジルのリベイロ選手ピッチで死す:安らかに眠れ!R.I.P.   

あるサッカー選手の死 / 生放送中に起きた悲劇


みなさん、こんにちは。

昨年のちょうど今頃、サッカー選手がピッチ上で死んだ。
ベルギーの若手の星グレゴリー・メルテンス選手、ピッチで死す:安らかに眠れ!R.I.P.


そして今日ふたたび
カメルーン代表のパトリック・エケング選手
a0348309_1610265.jpg
が同じように亡くなったらしい。以下のものである。
【サッカー】カメルーン代表MFの死、衝撃の事実…「機械が故障」「有効期限切れの薬」

カメルーン代表のサッカー選手が試合中に倒れ、死亡 nagaru.TV


試合中に心臓発作によって急死した26歳のカメルーン代表MFパトリック・エケングに関して、衝撃の事実が隠されているかもしれない。9日にスペイン紙『アス』が報じている。

ルーマニア1部のディナモ・ブカレストに所属するエケングは、現地時間6日に行われたヴィトルル・コンスタンツァとの試合中に突然ピッチ上に倒れた。意識が戻らないまま病院に運ばれた後、約2時間後に死亡が確認されている。

同紙によると、ルーマニア当局がこの事件を調査した結果、”機械の故障”と”有効期限切れの薬”が一部の救急車で発見されたとのこと。

また、スタジアム周辺には3台の救急車を置いてあったが、その何れも除細動器を備え付けておらず、蘇生に取り掛かるまでに多くの時間がかかる結果となってしまった。

現時点では、まだ調査中とのことだが、救急車を持つ会社の管理体制に問題があった可能性もあるだろう。
a0348309_16131941.jpg
a0348309_16133562.jpg

a0348309_16132356.jpg


またそのすぐの試合でも今度はブラジルのベルナルド・リベイロ選手がピッチで亡くなった。
2日連続でサッカー選手が試合中に死亡
a0348309_16311829.jpg



<ブラジルサッカー>なぜこんなことが?2日連続で選手が亡くなる!


サッカーは非常にきついスポーツである。コンディションが悪かったり、打ち所が悪ければ死ぬこともある。そういうスポーツだ。

私自身もサッカー選手時代に何度もそういう危うい場面を経験してきている。背中から地面にたたきつけられたらしばらく息ができない。頭を打てば目が見えなくなり立っていられない。腹のみぞおちにボールがあたれば、これまたしばらく息ができない。金玉にあたれば、ち〜〜んである。

AED
a0348309_16145724.jpg
の常設は必須だし、応急措置のノウハウを選手たちだれもができるように義務付けるべきである。

我が国のドリンク自動販売機にAEDがつけてあるようなものは全世界に広がるべきだろう。

ついでに以下に最近優秀な将来性のある選手たちが残念な死に至ったかをメモしておこう。

ハンガリー代表のミキ・フェヘル選手
a0348309_16192288.jpg

カメルーン代表のマーク・ビビアン・ホエ選手
a0348309_16201844.jpg

スペインのアントニオ・プエルタ選手
a0348309_16205382.jpg

元日本代表の松田直樹選手
a0348309_16211414.jpg

イタリアのピエルマリオ・モロジーニ選手
a0348309_16215625.png

元U-21ベルギー代表DFグレゴリー・メルテンス
a0348309_16223798.jpg


除細動器が故障していて死亡とか残念すぎるナア。

ちゃんと心臓マッサージさえできていれば、100%蘇生したはずである。

最近は、いわゆるサッカー選手の演技(=シミュレーション)が増えすぎて、選手が痛がったり倒れた場合にそれが演技なのか本当の事故なのかまったく審判には判断できないのである。

それで対応が遅れる。

選手の仲間が異変に気づいた時にはもう5分以上経っている場合が多く、手遅れになるのである。ミキ・フェヘル選手の場合がそうだった。

ブラジルは環境がまだまだ第三世界である。

BRICSなんていって持ちあげるもんだから調子をこく。

ロシアもチャイナも同様だ。インドなんか論外である。

街として当然のことができるまで外国旅行をさせるな。

最近は我が国へ来て自国のことより日本大好きとなるのはいいが、その前に自分の国を愛すべきである。

自国も愛せない人間が他国に来て住んでもその国を愛することは不可能だからだ。

日本の良さに気を奪われるなら、まずは自国を我が国の文化レベルに近づけることに集中すべきである。

とまあ、俺はそう思うがナ。

我が国には

灯台下暗し

ということわざがある。

もっとも白人という人種は常に自分の街が平穏であると周りの仲間を見ていると退屈してしょうがなくなるらしい。近所の人がバカ面に見えてくるとか。だから常に外部に出て冒険を求める。これもまた遺伝子の問題である。

そんな遺伝子持った奴らがどどっと押し寄せてくるわけだからたまったものではない。かつてのアフリカ、南米、北米、みなそうやって自国に嫌気がさした連中がやってきて居座ったのである。

しかし当時は地球が無限に大きかったからいいが、今では地球は有限で小さい。

まずは自国から。

これである。


いやはや、AEDがなくて死ぬ。

いやはや、世も末ですナ。

パトリック・エケング選手とベルナルド・リベイロ選手のご冥福をお祈りいたします。RIP.


おまけ:
いま思ったのだが、主審が第1審判、線審が第2審判、第3審判、交代要員を扱うのが第4審判だとすれば、選手が倒れた場合にそれがシミュレーションか事故かを判定する第5の審判も必要なのではなかろうか?この第5審判が選手に真っ先に近づいて除細動器で救護する。どうでしょうか、こんなアイデアは。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]

by kikidoblog2 | 2016-05-10 16:43 | サッカー&スポーツ

「ミラクルV岡崎レスターがハリウッド映画に!!」:若者にチャンス!だれが岡崎役をゲットするか?   

a0348309_14101856.jpg

a0348309_14102130.jpg

【画像】岡崎慎司! 優勝トロフィーを掲げる!!!!!


みなさん、こんにちは。

いつもメモしているように、世の中には「真実のようなジョーク」もあれば、「ジョークのような真実」もある。

昨日は岡崎慎司選手のいるレスター・シティーのプレミアリーグ優勝のことをメモしておいたように、岡崎慎司選手の快進撃のレスター初優勝は、部員11人の池田高校、あるいは、戦前の台湾のKANOの甲子園初出場準優勝のようにストーリー性がある。

有言実行:リネカー「レスターが優勝したらパンツ一枚になるサ!」

レスター優勝の瞬間/バーディ宅の選手達・パブで祝うサポーターたち Leicester City Champion | Premier League 2015 16


「イングランドのチャンピオン!」 初優勝に歓喜のレスター・サポーター


これって、アメリカハリウッドならすぐに実話の映画になるよナ。そんな摩訶不思議な快進撃だった。
とメモしていたが、

やっぱりハリウッドは早かった!これである。
【サッカー】<岡崎レスター>ハリウッド映画に!“シンデレラストーリー”を中心に描く計画

ミラクルVを成し遂げた岡崎レスターがハリウッド映画に!! 

サッカー日本代表FW岡崎慎司(30)が所属し、奇跡の快進撃の末、 イングランド・プレミアリーグを初制覇したレスターを映画にしようと、ハリウッドで関係者が動き始めた。

今シーズン就任したばかりで、いきなり偉業を達成したイタリア人監督クラウディオ・ラニエリ氏(64)やイングランド代表FWジェイミー・バーディー(29)、岡崎を誰が演じるのか、注目を集めている。

英紙ザ・サンによると、ハリウッドで映画化を進めているのは英プロデューサー、エイドリアン・ブッチャート氏。

わずか数年前まで、イングランド7部リーグに所属し、工場勤務をしながらサッカーを続けてきたバーディーが、ラニエリ監督にストライカーとして見いだされ大活躍。そんな“シンデレラストーリー”を中心に描く計画だ。

主人公のバーディー役には映画「ハイスクール・ミュージカル」の米俳優
ザック・エフロン(28)
a0348309_9433171.jpg

や、「トワイライト」シリーズの英俳優
ロバート・パティンソン(29)
a0348309_943418.jpg
英ボーイズグループ、ワン・ダイレクションのメンバーでサッカー選手の
ルイ・トムリンソン(24)
a0348309_9435679.jpg
の名前が挙がっている。

ラニエリ監督役には、本人自ら「(イタリア系米俳優)ロバート・デ・ニーロがいいね。彼はすごい俳優だから」と希望しているとサン紙は伝えている。

ネット掲示板などでは、同監督が故ロビン・ウィリアムズによく似ていることから「ロビンが生きていたら、うってつけの役だったのに…」と残念がる書き込みも。

日本人としては、岡崎役を誰がやるのか気になるところだが、ぜひとも日本で活躍している若手俳優にハリウッドデビューしてもらいたい。

開幕前、バーディーはカジノで東アジア人とみられる男性に対し、日本人を侮辱する単語“ジャップ”を連発。 人種差別問題に発展したが、バーディーが謝罪し、岡崎とはわだかまりもなく、シーズンを通して良好な関係を築いた。こんなエピソードも映画になるかも。

2日には、2位トットナムとチェルシーが2―2で引き分け、レスターの優勝が決まった試合を、メンバーたちがバーディーの家で観戦。 岡崎もバーディーやチームメートたちと抱き合い、喜びを爆発させた。

誰も予想だにしなかったレスターの優勝。ほかの英有力メディアも
「ハリウッドが大好きな、これ以上のサクセスストーリーはない」
として映画化に期待。 実際、今シーズン開幕前にブックメーカーがつけたレスター優勝オッズは5001倍。これは「ネッシー発見」(501倍)を超え 「プレスリーは生きていた」(5001倍)と同じくらい“不可能”なものだったことを如実に表している。

それもそのはず。レスターの設立は1884年で、プレミア有力チームのリバプール(1892年)やアーセナル(1886年)より歴史こそ古いものの、 同リーグ優勝は皆無。それどころか、04―05年シーズンからはチャンピオンシップ(2部)に低迷。08―09年シーズンに至っては3部リーグに転落した。

13―14年シーズンにようやくチャンピオンシップ優勝を果たして翌シーズン、10季ぶりにプレミア昇格。 同シーズンは20チーム中14位に踏ん張り、なんとか残留を決めた。そんな弱小チームが今シーズン、温厚でユーモアたっぷりの新監督のもとで一致団結。

指揮官の采配もことごとく的中。英サッカー史上、前代未聞の快挙を成し遂げ、 世界のサッカーファンを仰天させたのだから、ワクワクする映画ができるに違いない。

東スポWeb 5月8日(日)6時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160508-00000000-tospoweb-socc


はたして岡崎慎司役をだれがやるのか?

三浦知良なんてどうだ?

あるいは中田英寿はどうか?

あるいは、まだ無名の俳優。

韓国人や支那人だけにはとってもらいたくはない。

さあ、若い人たち国際的スターになるチャンス到来だぞ!

自分から売り込めヨ〜〜!


いや〜〜、予想通りの面白い展開になってきましたナ。


岡崎慎司選手に乾杯!


グッジョブ!


おまけ:
【 動画 】レスター、“奇跡の優勝”で街中が凄いことになっていた!

#CHAMPIONS - #Leicester #City 2nd May 2016


おまけ2:
岡崎選手の子どもたち
a0348309_14201410.jpg

a0348309_14201268.jpg
イケメンじゃん。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-05-08 09:54 | サッカー&スポーツ

有言実行:リネカー「レスターが優勝したらパンツ一枚になるサ!」   

ゲイリー・リネカー元イングランド代表
a0348309_12433537.jpg


みなさん、こんにちは。

いや〜〜これは面白いので、一応ここにもメモしておこう。もちろん、イングランドのプレミアリーグで我が国代表FWの「持っている男」岡崎慎司選手が所属するレスター・シティーが133年目にして初めての優勝を遂げた。が、その後日談のことである。

まずレスター優勝歓喜はこれだ。
レスター優勝の瞬間/バーディ宅の選手達・パブで祝うサポーターたち Leicester City Champion | Premier League 2015 16


「イングランドのチャンピオン!」 初優勝に歓喜のレスター・サポーター


これって、アメリカハリウッドならすぐに実話の映画になるよナ。そんな摩訶不思議な快進撃だった。

昨年前再開で入れ替え戦やら残留争いしかしていなかった田舎チーム。我が国で言えば、徳島ヴォルティスのようなチーム。

それが、そこにはるばる日本から来ていたサッカー三流国の日本代表の岡崎が入った。

レスターの歴史も何も全く知らず、プレミアのチームというだけで入った岡崎選手が、本国日本に良いところを見せないとハリルジャパンから脱落するというわけで、

とにかく開幕戦からやたらと頑張った。
a0348309_1252532.jpg

a0348309_12535175.jpg

a0348309_12535818.jpg


その結果、開幕ダッシュに成功。

すると、これまた何やら岡崎選手の心意気が他の選手達にも徐々に乗り移る。

そして、決して良いサッカーやうまいサッカーではないが、自分たちの新しい勝ちパターンを覚えていった。

カウンターサッカーである。

前に蹴るだけ。ロングボールだけの大味なサッカーだが、堅守速攻型サッカーに特化していった。

相手の攻撃はことごとく体を張って守り、前の岡崎めがけて蹴る。すると岡崎が動きまわり走り回ってボールを追う。すると、フリーになったその相棒がこぼれ球を狙う。
【サッカー】岡崎所属のレスター 優勝の奇跡と優勝への軌跡 原動力は何か??


しかしながら、後半になると、だんだんディフェンス陣も自信をつけ、後ろからのビルドアップもできたり、中盤のパスワークも板についてきた。

自信

これこそ若者にとってすべてであるということを教えてくれたのである。


さて、そんなレスターに対して、Jリーグ創設期に鳴り物入りでやってきたゲイリー・リネカー選手。
ゲーリー・リネカー ゴール集


リネカー 4ゴール / Gary Lineker 4 goals (名古屋グランパス)
a0348309_12335046.png

今はイギリスの
有名スポーツキャスター
a0348309_1235619.jpg

になっていた。

そのスポーツキャスターのリネカーがプレミアリーグの開幕前にこういったという。
a0348309_12355866.jpg

「もしもレスターがプレミアリーグを制覇したらパンツ一丁でこの番組に出演する」


というわけで、この「リネカー発言」に関して英議会でも話題になり、こんな発言が飛び出した。
レスター下院議員「リネカーはパンツ一丁になるべきですか?」 英キャメロン首相「当然だ」 はてなブックマーク - レスター下院議員「リネカーはパンツ一丁になるべきですか?」 英キャメロン首相「当然だ」

レスター下院議員「リネカーはパンツ一丁になるべきですか?」
a0348309_12395767.png

英キャメロン首相「当然だ」
a0348309_12402859.png


PM asks Gary Lineker to honour Leicester pants promise


いや〜〜、イルミナティーのおっちゃんたちもやっぱりサッカーが好きだった。

掛けに負けたゲーリー・リネカー。5000倍のオッズ。

有言実行あるのみ。

パンツ一丁


いやはや、いよいよリネカーのパンツ一丁姿が見れるらしいナア。


さすがにギャンブル発祥の国である。


おまけ:
上の日本の動画では、ヴァーディと岡崎が最初から仲の良かったかのような嘘が描かれているが、岡崎慎司選手がレスターに移籍し合流した当初の昨年夏にはこんなニュースがあったのを忘れてしまったのだろうか?

ヴァーディの岡崎慎司への人種差別発言事件である。
日本人差別発言のヴァーディが岡崎に謝罪(海外の反応)

a0348309_1320941.jpg

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が、人種差別発言をしたとされる同クラブのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディとともにトレーニングを行った。10日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 9日、イギリス紙『ザ・サン』は7月26日に起きたとされる事件を撮影したビデオを公開し、動画にはカジノで日本人に対しての人種差別的発言をする ヴァーディの姿がとらえられていた。この報道についてヴァーディは「私の発言について、心から謝りたいと思います」と謝罪。「私の判断ミスで、責任はすべ て私にあります。私は、みんなを失望させる行いをしてしまいました」と反省のコメントをしている。

 同メディアによると、ヴァーディのチームメートである岡崎は、10日のトレーニングで同選手と顔を合わせた。両選手は今回の一件について話し合いの場を持ち、岡崎が同選手の謝罪を受け入れた模様で、トレーニング中はこれまでどおり談笑していたと伝えられている。以下略(サッカーキング)
日本人サッカー選手を初めてみたヴァーディ選手は田舎の白人にありがちな人種差別感覚で岡崎選手を馬鹿にした。ところが岡崎選手が結構有名な日本代表選手だと知って、白人プライドを捨てて謙虚に謝罪した。

これがレスター快挙の始まりだった。

それまで白人特権でやりたい放題してあぐらをかいていたが、見知らぬ東洋人の岡崎選手にその座を奪われかねない。岡崎選手以上に白人の旨さを見せてやる。そんな改心が今回のレスターツートップの花を咲かせたに違いない。

もしこういう騒動がなければ、ヴァーディ選手はいつものようにクラブで大酒飲んでくだ巻いていただろう。そして万年最下位を享受していただろう。そこに岡崎選手が入った。これが大いなる刺激になったのである。

まさにサッカー映画「ゴール」のような話だ。
『GOAL! STEP1 イングランド・プレミアリーグの誓い』予告編

この事件なくしてレスター優勝はない。

これが俺の見方である。



e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-05-07 12:45 | サッカー&スポーツ

浦和(日本)「後味が悪い」vs浦項(韓国)「後味が良い」:脳みそが逆転してるナ!   

みなさん、こんにちは。

さて、最近ACLはぜんぜんテレビ放映がない。利権は全部スカパーにスカパー。困ったものである。

しかしながら、YouTubeには現場の観客が見た映像がある。そっちの方がよほど面白い。

先日の浦和レッズ(日本)vs浦項(韓国)試合はなんとか1−1の引き分けだったらしいが、その最後の最後がやはり朝鮮人chosuneseだった。

すべてを「後味を悪くする」。

我が国の「立つ鳥跡を濁さず」の精神とは180度真逆である。

そんなものがこれだ。
浦和西川ら激怒!浦項の選手らと試合後に乱闘騒ぎ
[2016年5月3日21時50分]

a0348309_12143995.jpg

<ACL:浦和1-1浦項>◇1次リーグH組◇3日◇埼玉

浦和がホームで浦項と引き分けた試合後に、乱闘騒ぎとなる一幕があった。

試合後の整列に臨む途中、浦項の選手に対して浦和GK西川やFW興梠らが激怒。
浦項の選手が使用したテーピングをピッチ内に捨てたことを注意したものと見られる。

浦和MF柏木が仲裁に入るなどしたが、両軍選手ともにヒートアップ。暴力こそなかったものの、
厳しい口調で口論が続き一触即発の様子だった。
浦和にとっては1位突破も決められず、後味の悪い試合となった。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160503-00010020-soccermzw-socc&p=2

しかし、騒動はこれだけでは終わらなかった。試合終了後に両チームが整列した際に、
浦項DFキムがピッチ上にテーピングを投げ捨てたことで、浦和サポーターの大ブーイングを受けた。
そのテーピングは味方が拾いに行ったものの、そのテーピングを受け取ったキムは再度ピッチに投げ捨てた。
これに浦和の日本代表GK西川周作が激怒。
両チームの選手がエキサイトし、一触即発の状態になった。
乱闘という最悪の事態には至らなかったものの、日韓対決は後味の悪さが残る幕切れになってしまった。

69: 株闘家ハイパー@\(^o^)/ 2016/05/03(火) 23:03:45.03 ID:/aBHr43j.net
こんな民族帰れって言われて当然

180: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/05/03(火) 23:22:37.96 ID:qeVdNjAX.net
>>69
うわぁ、いっぱい捨ててる
ACL 浦和VS浦項 韓国選手、ピッチにテーピング投げ捨て (2016.5.3)


87: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/05/03(火) 23:07:30.43 ID:4G5OixYN.net
>>69
クズすぎますなぁ
http://amzn.to/1pS4g63


さすがに遺伝子が950万箇所も壊れている人種だけのことはある。
衝撃の朗報発見!「朝鮮人はヒト科ではなかった!」:ヒトモドキ科に属した!?


みかけは人型だが、行動様式、思考様式がまったく異なる。感覚的にも感情的にも生理的にもすべてが動物に近い人型生命体、それがヒトモドキと言われる所以だったが、分子生物学でもそれが100%事実だったと証明されたわけだ。

神道、仏教、景教、キリスト教カソリック、プロテスタント、イスラム教、科学などなど、世界の主要な宗教や教育をもってしても韓国人の改心は不可能だった。

天然の女衒と売春民族。

ゆえにサッカーをしてもこんな有様だ。

別に日本人に対してだけではない。どこの国の民族とやってもこうだ。後味を悪くする。ところが、彼ら朝鮮人にはそれが気持ちがいいのであるという。


こんな人種が国内にも数百万人、隣の半島には1億人もいる。

くわばら。くわばら。


いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-05-04 12:27 | サッカー&スポーツ

「兆候をつかめ」:後ろ髪を伸ばし、首に金ネックレスをやりはじめたら要注意!?   

みなさん、こんにちは。

今回は俺個人の物の見方である。

最近では、清原和博氏の薬物中毒、ごく最近のリオ五輪メダル候補のバドミントン選手の違法賭博。こういった問題で世の中が賑やかになった。

しかしながら、この手の問題はその問題の「兆候」を捕まえれば、重大事件になる前に収めることができる。つまり、
兆候を見逃さすな
ということになる。

バドミントンの選手が違法賭博やバーやキャバレー遊びを始める前にはかならずその徴候が出る。清原が暗黒面に出入りするようになる前にはその徴候が出る。だから、もし誰か側近がその徴候を見逃さずに後戻りできる頃に矯正する。これが大事である。

かつて松井秀喜選手が小学生の頃、並外れた身体の大きさと能力でぞんざいな態度を見せ始めた時、ばち〜〜んと一発ビンタくれた野球の指導者がいたという。いまでも松井選手はそのことのありがたさを口にする。もしあの時のビンタがなかったら今の自分はなかったはずだと。

これが私が言うところの「兆候を見逃すな」である。

そういう私も野球部からサッカー部に中2の後半で移った頃、ちょっとサッカーがうまくて得意になりかけた頃、学校の廊下でサッカーの真似事をしていたら、たまたま通りかかったサッカー部の監督さんが私の頬を履いていたスリッパを脱いで「バシン」と一発ビンタくれたのであった。
神聖なるサッカーを何と思っているのか?
サッカーはグランドでやれ!
そう言われたのだ。以来、私は改心した。もしこれがなければ、今の私はなかったに違いない。

スポーツ選手はその専門のフィールドで活躍すべきであって、私生活や別の場所に自分のスポーツを持ち込むな、という戒めである。

野球やサッカーやバドミントンで「有名選手」だからといって、それを私生活で振りかざして、神聖なる本業を汚すな、ということである。

じゃあ、そういう兆候とはどんなものか?

これがほぼ小学生や中学生と同じだから面白い。

よく小学生の頃
坊ちゃん刈り
a0348309_9481187.jpg
だった子供が、いつしか横を短くして後ろを伸ばすようになる。こんな髪型である。
通称「チンピラ髪」
a0348309_9523210.jpg
(プロゴルファー尾崎将司)
a0348309_9523662.jpg

a0348309_9523888.jpg

a0348309_9524059.jpg
(プロボクシング辰吉丈一郎)


これが兆候である。つまり、その子は
不良に興味を持った。非行少年になりたがっている
その兆候なのである

まずはこうした「変化」を見逃がしてはならない。

そしてまた、こういう時に同時に出てくるもう1つの兆候がある。それがこれ。
金のネックレス
a0348309_957844.jpg
である。

我が家は山梨甲府の地場産業の宝石貴金属製造業販売業を代々やっていたから、こうした金のネックレスが売れるのは嬉しいものだったはずだが、若者やスポーツマンには似合わない。それなりの主婦や地位の人が正式な場所でつけるものである。

ところが若者がそういう金ピカなものに目を光らせるようになる場合は、ちょっとまずいなと思うわけである。なぜならこうした宝飾産業を営むとどういう人間が金を買うか皆知っているからである。

PLの甲子園コンビのKK
a0348309_1015964.jpg
が、首に金のネックレス
a0348309_1025360.jpg
をし始めたらそれは兆候なのである。

そういう意味では、こいつも危ないナ。
a0348309_1033854.jpg

a0348309_10103318.jpg

a0348309_10102877.jpg
(ファイテンのリング、なんの効果もないから。単なる気休め程度。邪魔なだけ。これはその後首に何かつける癖をつけて金のネックレスやなにやら裏社会のビジネスに導入するための道具でしかない。大半の人に擦れては首にイボができるから良くない。なんでこんなもんがスポーツ店で売っているのか?)


さて、今回の新人、バドミントンの桃田選手はどうか?
a0348309_1015149.jpg
a0348309_1018037.jpg

a0348309_10173768.png


俺の言った通りだろ?後ろ髪を伸ばし、首に金やファイテンのネックレスをするようになる。ちなみに、ファイテンの社長
a0348309_1021274.jpg
はあっち系の人らしいナア。

というわけで、坊主だった高校野球選手が、いきなり茶髪や金髪、後ろ髪を伸ばし、首に金のネックレスやファイテンのリングをするようになったら、かなり危ない兆候だと見なければならない。

要するに自分の子供が非行に走らないか見て観察するように、スポーツ選手の場合も私生活をよくチェックしなければならない。管理主義が大事だということである。


いやはや、それにしても違法賭博の経営者は在日朝鮮人に間違いないが、これも「在日特権」っていうやつかいな?どうして逮捕されないのでしょうナア?

いやはや、世も末ですナ。




e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-04-08 10:27 | サッカー&スポーツ

春の甲子園、智辯男前学園初優勝:高野連の八田会長の「神祝辞」とネット裏、あれ!?   

2016年選抜高校野球決勝:智辯学園vs高松商業
a0348309_1623197.png


みなさん、こんにちは。

いや〜、ついに奈良の智辯男前学園が甲子園初優勝。
選抜 2016. 劇的サヨナラ 智弁学園vs.高松商業 決勝


【速報】選抜高校野球 高松商敗れる 智弁学園 延長11回劇的サヨナラ優勝!

美人応援団の高松商業はあと一歩だった。勝負は時の運。夏に期待しよう。

今回の表彰式・閉会式の高野連の八田さんの祝辞は「神祝辞」だった。これまでずっと何十年も見てきたが、最高レベルの祝辞だったのではなかろうか?

特に最後の最後の3つの「こう」、すなわち「高校野球、甲子園、高い志」は最高であった。さすがに世界ランク1,2位の我が国の野球を支える甲子園と言わせるものだった。

その後の大会会長の反日朝日新聞社の朝鮮顔の社長の閉会の言葉もそれなりに良かった。新聞および社説の方もこういう感じで常識的なものにすれば良いのではなかろうか?

今回は特に変わったのは、例のアレだった。つまり、バックネット裏の常連が消え去ったことである。
ジョーク一発:甲子園ネット裏もいつしか在日特権化→観戦中止ボ−ド張れ!
a0348309_15452394.jpg

a0348309_15452088.jpg

これなら投げ易いはず
a0348309_1546163.jpg


【衝撃映像】高校野球のバックネット裏を陣取っていた「ラガーさん」が追放される
(まあそうだろう。誰だかしらん連中が仲間内でネット裏ビジネスしてちゃいかんぜよ。)


果たしてこれが功を奏したのかどうかは知らないが、今回はバックネット裏は小中学生の野球選手たちをご招待する形に変わったらしい。
2016春の甲子園1回戦 鹿児島実 アンダーハンド谷村の2死満塁での投球(6回ウラ)
a0348309_15515159.png

選抜高校野球2016 準決勝 智弁学園VS龍谷大平安 智弁学園が九回4連打!サヨナラで初の決勝!
a0348309_15532571.png

のべ3000人ほどの小中学生球児たちがバックネット裏で観戦できたという。

これはイイね049.gif040.gifですナ。

どうした反日朝日新聞?ちょっとは心変わりたのか?新聞で儲からないから甲子園で儲ける作戦に変えたのか?

そのへんは知らないが、これは非常にすばらしいことである。

この夏の甲子園もそして今後もずっと同じように小中学生球児をバックネット裏にご招待を続けてほしいものである。


バックネット裏の怪しい高齢者達はざんね〜〜ん。ご愁傷様でした。大会運営本部を恨んでチョ。


それにしても将来の芸能界のスター候補だらけの奈良の智辯男前学園。応援団にもかなりイケメン君たちがいたよナ。もちろん、美少女軍団も。


おめでとう!智辯学園。

グランドを去る時に合掌するのがこれまた仏教徒らしくていいよナア。

夏が楽しみなチームである。





e0171614_11282166.gif

[PR]

by kikidoblog2 | 2016-03-31 16:05 | サッカー&スポーツ